美容師がおすすめのヘアケアセット

ミルボン「オージュア クエンチ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー【写真アリ】

「オージュア」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

オージュアのクエンチのレビュー

有名なヘアケアブランドでもあるミルボン。

その中の「オージュア」のヘアケアシリーズ。

商品画像
 (オージュア クエンチ)

ミルボンのアイテムは有名な分、アンチ(批判する人)も多く「使おうかなぁ」と悩んでいる方にとっては不安の材料になると思います。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてミルボンオージュアのクエンチをレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • オージュアシリーズを選ぶポイント
  • オージュアシリーズのおすすめポイント
  • 実際に「クエンチ」を使ってみたレビュー

 

「オージュア」を選ぶポイント

 きし
日本人女性用に向けて作られているから、髪質や頭皮にも合わせやすいヘアケアなのが特徴の一つです。

つま

最近、SNSなんかでも見かけることが多くなってきたヘアケアのオージュア。

有名なヘアケアブランドの一つでもある「ミルボン」、とくにヘアケアやスカルプケアに特化したブランドがオージュアです。

 

ミルボンについて

 きし
プラーミアエナジメントがあるミルボンというブランドについて説明していきます。

つま

ミルボンは、たくさんの人が利用でしている有名なヘアケアブランドです。

正式社名「株式会社ミルボン」。英文社名「Milbon Co., Ltd.」。化学工業。昭和35年(1960)「ユタカ美容化学株式会社」設立。同40年(1965)現在の社名に変更。本社は大阪市都島区善源寺町。業務用頭髪化粧品メーカー。

ミルボンとは1965年以降、ヘアサロン専用ブランドとしてさまざまな商材をヒットさせている美容メーカー社です。

ミルボンのシャンプーはもともとは、美容室でしか購入できない美容室専売品でした。

しかし、最近では楽天などのネットでも販売されており、元々がヘアサロン専売品ということもあるために、品質も高く「髪質が改善した・まとまりがよい・ボリュームがアップした」などの口コミが多い、美容師だけでなく一般にも人気の美容メーカーがミルボンなのです

美容師をしているとミルボンの情報というのは、とても多く流れてきます。

そこで美容師が感じるミルボン社のシャンプーの特徴をまとめ人気の理由を話します。

 

ミルボン シャンプーの特長①「シャンプーの種類が豊富」

ボンのシャンプーは、とにかく種類が豊富なのが特徴です。

髪質を改善したい」というお悩みに合わせて選ぶことができるので、髪質だけでなく頭皮のケアなど、さまざまなオーダーメイドでケアができていくのも、種類が多いからこそできるのです。

 きし
女性はシャンプーの種類が多いと、色々なものを試してみたくなってしまうので、種類の多さというのとても強い武器となります。飽きさせないとのは魅力の1つということです。
ミルボンシャンプー一覧
  1. ディーセスノイドゥーエ
  2. インフェノム
  3. フェエーリ
  4. ジェミールフラン
  5. プラーミア
  6. オージュア
  7. グローバルミルボン
あわせて読みたい

ミルボン シャンプーの特長②「シャンプーデザインが魅力的」

シャンプーのデザインって超重要です。

中身も重要ですがボトルの見た目で選ぶというかたもいらっしゃいます。

ミルボンシャンプーのボトルは手にフィットしたり、色にもこだわりがある高級感のある容器によって使う人の気持ちを高揚させてくれます。

 きし
美容師が使いやすいように設計させてもいるので、普段何気なくするシャンプーをワンランクあげてくれるのも超魅力的です。

 

ミルボン シャンプーの特長③「好まれやすい香り」

ミルボンのシャンプーは、フルーツや花など女性が好きな香りを採用しているため、香りも人気の一つです。

好きな香りでシャンプーを選ぶということも少なくありません。

その香りがあなたの香りになりますからね。

 きし
香りにより、アロマテラピー効果もあるので、髪だけでなくメンタルケアにも繋がるので、香りはやはり良いものを選びたいですよね。

オージュアは、多用な変化が訪れてもキレイに対して前向きでポジティブにいてられるように、美しさを育み続けるというのがコンセプトで開発された日本人女性に特化したヘアケアです。

まず、オージュアを知るためにはダメージのことを知る必要があります。

日本の女性が髪に受けるダメージはさまざまです。

四季にともなう気候の移り変わりや日常のストレス、年齢を重ねることで意識し始めめる髪の変化、ダメージの感じ方も一人ひとり異なります。

ダメージの原因
  1. 毛髪の特性によるダメージ
  2. 地肌の特性によるダメージ
  3. 習慣によるダメージ
  4. 気候によるダメージ

これらのダメージに合わせてアプローチするアイテムが変わってくるため、悩み別にケアをすることができるのが特徴になります。

悩みに合わせて選べる豊富なラインナップ

オージュアはとてもヘアケアとしても優秀ですが、髪質に合わせたケアをするとより効果を実感することができます

オージュアのさまざまな種類についてもお話します。

“ラインナップ一覧”
  1. クエンチ
  2. アクアヴィア
  3. スムース
  4. フィルメロウ
  5. イミュライズ
  6. エクイアル
  7. オーセナム
  8. グロウシブ
  9. タイムサージ
  10. モイストカーム
  11. エイジングスパ
  12. デイライト

このラインナップの多さが魅力の一つでもあります。

悩みに合わせて必要な成分を髪や頭皮使うことができます。

実際に「オージュア クエンチ」のシャンプー&トリートメントを使ってみた

クエンチ

ミルボン オージュア

 

オージュア,バージョンアップ

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

 きし
ミルボンのオージュア、ヘアケアラインのクエンチを使ってみました。

つま

髪の水分を整えたり、補修したりする効果があるシャンプー&トリートメントです。

実際に購入してみました

  • オージュア クエンチシャンプー
  • オージュア クエンチトリートメント

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

クエンチのレビュー① デザイン性の高いフォルムデザイン

オージュア,バージョンアップ

第一印象はとにかく「手に馴染む」ということです。前ラインに比べると、デザインパッケージにかなりアールがきいていて手に馴染む設計はとても好印象でした。

これは違うラインのイミュライズとも全く同じです。

関連記事 オージュア イミュライズのレビュー記事

オージュア,バージョンアップ

ミルボンは割とボトルや宣伝に費用をかけすぎてると批判が多いブランドですが、納得の高級感です。

オージュア,バージョンアップ

トリートメントもとにかく高級感のある手触りのデザインです。

実はこのフタには”スパチュラ”が付属していてトリートメントを使う時に便利です。

シャンプー成分

水、ラウレス硫酸Na、DPG、イソステアラミドプロピルベタイン、オレフィン(CP14-16)スルホン酸Na、ラウレス-6酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ジステアリン酸グリコール、塩化Na、イソノナン酸イソトリデシル、PEG-20、トレハロース、イソステアリン酸イソステアリル、スクワラン、ユキノシタエキス、チューべロース多糖体、ココイルアルギニンエチルPCA、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-52、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ココイルイセチオン酸Na、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウレス-16、グリチルチリン酸2K、サクシニルグリチルレチン酸2Na、リンゴ酸、BG、グリセリン、エタノール、水酸化Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料

トリートメント成分

水、ハチミツ、セタノール、シクロメチコン、セトリモニウムプロミド、ひまわり種子油、テトラオクタン酸ベンタエリスリチル、ステアリルアルコール、ジメチコン、エタノールアミノエチルアミノプロピルジメチコン、アモジメチコン、イソノナン酸イソトリデシル、PGE-20、トレハロース、イソステアリン酸イソステアリル、スクワラン、クオタニウム-33、ヒアルロン酸Na、リン酸トリセチル、ジステアリン酸スクロース、ラウリン酸スクロース、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、BG、BHT、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、香料、カンゾウ根エキス

成分を見ていくと、刺激の強いラウレス硫酸Naをベースに作らえており、ベタつきが少ないことから汎用されている保湿剤のDPG、コンディションニング剤で帯電防止のあるイソステアラミドプロピルベタイン、ラウレスほど刺激は強くはないがオレフィンと、それなりに洗浄力が強い成分構成になっているためにミルボン批判が多い原因になっています。

とはいえ、エキス系やスクワラン、イソステアリルなどの良い成分も入っています。つまりよろしくない成分も入っていますが、良いものもふんだんに構成されているということです。

トリートメントでは、肌荒れを防ぐ作用や乾燥した肌に潤いを与える独特の保湿感があるハチミツをベースに、高い吸湿性と保水性をもっているため化粧品に汎用されている保湿剤であるセタノール、毛髪のコンディションニングを整えるシクロメチコン、こちらもベースはおきまりのような成分になっています。

しかし、エタノールアミノエチルアミノプロピルジメチコンによって髪のケア性能を上げているといった構成。

成分では安価な成分も高価な成分も構成されているのが仕上がりにどう影響するのかといったところ。

あとは、使用感も見ていきたいと思います。

クエンチのレビュー② デリケートな髪との相性バツグンの使用感

STEP.1
シャンプー

 

かなりしっかりとしたシャンプー。

香りもほのかに花の香り(牡丹)がして心地よいです。

 

STEP.2
シャンプーの泡立ち加減

 

泡立ちも良く、キメ細かさも上々。

よく見るとかなり品質の高い泡であることが分かります。

 

STEP.4
トリートメント

 

トリートメントもつけると手触りが一気に良くなります。

しっとり感が半端ないことに。

今回少し、トリートメントをつけたままブラッシングをしましたが、それだけでもサロンケア並のクオリティになってくれます。

 

STEP.5
シャンプー&トリートメントの仕上がり

 

実際にシャンプー&トリートメントを通して見ましたが、使用感と仕上がりの感じはバッチリな印象。

 

 

このシャンプーにラウレスとオレフィンが使われているとは思えない使用感の良さです。悩んでいる方はぜひ一度使ってみると良いです。

 

STEP.4
まとめ
オージュア クエンチのレビュー
洗浄力
(4.0)
保水力
(4.5)
香り
(5.0)
頭皮改善
(2.0)
使用感
(4.0)
補修力
(4.0)
育毛力
(2.0)
コスパ
(2.0)
おすすめ度
(4.0)

こういう感じになります。

このアイテムの良いポイント

  • シャンプーの使用感はいい
  • 仕上がり的にもいい
  • 香りもいい

このアイテムの悪いポイント

  • 成分的に不安を与える
  • 価格が高め
  • コスパが悪い

クエンチのレビュー③ 総合的にヘアケアに優秀なシャンプー

ココがポイント!

トータル的に優秀なシャンプーで、成分的には不安にさせる内容かと思われがちですが、実のところ問題はなくとても使いやすい。

シャンプーもトリートメントも使用感高いし、仕上がりも問題ない内容になっています。

とくに水分を補給してくれるスクワラン、イソステアリルが良い働きをしてくれるのか、手触りが超良くなります。

とはいえ、洗浄成分がラウレスやオレフィンといった安価な成分が使われている分どうしてもネックな部分がありますが、そのあたりのメリットとしては皮脂の多い男性にも使えるのでそういった意味では問題ないのではないかと。

ただし、頭皮が敏感、アレルギーのある方はこの2つの成分が合わないこともあるので注意が必要です。

そして、何よりも一番ネガティブな部分がコスパの悪さです。とにかく高いの一言。

ぼくはアンチではありませんが、この値段でラウレスやオレフィンなど安価な成分が入っていると不安になる気持ちは分からなくはないですね。

https://shampoo.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2919.jpgきし

まぁ、成分は置いといて、仕上がりや使用感だけで見ると品質は高いことは間違いないです。悩んでいる方ならば使ってみることをおすすめします。

エイジングケアも一緒にするのなら、オージュアのイミュライズの方がおすすめかもしれません。

関連記事オージュア イミュライズのレビュー記事

こういう髪別によって使い分けができるのもオージュアの魅力かもしれません。

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

この記事では、「オージュア クエンチ」のシャンプー&トリートメントについて書きました。

 きし
オージュアのクエンチをレビューしてみましたが、髪の状態を良くしてくれるシャンプーであることは間違いありません。やはりサロン専売の中でもかなり品質は高めな方だというのが結論になります。

つま

私はミルボンのシャンプーは結構好きな方でとくにこのクエンチはお気に入りになりました。
クエンチをおすすめする人
  1. 使用感の高いシャンプーを使いたい人
  2. ロングヘアでダメージを気にする人
  3. 香りが良いシャンプーを使いたい人
  4. デザインの可愛いシャンプーを使いたい人

かなり高評価なシャンプーになりました。

ミルボンは批判されることが多いシャンプーですが、使ってみた感じではかなり好印象で、髪や頭皮への使用感は良く使いやすいシャンプー&トリートメントでした。

とはいえ、コスパが悪いことが目立つアイテムでもあります。そのため価格との相談は必須ですが、悩んでいる方はぜひ使ってみることをおすすめします。

ミルボンの姉妹ブランド記事

 

たくさんあるミルボンブランドのシャンプーをまとめている記事です、サクッと読みたい人向け。

 

まとめ記事ミルボンシャンプーランキング

まとめ記事オージュアの教科書

 

その他のシャンプーもそれぞれの特徴を分かりやすくお伝えしています。

 

関連記事グローバルミルボンの記事

関連記事リシオの記事

関連記事ジェミールフランの記事

関連記事プラーミア エナジメントの記事

関連記事プラーミアエンリッチドの記事

関連記事プラーミア クリアスパフォームの記事

関連記事インフェノムの記事

 

 

最後に3つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてあるシャンプー、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてあるシャンプーを紹介しています。さらにその中で今一番おすすめしているシャンプーを3つ目の記事にピックアップしています。

シャンプーを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください