「サイトマップ」を見る

シャンプーのテクニック講座

「シャンプーのテクニック講座」の方針について。

当コンテンツでは、シャンプーのテクニカルな話をテーマにまとめています。

シャンプーは奥深いけど決して難しくはありません。それはテクニックにも同じことが言えます。

初心者の方でも迷わないように工夫して作っていますが、まったく初めてケアをされる方は、まずこちらを2つをマスターしてからどうぞ。

スポンサーリンク

「ヘアケアのためのシャンプー講座」の方針

シャンプーをする時に、

ただ洗うということだけを意識するのと、

髪をキレイにするために意識するのでは、

大きな違いが生まれます。

「シャンプーよりもトリートメントの方が重要なんじゃないの?」こういった意見もよくありますが、それだけではキレイな髪をつくることはできません。

ここでは、それぞれの目的に合わせたシャンプーのテクニックについてまとめていますので、試しつつ読み進めてください。

#12 髪をキレイにする6つの方法

家でするシャンプーも美容室のように、髪がキレイになれば、その時間はとても有意義な時間にもなりますし、あなたにとってのリラックスタイムになります。

どんなに良いシャンプーを使ったとしても、方法を間違えると効果を最大限に活かすことはできません。髪をキレイにするためのシャンプー法についてお話していきます。

#13 気持ちよくする5つのコツ

毎日するシャンプーですが、淡々と機械のようにこなすだけでは、長く続かせることができません。

逆に言えば、気持ち良いシャンプーをマスターすれば、シャンプーという行為に愛着を持つこともできるため、楽しみながらすることができます。

しかし、中々自分では上手くいきません。

でも、実はシャンプーを気持ち良くさせるコツというものがあるのです。

#14 泡立ちにくい4つの原因

泡立ちといっても、ただ適当に作った泡と正しく作る泡では大きく違います。

洗顔をするときに泡ネットで丁寧(ていねい)につくるというのをイメージすると分かりやすいはず。

ここでは、シャンプーが泡立たない原因として5つほどご紹介します、心当たりのあるものはできるだけ避けるだけでも泡立ちが格段にアップします。

さらに、シャンプーが泡立ちにくいからと言って、間違った対策もしないようにまとめてみました。

#15 シャワーヘッドでさらなるキレイを手に入れる

ハンディミストシャワーは、従来の節水能力に加え、ウルトラファインバブルの持つ吸着洗浄力、独自配合した「プレミアム クレイツイオン」が特徴となっています。

さらに、節水能力も高く、節水率は約40%〜最大約70%とされています。シャワーにかかる水道水量を節約でき、お湯を沸かす光熱費も軽減することができます。

あとがき

テクニックを中心にまとめていますが、いかかがだったでしょうか?

こうやって改めてまとめてみると、当たり前のこと、分かっているような内容になっていたかもしれません。ところが実際に頭では分かっているようなことでも、できているかは別の問題です。

こうやって文章にして、見てみると「振り返る」ということができます。実はヘアケアにはこういったことが重要だったりします。

日々忙しく、ササッと済ませてしまうことはありませんか?

一度ゆっくり考えてみて、丁寧に、優しく、お手入れをしてみましょう。

そうすると、今よりも確実にキレイになっているはずです。