\ amazonでお買い忘れはありませんか?/

カラーストーリー アドミオ カラーケアシャンプーをレビュー!髪への負担や色落ちを抑えながらなめらかにするシャンプー

6 min
ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事
スペース
当サイトの総合評価
成分構成★★☆☆☆
コスパ★★☆☆☆
泡立ち★★★☆☆
使い心地★★☆☆☆
おすすめの髪質硬毛
おすすめの頭皮
総合★★☆☆☆
メリット
  • 爽快感のある洗い上がり
  • 香りが良い
デメリット
  • 洗浄性が強い
  • 保湿性が物足りない
ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事
当サイトの総合評価
成分構成★★☆☆☆
コスパ★★☆☆☆
泡立ち★★★☆☆
使い心地★★☆☆☆
おすすめの髪質
おすすめの頭皮
総合★★☆☆☆
メリット
  • 爽快感のある洗い上がり
  • 香りが良い
デメリット
  • 洗浄性が強い
  • 保湿性が物足りない
  • そこまでカラーケアに適してない

サロン専売品として有名なブランドでもある「ARIMINO(アリミノ)」。とくに香りのいいスタイリング剤などが認知度が高いですが、シャンプーなどヘアケアもさまざまなラインナップが揃っています。

今回紹介する「カラーストーリー アドミオ カラーケアシャンプー」でケアすることで、髪への負担や色落ちを抑えながらなめらかで、色艶のある髪を保ちます。

きし

きし

ヘアカラーとの相性が良いアイテムになっています。ヘアカラーの色持ちやダメージのケアができます

そこで今回の記事では、カラーストーリー アドミオのシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事の著者
この記事の著者

ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Sponsored Links

「カラーストーリー アドミオ」の特徴

カラーストーリー アドミオ

ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事
きし

きし

実際に、カラーストーリー アドミオ カラーケアシャンプーを使ってみました。ARIMINOのカラー剤「アドミオ」と組み合わせることができるヘアケアアイテムです。

このラインナップは一種類の使いやすいタイプです。酸性用にはアシッドカラータイプがあります。

ゆきな

ゆきな

カラーストーリーは、ヘアカラーの退色を防ぐためのシャンプー&トリートメントとなっているとされています。そんな退色を少しでも防ぐために、酸性染料がはがれにくい髪の性質にしてくれるアイテムが「カラーストーリー」です。

絶対に退色をさせないというものではないですが、低pH設定のシャンプーで髪を酸性に保ち、酸性カラーの退色を抑えることができる貴重なアイテムとなります。

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで実際に見ていきます。

マットな質感なボトルデザイン

ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

まずは、ボトルですが、グレーをベースにしたシックな色合い。

女性だけでなく男性にも使いやすいシャンプーだと思います。

ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

今回のレビュー用にと発注したのですが、3日用のサンプル(40g)を間違えて購入してしまいました。

この他にはポンプ式(680g)となります。極端なサイズ感は少し不便。

ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

3日用とはいえ、安定感はあり、しっかりとした重みがあります。

ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

トリートメントはチューブ式でシャンプーとの違いが分かりやすいので、使いやすいです。

ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

こちらも、3日用とは思えないクオリティ。サンプルにも使えるし、旅行・銭湯用にもバッチリのサイズ感です。

アドミオの成分構成 

シャンプー成分

水、ラウレス硫酸Na、DPG、イソステアラミドプロピルベタイン、ラウレス-6酢酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ユーカリ葉エキス、グリチルリチン酸2K、クエン酸、クエン酸Na、ココイルアルギニンエチルPCA、ラウロイルグルタミン酸TEA、BG、PCAイソステアリン酸PEG-60水添ヒマシ油、ココイルイセチオン酸Na、コカミドメチルMEA、ポリクオタニウム-10、塩化Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

トリートメント成分

水、セタノール、ステアリルアルコール、マカデミアナッツ油、ステアルトリモニウムクロリド、アモジメチコン、ジメチコン、ユーカリ葉エキス、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、クエン酸、クエン酸Na、クオタニウム-33、トコフェロール、BG、グリセリン、ジココジモニウムクロリド、乳酸、エタノール、イソプロパノール、フェノキシエタノール、香料

ラウレス硫酸Na、DPG、イソステアラミドプロピルベタイン、ラウレス-6酢酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naというような洗浄成分となっていて、残念ながら脱脂力が超強いシャンプーとなっています。

やはり、この中にあるラウレス硫酸Naとオレフィンの2つが構成されているのは、かなりきつい。

ラウレス硫酸Naとオレフィンと、危険性のある洗浄成分2トップを構成しているため、さすがにその後にあるユーカリ葉エキス、グリチルリチン酸2K、ココイルアルギニンエチルPCA、ラウロイルグルタミン酸TEA、PCAイソステアリン酸PEG-60水添ヒマシ油、などの美容成分は台無しにしているという印象を受けます。

さらに、コンディショナー成分もあまり入っていないため、パッとしないどころか、非常に残念な仕上がりになっています。

と、このあたりにして、成分だけでなく使用感を見ていくために、実際にシャンプーを使っていきます。

使いやすい使用感

  1. STEP

    香りや印象など

    ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

    実際にシャンプーを出してみると、ふんわりと植物系の香りがするのは好印象。

    香りは好きな人でも苦手な人でも使えると感じます。

  2. STEP

    シャンプーの泡立ち

    ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

    シャンプーの泡立ちは良好で、やはり洗浄成分がモリモリなので、フワフワの泡になってくれます。

    ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

    ただ、泡の質は少し粗いので微妙な印象です。

  3. STEP

    シャンプーの使用感

    ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

    実際にシャンプーで洗ってみると、思ったより使用感は悪くない感じで、このシャンプーの脱脂力の強さは短期では分かりません。

  4. STEP

    トリートメントの使用感

    ARIMINOの「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

    トリートメントも使ってみましたが、やはりパッとしない感じで、安価の成分通りにベタつきだけが残るアイテムになっています。

    非常に残念なクオリティです。

  5. STEP

    総合まとめ

    全体的にまとめると…

    良かった
    • なし
    残念
    • 脱脂力が強すぎる
    • 使用感が悪すぎる
    • この内容だとコスパが悪すぎる

    個人的にはこんな感じに。

偏ったスペックのシャンプー

POINT

なんと言っても、脱脂力が強すぎるの一言に尽きます。

上でも話ましたが、ラウレス硫酸Naとオレフィンと、危険性のある洗浄成分2トップを構成しているため、頭皮が乾燥しているのがリアルに感じれるほどの洗浄力。

さすがに美容成分を多少構成しているぐらいでは、もはや意味をなさない状態に。

強すぎる脱脂力のせいで、カラーの退色は逆に早まりそう。

きし

きし

非常に残念な品質で、これだとサロン専売なのに市販シャンプーにも見劣りするぐらいです。

Sponsored Links

「カラーストーリー モイストシャンプー」も使ってみた

カラーストーリー モイスト

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事
きし

きし

今回の記事では、実際に「カラーストレート モイストシャンプートリートメント」を使用していきます。

このアイテムはノーマルタイプと、ライトタイプの2種類から選びます。今回は”しっとり”するノーマルタイプをチョイスしました。

ゆきな

ゆきな

カラーストーリーは、アシッドカラー(酸性カラー)の退色を防ぐためのシャンプー&トリートメントとなっているとされています。

酸性カラーとは、「マニキュア」のことです

マニキュアは別記事にまとめているので、省きますが酸性カラーは酸性染料を吸着させているだけで、シャンプーやトリートメントのもつコンディショニング成分によって、染料が引き剥がされてしまうことが退色の原因になっていました。

そんな退色を少しでも防ぐために、酸性染料がはがれにくい髪の性質にしてくれるアイテムが「カラーストーリー」です。

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

細身の手に馴染むフォルム

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

まずは、シャンプーボトルを見ていくと、特徴的なフォルムで、横広で細長いデザイン。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

かと言って、不安定なものではなく、安定感と高級感もあるので好印象です。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

これぐらいのサイズ感なので、片手で持つのもストレスがないです。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

少しシャンプーを出すフタは固めですが、すぐ慣れてくるのかな、というぐらいの感じです。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

本来は、カラーストーリーのコンディショナーがありますが、今回は「iトリートメント」を採用しました。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

デザインも少し違いますが、合わせることは十分可能なチューブ式トリートメント。ライトグリーンが特徴的です。

細身で横広のフォルムデザインが特徴となるシャンプーで、サロン専売らしいクオリティになっています。その中でもシンプルなので女性だけでなく男性でも使いやすい。

カラーストーリーの成分構成

シャンプー成分

水、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドメチルMEA、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、アルゲエキス、センブリエキス、テオプログランジフロルム種子脂、ポリクオタニウム-10、BG、エタノール、塩化Na、安息香酸Na、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、EDTA-2Na、メチルパラベン、香料

トリートメント成分

水、セタノール、ジメチコン、ホホバ油、セトリモニウムプロリド、コハク酸ジオクチル、テトライソステアリン酸ベンタエリスリチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、Rローズヒップ油、ハチミツ、加水分解ダイズタンパク、ユーカリエキス、アルゲエキス、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ラノリン脂肪酸オクチルドデシル、ジステアリルジモニウムクロリド、クエン酸、クエン酸Na、グリセリン、BG、アモジメチコン、アミノプロピルジメチコン、ラウレス-23、ラウレス-4、エタノール、トコフェロール、イソプロパノール、メチルパラベン、プチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

次に、成分を見ていくと、サロン専売品と思えないような脱脂力が強いだけのシャンプー。

ラウレス硫酸Naとオレフィンと、危険性のある洗浄成分2トップを構成しているため、さすがにアルゲエキスやセンブリエキス、テオプログランジフロルム種子脂などの美容成分は台無しにしているという印象を受けます。

さらに、酸性にするためにあまりコンディショナー成分を使っていないために、さらに残念な構成になっています。

と、実際に使ってみないと分からないので、本題でもある使用感を見ていきます。

少し脱脂力が強め

  1. STEP

    香りや印象など

    ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

    シャンプーを出してみると、すこし強めの香り。

    ですが、それほど悪くはない印象です。

  2. STEP

    シャンプーの泡立ち

    ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

    シャンプーの泡立ちは悪くはないし、泡の質も普通な感じ。

    ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事
  3. STEP

    シャンプーの使用感

    ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

    シャンプーで実際に洗ってみると、やはり成分通りに、髪や頭皮に対しての使用感は非常に残念なものでした。

    やはり、脱脂力が強すぎる。

    頭皮が乾燥しているのが、リアルに感じれるほどです。

  4. STEP

    トリートメントの使用感

    ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

    トリートメント自体は、案外悪くはないですが、シャンプー自体の使用感が悪かったのが残念なところ。

    余計なベタつきなどもなかったんですけどね。

  5. STEP

    総合まとめ

    全体的にまとめると…

    良かった
    • なし
    残念
    • 脱脂力が強い
    • 使用感も悪い
    • コスパも微妙

    個人的にはこんな感じに。

使いづらさが目立つカラー用のシャンプー

POINT

ヘアカラー用のシャンプーではあるものの、基本的には使いづらさの方が目立つアイテムになっています。使う時には注意が必要。

なんと言っても、脱脂力が強すぎるの一言に尽きます。

上でも話ましたが、ラウレス硫酸Naとオレフィンと、危険性のある洗浄成分2トップを構成しているため、頭皮が乾燥しているのがリアルに感じれるほどの洗浄力。

さすがに美容成分を多少構成しているぐらいでは、もはや意味をなさない状態に。

これでは酸性状態にもっていくことができたとしても、強すぎる脱脂力のせいで、カラーの退色は逆に早まりそう。

Sponsored Links

あとがき

今回の記事では、「カラーストーリー アドミオ カラーケアシャンプー」について書きました。

きし

きし

カラーストーリーを実際に使ってみた印象は、非常に残念な結果となり、個人的にもしこのシャンプーを使う人がいたら全力でストップをかけます。

あくまでも、私達が実際に使用して、としての知識と経験を活かして判断した個人的主観に基づいての意見なります。

ゆきな

ゆきな

「アリミノ」ブランドの関連記事

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です