美容師がおすすめのヘアケアセット

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

「mint(ミント)」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

「mint(ミント)」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

mint(ミント)のシャンプー&トリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもあるARIMINO。

その中の「mint(ミント)」シリーズ。すっきりとした冷涼感で皮脂や汚れをすっきりと洗い流してくれるシャンプーです。

サロン専売シャンプーでもあるARIMINOのミントシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてmint(ミント)のシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

 

実際に「mint(ミント)」のシャンプー&トリートメントを使ってみた

mint(ミント) シャンプー フローズンリフレッシュ

ARIMINO

 

 

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

 きし
実際に「ミント シャンプー フローズンリフレッシュ」を使っていきます。今回はフローズンリフレッシュをチョイスしています。
 つま
すっきりとした冷涼感で皮脂や汚れをしっかりと洗い流してくれるシャンプーです。

mint(ミント)」のポイント

クールが続く暑い夏でもずっと快適

冷涼感とキープ効果によって、より快適な頭皮コンディションを保ちます。

  • メントール
  • クールアウト(メントキシプロパンジオール)

これらの成分で、約1時間ほどの冷涼感と、冷感をキープすることができます。

夏の汚れをスッキリ落とし快適頭皮に

  • カキタニン
  • ワサビ葉エキス
  • セイヨウハッカ葉エキス
  • イライト

においとは汗や皮脂を微生物が分解することで発生します、これらの成分がベタつきの原因となる過剰な皮脂を抑えてくれます。

一秒でも早く乾かしたい夏のドライヤー時間を短縮

  • コーンパウダー(オクテニルコハク酸デンプンAI)

頭皮のベタつきを抑えて、サラサラ感を重視した処方して、ドライヤーの風が内側まで均一にあたって、すばやく乾くようにしてくれます。

 きし
これらが、ミントのシャンプーのポイントとなります、実際に商品を見ながら徹底的に見ていきましょう。

実際に購入してみました

 

【アリミノ】姉妹ブランド記事

 

アリミノブランドは幅広いラインナップでヘアケアに特化しているのがポイントです。

 

とくにおすすめはこちらのシャンプー。

関連スプリナージュのレビュー記事

 

その他のアリミノブランドの記事はこちら。

関連ケアトリコ プリヴィのレビュー記事

関連シェルパのレビュー記事

関連カラーストーリーのレビュー記事

関連ケアトリコのレビュー記事

関連ミントのレビュー記事

関連カラーストーリー アドミオのレビュー記事

関連アリミノメンのレビュー記事

 

アリミノの炭酸シャンプーはこちら。

関連オイルクレンジングフォームのレビュー記事

関連ミント スパークリングシャンプー

 

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

ミントのレビュー①:爽やかなカラーが特徴となるデザイン

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずは、シャンプーボトルですが、丸みのあるシンプルなボトルデザインに、特徴的な植物をモチーフにしたパッケージ。

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

青の植物や、フルーツは癒やし系のため、見るだけでリフレッシュすることができます。

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

とはいえ、それ以外の特徴は一切ないので至って普通のシャンプー。

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

サイズ感は片手で持てる上に、フィット感もあるのでストレスなく使える印象。

シャンプー成分

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、メントール、ラウリルグルコシド、メントキシプロパンジオール、セイヨウハッカ葉エキス、カキタンニン、ワサビ葉エキス、オウゴン根エキス、グアイアズレンスルホン酸Na、DPG、BG、コカミドメチルMEA、ポリクオタニウム-10、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、EDTA-2Na、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ポリソルベート80、オレス-8リン酸Na、クエン酸、クエン酸Na、炭酸Na、炭酸水素Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、クロラミンT、香料

次に、成分を見ていくと、脱脂力の強い洗浄成分のラウレス硫酸Na、普通の脱脂力の両面活性剤のコカミドプロピルベタイン、続いてはマイルドなアミノ酸洗浄成分のラウロイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNaと、かなり強めの洗浄成分構成。

そこに、メントールやメントキシプロパンジオールで、冷涼感を加えるというもの。

しかし、この脱脂力の強さだと、さすがに頭皮や髪が乾燥してしまうと思ってしまうほどの構成。

頭皮への使用感を良くするために、セイヨウハッカ葉エキス、カキタンニン、ワサビ葉エキス、オウゴン根エキスなどの成分も構成しているものの、台無しにしている感は否めません。

https://shampoo.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2919.jpg
きし

さらに、髪の使用感がよくなるための美容成分は、ほとんど構成されていないために、女性では使わない方がいいシャンプーの1つ。

と、実際に使ってみたいと分からないので、本題でもある使用感を見ていきます。

ミントのレビュー②:すっきりとした使用感

STEP.1
シャンプー

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

シャンプーを出してみると、レモンっぽい柑橘系の香りが好印象。

 

STEP.2
シャンプーの泡立ち加減

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

泡立ちが良好、さすがに洗浄成分もりもりなのでこんなものか。

 

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

泡の質は普通ですが、少し荒い印象で泡が大きくなりやすいため、使用感は悪くないと思わせてくれます。

 

STEP.3
シャンプーの洗い心地

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

実際にシャンプーをしていくと、冷涼感がほどよくあり、すっきりと洗いあげてくれます。

とはいえ、冷涼感は思ったよりも感じられない上に、やはり強い脱脂力のため頭皮への使用感はよくありません。

加えて、髪への美容成分がほぼ構成されていないため、さすがに女性におすすめできる内容でないシャンプーだと感じました。

 

STEP.5
まとめ
ミントのレビュー
洗浄力
(4.5)
保水力
(1.0)
香り
(2.0)
頭皮改善
(2.0)
使用感
(1.5)
補修力
(1.0)
育毛力
(1.0)
コスパ
(2.0)
おすすめ度
(1.5)

こういう感じになります。

このアイテムの良いポイント

  • 冷涼感のあるシャンプー
  • すっきりとして爽やか使用感

このアイテムの悪いポイント

  • 強い脱脂力
  • 美容成分が少なめ
  • コスパも微妙

ミントのレビュー③:爽やかな使用感で「男性」におすすめのシャンプー

ココがポイント!

強めの洗浄力、冷涼感、防臭効果など、男性に使いやすいシャンプーになっています。逆に女性には相性が微妙。

結論としては、微妙な冷涼感の脱脂力の強く、頭皮だけでなく、髪への使用感も良くないため、使う人を極端に選ぶシャンプーでした。

さすがに、ラウレス硫酸Naに加えて、多すぎる洗浄成分では、頭皮への美容成分の意味を感じられなさそうな印象。

例えば、カキタニンは頭皮の防臭作用がありますが、これだけ脱脂力があると頭皮が乾燥してしまい、逆にニオイの原因、さらに長期的な使用によって頭皮トラブンの起因になることが予測できます。

強い脱脂力のあるシャンプーを使い続けることで、頭皮が乾燥してしまうと、頭皮にはマラセチア菌というものが増殖します。この菌は脂漏性皮膚炎などのベタつきやニオイの原因になるだけでなく、皮膚炎は脂漏性脱毛症の原因ともなります。

加えて、このシャンプーには髪へのエモリエント剤や美容成分がほぼなくて、髪の使用感は悪くロングヘアはおろか、ショートミディアムのぼくでさえ髪はひっかりを感じるほどでした。

 きし
貴重な冷涼感のあるシャンプーだったので、期待していただけに非常に残念な結果となりました。もしこのシャンプーを使うという人は注意が必要です!!

ミントのラインナップ

 きし
ミントのシャンプーは、全部で2タイプあり、加えてヘアマスクの計3種類となります。

すっきりとした冷涼感で、皮脂や汚れをしっかりと洗い流す「ミント シャンプー フローズンリフレッシュ

心地よい冷涼感で、皮脂や汚れを洗い流す「ミント シャンプー リフレッシュ

毛穴に残った皮脂を取り除きます。皮脂吸着性の高いグリーンクレイ 配合のヘアマスク

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

この記事では、「ミント シャンプー フローズンリフレッシュ」について書きました。

 きし
実際に、ミントのシャンプーを使ってみましたが、結論としては残念な結果となりました。酷評になりましたが、実際に使ってみた上で美容師としての知識と合わせたまとめになります。
 つま
とくに、女性の場合(髪をキレイにする意思のある方)は絶対に使わない方がいいシャンプーです。

あえて使う場面があるとしたら、よく汗をかいたり、仕事でほこりを大量にかぶったりとかっていう時ぐらいでしょうか。それでも、この強い脱脂力のシャンプーを使うことはおすすめできません。

最近では男性でも頭皮が敏感な方が多く、頭皮トラブルも多いため使うシャンプーは慎重に選ぶべきだと思います。

シャンプーを使う前の参考にしてください。

【アリミノ】姉妹ブランド記事

 

アリミノブランドは幅広いラインナップでヘアケアに特化しているのがポイントです。

 

とくにおすすめはこちらのシャンプー。

関連スプリナージュのレビュー記事

 

その他のアリミノブランドの記事はこちら。

関連ケアトリコ プリヴィのレビュー記事

関連シェルパのレビュー記事

関連カラーストーリーのレビュー記事

関連ケアトリコのレビュー記事

関連ミントのレビュー記事

関連カラーストーリー アドミオのレビュー記事

関連アリミノメンのレビュー記事

 

アリミノの炭酸シャンプーはこちら。

関連オイルクレンジングフォームのレビュー記事

関連ミント スパークリングシャンプー

 

 

最後に3つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてあるシャンプー、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてあるシャンプーを紹介しています。さらにその中で今一番おすすめしているシャンプーを3つ目の記事にピックアップしています。

シャンプーを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

この記事の内容

mint(ミント)のシャンプー&トリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもあるARIMINO。

その中の「mint(ミント)」シリーズ。すっきりとした冷涼感で皮脂や汚れをすっきりと洗い流してくれるシャンプーです。

サロン専売シャンプーでもあるARIMINOのミントシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてmint(ミント)のシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

 

実際に「mint(ミント)」のシャンプー&トリートメントを使ってみた

mint(ミント) シャンプー フローズンリフレッシュ

ARIMINO

 

 

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

 きし
実際に「ミント シャンプー フローズンリフレッシュ」を使っていきます。今回はフローズンリフレッシュをチョイスしています。
 つま
すっきりとした冷涼感で皮脂や汚れをしっかりと洗い流してくれるシャンプーです。

mint(ミント)」のポイント

クールが続く暑い夏でもずっと快適

冷涼感とキープ効果によって、より快適な頭皮コンディションを保ちます。

  • メントール
  • クールアウト(メントキシプロパンジオール)

これらの成分で、約1時間ほどの冷涼感と、冷感をキープすることができます。

夏の汚れをスッキリ落とし快適頭皮に

  • カキタニン
  • ワサビ葉エキス
  • セイヨウハッカ葉エキス
  • イライト

においとは汗や皮脂を微生物が分解することで発生します、これらの成分がベタつきの原因となる過剰な皮脂を抑えてくれます。

一秒でも早く乾かしたい夏のドライヤー時間を短縮

  • コーンパウダー(オクテニルコハク酸デンプンAI)

頭皮のベタつきを抑えて、サラサラ感を重視した処方して、ドライヤーの風が内側まで均一にあたって、すばやく乾くようにしてくれます。

 きし
これらが、ミントのシャンプーのポイントとなります、実際に商品を見ながら徹底的に見ていきましょう。

実際に購入してみました

 

【アリミノ】姉妹ブランド記事

 

アリミノブランドは幅広いラインナップでヘアケアに特化しているのがポイントです。

 

とくにおすすめはこちらのシャンプー。

関連スプリナージュのレビュー記事

 

その他のアリミノブランドの記事はこちら。

関連ケアトリコ プリヴィのレビュー記事

関連シェルパのレビュー記事

関連カラーストーリーのレビュー記事

関連ケアトリコのレビュー記事

関連ミントのレビュー記事

関連カラーストーリー アドミオのレビュー記事

関連アリミノメンのレビュー記事

 

アリミノの炭酸シャンプーはこちら。

関連オイルクレンジングフォームのレビュー記事

関連ミント スパークリングシャンプー

 

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

ミントのレビュー①:爽やかなカラーが特徴となるデザイン

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずは、シャンプーボトルですが、丸みのあるシンプルなボトルデザインに、特徴的な植物をモチーフにしたパッケージ。

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

青の植物や、フルーツは癒やし系のため、見るだけでリフレッシュすることができます。

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

とはいえ、それ以外の特徴は一切ないので至って普通のシャンプー。

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

サイズ感は片手で持てる上に、フィット感もあるのでストレスなく使える印象。

シャンプー成分

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa、メントール、ラウリルグルコシド、メントキシプロパンジオール、セイヨウハッカ葉エキス、カキタンニン、ワサビ葉エキス、オウゴン根エキス、グアイアズレンスルホン酸Na、DPG、BG、コカミドメチルMEA、ポリクオタニウム-10、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、EDTA-2Na、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ポリソルベート80、オレス-8リン酸Na、クエン酸、クエン酸Na、炭酸Na、炭酸水素Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、クロラミンT、香料

次に、成分を見ていくと、脱脂力の強い洗浄成分のラウレス硫酸Na、普通の脱脂力の両面活性剤のコカミドプロピルベタイン、続いてはマイルドなアミノ酸洗浄成分のラウロイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNaと、かなり強めの洗浄成分構成。

そこに、メントールやメントキシプロパンジオールで、冷涼感を加えるというもの。

しかし、この脱脂力の強さだと、さすがに頭皮や髪が乾燥してしまうと思ってしまうほどの構成。

頭皮への使用感を良くするために、セイヨウハッカ葉エキス、カキタンニン、ワサビ葉エキス、オウゴン根エキスなどの成分も構成しているものの、台無しにしている感は否めません。

https://shampoo.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2919.jpg
きし

さらに、髪の使用感がよくなるための美容成分は、ほとんど構成されていないために、女性では使わない方がいいシャンプーの1つ。

と、実際に使ってみたいと分からないので、本題でもある使用感を見ていきます。

ミントのレビュー②:すっきりとした使用感

STEP.1
シャンプー

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

シャンプーを出してみると、レモンっぽい柑橘系の香りが好印象。

 

STEP.2
シャンプーの泡立ち加減

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

泡立ちが良好、さすがに洗浄成分もりもりなのでこんなものか。

 

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

泡の質は普通ですが、少し荒い印象で泡が大きくなりやすいため、使用感は悪くないと思わせてくれます。

 

STEP.3
シャンプーの洗い心地

ARIMINOの「mint(ミント)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

実際にシャンプーをしていくと、冷涼感がほどよくあり、すっきりと洗いあげてくれます。

とはいえ、冷涼感は思ったよりも感じられない上に、やはり強い脱脂力のため頭皮への使用感はよくありません。

加えて、髪への美容成分がほぼ構成されていないため、さすがに女性におすすめできる内容でないシャンプーだと感じました。

 

STEP.5
まとめ
ミントのレビュー
洗浄力
(4.5)
保水力
(1.0)
香り
(2.0)
頭皮改善
(2.0)
使用感
(1.5)
補修力
(1.0)
育毛力
(1.0)
コスパ
(2.0)
おすすめ度
(1.5)

こういう感じになります。

このアイテムの良いポイント

  • 冷涼感のあるシャンプー
  • すっきりとして爽やか使用感

このアイテムの悪いポイント

  • 強い脱脂力
  • 美容成分が少なめ
  • コスパも微妙

ミントのレビュー③:爽やかな使用感で「男性」におすすめのシャンプー

ココがポイント!

強めの洗浄力、冷涼感、防臭効果など、男性に使いやすいシャンプーになっています。逆に女性には相性が微妙。

結論としては、微妙な冷涼感の脱脂力の強く、頭皮だけでなく、髪への使用感も良くないため、使う人を極端に選ぶシャンプーでした。

さすがに、ラウレス硫酸Naに加えて、多すぎる洗浄成分では、頭皮への美容成分の意味を感じられなさそうな印象。

例えば、カキタニンは頭皮の防臭作用がありますが、これだけ脱脂力があると頭皮が乾燥してしまい、逆にニオイの原因、さらに長期的な使用によって頭皮トラブンの起因になることが予測できます。

強い脱脂力のあるシャンプーを使い続けることで、頭皮が乾燥してしまうと、頭皮にはマラセチア菌というものが増殖します。この菌は脂漏性皮膚炎などのベタつきやニオイの原因になるだけでなく、皮膚炎は脂漏性脱毛症の原因ともなります。

加えて、このシャンプーには髪へのエモリエント剤や美容成分がほぼなくて、髪の使用感は悪くロングヘアはおろか、ショートミディアムのぼくでさえ髪はひっかりを感じるほどでした。

 きし
貴重な冷涼感のあるシャンプーだったので、期待していただけに非常に残念な結果となりました。もしこのシャンプーを使うという人は注意が必要です!!

ミントのラインナップ

 きし
ミントのシャンプーは、全部で2タイプあり、加えてヘアマスクの計3種類となります。

すっきりとした冷涼感で、皮脂や汚れをしっかりと洗い流す「ミント シャンプー フローズンリフレッシュ

心地よい冷涼感で、皮脂や汚れを洗い流す「ミント シャンプー リフレッシュ

毛穴に残った皮脂を取り除きます。皮脂吸着性の高いグリーンクレイ 配合のヘアマスク

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

この記事では、「ミント シャンプー フローズンリフレッシュ」について書きました。

 きし
実際に、ミントのシャンプーを使ってみましたが、結論としては残念な結果となりました。酷評になりましたが、実際に使ってみた上で美容師としての知識と合わせたまとめになります。
 つま
とくに、女性の場合(髪をキレイにする意思のある方)は絶対に使わない方がいいシャンプーです。

あえて使う場面があるとしたら、よく汗をかいたり、仕事でほこりを大量にかぶったりとかっていう時ぐらいでしょうか。それでも、この強い脱脂力のシャンプーを使うことはおすすめできません。

最近では男性でも頭皮が敏感な方が多く、頭皮トラブルも多いため使うシャンプーは慎重に選ぶべきだと思います。

シャンプーを使う前の参考にしてください。

【アリミノ】姉妹ブランド記事

 

アリミノブランドは幅広いラインナップでヘアケアに特化しているのがポイントです。

 

とくにおすすめはこちらのシャンプー。

関連スプリナージュのレビュー記事

 

その他のアリミノブランドの記事はこちら。

関連ケアトリコ プリヴィのレビュー記事

関連シェルパのレビュー記事

関連カラーストーリーのレビュー記事

関連ケアトリコのレビュー記事

関連ミントのレビュー記事

関連カラーストーリー アドミオのレビュー記事

関連アリミノメンのレビュー記事

 

アリミノの炭酸シャンプーはこちら。

関連オイルクレンジングフォームのレビュー記事

関連ミント スパークリングシャンプー

 

 

最後に3つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてあるシャンプー、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてあるシャンプーを紹介しています。さらにその中で今一番おすすめしているシャンプーを3つ目の記事にピックアップしています。

シャンプーを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください