美容師がおすすめのヘアケアセット

【ボタニカルシャンプー10選】美容師が本当におすすめするランキング

【ボタニカルシャンプー10選】美容師が本当におすすめするランキング

  • ボタニカルシャンプーってBOTANISTだけじゃないの?
  • どれが自分に合うか分からない
こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

美容師がおすすめするボタニカルシャンプーランキング

あなたは「ボタニカルシャンプー」をご存知でしょうか?

BOTANIST(ボタニスト)でしょ?

最近では、BOTANIST(ボタニスト)というボタニカルシャンプーが流行していますが、実はこのシャンプーだけではありません。

多くの人は「BOTANIST=ボタニカルシャンプー」と思われていますが、その他にもたくさんのシャンプーがあるのです。

そこで、当記事はシャンプーについての必要な知識と、美容師がおすすめするボタニカルシャンプーランキング紹介するので、自分に合ったものを探しやすいようにしています。

 

ボタニカルシャンプーランキング【10選】

ボタニカルシャンプーランキング【10選】

 きし
おすすめのボタニカルシャンプーを話します。

つま

ボタニカルシャンプーも良いものを選ぶ必要がありますよ。

美容師のプロとして厳選したボタニカルシャンプー。

ボタニカルシャンプーもきちんと考えて、選ぶ必要があります。

毎日するシャンプーも負担の大きいものになれば、それだけスタイルのまとまりの悪さに直結するのです。

 

そして、世の中にはたくさんのシャンプーがありますが、単に価格や成分だけで選んでしまうと、あなたの髪に合う成分が配合されていない可能性があり、むしろ逆効果です。

そこで失敗しないシャンプーを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。とくに上位3つはおすすめのシャンプーです。

ここでは、美容師のぼくがおすすめするボタニカルシャンプーについて具体的にお話します。

 

ボタニカルシャンプー1位「ZACC(ザック)

ボタニカルスカルプ

ZACC(ザック)

「ZACC(ザック)」のボタニカルスカルプシリーズ シャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(5.0)
頭皮の使用感
(5.0)
デザイン性
(4.0)
値段
(4.0)
コレクション性
(2.5)
総合評価
(5.0)

シャンプーの特徴

かなり好印象なシャンプー&コンディショナーであります。

成分バランスも良く、構成も中々、使用感も悪くなく女性だけでなく男性でも使えるバランスの良い印象。

シャンプーでは香料よりも下の成分配合料が微妙なのが気になるところでもありますが、それでも髪や頭皮へは十分すぎる内容。

コンディショナーもシャンプー同様に高いスペックがあるので、短期はもちろん長期的な使用ではかなりおすすめできる内容のシャンプーになっています。

美容液レベルの成分ということで、チャ葉エキス、ゲットウ葉エキス、ビワ葉エキス、キハダ樹皮エキス、モウソウチクたけのこ皮エキス、ミツバアケビ皮エキス、ミツバアケビ茎エキス、シイクワシャー果皮エキス、セイヨウハッカ葉エキス、ポリクオタニウム-51、(メタクリル酸グリセリルアルドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ステアルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、アンズ核油、ククナッツ油、マカデミア種子油、ホホバ種子油、オリーブ果実油、カニナバラ果実油、などモリモリと美容成分が構成されているのはかなり期待できる内容になっています。

さらに、グリチルリチン酸2Kの配合によって、脂漏性皮膚炎(簡単にいうと、皮脂が多い人や乾燥しやすい人)というような頭皮トラブルの改善にも繋がるシャンプーなのでアレルギーのある方にもおすすめできます。

シャンプー&コンディショナー合わせると、6000円というのは中々手が出しづらいところでもありますが、それでも十分な価値があるアイテムです。

よく考えてみると、これだけモリモリに美容成分を詰め込んでこの価格だと、美容師的には安いとまで思っちゃいます。

つま

一般の方には「6000円はちょっと…」と思う方もいてます。

しかし、品質が高いのも確かです。

本当は毎日使うべきですが、コスパを考えた時には頭皮や髪が敏感になった時に使ったりする、というような使い方もありです。

こういう品質の高いシャンプーは常備しておくことをおすすめします。

美容室ZACC監修の高クオリティ

ZACCを公式で見る

 

ボタニカルシャンプー2位 「BELTE(ベルタ)」

ボタニカルシャンプー

BELTA(ベルタ)

 

『BELTA(ベルタ)』のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

 スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(3.5)
頭皮の使用感
(4.0)
デザイン性
(3.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(1.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

「ベルタシャンプー」は、人気女性誌でも話題沸騰している大注目のシャンプーです!ベルタは、多くの女性が悩む頭皮や髪のさまざまなトラブルを改善するための商品です。

頭皮と髪のことをこれほど考えているシャンプーはありません!それほど優秀なシャンプー&トリートメントなのです! 美容師としては、このシャンプーはたくさんの人に使ってほしいと考えています!

実際に使用してみると分かるのですが、驚くほど使用感がよいシャンプーです。

オーガニック成分やボタニカル成分が多く構成されているのにもかかわらず、この使用感の良さは貴重すぎます。

安全性の高い無添加、大量のエキスや保湿成分が構成されているのは、使用できるのはかなり嬉しいところでもあります。

とはいえ、使用感でもお話したように髪への保湿力は少し弱くて、髪の”きしみ”を感じることがあります。これはロングヘアの場合はとくにだと思います。

つまり、髪への保湿させるための代用アイテムが必要になるというデメリットはあるものの、良いポイントもあるというのが結論になります。

さらに、定期便パック(3回)というお得な購入セットがあり、初回のみですが56%OFF通常6780円のシャンプー&トリートメントセットが2980円で使用することができるのです!(計12,940円、220ml×3)さらにベルタシャンプーは、必ずのキレイを保証するということで30日間の全額返金保証もあります。

おすすめのボタニカルシャンプー

 

ボタニカルシャンプー3位「haru 黒髪スカルプ プロ」

kurokamiスカルプ シャンプー

haru(ハル)

 

haruシャンプーの魅力

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック

 ボタニカルスパークリングスカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(4.0)
デザイン性
(4.0)
値段
(3.0)
コレクション性
(2.0)
総合評価
(5.0)

シャンプーの特徴

「ノンシリコンシャンプーが良い…」でも、リンス・コンディショナー・トリートメントにはシリコンが入っています。

さらにオーガニック・ボタニカルの植物由来は80〜90%、でも残りは…?

100%天然由来である「黒髪スカルププロ」は、頭皮に100%安心安全に使用することができる超優秀なシャンプーです!つまりリンスやトリートメントが不要な「オールインワンシャンプー」なのです。

つま

haruのシャンプーは「見た目年齢マイナス5歳!?」をコンセプトにしているエイジングケアシャンプーです。

頭皮環境の悪化とは、洗浄力の強いシャンプー・刺激の強いシャンプー・シリコン・加齢による髪のエイジング化の元になります。

頭皮環境の悪化を改善するためには、髪や頭皮に良い有効成分が必要になるのです。

「haruシャンプー」は、髪や頭皮に良い有効成分が最も優れているので、 日々のケアを改善し、頭皮や髪の悩みを軽減する事が出来ます。

何よりも、泡がフッワフワなので、最初髪や地肌につける時は、使い心地は最強すぎて、これだけでもまた使いたくなるシャンプーだと感じます。

おすすめオールインワンヘアケアシャンプー

haru黒髪スカルププロを見る

 

ボタニカルシャンプー4位「BULKHOMME(バルクオム)」

ヘアケアシャンプー

BULKHOME(バルクオム)

 

【窪塚洋介CMの話題のシャンプー】美容師が「BULKHOMME(バルクオム)」を実際に使ってみた記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(5.0)
デザイン性
(2.0)
値段
(2.5)
コレクション性
(1.0)
総合評価
(4.5)

シャンプーの特徴

このアイテムの特殊なところは、フィルムや容器などには一切お金をかけている様子はなく、シャンプーもパウチ状になっています。つまり、純粋にシャンプーにのみ費用を使っているのです。 パーマヘアにも使いやすい軽くて、ツルッと仕上がるシャンプーです。

 きし
バルクオムのシャンプー&トリートメントはとても軽くて使いやすいヘアケアアイテムです。。

つま

男性用のヘアケアと言われていますが、私も使ってみましたが女性でも使えるぐらい優秀です。

【窪塚洋介CMの話題のシャンプー】美容師が「BULKHOMME(バルクオム)」を実際に使ってみた記事

分かりにくいかもしれませんが、シャンプーは液ではなくジェル状になっていて、手に出してもこぼれることはありません。

  • 泡立ちが良すぎる
  • ひっかかりが一切ない
  • 女性でも男性でも使えう万能なシャンプー

 

ボタニカルシャンプー5位「BOTANIST

美容師が人気の「BOTANIST(ボタニスト)」シャンプーを使ったレビュー【写真 動画アリ】

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック

 ボタニカルスパークリングスカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(3.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(4.0)
値段
(4.0)
コレクション性
(3.0)
総合評価
(4.0)

シャンプーの特徴

大きなカテゴリとして3つのボタニストから選びます。

  • ボタニカルシャンプー
  • ボタニストスプリング
  • ボタニストリフレッシュ

ボタニカルシャンプーは、スタンダードなボタニストシャンプーです。

 きし
最近流行のBOTANISTシリーズです!ボタニカル成分は髪によいものばかりなので、市販のものではトップクラスの有効成分です。

つま

シンプルなデザインも女性に好まれる上に使いやすい5タイプです。

ボタニストスプリングは、春限定のボタニストシャンプー、ボタニストリフレッシュは夏用の爽快感や紫外線対策のできるシャンプーです。

さらに、それぞれにスムースとモイストの2タイプがあるので、髪質に合わせて選びます。

モイストタイプ

  • 根元のボリュームを抑えたい
  • ダメージヘア
  • パサつきが気になる
  • 毛先をしっとり仕上げたい
  • 髪が多く、硬い

【スムースタイプ】

  • 根元をふんわり仕上げたい
  • 髪が細く絡まりやすい
  • 指通り軽やかな髪に仕上げたい
  • 髪は普通毛で、軟らかい髪質

【スカルプタイプ】

  • 頭皮アレルギーがある
  • スッキリさせたい
  • オイリー地肌

 

 きし
ボタニカルシャンプーランキングはいかがでしたか?

つま

自分に合ったものは慎重に選んでくださいね。ここからは美容師が教えるボタニカルシャンプーについての事を話していきます。
 きし
次のページからは、ボタニカルシャンプーの基礎からやり方まで、分かりやすくお話するので初心者の人からご覧いただけます。ぜひ何回か読んでマスターして下さい。

 

ボタニカルシャンプーの特徴について

ボタニカルシャンプーの特徴について

 きし
まずは、ボタニカルシャンプーについて分かりやすくお話します。

つま

ボタニカルシャンプーのボタニカルとは美容用品だけでなくファッションや食品とさまざまなものに取り入れられています。

ボタニカルとは、「植物」を指す言葉です。

日本でのボタニカルは、自然の恵みや健康や生活、ライフスタイルそのものに積極的に取り入れようという動きの中でのワードとなります。

自然活力を活かすというのは、今や美容、ファッション、食品などさまざまな分野で使われています。

つまり、ボタニカルシャンプーは植物由来の成分を中心の低刺激で髪や頭皮に、優しいシャンプーなのです。さまざまな頭皮トラブルにも対応できるのがこの「ボタニカルシャンプー」なのです。

 

ボタニカルシャンプーの「メリット」

ボタニカルシャンプーの「メリット」

 きし
ボタニカルシャンプーの特徴についてもお話していきます。

つま

ボタニカルシャンプーの特徴やメリットはたくさんあるので人気のあるカテゴリーになっています。

ボタニカルシャンプーは、軽やか質感とサラッとした洗い上がりが特徴になっています。

しかしその反面、髪がきしんでしまったり、指通りが悪くなりがちですが、ボタニカルシャンプーではしっとりさせる成分も含んでいるのが特徴の1つでもあります。

ボタニカルシャンプーのメリットとしては、頭皮トラブルを抱えていたり、シャンプーに不安を感じている人にとくにおすすめすることができ、それでいて髪自体もキレイにしていきたいそんな人にも使えます。

 きし
ボタニカルシャンプーは頭皮トラブルのある人におすすめするシャンプーです。

つま

たくさんのシャンプーがありますが、使うシャンプーによっては頭皮トラブルを誘発してしまうこともあるので、ボタニカルシャンプーを使うことをおすすめします。
ボタニカルシャンプーをおすすめする人
  • シャンプー後、地肌がかゆくなる
  • 地肌がよく乾燥する
  • 頭皮にニキビがよくできてしまう
  • 地肌から細かいフケがでてくる

こういったトラブルを解消することができるのが、ボタニカルシャンプーのメリットです。頭皮トラブルを起きる地肌を保護してくれるので、キレイな髪を生やす土台作りにもなります。

>>ボタニカルシャンプーの基本

 

ボタニカルとオーガニックの違い

「オーガニックシャンプー」と「ボタニカルシャンプー」の違い

 きし
比較されがちなボタニカルとオーガニックの違いについてもお話します。

つま

ボタニカルとオーガニックは似ているのでどっちが良いと言えるものではありませんが、個人的にはボタニカルシャンプーの方が女性にはおすすめです。

頭皮に安全、植物由来と聞くと、「オーガニックシャンプー」を連想してしまいす。しかし、シャンプーに代表されるヘアケア用品において、「ボタニカル」と「オーガニック」には、きちんと違いがあります。

オーガニックは「有機」という意味です。有機とは有機栽培のことで、化学肥料や農薬を全く使用しない農作物を育てる農法のことです。

人体に対する安全性が高く、無添加よりも基準が厳しいオーガニック製品が、人体に安心、安全であるということが一番の魅力になります。

つまりオーガニックシャンプーとは、化学合成農法や化学肥料は使わず有機肥料などによって栽培された植物を使用したシャンプーのことで、オーガニック認定を受けた植物成分が入っているものです。

そのため、ヘアケア用品におけるボタニカルとオーガニックの違いは、両方とも安全性は同じですが、「植物由来」と「有機栽培」との違いがあるのです。

個人的にはオーガニックシャンプーに比べて、ボタニカルシャンプーの方が髪に対してはしっとりする印象を持っているので女性にはボタニカルシャンプーをおすすめしています。

>>オーガニックシャンプーについて

 

ボタニカルは「ノンシリコンシャンプー」

ボタニカルは「ノンシリコンシャンプー」

 きし
ボタニカルシャンプーはノンシリコンシャンプーです。

つま

しかし、ノンシリコンで完全に100%構成されているわけではなく、80%がノンシリコンで20%がシリコンというように構成されているのがボタニカルシャンプーです。

シリコンが配合されているシャンプーを「シリコンシャンプー」と言います。

一般的なシャンプーに配合されているシリコンは、ジメチコンシクロメチコンシロキという成分があり、髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにする役割があります。

人体に対して刺激が少なく、安全性も高いため、化粧品などにも使われています。髪をキレイにするための成分がシリコンです

 

逆に、シリコンの成分が配合されていないシャンプーを「ノンシリコンシャンプー」と言います。

シリコンは人工的な成分ですが、ノンシリコンの場合、自然由来・天然由来の成分が中心に配合されており、地肌の保護や頭皮への負担を最小限にする役割があります。

シリコンにはデメリットがあり、地肌からかゆみやフケが発症するというデメリットがあり、合わないという人のための、天然由来・植物由来の地肌や頭皮にとても優しいシャンプーです。

>>ボタニカルとその他のシャンプーの違い

 

ボタニカルシャンプーは「地肌への保湿効果」が高い

ボタニカルシャンプーは「地肌への保湿効果」が高い

 きし
ボタニカルシャンプーはシンプルに言うと「地肌への保湿効果が高い」ということが最大の効果です。

つま

つまり地肌効果のある人への効果が絶大です。
ボタニカルシャンプーをおすすめする人
  • シャンプー後、地肌がかゆくなる
  • 地肌がよく乾燥する
  • 頭皮にニキビがよくできてしまう
  • 地肌から細かいフケがでてくる

これらの悩みに共通しているのは全てが「地肌」「頭皮」、つまり地肌トラブルです。

「そんな事わかってるよ〜」

と言う人もはいます。

では、なぜこのような地肌トラブルが起きるのか考えたことはありますか?

もちろん、生まれつき乾燥肌や脂性肌も重要ですが、最も重要になる事があります。

実は、

「 毎日するシャンプーに原因があります 」

 

毎日にするシャンプーでは、洗浄力の強いシャンプー・刺激の強いシャンプーを使ってしまうことで上記のような乾燥肌や脂性肌が悪化します。

これらの頭皮環境の悪化を改善するためには、頭皮や地肌に優しく低刺激が必要になります。さらに、乾燥肌や脂性肌を改善するために地肌に良い有効成分も必要になるのです。

それを改善してくれるのが「ボタニカルシャンプー」です。

ボタニカルシャンプーは植物由来の成分を中心に構成されているために、低刺激で髪や頭皮に優しいものです。

人工的に作られたものでは、髪をキレイにしたり、価格を抑えたりさまざまなニーズに応えることができますが、自然由来のものには勝てません。

植物由来成分によってうるおいのある地肌で、美しい髪の土台つくりをしてくれるようになります。

低刺激と聞くと、人はネガティブに考えてしまいます。しかし「優しい=弱い」ではありませんのでご安心を。

シャンプーの洗浄力の成分でもある界面活性剤はバランスを考えて構成されているので、地肌には優しいですが、さっぱりとした洗い上がりの使用感なので、不衛生になることはありません。

MEMO

シャンプーの中では「石けん系界面活性剤」というものがあり、バランスを見て構成されているので、優しいけどサッパリすることができます。

【シャンプー剤の原材料・成分】美容師がさまざまなシャンプーを解説【シャンプー剤の原材料・成分】美容師がさまざまなシャンプーを解説
地肌トラブルの全ての原因は乾燥にあります。

乾燥肌が、地肌の質によってより乾燥させてしまったり、防衛本能で守るために皮脂を余計に分泌したりします。結果として地肌のフケやかゆみを発症します。

つまり、これらの地肌トラブルを解消するにはボタニカルシャンプーがおすすめなのです!

>>ボタニカルシャンプーはどんな人におすすめなのか

 

ボタニカルシャンプーの正しい使い方集

ボタニカルシャンプーの正しい使い方集

 きし
ボタニカルにはメリットがあるように、デメリットも存在します。

つま

そのデメリットを解決するには、ボタニカルシャンプーを使う必要があります。ここではボタニカルシャンプーを上手く使う方法を話していきます。

ボタニカルシャンプーは、軽やか質感とサラッとした洗い上がりが特徴になっています、しかしその反面、髪がきしんでしまったり、指通りが悪くなりがちです。

ボタニカルシャンプーのデメリットを見てみましょう。

ボタニカルシャンプーのデメリット
  1. 泡立ちが悪い
  2. 匂いが残る
  3. 髪がきしむ
ボタニカルシャンプーを使うことでこのようなデメリットが上がってきます。これらは正しいシャンプー法によって解決することができます。

それぞれのデメリットを解決する方法についてお話していきます。

  • 泡立ちを良くする使い方
  • 髪が絡まりにくくする使い方
  • 髪をきしまないようにする使い方

>>ボタニカルシャンプーの使い方

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

 きし
ボタニカルシャンプーを使えばキレイな地肌をつくり健やかな髪つくりに繋がります。

つま

もちろん、ボタニカルも良いシャンプーによって効果が違うのであなたに合うシャンプーを見つけましょう。

ボタニカルシャンプーは、頭皮トラブルを抱えている人にとっては必須のヘアケアアイテムです。

「頭皮も髪も両方とも、キレイにするなんて欲張りかな…?」

そんなことはありません。

頭皮も髪もキレイにすることができるのがボタニカルシャンプーの良いポイントなんですよ。頭皮は健やかな髪を育てるための土台です。

キレイな髪作りは地肌からがおすすめです。

そのために自分に合ったボタニカルシャンプーを見つけてください。

そんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

 

最後にランキングと一緒にシャンプーの教科書を用意しましたので、こちらも一緒に参考にしてくださいね。

教科書の内容
  • サロン専売と市販の違い
  • 正しいシャンプーのやり方
  • シャンプーの使用量
  • シャンプーの使用頻度
  • スタイリング剤を簡単に落とすシャンプー
  • 朝シャン
  • 湯シャン
  • シャンプーの価格
  • 種類と構成
  • カラーシャンプー

かなりのボリュームになっているので、お楽しみください。

 

1章:専売品と市販品の違い

 きし
まずはなぜサロン専売のシャンプーと市販シャンプーの違いについてお話します。
 

つま

サロン専売品は、何となく良いものだということは知っているけど…っていう人が多い印象です。

サロン専売シャンプーとは、美容室といったヘアサロンで取り扱い・販売しているシャンプーのことです。

さまざまな髪質やダメージの状態、悩みやなりたい仕上がりに応じて細分化し、求める質感が得られるような設計になっています。

 

市販シャンプーとは、美容室以外での一般での市場のドラッグストアなどで取り扱い・販売しているシャンプーのことです。

髪のダメーの状態に左右されず、より多くの消費者が平均的な仕上がりを得られるような設計になっています。

 

あなたは、なぜサロンシャンプーが良いとされているかご存知でしょうか。

多くの方は、「なぜかはわからないけど、とにかく良いものでしょう」くらいの認識がほとんどであると思います。

実は、それぞれのときちんとした特徴やメリットがあります。

 

サロン専売シャンプーは、コストが高い分、成分比率が市販のものに比べ大きく違うので、髪をキレイにしてくれます。

アミノ酸や保湿成分によって髪のコンディション効果が高いだけでなく、頭皮への負担をも大きく軽減することができるのです。

  1. 水分量の調節ができ髪のまとまりが良くなる
  2.  頭皮への負担がなくなり抜け毛が少なくなる
  3.  洗い心地や香りなど洗い手にも優しい。

髪とは無限に生え続けるわけでなく、いつかは無くなってしまうものです。

人によって価値観は違うので違いますがシャンプーも未来への投資です。

 

あまりにも洗髪にのみ特化したものを使いすぎると、頭皮に負担となり薄毛や抜け毛になる事もあります。

今は結果に出にくいのでわかりませんが、だからこそのサロン専売シャンプーは未来への投資なのです。

 

髪は、市販シャンプーやカラー・パーマなど、髪に負担の強いものを使っていることで、キューティクルが損傷し、髪が傷んでしまいます。

それによって、パサつきや髪の絡まりにも起因します。

さらに、頭皮の乾燥によって頭皮へも負担も使えば使うほどに負担となります。できるだけ髪と頭皮を大切に扱うことも重要になるのです。

つまり、サロン専売シャンプーと市販シャンプーの大きな違いとしては、髪をキレイにするシャンプーの成分が違うのです。

そのほかの違いとしては…

  1. 種類のレパートリー
  2. 購入場所

これが市販シャンプーとサロンシャンプーの違いとなります。

このように成分や性能以外でも、市販シャンプーにもメリットがたくさんあるのです。

>>シャンプーの違い

 

2章:正しいシャンプーのやり方

 きし
良いシャンプーを使うだけでなく、シャンプーのやり方も重要になります。
 

つま

ちょっとでも工夫してキレイな髪つくりをしましょう。

あなたは、シャンプーの目的にどのような認識をお持ちでしょうか?

  • 「汚れをおとす」
  • 「キレイにする」
  • 「スッキリする」
  • 「リラックスする」

さまざまな目的があると思います。

ここでのシャンプーのやり方は、キレイに洗髪してかつ髪への負担を減らすということに着眼しています。

その上で、とくに重要となることがあります。

それは、「髪を優しく扱うということ」です。

 

それを意識していけば必ず髪の負担は減り、結果として髪はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

それに加えて、6つの工夫を話します。

  1. お風呂前のブラッシング
  2. シャンプー前のお湯すすぎ
  3. 泡立て
  4. 予洗い
  5. 洗い方
  6. トリートメント
これらのことを工夫していきましょう。

>>シャンプーの方法

 

3章:シャンプー剤の使用量

 きし
シャンプーをする時に気になるのは使う量、無駄をなくすというのはとても大事なことです。
 

つま

シャンプーの使う量には注意して節約しながら髪をキレイにしましょう。

シャンプーの適量とは、どのくらいが適量になるのか?

それに対して大切になってくるのは…

  • 髪の長さ(ショート・ミディアム・セミロング・ロング)
  • 髪の量(毛量が多いor毛量が少ない)
  • 髪の硬さ(軟毛or硬毛)

に、よって適量は変わります。

たとえば、普通の毛量と普通の硬さぐらいの人を、髪の長さ別にグラフにあらわしていくと…

 レングス(長さ) 毛量(普通)+髪の硬さ(普通)
ショート1.5プッシュ
ミディアム・ボブ2プッシュ〜2.5プッシュ
セミロング2.5プッシュ
ロング3プッシュ

このような数字が、シャンプーの適量になります。

髪の長さは髪の多さは、たんじゅんにシャンプーが普通よりも必要になります。

硬い髪というのは、水分をはじきやすいので、シャンプーの泡立ちがわるくなりやすいのです。

 

もちろん髪の量が多いと、シャンプー量が多くもなりますし、髪が硬いとシャンプーの泡立がわるくなったりします。

逆もあり、髪の量が少ないと普通よりも少なめが適量といったように、髪質によって適量は変わります。

>>適量について

 

4章:シャンプーは毎日するべきか?

 きし
シャンプーを毎日するべきかどうかについてお話します。
 

つま

結論からになってしまいますが「毎日シャンプーをすべき」です。

冒頭から結論になってしまいますが、毎日シャンプーはすべきだと考えています。

これは、人によって異なる答えになると思いますが、少なからずぼくは、毎日シャンプーをすべきだと考えています。

 

日本人の風習でもある「毎日のシャンプー」ですが、毎日する方が良いのか?それとも毎日しないほうがよいのか?

これは、毎日シャンプーするメリット・デメリット(シャンプーしないメリットデメリットは逆)によって、異なるのです。

まずは、毎日シャンプーをすることのメリットとデメリットについて分かりやすくご紹介します。

あなたは、シャンプーの目的にどのような認識をお持ちでしょうか?

  1. 「汚れをおとす」
  2. 「髪をキレイにする」
  3. 「スッキリする」
  4. 「リラックスする」
さまざまな目的があると思います。

多くの人は、①は必ず当てはまります。

しかし、その他はいかがでしょうか?

①〜④まである中で、1つ、もしくは1つも当てはまらないのであれば、毎日シャンプーする必要はありません。しかし2つ以上あてはまるのであれば、毎日シャンプーする意味はあるんじゃないでしょうか。

ぼくは、自分も含めたすべてのお客さまには(例外は除く)毎日シャンプーをするべきだと伝えています。

それは、シャンプーをした方がキレイだからです。

 

髪だけでなく、地肌もキレイに清潔に保つためにはシャンプーは、毎日したほうが良いと思っています。

>>メリット・デメリット

 

5章:スタイリング剤を落とす方法

 きし
スタイリング剤をつけている髪には、ある方法をすることで簡単に落とせるようになります。
 

つま

とくに、ロングヘアーは泡立ちが悪いのでスタイリング剤をつけている時は試してみてくださいね。

ワックスやスプレーを使っている人ならば経験があると思いますが、スタイリング剤をつけると、シャンプーがとてもしにくなり、シャンプーをする時にさまざまな悩みになります。

  • 泡立ちが悪くなる
  • 髪に負担がかかる
  • 洗いづらくなる
  • 数回のシャンプーが必要になる
  • 汚れが落ちにくい
この悩みを、いくつかの方法によって簡単に落としやすくすることができるのです。

この原因となるものがスタイリング剤のメカニズムにあります。

スタイルをキープさせるためや、スタイルを可愛くするたためのスタイリング剤ですが、キープさせるために配合されているポリマーが、水やシャンプーを弾くために泡立ちが悪くてシャンプーがしづらいです。

 

スタイリング剤メカニズムでは、ポリマーによってヘアスタイルをキープさせることにあります。

このポリマーによるキープさせるが、シャンプーをするときには、邪魔なものになります。つまり、このポリマーをいかに簡単に除去するかがキモになるのです。

 

正しいシャンプー法とは、それほど難しいことはありません。すぐに実践できることばかりを、あつめてみましたので参考にしてくださいね。

すぐに実践できることばかりなので、チャレンジしてみてくださいね。

>>ワックスを簡単に落とす

 

6章:朝シャンについて

 きし
朝シャンと夜シャンのメリットについてお話します。
 

つま

朝シャンにも、夜シャンにもメリットがあるので、自分に合った方を選ぶとよいですね。

ぼくは朝シャンはこの記事を書くまでしたことはありませんでした。なので、実際に朝シャンを10日ほど体験してみました。

朝シャンの場合は、夜にシャワーだけのお湯シャンのみで、朝にシャンプーをします。

朝シャンを10日ほどしてみて、個人的に感じたメリットは…

MEMO
  • 寝汗・寝ぐせが簡単に解決できる
  • カラダの血行が良くなる
  • カラダのコリがなくなる
  • 朝から気分がスッキリする
  • 朝にシャンプーをすることによって髪がまとまる
朝シャンの注目すべきは、寝汗や寝ぐせが簡単に解決できる「効率化」だと思います。

ショートやミディアムスタイルなど、寝ぐせがつきやすい長さでは、一度ついてしまうと直すのに一手間かかります。それを簡単に解決できるとなったら、魅力を感じてしまいますよね。

さらに、朝からシャンプーをすることによって爽快感もあり、仕事などの効率化に繋がりました。

 

しかし逆に、朝シャンをすることによって、必要な皮脂まで洗い流してしまい、地肌の乾燥やダメージにもなるというデメリットもあります。そして夜にシャンプーができないことから、清潔面は悪くなります。

夜シャンのメリットについてもまとめてみました。

MEMO
  • 1日の汚れをスッキリとることができる
  • 清潔な状態で就寝できる
  • 時間にゆとりがもてる
  • 夜にリラックスする
  • 熟睡できる
  • 地肌にとって良い
夜シャンでは、やはり地肌が清潔になるというのが、一番のメリットではないでしょうか。

汚れが残っている状態では、熟睡の邪魔になる上に、地肌環境にも悪いのです。そのため朝シャンの習慣がある人には、つらいだろうけど夜シャンの方が、健康的ではあります。

>>朝シャンのメリット・デメリット

 

7章:湯シャンについて

 きし
湯シャンについてもお話します。
 

つま

湯シャンはきちんとすれば、シャンプー剤を使わなくてもキレイになるんですよ〜。

お湯シャンとは、シャンプーを使わずに、お湯で洗髪することを「お湯シャン」と言います。

抜毛や薄毛というのは、アラサーやアラフォーだけの悩みではなく、今や若い人達の頭を悩ませる問題のひとつとなっています。

その原因の1つに毎日使っているシャンプーにあるため、若い人達のシャンプー離れが起こっているのです。

「シャンプーやトリートメントを使わずにちゃんと汚れがとれるのか?」

と不安になりますよね。

シャンプーを使わないと、地肌に汚れが残っていそうで、不潔なイメージです。しかし、お湯シャンに切り替えた人の話によると、皮脂でベタついたり、ギラギラすることもないようです。

しかし、これはキチンと「お湯シャン」ができていればの話です。

 

やり方を間違えれば、汚れも残りますし、それによってニオイになり、悪化すると、抜毛や薄毛の原因にもなるので、注意が必要になります。

本来では、地肌も髪も傷みやすいといわれている日本人はシャンプーが必要となります。

 

正しくシャンプーできないことで…

MEMO
  • 皮脂がが過酸化脂質に変化する
  • 毛穴に汚れがつまる
  • 頭皮トラブルが発生してヘアサイクルが乱れる

頭皮はこのように何層にもなっているものです。

この表皮という部分に汚れがたまり、毛穴をつまらせてしまうことで、地肌トラブルの起因になります。

なのでシャンプー剤を使用することをおすすめしています。

>>湯シャンのやり方

 

8章:シャンプーの価格について

 きし
シャンプーの価格ってどんなもので決まるのかを話します。
 

つま

いろいろなシャンプーを見てきましたが、シャンプーの価格もさまざまです。

シャンプーの価格とは何で決まるのか?

そして、高いシャンプーはいいのか、安いシャンプーは悪いのかを見ていきましょう。

シャンプーの価格は、主に成分で決まります。

まず、シャンプーのラベルを見ていただくとわかることなのですが、全てのシャンプーの主成分に「水」が入っております。その下にさらにたくさんの成分が入っています。

価格というのは、その「成分」と「成分の量」によっても違います。

例えば、同じ成分を使われた1,000円のシャンプーと3,000円のシャンプーがあったとしても、この値段は水の量成分の量で違います。

もちろん、低価のシャンプーは水の量が多く、高価なシャンプーは成分の量が多くなっています。

人工的に量産できる成分を使用しているシャンプーの価格は安くなり、自然由来の成分を使用しているシャンプーの価格は高くなります。

自然由来や有機栽培などの成分を使用しているオーガニックシャンプーや、ボタニカルシャンプーなどの希少な成分を使ってるシャンプーの価格は高めの設定が多いです。

つまり、頭皮の地肌や、髪に良いシャンプーはどうしても価格が高くなってしまうということです。

MEMO

そのほかに、シャンプーの価格とは…

  • 成分
  • 広告費
  • デザインやパッケージ
  • ブランド

などもあります。

>>価格について

 

9章:シャンプー剤の構成

 きし
さまざまなシャンプーの種類について知りましょう。
 

つま

シャンプーにはさまざまな種類があり、それによって原材料が違うんですよ。

シャンプー剤には、さまざまな種類があってそれによって原材料や成分が違います。

髪をキレイにするものから、地肌に優しいもの、さまざまな目的によって使うシャンプーが違います。

まずは、シャンプーの種類を知りましょう。

  1. 高級アルコール系シャンプー
  2. 石けん系シャンプー
  3. アミノ酸系シャンプー
  4. オーガニックシャンプー(ボタニカル)
この4種類のシャンプーになります。
それぞれの種類にメリットやデメリットがあるために、どのシャンプー剤を使うかというのは人によって変わります。

分かりやすくグラフにしてみました。

 種類高級アルコール系石けん系アミノ酸系オーガニック(ボタニカル)
洗浄力高い高い弱い弱い
刺激強い普通低刺激低刺激
メリット低コストに抑えれる低コスト、自然志向髪や頭皮に優しい髪や頭皮に優しい
 きし
次に、シャンプー剤の成分構成についてもお話します。
 

つま

こんな感じでシャンプーができているんだってことを知っていきましょう。

シャンプー剤には、いい成分が入っていれば髪に良いとされていますが、シャンプーには構成ということも重要になっています。

シャンプー剤は主に次のもので構成されています。

  • 水(精製水)
  • 界面活性剤
  • 頭皮に良い成分
  • 髪に良い成分
  • 香料
  • 着色料
  • 防腐剤
この7つからの成分構成となります。

>>原材料・成分

 

10章:カラーシャンプーについて

 きし
カラーシャンプー(ムラシャン・アッシュシャンプー)について知りましょう。
 

つま

普通のシャンプーとの違いもたくさんありますよ。

ムラシャンとは、HC染料の含まれた紫色のシャンプーのことです。

当然ですが、シャンプーなので界面活性剤も入っているので汚れも取れるし、その上で染料も入っているのでカラーサポートもできるとなれば一石二鳥となるシャンプーです。

MEMO

HC染料とは、HC染料は2001年4月の化粧品規制緩和により、新たに使用可能となったヘアカラー用の原料で、ヘアマニキュアやカラートリートメントだけでなく、化粧品で利用されている染料です。

>>HC染料について

ジアミンフリーなので、頭皮にアレルギーがある方も染みることがなく、安心して使うことができます。

ムラシャンがおすすめの人

どんな人にムラシャンをおすすめするかというと、髪色をキレイにキープさせたい人です。

「色持ちが悪い」「すぐ色がなくなる気がする」「色を簡単に長持ちさせたい」という人にはうってつけのシャンプーです。

  • ブリーチ毛全般
  • ブリーチカラーしてる人
  • アッシュ系カラーを長持ちさせたい人
  • 髪の黄色っぽさが気になる人

つまり、ざっくりムラシャンを紹介すると、ヘアカラーのサポートができるシャンプーということになります。

キレイな髪色というのは、退色するのも早いです。

例えば、ブリーチカラーの退色目安として…

“ポイントは…”
  • 1週間〜 色が薄くなってくる
  • 2週間〜 色が抜けてくる
  • 3週間〜 黄色みがでてくる
  • 4週間〜 染め頃。カラーがおすすめです

最長でも4週間、つまり1ヶ月ほどで退色する目安になります。

え〜早すぎるよ〜…

と思うけど、キレイなブリーチカラーもしたい!

そんな人にはムラシャンがおすすめ。

紫シャンプーの染料で簡単に色のサポートをしてくれるということです。

ムラシャンアッシュシャンプー