\ amazonでお買い忘れはありませんか?/

アハロバター リッチモイスト バターとメープルシロップのモコモコ泡をレビュー!植物由来のクレンジング成分や洗浄成分配合

7 min
「アハロバター(ステラシード)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事
スペース
当サイトの総合評価
成分構成★★★
コスパ★★★
泡立ち★★★
使い心地★★★★
おすすめの髪質猫毛・エイジング毛
おすすめの頭皮乾燥・脂漏性
総合★★★
メリット
  • バランスの良い使用感
  • 香りもバツグン
  • マイルドな洗浄性
  • 保湿性もあるため髪へも◎
デメリット
  • コストが高い
  • 全体的にやや中途半端な感じもする
  • パッとしない感も

今回紹介する「アハロバター リッチモイスト バターとメープルシロップのモコモコ泡のシャンプー」は、植物由来のクレンジング成分や洗浄成分配合で、豊かな泡立ちで優しく汚れを落とします。

きし

きし

このアイテムは、地肌のケアをしながら頭皮環境も整える「りんご幹細胞エキス」配合しているので、とても優しい使用感です。

そこで今回の記事では、アハロバター シャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事の著者
この記事の著者

ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

ブロガー

ゆきな

Yukina

プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー洗い流さないトリートメントスタイリング剤(ワックス)ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

Sponsored Links

AHALO BUTTER(アハロバター)」の特徴

AHALO BUTTER(アハロバター)

「アハロバター(ステラシード)」のシャンプー&トリートメントを実際に使ったレビュー記事
きし

きし

今回の記事では、アハロバターのシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしていきます。

「濃密バターでもっとうるおう」というのがコンセプトになってる、6種類のバター配合のシャンプーです。

ゆきな

ゆきな

アハロバターのポイントとなるのが、なんと言っても6種類の濃密なボタニカルバター成分です。

  • シアバター
  • カカオバター
  • ホホババター
  • マンゴーバター
  • ムルムルバター
  • クプアスバター

これらが配合されており、体温でとろける植物性のバターでどんなキューティクルも優しく保湿しながら、艶髪に導いてくれるとのことです。以前にご紹介したアミノメイソンも、市販品では使用感はかなりよかったので期待できます。

アミノ酸でできた洗浄成分で作られていて、ノンシリコンですがオイルもシャンプーで10種類、トリートメントで12種類と贅沢に配合されているので、髪にも頭皮にも優しい処方になっています。

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

Sponsored Links

デザイン:特徴のあるビジュアル

まずはシャンプーボトルからです。

丸みがあって女性が好きそうなデザインで、パッケージもお洒落でいい感じです。

ボタニカルということでハートの形の木と、リスが描かれています。

高さは低めで安定感があるので、使っていて倒れたりなどのストレスが無さそう。

ノズルの幅も広くて使いやすそうで、お洒落さと機能的なシンプルさも兼ね備えてて好印象。

合成着色料は不使用ですが、配合されているバターやオイルの色なのか薄いクリーム色。

900円とそんなに高くはないですが、安っぽさはないのでいい感じです。

トリートメントボトルも基本は同じデザインですが、シャンプーに比べてクリーム色が濃く、リスの絵が少し違うデザインで描かれています。

トリートメントのノズルは白くなっています。

中身に色とノズルの色の違いでシャンプーと間違えることはなさそう。

ボトルやデザインをトータルすると、並べていてもお洒落で気分があがりますし、ボタニカルやバターの印象とマッチしてるいいデザインでした。

Sponsored Links

成分:やや洗浄性が強め

シャンプー成分

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドMEA、カカオ脂、シア脂、アストロカリウムムルムル種子脂、テオブロマグランジフロルム種子脂、ホホバ脂、アフリカマンゴノキ核脂、アーモンド油、アルガニアスピノサ核油、アボカド油、マカデミア種子油、オレンジ油、マンゴー種子油、ククイナッツ油、ヤシ油、サトウカエデ樹液、ヒマワリ種子油、スクワラン、ハチミツ、サピンヅストリホリアツス果実エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、アサイヤシ果実エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ガーデニアタイテンシス花エキス、メドウフォーム-δ-ラクトン、クエン酸Na、クエン酸、安息香酸Na、ポリクオタニウム-10、BG、オクチルドデカノール、ココイルグルタミン酸TEA、水添ココグリセリル、塩化Na、キサンタンガム、グリセリン、トコフェロール、レチシン、ソルビン酸K、EDTA-2Na、PPG-7、フェノキシエタノール、香料

トリートメント成分

水、ステアリルアルコール、ジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、イソノナン酸イソノニル、シア脂、カカオ脂、ホホバ脂、アストロカリウムムルムル種子脂、テオブロマグランジフロルム種子脂、アフリカマンゴノキ核脂、ホホバ種子脂、アボカド油、ヤシ油、アーモンド油、アルガニアスピノサ核油、カニナバラ果実油、バオバブ種子油、オリーブ果実油、マンゴー種子油、マカデミア種子油、ククイナッツ油、クダモノトケイソウ種子油、ヒマワリ種子油、スクワラン、ハチミツ、ヨーグルト液(牛乳)、加水分解ケラチン(羊毛)、アサイヤシ果実エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウナシ枝エキス、カミツレ花エキス、ガーデニアタイテンシス花エキス、アルギニン、グルタミン酸、システイン、セリン、クエン酸、メドウフォーム-δ-ラクトン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トコフェロール、アモジメチコン、オクチルドデカノール、シクロヘキサン-1,4-ジカルボ酸ビスエトキシジグリコール、ソルビン酸K、水添ココグリセリル、安息香酸Na、ジパルミチン酸アスコルビル、ヒドロキシエチルセルロース、ペンレチングリコール、セテス-20、変性アルコール、フェノキシエタノール、BG、香料

次に成分を見ていきます。

まずシャンプーの洗浄成分には、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEAと非常にマイルドな洗浄成分が並びます。しかし、これでは洗浄力が足りないので、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naで脱脂力と泡立ちを良くしているのかなという印象。

ヤシ油由来の洗浄成分ですので、ラウリル硫酸Naなどの石油系界面活性剤に比べて、肌への刺激も優しくなっています。頭皮への刺激も考慮しながらも、余分な皮脂は落ちるように処方された洗浄成分で、使用感もよくなるような構成になっているのは好印象です。

そして、コカミドMEA(起泡剤)のあとには、コカミドMEA、カカオ脂、シア脂、アストロカリウムムルムル種子脂、テオブロマグランジフロルム種子脂、ホホバ脂、アフリカマンゴノキ核脂、アーモンド油…と書ききれない程の様々な保湿成分がしっかり配合されており、シャンプーの時点からしっとりまとまる使用感が予想されます。

加えて、メドウフォーム-δ-ラクトンという、ダメージした髪のハリ・コシもアップさせる成分も配合されているのでかなり好印象なシャンプーです。

一方でトリートメントは、ステアリルアルコール、ジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリンと保湿はしてくれるものの、少し物足りないスタートになっています。

とはいえ、他の油分と相性のいい、イソノナン酸イソノニルから始まり、シア脂、カカオ脂、ホホバ脂、アストロカリウムムルムル種子脂、テオブロマグランジフロルム種子脂、アフリカマンゴノキ核脂、ホホバ種子脂…とシャンプーよりさらに他種類のオイルや保湿成分が配合されていて、加水分解ケラチン(羊毛)、メドウフォーム-δ-ラクトンと、ダメージで弱った髪を補強する成分で構成されており、スタートの物足りなさを十分補える内容になっています。

きし

きし

洗浄成分構成もよく、保湿成分もたっぷり配合されているので、市販ではかなり優秀なアイテムと言えます。

ということで実際に使ってみて使用感を見ていきます。

Sponsored Links

使用感:香りも良く快適に使える

  1. STEP

    香りや印象など

    「アハロバター(ステラシード)」のシャンプー&トリートメントを実際に使ったレビュー記事

    シャンプーを出してみると、ふわっといい香りが。

    ブロッサムブーケの香りで、フルーティーでちょうどいい強さでした。

  2. STEP

    シャンプーの泡立ち

    「アハロバター(ステラシード)」のシャンプー&トリートメントを実際に使ったレビュー記事

    泡立ちはいいのですが、泡のキメは普通な感じ。

    濃厚とは言えませんが、洗い心地はよさげなマイルドの泡質。

  3. STEP

    シャンプーの使用感

    「アハロバター(ステラシード)」のシャンプー&トリートメントを実際に使ったレビュー記事

    実際に洗ってみると髪の指通りもよく、肌のツッパリ感もなくて気持ちのいい使用感です。

    泡のすすぎ中もきしみが少ないので、ロングヘアーの女性にも十分オススメできます。

  4. STEP

    トリートメントの使用感

    「アハロバター(ステラシード)」のシャンプー&トリートメントを実際に使ったレビュー記事

    トリートメントも同じ香りで、質感もよくて保湿力もなかなかのもの。

    髪を補修しているという印象まではいかないものの、使って満足できる使用感でした。

  5. STEP

    総合まとめ

    全体的にまとめると…

    良かった
    • 女性向きでマイルドな洗浄力
    • ふんだんに配合された保湿成分
    • この内容で1000円未満は破格のコスパ
    残念
    • オイリー肌の人には、脱脂力が物足りないかも
    • 価格的には十分ですが、トリートメントの質感がもう一歩あればなと残念

    個人的にはこんな感じに。

Sponsored Links

総評:悪いところが見当たらないバランス

POINT

市販のシャンプー&トリートメントとしては、かなりおすすめで成分的にも使用感はトップクラスの品質のアイテムでした。

実際に使ってみたところ、市販品のなかで抜群の性能のアイテムでした。

使ってみて指通りのよさや、しっとりした保湿感十分に感じられますし、乾かした後もふとした瞬間にいい香りがして女性にオススメしたい内容になっています。

市販品なので入手もしやすく、この内容で両方合わせて2000円しないのは破格の内容となっています。

加えて、マイルドな洗浄力のシャンプーなので、女性はもちろん頭皮が敏感な方には使える内容になっています。

きし

きし

皮膚への刺激も少なく、多くの女性から男性に使ってみてもらいたいアイテムでした。すっきりとした爽快感こそないシャンプーですが、それでも頭皮の乾燥することはないため男性にも十分におすすめできる内容です。

マイルドな洗浄感は、脂漏性の頭皮や男性におすすめできないと一般の方は思いがちですが、実のところ原因には皮脂のとりすぎ(爽快感や脱脂力)があげられるため、そういった意味でもこのシャンプーはかなりおすすめできる内容になっています。

Sponsored Links

あとがき

この記事では、「アハロバター リッチモイスト バターとメープルシロップのモコモコ泡のシャンプー&トリートメント」について書きました。

きし

きし

実際に使ってみた感想としては使用感もかなりよく、市販のシャンプーに迷ったら一度は使ってみてほしいアイテムでした。

ロングヘアやくせ毛の方にも使えますが、激しいダメージの人までは対応できないため、期待のしすぎには注意が必要です。

ゆきな

ゆきな

オイリー肌やハイダメージ、薄毛など限定的な悩みを持つ人以外には、万能に使っていただけるシャンプー&トリートメントでした。

使い心地や香り、デザインなども女性の好きなポイントを抑えていてこの価格なので、使ってみて損はないな~と感じました。

メリット
  • バランスの良い使用感
  • 香りもバツグン
  • マイルドな洗浄性
  • 保湿性もあるため髪へも◎
デメリット
  • コストが高い
  • 全体的にやや中途半端な感じもする
  • パッとしない感も

スペック

製品名アハロバターリッチモイストシャンプー
商品区分シャンプー・トリートメント
容量500ml
成分水、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドMEA、カカオ脂、シア脂、アストロカリウムムルムル種子脂、テオブロマグランジフロルム種子脂、ホホバ脂、アフリカマンゴノキ核脂、アーモンド油、アルガニアスピノサ核油、アボカド油、マカデミア種子油、オレンジ油、マンゴー種子油、ククイナッツ油、ヤシ油、サトウカエデ樹液、ヒマワリ種子油、スクワラン、ハチミツ、サピンヅストリホリアツス果実エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、アサイヤシ果実エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ガーデニアタイテンシス花エキス、メドウフォーム-δ-ラクトン、クエン酸Na、クエン酸、安息香酸Na、ポリクオタニウム-10、BG、オクチルドデカノール、ココイルグルタミン酸TEA、水添ココグリセリル、塩化Na、キサンタンガム、グリセリン、トコフェロール、レチシン、ソルビン酸K、EDTA-2Na、PPG-7、フェノキシエタノール、香料

水、ステアリルアルコール、ジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、イソノナン酸イソノニル、シア脂、カカオ脂、ホホバ脂、アストロカリウムムルムル種子脂、テオブロマグランジフロルム種子脂、アフリカマンゴノキ核脂、ホホバ種子脂、アボカド油、ヤシ油、アーモンド油、アルガニアスピノサ核油、カニナバラ果実油、バオバブ種子油、オリーブ果実油、マンゴー種子油、マカデミア種子油、ククイナッツ油、クダモノトケイソウ種子油、ヒマワリ種子油、スクワラン、ハチミツ、ヨーグルト液(牛乳)、加水分解ケラチン(羊毛)、アサイヤシ果実エキス、ラベンダー花エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウナシ枝エキス、カミツレ花エキス、ガーデニアタイテンシス花エキス、アルギニン、グルタミン酸、システイン、セリン、クエン酸、メドウフォーム-δ-ラクトン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トコフェロール、アモジメチコン、オクチルドデカノール、シクロヘキサン-1,4-ジカルボ酸ビスエトキシジグリコール、ソルビン酸K、水添ココグリセリル、安息香酸Na、ジパルミチン酸アスコルビル、ヒドロキシエチルセルロース、ペンレチングリコール、セテス-20、変性アルコール、フェノキシエタノール、BG、香料
香りブロッサムブーケ
生産日本
メーカーステラシード
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です