品質の高いサロンシャンプーランキング

【サロン専売 】「BCクア カラーセーブ シャンプー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

5 min
「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事
おすすめシャンプー(サロン専売
  1. 実際に効果のあるシャンプーを知りたい
  2. とにかくキレイな髪をつくりたい
  3. 美髪つくりを始めたい
一緒に相性の良いシャンプーを探そう!

「BCクア カラーセーブ」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

BCクア カラーセーブのシャンプー&トリートメントのレビュー

サロン専売品の中でも有名なブランドでもある「Schwarzkopf(シュワルツコフ)」。ヘアケアだけでなく、カラー剤やスタイリング剤などのラインナップが豊富なのが特徴の一つです。

その中の「BCクア」シリーズ。

今回紹介する「BCクア カラーセーブシャンプー」は、名前の通りにヘアカラーとの相性がよく、退色を防ぐ効果があるシャンプーです。

きし

きし

BCクアシリーズは、アミノケラチンコンプレックスとプロテイン配合のシャンプーなので、ハイダメージヘアを補修しながら、やわらかい手触りにしてくれます

そんなサロン専売品でもある「BCクア」シリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、BCクア カラーセーブのシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事でわかること

実際に「BCクア カラーセーブ シャンプー」を使ってみた

BCクア カラーセーブ シャンプー

Schwarzkopf

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

 シリコン オーガニック ボタニカル 炭酸

きし

きし

カラーセーブはヘアカラーを良くするためのヘアケアアイテムです。

BCクアのカラーセーブは、軟毛やハリ・コシの低下に悩む、言わいる「猫っ毛」と呼ばれる方との相性が抜群のシャンプー&トリートメントです。

染めたての色をキレイにして、カラー染料の流出を抑えるというのが特徴になっているので実際にその当たりも見ていきます。

つま

つま

加えて「ヘアカラー」&「ボリューム」との相性が良いアイテム

  • ポイントは、髪内部になるマトリックス構造(髪内部の行と列で成る配列のこと)のゆるみへ着目したヘアケア
  • 毛髪内外から染料をとどめるディアルロック処方
  • 「内部収れん」効果で優しく引き締める
  • キューティクルを剥がれにくくなる

BCクアシリーズは色持ち効果というのは共通ですが、カラーセーブは「色持ちの悪いとされる軟毛」のケアに特化しています。

ヘアカラー後の髪は、キューティクルの損傷箇所から内部タンパクが流出するだけでなく、カラー染料が流出しやすくなっています。

従来のカラーヘアケアのアプローチ、「内部タンパクの補充」「キューティクルの剥離防止」に加え、カラーセーブは新たに「マトリックスを引きしめる」アプローチを追加。ダメージケアをしっかりしつつ、カラー後の色・ツヤが続く髪に導きます。

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで実際に見ていきます。

シンプルだが手に馴染むボトル

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

まずはボトルデザインから。

シャンプーボトルは少し長細くて片手で持つことができるのでストレスはありません。

良い感じのフィット感もある、片手で包みこめるくらいの細さです。

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

白と黄色をベースとしたデザインはとてもシンプルですが、おしゃれなデザインでもあります。

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

プラスチック素材ですが、安っぽさは一切なく安定感もある感じ。

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

サイズ感もちょうど良い感じで好印象。

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

トリートメントはチューブ式になっているので、見分けがつきやすいく使いやすい。

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

シャンプーもトリートメントもデザインやボトルは全体的に好印象です。

カラーセーブの成分構成

シャンプー成分

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルイセチン酸Na、グリセリン、ヤシ油、アルキルグルコシド、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、乳酸、水酸化Ca、加水分解ケラチン(羊毛)、プロリン、トレオニン、リシン、アルギニン、アラニン、グルタミン酸、グリシン、セリン、ベタイン、フェノキシエタノール、PEG-40水添ヒマシ油、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ポリクオタニウム-22、パンテノール、PG、メチルイソチアゾリノン、ステアルトリモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、PCA-Na、ソルビトール、香料

トリートメント成分

水、セテアリルアルコール、ジメチコン、炭酸ジカプリリル、アモジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、ジステアロイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、加水分解ケラチン(羊毛)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ステアルジモウニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、トレオニン、リシン、プロリン、アラニン、グルタミン酸、グリシリン、セリン、テトライソステアリン酸ベンタエリスリチル、ステアラミドプロピルジメチルアミン、セトリモニウムクロリド、フェノキシエタノール、メチルパラベン、ピスアミノPEG/PPG-41/37アミノエチルPG-プロピルジメチコン、イソプロパノール、クエン酸、パンテノール、ポリクオタニウム-10、PEG-8、グリセリン、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、香料

シャンプーの成分から見ていくと、クオリティの高いとされるアミノ酸洗浄成分のコカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、と洗浄成分は申し分ない感じで、昔はオレフィンといった強めの洗浄成分も構成されていて残念な使用感でしたが、バージョンが変わってからはかなり良くなっていると言えます。

加えて、ヤシ油、アルキルグルコシド、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、加水分解ケラチン(羊毛)グルタミン酸など、洗浄成分だけでなく、エモリエント剤やエキスなど美容成分の品質も十分に高いです。

トリートメントもシャンプー同様に優秀で、シャンプーの成分量よりも格段に多くなっている。

ヘアカラーにも効果的な炭酸ジカプリリルというエステル油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)によってヘアカラーでアルカリに偏ったpHを戻してくれる効果があるため、他のシャンプーに比べると格段に持ちがよくなります。

それだけでなく髪をキレイにするエモリエント効果も高いです、というかこっちの方がメインの効果なはずなのでラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)でヘアカラーの色持ちを良くするというのよりも、全体的にスペックの高い成分構成で髪のダメージをケアしつつ、ヘアカラーの色持ちを良くするといったシリーズ。

ということで、実際に使っていきます。

マイルドで優しい洗い心地 

  1. STEP

    香りや印象など

    シュワルツコフの「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

    シャンプーはかなり濃厚な感じで少し固めなシャンプー液。

  2. STEP

    シャンプーの泡立ち

    シュワルツコフの「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

    濃厚なシャンプー液かと思いきや、泡立ちは悪くて泡の質感は微妙な感じ。

    泡の質は悪くはありませんが、良くもないといったわりと普通な印象です。

  3. STEP

    シャンプーの使用感

    シュワルツコフの「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

    実際に使ってみた使用感としては、悪くなく、髪や頭皮への影響は良い感じでひっかかりなどは一切ありません。

    やはりアミノ酸洗浄成分なので優しい洗い心地です。

  4. STEP

    トリートメントの使用感

    シュワルツコフの「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

    トリートメントも出してみましたが、シャンプーに比べると好感触。

    余計なシリコンは入っていないのでベタつきは少ないし、かと言って髪はしっとりもしてくれるので使用感はバッチリです。

  5. STEP

    総合まとめ

    全体的にまとめると…

    良かった
    • ヘアカラーをよくする人はおすすめ
    • バランスのとれたアイテム
    • コスパも中々
    残念
    • 使用感としては微妙

    個人的にはこんな感じに。

バランスの良い使用感でおすすめ

POINT

実際のところ、ヘアカラーの色やツヤが続くというよりも、単純にバランスのとれたアイテムでダメージを補修しするといったアイテム。

乳酸・水酸化Caによる「pHバランサー」と、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・加水分解ケラチン(羊毛)によって「キューティクルを補修する」という2つの効果でヘアカラーを良くするというものですが、実際に使ってみた感じではスペシフィークよりも使ってみた感じでは良い印象があります。

スペシフィークで、期待ハズレ的に感じるのならこっちのがおすすめな感じはします。

さらに、トリートメントにはエモリエント剤やケラチンなどモリモリ構成されているので、こちらはシャンプーよりもさらに優秀です。

ズステアロイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート加水分解ケラチン(羊毛)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ステアルジモウニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、と、中々良い内容になっていますが、トリートメントはスペシフィークの方が構成は良い感じ。

シャンプーはこっちの方が良いけどトリートメントは微妙といった反対の印象があるアイテムでした。

終わりに…

今回の記事では、「BCクア カラーセーブシャンプー」について書きました。

きし

きし

BCクア カラーセーブを実際に使ってみましたが、悪くはないけど格段良いものでもないという印象のアイテムに。

このアイテムをおすすめする人
  1. ヘアカラーをしていて、カラースタイルを優先させたい方
  2. サロンケアでBCクアをしている人

個人的には、BCクアはヘアカラーの色持ち・ツヤを長続きさせたい方にはおすすめできる内容のシャンプーでした。

コスパも良いわけでもない上に、格段品質も高いわけでもないので特別おすすめするアイテムではないというが個人的な見解になります。

つま

つま

少しでもヘアカラーの色持ちやツヤをよくできたらいい」と思う方なら間違いなく使いやすく、それでいて使い勝手も良いアイテムでした。

使う前の参考にどうぞ。

岸 和希

岸 和希

美容師ブロガー

美容師をしながらブログを書いている人です。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。

FOLLOW

良い「シャンプー」を探しているなら…
関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください