美容師がおすすめのヘアケアセット

「and and(花王)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

「and and(花王)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

「and and(アンド アンド)」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

and and(アンド アンド)シャンプー&トリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもある花王。ヘアケアだけでなく日用品なども多く、認知度の高いブランドと言えます。

今回紹介する「アンドアンドシャンプー きままに ティーツリーハーモニーの香り」は厳選された天然由来のアロマを使用したアイテムです。2019年の5月に発売開始したばかりのヘアケアブランドです。

そんな市販品でもあるand and(アンド アンド)シリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてand and(アンド アンド)のシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

 

実際に「and and(アンド アンド)」のシャンプー&トリートメントを使ってみた

and and(アンド アンド)

花王

 

「and and(花王)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アロマ ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

 きし
今回の記事では、実際にアンドアンドのシャンプー&トリートメントを使っていきます。
 つま
シャンプーとトリートメントが3種類ずつの展開です。香りや気分、デザインで9通りからセルフコーディネートする新ブランドです。

ファッションやコスメなど”自分らしく”気分に応じてコーディネートする女性が増えています。

その流れをヘアケアにも取り入れ、シャンプーやトリートメントを自分らしく自由に選ぶ、セルフコーディネートがコンセプトの商品で、同じ質感のシャンプーとトリートメント各3種類の中から香りや気分、デザインで自由に選べるようになっています。

 つま
組み合わせでいろいろな香りの世界が広がり、自分だけの快適で心地いい気分に。

実際に購入してみました

 

【花王】姉妹ブランド記事

 

花王ブランドはコスパもバランスも良い内容のアイテムが豊富です。他のレビュー記事はこちら。

 

関連記事 セグレタのレビュー記事

関連記事 アンドアンドのレビュー記事

関連記事 アジエンスのレビュー記事

関連記事 メリットピュアンのレビュー記事

 

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

アンドアンドのレビュー①:シンプルだが特徴的な「カラーデザイン」

「and and(花王)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずはシャンプーボトルからです。

丸みのあるボトルにお洒落なデザインのパッケージで、”気ままに”は気球のモチーフが描かれています。

デザインから選ぶというだけあって、「サロン専売品に負けないな~」とかなり好印象。

「and and(花王)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

シャンプーのノズルは黒になってます。

市販品によくあるボトルに簡単なパッケージを貼っただけでなく、デザインがノズルの中まで入り込んでる作りの細かさを感じます。

高さは低めで安定感があり、並べてもお洒落で邪魔にならないですね。

「and and(花王)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

トリートメントボトルも作りは同じで、”思いたつ”は月のモチーフ。

トリートメントボトルはノズルが白ではあるものの、シャンプーとの見分けがつきにくく、もしかしたらシャンプーと少し間違いやすいかも。

とはいえ、香りごとに違うデザインや気分が楽しめるので他の種類も揃えて楽しみたくなる、良いコンセプトのシャンプーだと感じました。

アンドアンドの成分構成について

シャンプー成分

水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-16、コハク酸、エーデルワイスエキス、ローズマリー葉エキス、リンゴ果実エキス、イソデシルグリセリルエーテル、ポリクオタニウム-10、ラウリルヒドロキシスルタイン、PPG-3カプリリルエーテル、ラウレス-3、水酸化K、BG、塩化Na、グリセリン、安息香酸Na、香料

トリートメント成分

水、ステアリルアルコール、DPG、ジメチコン、ステアロキシプロピルジメチルアミン、乳酸、ローヤルゼリーエキス、アルガニアスピノサ核油、ブドウ種子油、リンゴ酸、パルミチン酸イソプロピル、PPG-3カプリリルエーテル、ビスセテアリルアモジメチコン、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ヒドロキシエチルセルロース、PEG-45M、ラノリン脂肪酸、エタノール、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ベンジンアルコール、香料

次に成分を見ていきます。

主な洗浄成分はラウレス硫酸アンモニウムとかなり洗浄力は高めですが、ラウラミドプロピルベタインで少しマイルドにする狙いがわかります。

しかし殺菌作用のあるエタノールが2番目の配合量で、シャンプーの品質を安定させる効果もありますが、アルコールの作用で皮膚に刺激や乾燥を与える危険性も感じます。

コハク酸、エーデルワイスエキス、ローズマリー葉エキス、リンゴ果実エキス、とエモリエント成分や保湿成分も入ってはいますが、やはりメインの洗浄成分は安価で脱脂力が強いイメージ。

そのため、シャンプーは非常に気になるポイントが残るアイテムになっています。

一方で、トリートメントの主成分のステアリルアルコールも微妙で、肌に刺激を感じる人もいます、DPG、ジメチコンと安価な保湿剤が続き、ステアロキシプロピルジメチルアミンも少し刺激があります。

ローヤルゼリーエキス、アルガンオイル、グレープシードオイル、乳酸と保湿成分も入っていますが、やはりシャンプーと同様で配合のベースは、少し保湿など弱いんじゃないかなと感じます。

 つま
天然由来のアロマ成分など、良いものも入ってるだけに非常に残念です。

しかし構成だけ見ても良さはわからないので、実際に使ってみて使用感を見ていきます。

アンドアンドのレビュー②:使用感のいいアロマシャンプー

STEP.1
シャンプー

「and and(花王)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

シャンプーを出した瞬間にいい香りに包まれ、強すぎず弱すぎず好印象。

少し粘度が高く、いたって普通のとろみ感です。

STEP.2
シャンプーの泡立ち加減

「and and(花王)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

気泡剤であるラウレス-16が多く入ってるためか簡単に泡立ちます。

STEP.3
シャンプーの洗い心地

成分を見て思っていたより使用感は悪くありませんでしたが、やはり流し始めるときしみが少し気になります。

STEP.4
トリートメントを使ってみた

「and and(花王)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

トリートメントもやはりいい香りです。

こちらも思っていたよりは使用感が悪くないのですが、特別いいとも言えない仕上がりです。

STEP.5
まとめ
and andのレビュー
洗浄力
(3.0)
保水力
(2.5)
香り
(5.0)
頭皮改善
(1.0)
使用感
(3.0)
補修力
(2.0)
育毛力
(1.0)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

こういう感じになります。

このアイテムの良いポイント

  • デザインが良い
  • 貴重なアロマシャンプー
  • 女性に好まれる香りのレパートリー

このアイテムの悪いポイント

  • 髪や頭皮への使用感は微妙。
  • 仕上がりも微妙
  • 髪質の悩みの対応幅は狭い

アンドアンドのレビュー③:【結論】水準よりも「やや低め」のアロマシャンプー

ココがポイント!

実際に使ってみましたが、選んでる時も使用中も気分よく楽しめるアイテムでした。しかし肌への刺激が強く、髪の悩みには対応できないのが残念。

実際に使ってみましたが、髪や頭皮への使用感が少し微妙でアンバランスなシャンプーでした。

シャンプーの性能としては、脱脂力の強さをカバーできる保湿性が足りず、良いものではありませんでした。

 きし
女性をターゲットにするわりには、この洗浄力と刺激の強さには不安を感じます。実際に使うのであれば要注意です。

トリートメントもすごく質感がよくなるわけでもなく、「つけないよりはましかな~」くらいの使用感です。

しかし売りはそこではなく、香りや気分の組み合わせなどがメインテーマなので、それに関してはかなり完成度が高く好印象。

 つま
毎日の使用ではなくても、リラックスしたい時や疲れたと時に使うサブアイテムとしての使用もいいかも。

髪や頭皮に悩みが少ない人にはオススメですが、使う人を選ぶ割り切ったアイテムでした。

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

この記事では、「and and(アンド アンド)」のシャンプー&トリートメントについて書きました。

」のシャンプー&トリートメントについて書きました。

 きし
良くも悪くもコンセプトがはっきりするアイテムなので、使う人で意見が分かれそうな印象です。
 つま
香りや組み合わせを選ぶ楽しみがあるのは女性に嬉しいポイント。それだけに脱脂力と刺激の強さが残念です。

今回ご紹介した通常サイズの480ml以外にも、15mlのピローサイズも発売されています。

ご自分のお気に入りの組み合わせ探しや、お出かけ先でのご使用にもいいかもしれませんね。

and and(アンド アンド)のシャンプー&トリートメントを使う前の参考にどうぞ。

【花王】姉妹ブランド記事

 

花王ブランドはコスパもバランスも良い内容のアイテムが豊富です。他のレビュー記事はこちら。

 

関連記事 セグレタのレビュー記事

関連記事 アンドアンドのレビュー記事

関連記事 アジエンスのレビュー記事

関連記事 メリットピュアンのレビュー記事

 

 

最後に3つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてあるシャンプー、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてあるシャンプーを紹介しています。さらにその中で今一番おすすめしているシャンプーを3つ目の記事にピックアップしています。

シャンプーを探す時の参考にしていください。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください