美容師がおすすめのヘアケアセット

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

「アクアインテンシブ」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

アクアインテンシブのシャンプー&トリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもあるSHISEIDO。

その中の「アクアインテンシブ」、髪のうるおいを守り、ダメージやパサつきを防ぎながら不要な汚れを洗うためのシャンプーです。

サロン専売品でもあるシャンプーシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてアクアインテンシブのシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

 

実際に「アクアインテンシブ」のシャンプー&トリートメントを使ってみた

アクアインテンシブ

SHISEIDO

 

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

 きし
 つま
髪にツヤを出すために資生堂独自の「アクアミックテクノロジー」を採用し、キレイな髪をつくるためのアイテムとなっています。

実際に購入してみました

 

【資生堂】姉妹ブランド記事

 

資生堂ブランドは、サロン専売品と市販製品と豊富なラインナップが魅力的なポイントになっています。

 

美容室用のサロン専売品はこちら

 

関連記事アデノバイタルのレビュー記事

関連記事ルミノフォースのレビュー記事

関連記事ルミノジェニックのレビュー記事

関連記事アクアインテンシブのレビュー記事

関連記事スリークライナーのレビュー記事

関連記事フェンテフォルテのレビュー記事

 

一般向けの市販製品はこちら。

 

関連記事TSUBAKI(しっとりまとまる)のレビュー記事

関連記事TSUBAKI(さらさらストレート)のレビュー記事

関連記事エイチアンドエスのレビュー記事

関連記事マシェリのレビュー記事

 

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

アクアインテンシブのレビュー①:ブランド共通の「手に馴染みやすい」フォルムデザイン

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずは、シャンプーボトルからです。

こちらは、「アデノバイタル」や「ルミノフォース」と同じフォルムで手にフィットするためのようなデザインです。

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

白を基調としたベースカラーで、クリアな質感と合わさり、とても美しいです。

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

手にフィットするあたりは、さすがSHISEIDOといったところ。フォルムにまでこだわりを感じます。

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

細かいところまで安定感があり、例えばフタを開けるときの固さ一つとっても「ちょうどよい」ため、ストレスが全くない使用感。

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

加えて、高級感のあるクリア感のある色合い。

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

一方、トリートメントも同じく絶妙なサイズ感のあるチューブタイプ。

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

シャンプーとの見分けが付きやすく、使い分けがしやすい。

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

出す時には、トリートメントが濃厚だからか少し固めな感じはしますが、これは仕方ないのかなとも。

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

やはり、SHISEIDOのシャンプーは基本的にフォルムデザインが素晴らしいです。使いやすさに特化しているため、細かいところにまで配慮が行き届いています。

シャンプー成分

水、ラウレス硫酸Na、ココイルメチルタウリンタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、ラウリン酸PEG-2、塩化Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、アルギニン、ポリクオタニウム-11、グリチルリチン酸2K、コンドロイチン硫酸Na、チオタウリン、ローヤルゼリーエキス、オノニスエキス、褐藻エキス、紅藻エキス、シソエキス、緑藻エキス、DPG、クエン酸、EDTA-2Na、ソルビトール、BG、PPG-70ポリグリセリル-10、エタノール、BHT、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

トリートメント成分

水、ソルビトール、イソベンチルジオール、ジメチコン、水添ナタネ油アルコール、ベヘントリモニウムクロリド、セタノール、アルキル(C12、14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖、アミノプロピルジメチコン、アルギニン、ステアルトリモニウムクロリド、ヒドロキシエチルウレア、PEG-90M、乳酸、ポリクオタニウム-11、レシチン、加水分解カラスムギタンパク、加水分解コラーゲン、チオタウリン、コンドロイチン硫酸Na、ローヤルゼリーエキス、オノニスエキス、褐藻エキス、紅藻エキス、シソエキス、セリシン、加水分解コンキオリン、緑藻エキス、イソプロパノール、エタノール、オクチルドデカノール、PG、クエン酸、クエン酸Na、BG、乳酸アンモニウム、シリカ、BHT、ソルビン酸K、フェノキシエタノール、安息香酸Na,香料

次に成分を見ていきます。

洗浄成分は、ラウレス硫酸Na、ココイルメチルタウリンタウリンNa、コカミドプロピルベタインの3つをベースとなっています。少し脱脂力が強めな印象のある構成で、とくにラウレス硫酸Naがあるのが残念なところ。

とはいえ、頭皮を保湿するといえば定番のグリチルリチン酸2Kを中心に、ローヤルゼリーエキス、オノニスエキス、褐藻エキス、紅藻エキス、シソエキス、緑藻エキス、など保湿する成分もきちんと構成されているので脱脂力が強いだけのシャンプーではないことが分かります。

トリートメントも同様に定番のコンディションニング効果のある成分を中心に、保湿剤もあるためちゃんと良いものな感じの構成になっています。

 きし
シャンプーにラウレス硫酸Naが構成されているため、脱脂力強めと予測できてしまい少し残念なシャンプーでもあります。資生堂の中だとルミノフォースの方が良さげな内容かなと判断しています。
SHISEIDO「ルミノフォース」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事SHISEIDO「ルミノフォース」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

ということで、資生堂独自の「アクアミックテクノロジー」がどんなものか、実際に使って様子を見ていきます。

アクアインテンシブのレビュー②:髪や頭皮への使用感も良い感じ

STEP.1
シャンプー

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際にシャンプーを出してみると、乳酸系の香りがします。

具体的には「ヨーグルト」をイメージできるような、とにかく甘い香りです。少し強すぎるかなとも思いますがイヤな感じはないです。

STEP.2
シャンプーの泡立ち加減

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

泡立ちは良好。さしつかえない使用感の良さに加えて、

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

泡もキメ細かく、泡も大きく使いやすそう。

STEP.3
シャンプーの洗い心地

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に洗ってみると、思っていた通りの脱脂力の強さを感じてしまいます。

頭皮には「つっぱり感」があり、髪も少しひっかかりやすさがでてしまいます。これは非常に残念。

STEP.4
トリートメントを使ってみた

SHISEIDO「アクアインテンシブ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

一方でトリートメントの使用感は良好。

濃厚ですが余計なベタつきは一切なく、髪がまとまり、毛先はツルツルになってくれます。

STEP.5
まとめ
アクアインテンシブのレビュー
洗浄力
(4.0)
保水力
(2.0)
香り
(3.0)
頭皮改善
(3.0)
使用感
(3.5)
補修力
(2.5)
育毛力
(2.0)
コスパ
(2.5)
おすすめ度
(3.0)

こういう感じになります。

このアイテムの良いポイント

  • デザイン性の良さ
  • 使用感がいい
  • バランスがいい使い勝手の良さ

このアイテムの悪いポイント

  • 脱脂力が強い
  • 保湿力が少し物足りない

アクアインテンシブのレビュー③:バランスのとれたヘアケアシャンプー

ココがポイント!

シャンプーとしても使いやすく、髪質もバランスよく使える内容になっているので使い勝手のいいアイテムです。

アクアインテンシブを全体的に見ると、バランスの良いシャンプー&トリートメントではあります。

が、平均並の数値にはなっているので格段におすすめできるアイテムではありません。

やはり脱脂力の強さに加えて、補修力や保水力の物足りなさが個人的には気になります。

 つま
個人的には、SHISEIDOのシャンプーの中ではあまりおすすめできないシリーズです。アクアミックテクノロジーも使用感から微妙な結論ということになりました。

良い感じにとらえると「バランスのとれたシャンプー」にはなりますが、SHISEIDOのシャンプーは全てにおいてバランスの良いものばかりなので、その中で比べると少し残念なアイテムにも感じます。

アクアインテンシブシャンプー(ライト)

アクアインテンシブシャンプー

アクアインテンシブトリートメント1

アクアインテンシブトリートメント2

オイルアンリミテッドシルク

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

この記事では、「アクアインテンシブ シャンプー&トリートメント」について書いています。

 きし
実際に使ってみてまとめると、バランスは良いもののもっと良いシャンプーはあるなという結論になります。
 つま
あくまでも個人的な結論になるので参考程度に読んでくださいね。

正直なところ、SHISEIDOのシャンプーは全体的に良質なものが揃っているので、わざわざこのシャンプーを選ぶ理由というのは薄いなぁ〜という感じです。

それほど、品質の高いシャンプーが多いというところでしょうか。

アクアインテンシブを使う前の参考にどうぞ。

【資生堂】姉妹ブランド記事

 

資生堂ブランドは、サロン専売品と市販製品と豊富なラインナップが魅力的なポイントになっています。

 

美容室用のサロン専売品はこちら

 

関連記事アデノバイタルのレビュー記事

関連記事ルミノフォースのレビュー記事

関連記事ルミノジェニックのレビュー記事

関連記事アクアインテンシブのレビュー記事

関連記事スリークライナーのレビュー記事

関連記事フェンテフォルテのレビュー記事

 

一般向けの市販製品はこちら。

 

関連記事TSUBAKI(しっとりまとまる)のレビュー記事

関連記事TSUBAKI(さらさらストレート)のレビュー記事

関連記事エイチアンドエスのレビュー記事

関連記事マシェリのレビュー記事

 

 

最後に3つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてあるシャンプー、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてあるシャンプーを紹介しています。さらにその中で今一番おすすめしているシャンプーを3つ目の記事にピックアップしています。

シャンプーを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください