おすすすめのシャンプーランキング 詳しくはこちら

ビオーブ スキャルプシャンプーはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

Biove(ビオーブ)のシャンプーに含まれる、植物由来の成分は、頭皮へのマイルドなケアを提供し、髪質を改善するために不可欠です。アロエベラエキスやザクロエキスなどの植物抽出成分による保湿は乾燥から守り、髪に輝きを与えてくれます。

スキャルプシャンプーの世界は、毛根に適切な栄養を届け血行を促進することで、頭皮の健康を復活させることを目指しています。抜け毛やフケの予防、そして髪質の向上もこのシャンプーラインの得意とする分野です。

オイリー肌に向いたものから、乾燥肌、敏感肌まで、あらゆるタイプの頭皮状態に対応する豊富なラインナップを取り揃えており、個々のニーズに応じたケアに努めています。

頭皮の血行を活性化することで、髪の毛の成長をサポートするスキャルプシャンプーは、サロンクオリティを自宅で実現することを可能にします。

今回の記事では、 Biove(ビオーブ)スキャルプシリーズのシャンプーのどれを選ぶべきか良い・悪い口コミや評判を検証しつつ、全シリーズの特徴や比較をまとめました。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

Biove(ビオーブ)スキャルプシリーズのシャンプー全種類の特徴

スキャルプシャンプーは頭皮環境の改善に特化した製品群であり、血行促進や薬用成分、植物抽出成分を配合しています。リフレッシュスキャルプシャンプーは、オイリースキン向けに、モイストスキャルプシャンプーは乾燥肌やフケ・かゆみに対応しており、それぞれに特徴があります。

また、適切な頭皮マッサージを行うことで、健やかな髪へと導かれ、頭皮環境を改善するだけでなく、リラクゼーション効果も期待できます。

スキャルプブラシと合わせて使用することで、専門家によるケアを日常的に実践することができるのです。

スキャルプシャンプーに配合された薬用成分は、頭皮にトラブルをもたらす菌に対し効果的に働き、フケやかゆみの軽減に寄与します。これにより、皮脂の秩序を保ちながら、毛穴を健康な状態に保つことが可能になります。

各製品は香りや使用感で異なるが、使用者の頭皮状態や好みにフィットするラインナップを提供します。

サロン&マッサージで血行を促進

サロン品質のスキャルプシャンプーは、マッサージによる血行促進に特化しています。

頭皮マッサージは血流を改善し、必要な栄養が毛根に行きわたることを助けます。

それによって、頭皮の健康が促進され、発毛環境が整うとされています。

スキャルプブラシを使用することで、さらに効果を高めることができ、サロンでのプロの手技を自宅でも再現できます。このようなシャンプーを使ったケアが、ふさふさした髪への第一歩になります。

薬用有効成分配合で頭皮環境を整える

薬用有効成分を配合することで、スキャルプシャンプーは頭皮のトラブルを根本から改善する働きをします。

抗菌作用や抗炎症作用がある成分が多用され、頭皮のフケやかゆみを防ぐことができます。また、余分な皮脂をコントロールし、毛穴のつまりや炎症を予防することで、抜け毛対策にも繋がります。

こうした多角的アプローチは、Biove(ビオーブ)シャンプーの評価を高め、多くの方からの信頼を得ています。

植物抽出成分が頭皮環境を整え、髪質を改善

天然由来の植物抽出成分は、環境に優しく頭皮にも優しい働きをします。

頭皮への刺激を減らしつつ、栄養を与えて頭皮環境を整えます。

例えば、アロエベラエキスやザクロエキスなどが保湿効果を提供し、乾燥を防ぎます。このような成分はトリートメント効果もあり、髪の毛自体の質を改善し、ハリやコシ、つやを与えてくれます。

育毛シャンプーとしての機能も兼ね備えており、健康な髪へと導きます。

Biove(ビオーブ)スキャルプ シャンプーシリーズ
  • Biove(ビオーブ)リフレッシュスキャルプシャンプー
  • Biove(ビオーブ)モイストスキャルプシャンプー

Biove(ビオーブ)スキャルプリフレッシュスキャルプシャンプーの特徴

全成分を見る

シャンプー

  • 精製水
  • ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
  • ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン
  • ラウリルヒドロキシスルホベタイン液
  • ラウリン酸アミドプロピルベタイン液
  • アルキル(8~16)グルコシド
  • ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド
  • カワラヨモギエキス
  • キョウニンエキス
  • クララエキス(1)
  • シャクヤクエキス
  • センキュウエキス
  • サボンソウエキス
  • DL-リンゴ酸
  • 1,3-ブチレングリコール
  • 塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース
  • ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル
  • ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)
  • ポリエチレングリコール20000
  • エタノール
  • 無水エタノール
  • l-メントール
  • エデト酸二ナトリウム
  • メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液
  • 香料

トリートメント

  • 精製水
  • セタノール
  • 濃グリセリン
  • ソルビット液 ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド L-グルタミン酸
  • カワラヨモギエキス キョウニンエキス
  • クララエキス(1)
  • シャクヤクエキス
  • センキュウエキス
  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • シア脂
  • 加水分解ケラチン液
  • マカデミアナッツ油
  • ヒマワリ油(2)
  • イノシット
  • オレイルアルコール 1,3-ブチレングリコール
  • 無水エタノール
  • メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液
  • 香料

オイリースキン、ベタつきやすい髪に

リフレッシュスキャルプシャンプーは、オイリースキンやベタつきが気になる髪の人に最適です。

皮脂の分泌をコントロールし、頭皮をさっぱりと清潔に保つための成分が豊富に含まれています。また、スカルプケアを重要視する方にとっても満足感が高い製品であり、頭皮に爽快感をもたらします。

高級アルコールフリーの薬用スカルプ

高級アルコールを使用しないことで、頭皮に優しい洗浄が可能です。

敏感肌の方にも安心して使えるほか、薬用成分が頭皮を保護し、トラブルを未然に防ぎます。

皮脂の過剰な分泌を抑えつつ、必要なうるおいは保ち、健康な頭皮へと導きます。

毛穴の汚れを浮かせ、頭皮を健やかな状態に導く

特有の洗浄成分が、毛穴に詰まった汚れや古い角質を効果的に取り除きます。

クリーンな頭皮は、良好な育毛環境を作り出す基盤となります。

この効果は、Biove(ビオーブ)スキャルプシャンプーの口コミでも高く評価されています。

フルティーフローラルの香り

リフレッシュスキャルプシャンプーは、フルーツとフローラルが融合した心地良い香りを提供します。

シャンプーの際に感じるリラックス効果は、使うたびに心地よい気分にさせてくれるため、多くの方に支持されています。

Biove(ビオーブ)スキャルプモイストスキャルプシャンプーの特徴

全成分を見る

シャンプー

  • ピロクトン
  • オラミン
  • 精製水
  • ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
  • ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン
  • 2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン
  • ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液
  • ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
  • ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド
  • カワラヨモギエキス
  • キョウニンエキス
  • クララエキス(1)
  • シャクヤクエキス
  • センキュウエキス
  • N-[3-アルキル(12、14)オキシ-2-ヒドロキシプロピル]-L-アルギニン塩酸塩液
  • DL-リンゴ酸
  • イノシット
  • 1、3-ブチレングリコール
  • 塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース
  • ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)
  • エタノール
  • 無水エタノール
  • l-メントール
  • エデト酸二ナトリウム
  • メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液
  • 香料

トリートメント

  • 精製水
  • セタノール
  • 濃グリセリン
  • ソルビット液
  • ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド
  • L-グルタミン酸
  • カワラヨモギエキス
  • キョウニンエキス
  • クララエキス(1)
  • シャクヤクエキス
  • センキュウエキス
  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • シア脂
  • 加水分解ケラチン液
  • マカデミアナッツ油
  • ヒマワリ油(2)
  • イノシット
  • オレイルアルコール
  • 1,3-ブチレングリコール
  • 無水エタノール
  • メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液
  • 香料

ドライスキン、フケ、かゆみが出やすい髪に

モイストスキャルプシャンプーは、ドライスキンでフケやかゆみに悩む人におすすめの製品です。

保湿成分によって、乾燥を防ぎながら頭皮のバリア機能をサポートしてくれます。

高級アルコールフリーの薬用スカルプ

このシャンプーも高級アルコールを使わない処方となっており、薬用成分が配合されています。

頭皮を穏やかに洗浄し、トラブルの少ない頭皮を保つために役立ちます。

うるおいのある洗い上がりで、フケ・かゆみを防ぐ

うるおいが残る洗い上がりとなっており、乾燥を感じさせないです。

フケやかゆみの原因となる乾燥を抑えることで、快適なスカルプケアが可能です。

フルティーフローラルの香り

こちらのシャンプーもフルティーフローラルの香りを採用しており、心を和ませる洗髪時間を提供します。また、香りに癒されながらのスカルプケアは、日々のストレスから解放される瞬間ともなります。

目次に戻る

Biove(ビオーブ)スキャルプシャンプー シリーズのシャンプーの口コミ・評判まとめ

良い口コミ・評判まとめ
  • 髪がしっとりとして頭皮の乾燥が気にならない
  • 抜け毛が気にならない
  • 使用感が良く、香りも上品でさわやか
悪い口コミ・評判まとめ
  • 値段が少々高い
  • 香りが強い
  • 肌に合わなかった

Biove(ビオーブ)シリーズのシャンプーには、その質の高さから様々な口コミや評判が存在します。

利用者の中には、スカルプケアを重要視するメンズユーザーが多く、特にBiove(ビオーブ)フォーメンシリーズは高い評価を受けています。

デミコスメティクスのブランドであるBiove(ビオーブ)は、シャンプーの成分解析や抜け毛、白髪への効果が注目されており、育毛シャンプーとしても評判です。

Biove(ビオーブ)スキャルプ シリーズのシャンプーの良い口コミ・評判まとめ

  1. Biove(ビオーブ)のシャンプーを使い始めてから、髪がしっとりとして、頭皮の乾燥が気にならないです。
  2. 抜け毛が気になっていたけれど、Biove(ビオーブ)フォーメンの使用後は明らかに減少します。スキャルプケアに良いと思います。
  3. 使用感が良く、香りも上品でさわやか。取り扱い店も多いので購入しやすいです。

Biove(ビオーブ)スキャルプ シリーズのシャンプーの悪い口コミ・評判まとめ

  1. 値段が少々高いため、継続して使うには負担が大きいと感じます。
  2. シャンプーの香りが強く、使い続けるには自分に合わなかったです。
  3. 通販で購入したら偽物が届き、肌に合わなかったので注意が必要です。
目次に戻る

美容師が教える! Biove(ビオーブ)スキャルプ シリーズのシャンプーの失敗しない選び方

Biove(ビオーブ)シリーズは、髪質や頭皮の状態に応じた選び方が推奨されます。シャンプー選びにおいて重要なのは、髪質、成分、そして香りとなります。

Biove(ビオーブ)の製品はトリートメント、スキャルプケアと合わせて利用することで、より効果を実感できます。

まずは髪の状態を知る

シャンプーを選ぶ前に、まずは自分の髪の状態を知ることが大切です。

髪が乾燥しているのか、脂性なのか、またはダメージがあるのかなど、自分の髪の状態を把握することで、自分に合ったシャンプーを選ぶことができます。

例えば、乾燥してパサついている髪には、潤いを与える成分が豊富なシャンプーがおすすめです。

軟毛・ボリュームアップなら「リフレッシュスキャルプシャンプー」

軟毛の方や根元からボリュームを出したいというご要望には「リフレッシュスキャルプシャンプー」が適しています。

こちらのシャンプーは、毛髪をしっかりと洗浄し、すっきりとした仕上がりを目指す商品で、絹のような軽い髪質の方に特におすすめです。

Biove(ビオーブ) フォーメンスキャルプシャンプーにも類似の効果が期待でき、メンズの方からも評価が高いです。

しっとり・ボリュームダウンなら「モイストスキャルプシャンプー」

「モイストスキャルプシャンプー」は、しっとりとした髪を目指す方や、ボリュームを抑えたい方に適しています。

髪に潤いを与えながら、落ち着いたスタイルを保つための成分が配合されており、乾燥による白髪や抜け毛のケアにもつながります。

育毛シャンプーやスカルプケアの一環としても、その効果を発揮します。

バランス型・迷ったら「リフレッシュスキャルプシャンプー」

どちらかというとバランス型の髪質、特にどのシャンプーを選んだら良いのか迷っている方には、再び「リフレッシュスキャルプシャンプー」がおすすめされます。

万能タイプであるこのシャンプーは、頭皮ケアをしながら健やかな髪へと導いてくれる効果があります。

スカルプケアを意識したいメンズにも、Biove(ビオーブ)フォーメンスシリーズが対応しています。

シャンプーの成分の内容について

次に、シャンプーの成分をチェックします。これにより、髪に優しく、効果的に働きかけることができます。特に、髪が乾燥してパサついてしまったり、髪がダメージを受けてしまったりした人にはおすすめです。

このように、シャンプーの成分を理解することで、自分の髪に必要なケアを提供できるシャンプーを選ぶことができます。

パーマなら「リフレッシュスキャルプシャンプー」

パーマをかけた髪は、乾燥しやすく、適切なケアが必要です。

リフレッシュスキャルプシャンプーは、優れた洗浄力とともに髪を保湿し、パーマのもちや形を維持するのに寄与します。また、育毛シャンプーやスカルプトリートメントの効果を目指す方にも適当です。

ヘアカラーなら「どちらでも良い」

ヘアカラー後の髪に使うシャンプーは、色持ちや髪質のケアが求められます。

Biove(ビオーブ)シリーズではどちらのタイプのシャンプーもご使用いただけますが、よりカラーを長持ちさせたい方は、補修成分に注目して選びます。

縮毛矯正・ストレートヘアなら「モイストスキャルプシャンプー」

縮毛矯正やストレートヘアを維持するには、「モイストスキャルプシャンプー」が理想的です。

髪に潤いを与えつつ、ストレートなスタイルをサポートする成分が配合されており、髪をなめらかに保つ手助けをします。

頭皮ケアなら「どちらでも良い」

Biove(ビオーブ)シリーズはスカルプケアにも力を入れており、頭皮環境を整える成分が含まれています。

そのため、頭皮のケアを重視する方は、好みの使用感に合わせてどちらのシャンプーも選べます。

シャンプーの香りも大事

最後に、シャンプーの香りも大切です。シャンプーを使うとき、その香りに癒されることで、洗髪時間がリラックスタイムに変わります。

今回のシリーズのシャンプーは、自然由来の成分から作られた優しい香りが特徴です。自分が好きな香りのシャンプーを選ぶことで、毎日の洗髪が楽しみになりますよ。

香りは共通の「フルーティーフローラル系の香り」なので、どれを選んでも良い

Biove(ビオーブ)シリーズのシャンプーは、洗髪時にほのかに香る「フルーティーフローラル系の香り」で多くの方を惹きつけています。

この上品で心地よい香りは、男女問わず日常のリラックスタイムに寄り添ってくれるため、香りによる商品選びの必要はないです。

個人の好みに合わせて、髪質や成分から最適なシャンプーを選ぶことが大切です。

目次に戻る

実際に使ってみたレビュー検証とおすすめの髪質や香りについて

Biove(ビオーブ)スキャルプシリーズのシャンプーは多種多様で、それぞれの髪質や頭皮の状態、そしてヘアケアの目的に合わせて選ぶことができます。

ここでは、それぞれの目的別に試してみたレビューとおすすめのシャンプーを紹介します。

ヘアケア・髪質・バランスの良いおすすめなら「どちらでも良い」

リフレッシュモイスト

デミコスメティクスから販売されているBiove(ビオーブ)シリーズのシャンプーは、ヘアケアにおいて髪のバランスを考慮し、豊富なラインナップが特徴です。

シリーズ中でも特にバランスが良いとされるのは「Biove(ビオーブ) フォーメンスキャルプシャンプー」と「Biove(ビオーブ) モイストスキャルプシャンプー」の2種類と言えます。どちらも抜け毛や白髪といった悩みに対応する成分が豊富ですが、ヘアケアとしての基本性能は同等と言って差し支えないです。

どちらか一方を選んでも、髪質を問わず基本的なケアが可能です。

非常に使いやすくて効果性も高い

Biove(ビオーブ)シリーズのシャンプーは、非常に使いやすい点が魅力です。たとえば、スカルプブラシを使用することで、頭皮のマッサージ効果を高めつつシャンプーの泡立ちも良くなります。サラッとした使用感でありながら、成分の効果性はしっかりと髪に浸透し、保湿や栄養補給を促します。これにより、日常のケアに役立つだけでなく、育毛シャンプーとしての効果も期待できるのです。

くせ毛におすすめなら「モイストスキャルプシャンプー」

リフレッシュモイスト

くせ毛の方にお勧めするのは「Biove(ビオーブ) モイストスキャルプシャンプー」です。

このシャンプーには、くせ毛特有の広がりを抑え、毛髪にしっとりとした潤いを与える成分が配合されています。

使用感はまろやかで、洗い上がりには髪が自然と落ち着き、扱いやすくなることを私自身の経験からも確認できます。特に、Biove(ビオーブ) トリートメントと併せて使用することで、さらなる効果が期待できます。

まとまりやおさまりがいい

Biove(ビオーブ) モイストスキャルプシャンプーを実際に使ってみて感じたのは、そのまとまりの良さです。

洗髪後の髪のおさまりが格段に向上し、くせ毛による朝のスタイリングの手間が軽減されます。

潤い成分が髪一本一本にしっかりと行き渡り、髪が自然と落ち着く感覚は、使ってみないと実感できない仕上がりです。

猫っ毛におすすめなら「リフレッシュスキャルプシャンプー」

リフレッシュモイスト

猫っ毛の方には、「Biove(ビオーブ) リフレッシュスキャルプシャンプー」が適しています。

この製品は、軽い使用感が特長で、細くて柔らかい猫っ毛もしっかりと洗浄しながら、根元から立ち上げる力をサポートします。

髪質を活かしたボリュームのあるスタイルを実現するために、このシャンプーを選んで間違いないです。

べたつかない仕上がりに

リフレッシュスキャルプシャンプーについての私の個人的なフィードバックは、そのさっぱりとした洗い上がりです。

猫っ毛に多い、頭皮のべたつきを感じさせず、清涼感のある結果をもたらします。

髪の根元から自然にふわっとした仕上がりを望む方にとって、このシャンプーは頼もしいアイテムと言えます。

剛毛におすすめなら「モイストスキャルプシャンプー」

リフレッシュモイスト

剛毛の方のためにも、「Biove(ビオーブ) モイストスキャルプシャンプー」の使用をお勧めします。

このシャンプーは保湿力が高く、厚みのある剛毛をしっとりと柔らかく整えるのに効果的です。

Biove(ビオーブ) トリートメントと組み合わせることで、髪の広がりを抑えつつ、手触りを改善します。

保湿力も高くてしっとりする

モイストスキャルプシャンプーの利点は、他のシャンプーでは感じられない高い保湿力です。

しっとりとした洗い上がりは、剛毛で硬さを感じがちな髪にも柔軟性を与え、触れた時の感覚が驚くほど変わります。

しかも、このシャンプーは重さを感じさせることなく、自然な軽やかさを髪にもたらしてくれるのです。

エイジングケアなら「どちらでも良い」

リフレッシュモイスト

エイジングケアについては、Biove(ビオーブ) シリーズの中から「どちらの製品も良い」という結論に達します。

頭皮と髪の両方へのアプローチが考えられており、年齢による髪のダメージをケアする成分が含まれています。また、メンズ用として開発された「Biove(ビオーブ) フォーメン」シリーズも含め、年齢に応じたケアが可能であると考えられます。

年齢による髪のダメージも補修

エイジングケアにおいて、Biove(ビオーブ) シャンプーは髪にハリやコシを与える成分を有しています。また、白髪が気になる方向けの成分も考慮され、年齢に伴う悩みに応えてくれます。

シャンプーだけでなく、スカルプトリートメントを併用することで、頭皮環境も改善し、より健康的な髪へと導いてくれます。

香りで選ぶ

リフレッシュモイスト
フローラル系の香りフローラル系の香り

シャンプーを選ぶときには、その香りもとても大切です。香りによって、ヘアケアの時間が楽しくなったり、リラックスした気分になったりしますよ。

目次に戻る

個人的なおすすめは「Biove(ビオーブ) リフレッシュスキャルプシャンプー」

皆様にご紹介したいのは「Biove(ビオーブ)モイストスキャルプシャンプー」です。

このシャンプーは保湿力に優れた成分を豊富に含んでおり、頭皮をいたわりながら清潔に保つことができます。

男女問わず使える万能さも魅力の一つで、Biove(ビオーブ)のラインナップの中でも特に高い評価を受けています。

保湿力が高くて効果性が高い

Biove(ビオーブ)モイストスキャルプシャンプーには、保湿成分がたっぷりと含まれています。

特に乾燥する季節には、頭皮の乾燥は大敵ですが、このシャンプーを使えば、頭皮がしっとりと潤うため、肌荒れやかゆみを防ぐことができます。

シャンプーの解析結果によると、ヒアルロン酸やコラーゲン、さらにはアミノ酸などが絶妙なバランスで配合されており、使用すると頭皮環境が整い、抜け毛の予防にもつながります。

スカルプケアを重視する方には最適な選択肢と言えます。

髪の仕上がりもよくて、まとまりもいい

使い続けることで感じられるのが、髪の手触りとまとまりの良さです。

保湿成分が髪に潤いを与えることで、キューティクルが整い、しなやかな髪へと導きます。また、髪一本一本がうるおいを持ちながらも軽やかで、風になびく自然な動きが楽しめます。

Biove(ビオーブ) シャンプーの口コミを見ても、男性、女性を問わず高い満足度が伝わってくるため、多くの方に自信を持ってお勧めできる商品です。

重さは使う量で調節できる

Biove(ビオーブ)モイストスキャルプシャンプーの良い点は、使う量によって髪の重さを調節できることです。

少量で洗うと軽やかな仕上がりに、やや多めに使えばしっとりとまとまりが出るため、その日の気分や髪の状態に合わせて最適な仕上がりを選択できます。

シャンプーの後には、Biove(ビオーブ) トリートメントを使うことで、さらに潤いを持続させることが可能です。

ベタッとした印象はないので使いやすい

シャンプーで気になるのが、洗い上がりのベタつきですが、Biove(ビオーブ)モイストスキャルプシャンプーはサッパリとした使用感が特徴です。

頭皮の余分な皮脂や汚れをしっかりと洗い落とすため、清潔感のあるスキャルプ環境を保つことができます。また、スカルプケアや育毛シャンプーとしての評価も高く、Biove(ビオーブ) シャンプー メンズとしても人気を集めているのです。

ケア製品を選ぶ際は、Biove(ビオーブ) シャンプー 口コミや成分をしっかりとチェックして、安心して使えるものを選ぶことが大切です。

目次に戻る

Biove(ビオーブ)スキャルプ シリーズのシャンプーの効果的な使い方

ここでのシャンプーのやり方は、キレイに洗髪してかつ髪への負担を減らすということに着眼しています。その上で、とくに重要となることがあります。

それは、「髪を優しく扱うということ」です。

もし、頭皮をスッキリさせるためや、よりキレイにするために、”ゴシゴシと洗ってる”という人がいたら、少し待ってください。

実は、シャンプーをゴシゴシしなくても汚れは簡単に落ちるものなのです。

むしろ、圧をかけた力強いシャンプーは頭皮を傷つけ、さらに髪への負担になったりもしてしまうことになるのです。

「髪を優しく、丁寧に扱う」ことを意識していけば、必ず髪の負担は減り、結果として髪はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

POINT

ブラッシング

ブラッシングで髪の汚れ・絡まりをとる

シャンプー前に汚れを落として絡まりを防ぐ効果もあります。少し粗い大きめのブラシもしくは、クシでとかしてあげましょう。

POINT

流し(すすぎ)

ぬるま湯でしっかりと洗い流す
  • 髪はシャワーのお湯ですすぎましょう
  • 髪よりも頭皮をかくようにしましょう
  • 時間的には2〜3分程度
  • トリートメントのすすぎ残しも、頭皮トラブルや髪の毛のダメージにつながるのでしっかりとすすぎ流しましょう。ここまでがしっかりとできるようになれば自宅でのヘアケアのレベルが一段階アップします。
  • 最後に軽くブラッシングしてあげることで、水分もとれるだけでなく、お風呂上がりのタオルドライも楽になるのでおすすめ。
  • 上を向いてシャワーを上➔下に流すようにして全体によくすすぐようにしましょう。

すすぎは約2〜3分前後を目安に指の腹でやさしくやってあげましょう。

よく汗をかいた後や、スタイリング剤がついてるなどの場合は、皮脂などの油分が邪魔してシャンプーがなかなか泡立ちません。ですが、髪の汚れの大半はこの流しだけでとれるといわれています。ほとんどの汚れはお湯のみで落ちるのです。

流しでは、しっかりと8割の汚れを落とし、残り2割をシャンプーで落としてあげるようなイメージが大切です。

POINT

シャンプーはしっかりと泡立てる

  • シャンプー剤は手のひらで泡だててから髪につける
  • 一気に出しすぎない

泡立てがしっかりしていれば、シャンプー中の髪の指通りがよくなり、髪への負担が軽減されます。

多くの人は、シャンプーをするときには、何も考えずに洗髪をしてしまいますが、髪というのはとても繊細でデリケートです。たとえば、髪に直接シャンプーをつけてしまうことによって、泡立てをする摩擦によって髪には負担になってしまいます。

シャンプーの泡立てをするときには、手の上にシャンプーが溢れない程度(100円玉量程度)を、手の上で円を描くようにして優しく、しっかりと泡立をしてから髪につけるようにしましょう。

泡立てる時の手の動き

定期的に空気をいれながら、円を描くようにしてあげると、泡が立ちやすくなるので実践してみてください。うまくいかない場合は洗顔用の泡立てネットを使って泡立てるのも効果的です。とても大きく優しくなります。

いい泡でシャンプーができるようになると、髪の毛や頭皮を綺麗な状態をキープしやすくなるだけでなく、ダメージ予防、トラブル予防になります。

POINT

シャンプーをする時は頭皮をメインに洗いましょう

実は、髪についている汚れなどは、あまりシャンプーは必要なくて、シャワーだけでとれてしまうのです。

シャンプーがもっとも必要になるのが、頭皮の汚れなのです。

頭皮をメインにシャンプーで洗って、髪は手ぐしを通す程度でも十分にキレイに洗えているのです。

  • 髪は指を通す程度
  • 頭皮はもみ洗い、こすり洗い
  • 耳周りや首周りをよく洗いましょう

しかし、頭皮の皮脂がきちんと洗えていないことにより皮脂は酸化し過酸化脂質となります。これが頭皮の臭いの原因や、症状を放置していると、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

髪が長い人ほど、洗い残しがあるので耳周りや顔まわりといった、洗いにくい部分もしっかりと洗ってあげましょう。

洗う時は指の腹の部分で洗う

頭皮を爪などで、傷つけてしまうと傷がついてしまって、さらに炎症をおこす恐れもあるので、指のはらの部分で洗うように心がけましょう。

頭皮も髪と同じく、とても繊細でデリケートになっていますので、優しく丁寧なシャンプーを心がけましょう。

POINT

トリートメントもやさしく丁寧に

水分により髪のキューティクルは開き、髪のすべりが悪くなるために摩擦がおきやすいので、トリートメントでキレイにしていきましょう。トリートメントをする時は、頭皮の根本付近の髪から毛先にかけて、手ぐしを通すようにしてトリートメントをつけましょう。ブラッシング用のクシもあれば完璧です。

さらに、両手のひらで優しく間に挟み、すべらすようにして整えてあげるのも効果的です。

POINT

最後のすすぎ

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

トリートメントのすすぎ残しも、頭皮トラブルや髪の毛のダメージにつながるのでしっかりとすすぎ流しましょう。ここまでがしっかりとできるようになれば自宅でのヘアケアのレベルが一段階アップします。

最後に軽くブラッシングしてあげることで、水分もとれるだけでなく、お風呂上がりのタオルドライも楽になるのでおすすめ。

これらのことを工夫していきましょう。

目次に戻る

Biove(ビオーブ)スキャルプシリーズのシャンプーのよくある質問集(Q&A)

Biove(ビオーブ)シャンプーとは何ですか?

Biove(ビオーブ)シャンプーは、髪や頭皮に優しい成分を使用し、健康な頭皮環境を整えることを目指したシャンプーです。

メンズ向け製品もあり、特にスカルプケアに注力したラインナップが特徴です。

Biove(ビオーブ)フォーメンの特徴は何ですか?

Biove(ビオーブ)フォーメンは男性の頭皮に特化したシリーズで、抜け毛の予防と髪のボリュームアップをサポートする成分を配合しています。

スキャルプケアに重点を置いた製品です。

スカルプシャンプーのメリットはなんですか?

スカルプシャンプーは頭皮の汚れをしっかりと落とし、毛穴の詰まりを防ぎながら健康的な髪の成長を促すメリットがあります。また、抜け毛予防や薄毛対策に有効とされています。

Biove(ビオーブ)シャンプーの使い方は?

Biove(ビオーブ)シャンプーの使用法は一般的なシャンプーと同様で、適量を手に取り髪と頭皮を濡らした後、泡立てながらマッサージするように洗い、その後よくすすぎます。

定期的な使用が効果的です。

スカルプシャンプーと通常のシャンプーの違いは何ですか?

スカルプシャンプーは頭皮の健康を第一に考え、毛穴の汚れや余分な皮脂を取り除くことに特化しています。

通常のシャンプーは髪の洗浄やコンディショニングに焦点を置いており、スカルプケア機能はそれほど強化されていないです。

目次に戻る

あとがき

きし

一般的に、オイリーな頭皮と乾燥した頭皮では求められるケアは異なります。オイリーな頭皮の方に求められるのは、過剰な皮脂を抑制し爽快感をもたらす商品です。一方で、乾燥しやすい方やフケと戦っている方には、保湿性に優れたシャンプーが適してます。製品ごとに異なる香りを楽しむことができ、使い心地もそれぞれに特徴があるため、利用者は自分の好みや頭皮の状態に合ったものを選べます。

サロンで行われるようなプロ級のマッサージ技術を自宅ケアで再現するために、これらのシャンプーはマッサージ時の血行促進に特に効果を発揮する設計になっています。

スキャルプブラシと組み合わせることで、頭皮の血流をさらに改善し、健康な髪の土台を築く手助けをします。

薬用成分としては、抗菌・抗炎症に優れた成分が配合されることが一般的です。これらの成分の効力により、フケやかゆみを抑制し、また毛穴のつまりや炎症を予防して抜け毛予防に役立ちます。

Biove(ビオーブ)のようなブランドは、こうした成分を適切に配合することで、頭皮ケア製品としての信頼性を築き上げています。

天然由来の植物成分が配合されたシャンプーは、肌への優しさや環境問題にも配慮されています。

アロエベラエキスやザクロエキスなどをはじめとする保湿成分が、頭皮の乾燥を防ぎながら質の高いトリートメント効果ももたらします。これによって髪の毛にハリやコシを与え、健康的で美しい髪へと繋がるのです。

結論として、これらのスキャルプシャンプーは、頭皮の健康だけでなく美しい髪を育てるためのベストなパートナーであり、個々のニーズに合わせた製品選びが、夢に描く美髪への近道と言えます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

当サイトでレビューした関連製品

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の目次