おすすすめのシャンプーランキング 詳しくはこちら

by TREES(バイツリーズ)シリーズのシャンプーはどっちがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

by TREES(バイツリーズ) 」シャンプーは、大自然の荒々しい気候にも負けない樹木が自らを保護し、生き抜く能力は、人の髪の健康にとっても有益な示唆を与えます。自然界に学ぶことで、私たちは季節の変化に合わせた独特の配合を生み出しました。この配合は、乾燥する季節においても、湿気が多い季節においても、髪の毛一本一本に潤いと補修を提供します。

それぞれのラインナップは、多様なニーズに応えるべく、各自の髪質やスタイリングへの適応性を考慮に入れて設計されています。by TREES(バイツリーズ)シリーズのコンセプトは、非常にシンプルながらも強力です。

これらのシャンプーでは、髪の自然なバリア機能を補強し、日々のダメージから髪を保護すると同時に、髪本来の美しさを引き出すための保湿を重視しています。髪一本一本が持つポテンシャルを最大限に引き出し、美しい髪へと導くための手助けとなるでしょう。

今回の記事では、by TREES(バイツリーズ)シリーズのシャンプーの特徴の違いやどれを選ぶべきか悪い口コミや評判を検証しつつ、全シリーズの特徴や比較をまとめました。

なお、「by TREES(バイツリーズ)シリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と悪い口コミ悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介」という記事もまとめているので、合わせて参考にしてください。

なお、「美容師おすすめ!本当に良いシャンプーランキング」も下の記事にまとめているので、合わせて参考にしてください。

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

by TREES(バイツリーズ)シリーズのシャンプー全種類の特徴

by TREES(バイツリーズ) 」シリーズのシャンプーは、樹木の持つ自然な力に着目し開発されたヘアケア製品です。潤いを保つ貯水力と髪のダメージを補修する力をヒントに、日本の四季に適した処方が展開されています。

緑豊かな大自然からインスピレーションを受けることで、毛髪にハリとコシを与え、しっとりとした手触りをもたらします。シリーズには「うるモイスト」と「さらグロッシー」があり、各シリーズは髪質や好みに応じた特性があります。

大自然に生きる樹木が持つ「貯水力」と「補修力」

by TREES(バイツリーズ)シリーズは植物が厳しい環境で培った「貯水力」と「補修力」を、髪へのケアに活かすことを目指しています。

自然界の樹木は乾燥から身を守るために水分を蓄え、損傷を受けた際には自己修復する力を持っています。

それらのメカニズムをベースに開発されたシャンプーは、髪が本来持つバリア機能を支え、外部からのダメージから守りながら、必要なうるおいを保持します。

独自リペア処方配合

by TREESのシャンプーは独自のリペア処方を採用しており、毛髪表面の微細な傷を修復し、強く健やかな髪へと導きます。

使用される成分は自然由来のものが多く、容易に髪に浸透し、根本からのケアを可能にします。

また、髪をいたわりながら汚れを落とす優しい洗浄力も特徴の一つで、頭皮環境を整えることにも貢献します。

by TREES(バイツリーズ) シャンプーシリーズ
  • by TREES(バイツリーズ)うるモイストシリーズ
  • by TREES(バイツリーズ)さらグロッシーシリーズ

by TREES(バイツリーズ)うるモイストシリーズ」

全成分を見る

シャンプー

  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ソルビトール
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • コカミドメチルMEA
  • アルガニアスピノサ核油
  • オリーブ果実油
  • シア脂
  • ホホバ種子油
  • ワサビノキ種子油
  • 加水分解ダイズタンパク
  • 加水分解エンドウタンパク
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • セラミドAP
  • セラミドNG
  • セラミドNP
  • セラミドEOP
  • ヒマワリ種子エキス
  • ユズ果実エキス
  • メロン胎座エキス
  • トコフェロール
  • コカミドプロピルベタイン
  • コカミドDEA
  • ジステアリン酸PEG-150
  • PCイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油
  • 安息香酸Na
  • ポリクオタニウム-10
  • クエン酸
  • ポリクオタニウム-7
  • EDTA-2Na
  • PEG-40水添ヒマシ油
  • BG
  • オクチルドデカノール
  • 水添レシチン
  • フェトステロールズ
  • 水添ココグリセリル
  • フェノキシエタノール
  • 香料

トリートメント

  • セテアリルアルコール
  • ベヘントリモニウムクロリド
  • セタノール
  • パルミチン酸エチルヘキシル
  • グリセリン
  • イソペンチルジオール
  • アルガニアスピノサ核油
  • オリーブ果実油
  • シア脂
  • ホホバ種子油
  • ワサビノキ種子油
  • 加水分解ダイズタンパク
  • 加水分解エンドウタンパク
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • セラミドAP
  • セラミドNG
  • セラミドNP
  • セラミドEOP
  • ヒマワリ種子エキス
  • ユズ果実エキス
  • ゼイン
  • フェトステロールズ
  • 水添ココグリセリル
  • DPG
  • オクチルドデカノール
  • 水添レシチン
  • BG
  • ヒドロキシエチルセルロース
  • ジフェニルシロキシフェニトリルメチコン
  • クエン酸Na
  • ペンテト酸5Na
  • クエン酸
  • ジメチコン
  • アンモジメチコン
  • イソプロパノール
  • トコフェロール
  • フェノキシエタノール
  • 香料

髪に大切なキューティクルを保護する貯水コーティング

うるモイストシリーズは、キューティクルの保護と貯水コーティングにより、髪のうるおいをキープします。

これは、水分が蒸発しにくい環境を作り出し、長時間モイスチャーを維持する効果があります。

独自リペア処方がうるおいを貯めこみしっとりまとまる指通り

このシリーズの独自リペア処方は、ダメージを受けやすい髪に深く働きかけ、うるおいをしっかり貯め込みます。

その結果、しっとりとまとまる手触りとなり、指通りも滑らかになります。

みずみずしい果実と花々をイメージしたグリーンフローラルノートの香り

グリーンフローラルノートの香りは、ほのかに甘く、清潔感が感じられるものです。

みずみずしい果実と花々をイメージしたこの香りは、使用者にリラックス感をもたらし、バスタイムを豊かなものにしてくれます。

キューティクルを支える補修成分

キューティクルを支える補修成分によって、髪本来の美しさを取り戻せるだけでなく、強化することが可能です。

髪が健康であるほどスタイリングもしやすく、毎日のケアがより楽しくなります。

by TREES(バイツリーズ) さらグロッシーシリーズ」

全成分を見る

シャンプー

  • ラウラミドプロピルベタイン
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • アストロカリウムムルムル種子脂
  • アルガニアスピノサ核油
  • オリーブ果実油
  • テリハボク種子油
  • アトラスシーダー樹皮油
  • イソステアリルグリセリル
  • 加水分解ケラチン(羊毛)
  • 加水分解水添デンプン
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • (ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク
  • 加水分解コラーゲンPGプロピルメチルシランジオール
  • ハマメリス葉エキス
  • シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
  • DPG
  • ペンチレングリコール
  • グリセリン
  • ポリクオタニウム-10
  • ポリクオタニウム-7
  • フィトステロールズ
  • コカミドメチルMEA
  • コカミドDEA
  • ポリソルベート20
  • 水添レシチン
  • BG
  • クエン酸
  • 水酸化Na
  • ペンテト酸5Na
  • 安息香酸Na
  • フェノキシエタノール
  • 香料

トリートメント

  • セテアリルアルコール
  • ベヘントリモニウムクロリド
  • セタノール
  • パルミチン酸エチルヘキシル
  • グリセリン
  • イソペンチルジオール
  • アルガニアスピノサ核油
  • オリーブ果実油
  • シア脂
  • ホホバ種子油
  • ワサビノキ種子油
  • 加水分解ダイズタンパク
  • 加水分解エンドウタンパク
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • セラミドAP
  • セラミドNG
  • セラミドNP
  • セラミドEOP
  • ヒマワリ種子エキス
  • ユズ果実エキス
  • ゼイン
  • フェトステロールズ
  • 水添ココグリセリル
  • DPG
  • オクチルドデカノール
  • 水添レシチン
  • BG
  • ヒドロキシエチルセルロース
  • ジフェニルシロキシフェニトリルメチコン
  • クエン酸Na
  • ペンテト酸5Na
  • クエン酸
  • ジメチコン
  • アンモジメチコン
  • イソプロパノール
  • トコフェロール
  • フェノキシエタノール
  • 香料

髪に大切なキューティクルを保護する貯水コーティング

さらグロッシーシリーズにも貯水コーティングの技術が採用されており、キューティクルを守りつつ、髪の表面を滑らかに仕上げます。

これにより、光が髪に反射しやすくなり、つややかな仕上がりを実現します。

独自リペア処方がうねりの原因となるダメージを補修しツヤ度160%*3のさらさらな指通り

さらグロッシーシリーズは、うねる原因となる髪のダメージを補修し、髪表面を整えることで、まるでサロンでケアしたかのようなさらさらの手触りとツヤを与えます。

ピュアな果実と可憐な花々をイメージした透明感のあるスウィートピンクベリーの香り

透明感と甘美な余韻を演出するスウィートピンクベリーの香りは、穏やかな気持ちにさせてくれます。

香りの持つリフレッシュ効果は、毎日のシャンプータイムを特別なひとときへと昇華させるでしょう。

目次に戻る

美容師が教える!by TREES(バイツリーズ) シャンプーシリーズのシャンプーシリーズの選び方

日々のスタイリングで理想の髪型を追求する際に必要不可欠なのがシャンプー選びです。by TREESシャンプーは、髪質に合わせて適切なアイテムを選択することで、美しい髪を育む手助けをしてくれます。

選ぶ際には、自分の髪の状態を知り、それに合わせたプロダクトを選んでください。

まずは髪の状態を知る

シャンプーを選ぶ前に、まずは自分の髪の状態を知ることが大切です。

髪が乾燥しているのか、脂性なのか、またはダメージがあるのかなど、自分の髪の状態を把握することで、自分に合ったシャンプーを選ぶことができます。

例えば、乾燥してパサついている髪には、潤いを与える成分が豊富なシャンプーがおすすめです。

髪の個性はさまざま。豊富なラインナップを誇るby TREESシャンプーから、髪質や悩みに応じた適切な商品を選びましょう。

軟毛や細い髪をボリュームアップさせたい方、ダメージヘアをしっとりと整えたい方、日々のケアに迷うことなくバランスを保ちたい方、それぞれのニーズに合ったシャンプーが見つかります。

軟毛・ボリュームアップなら「by TREES(バイツリーズ) さらグロッシー」

軟毛や細い毛の方には、「さらグロッシー」シャンプーがおすすめです。

こちらの商品は、髪に自然な弾力とボリュームをもたらす成分が配合されています。

使用感は軽やかで、洗い上がりのさらさら感が大きな特徴。

口コミでもその効果について高い評価が見られ、バイツリーズシャンプーのピンクのボトルが目印です。

ぜひ、実際に使ってみて、心地よい匂いと共にフサフサとした髪の感触を体験してください。

しっとり・ボリュームダウンなら「by TREES(バイツリーズ) うるモイスト」

重さを感じさせるしっとりとした質感が好みなら、「うるモイスト」シャンプーが最適です。

この製品は、髪のダメージ修復にも効果を発揮し、指通りを滑らかに保ちつつ適切なボリュームダウンを実現します。

amazonや各種オンライン販売店から購入可能で、詰め替え用もあるため環境にも優しい選択ができます。

匂いや使用感に関しても好評で、日々のバスタイムがリラックスタイムに変わることでしょう。

バランス型・迷ったら「by TREES(バイツリーズ) うるモイスト」

バランスを取ることが難しく、どのシャンプーを選んでいいか迷ってしまうという時は、「うるモイスト」シャンプーが間違いありません。

この商品はあらゆる髪質に適応するように設計されており、潤いと軽さのバランスを上手く取りながら、健やかな髪へと導いてくれます。

ふんわりとした洗い上がりから力強い髪へと変化し、その変化にきっと驚かれるでしょう。

バイツリーズシャンプーをどっちにするか迷う方は、評判の「うるモイスト」からぜひお試しいただきたいです。

シャンプーの成分の内容について

次に、シャンプーの成分をチェックします。これにより、髪に優しく、効果的に働きかけることができます。

特に、髪が乾燥してパサついてしまったり、髪がダメージを受けてしまったりした人にはおすすめです。

このように、シャンプーの成分を理解することで、自分の髪に必要なケアを提供できるシャンプーを選ぶことができます。

バイツリーズシャンプーは、お客様の髪の悩みやお好みに応じて、適切なケアを提案いたします。

パーマ、ヘアカラー、ストレートヘアなど、異なる髪質やヘアスタイルに合わせたシリーズをご用意しており、成分選びにも注力しています。

パーマなら「by TREES(バイツリーズ) さらグロッシー」

パーマヘアにお求めやすい「バイツリーズ さらグロッシーシャンプー」は、重くなりがちな髪を軽やかに保ちながら、必要な潤いを与えます。

軽さを維持しつつケアができる

成分解析によると、アミノ酸系洗浄成分が優しく頭皮を洗い上げ、髪をいたわりながらスタイリングも容易になります。

さらに、バイツリーズシャンプー ピンク系の製品で人気を博しており、口コミでも高評価を得ています。

ヘアカラーなら「by TREES(バイツリーズ) うるモイスト」

「バイツリーズ うるモイストシャンプー」はカラーヘアを長持ちさせるために開発された製品です。カラーによるダメージケア成分が配合されており、色持ちだけでなくツヤ感もアップします。

ツヤ感アップで色もキレイ

バイツリーズシャンプーのピンクバージョンも取り扱われており、amazonやバイツリーズシャンプー 詰め替え商品を含め幅広いラインナップをご提供しております。

縮毛矯正・ストレートヘアなら「by TREES(バイツリーズ) うるモイスト」

縮毛矯正やストレートヘアのなめらかな質感と潤いを保つため、「バイツリーズ うるモイストシャンプー」がおすすめです。

しっとりタイプで収まりも抜群

このシャンプーはしっとりタイプで、収まりの良い仕上がりを実現します。

独自の成分解析により、髪の内部までモイスチャライズすることで、くせ毛にも効果的であることが分かりました。

頭皮ケアなら「どちらでも問題なし」

ヘアケアでは頭皮の状態も大切です。バイツリーズシャンプーは全製品が頭皮ケアに配慮されており、どの商品をお選びいただいても、頭皮環境を気遣う成分が含まれています。

さらに、バイツリーズ シャンプー 解析結果からも頭皮に対する優しさが証明されています。

シャンプーの香りも大事

最後に、シャンプーの香りも大切です。シャンプーを使うとき、その香りに癒されることで、洗髪時間がリラックスタイムに変わります。

今回のシリーズのシャンプーは、自然由来の成分から作られた優しい香りが特徴です。

自分が好きな香りのシャンプーを選ぶことで、毎日の洗髪が楽しみになりますよ。

byTREESのシャンプーは豊かな香りで心地良いバスタイムをお楽しみいただけます。

全製品共通でフローラル系の香りが施されており、どれを選んでも好ましい香りに包まれることができます。

みずみずしい果実と花々をイメージしたグリーンフローラルノートの香り

シャンプーを使うたびに、みずみずしい果実とデリケートな花々が織り成すグリーンフローラルノートの香りが心を癒します。

自然な香りにはリラックス効果も見込まれ、さりげない優雅さを演出しながら、頭皮から毛先まで心地好い洗い上がりを実感いただけます。

ピュアな果実と可憐な花々をイメージした透明感のあるスウィートピンクベリーの香り

スウィートピンクベリーの香りは、まるで春の訪れを感じさせるようなピュアで爽やかな印象を醸し出します。

髪を洗う瞬間から香り立つそのアロマは、日々の疲れを癒すだけでなく、髪を通じてさりげなく香りのアクセントを与えます。

バイツリーズ シャンプーの匂いは使うひと時を特別な時間へと変え、周囲からも好印象を持たれることでしょう。

目次に戻る

実際に使ってみたレビュー検証とおすすめの髪質や香りについて

シャンプー選びにおいては髪質や悩みに合った製品を見つけることが肝心です。ここでは「by TREES(バイツリーズ) 」シャンプーに注目し、さまざまな髪質の方に合わせたおすすめ製品を紹介します。

by TREES(バイツリーズ) シャンプーシリーズのシャンプーは多種多様で、それぞれの髪質や頭皮の状態、そしてヘアケアの目的に合わせて選ぶことができます。

ここでは、それぞれの目的別に試してみたレビューとおすすめのシャンプーを紹介します。

ヘアケア・髪質・バランスの良いおすすめなら「by TREES(バイツリーズ) うるモイスト」

うるモイストさらグロッシー

by TREES(バイツリーズ) の「うるモイスト」シャンプーは口コミでも高評価が目立ちます。

使用者の経験に基づくと、髪にハリとツヤが出て、扱いやすい柔らかさが感じられました。

このシャンプーの一番の特徴は、保湿成分の豊富さ。さらに、バランス良く配合されたアミノ酸やミネラルが健康な頭皮と髪を保つのに役立ちます。

また、amazonやマツキヨなどで簡単に手に入る点も魅力の一つで、詰め替え用も販売されているため、環境を気遣う方にも配慮されています。

トータルのバランスがいい

「うるモイスト」を使ってみたところ、洗い上がりのさっぱり感と同時に髪に必要なうるおいが保たれているのを実感できました。

出勤前の忙しい時間帯でも、髪のまとまりが良くスタイリングが楽になるので時間の節約にも。

また、このシャンプーの優しいピンク色と上品な匂いは使うたびにリラックスさせてくれます。

くせ毛におすすめなら「by TREES(バイツリーズ) うるモイスト」

うるモイストさらグロッシー

くせ毛はうねりや広がりに悩まされることが多いですが、「うるモイスト」はそのような悩みを持つ方にも適しています。

このシャンプーにはくせ毛を落ち着かせる成分が含まれているため、洗い上がりの髪が扱いやすくなり、うねりも自然と落ち着きます。

うねりも改善される

くせ毛特有のうねりを抑えながら、髪に潤いを与えることができるため、幅広いユーザーから好評を得ています。

実際に使ってみると、一日中うねりの心配をせずに過ごすことができ、自信を持てる髪型をキープすることができました。

猫っ毛におすすめなら「by TREES(バイツリーズ) さらグロッシー」

うるモイストさらグロッシー

猫っ毛の人が抱える問題は、髪が細くボリュームを出しづらいことです。

そんな猫っ毛には「さらグロッシー」がおすすめ。

このシャンプーは軽やかでサラサラな仕上がりが特徴で、肩や背中に張り付く心配が少なくなります。

ベタつきもほとんどなし

「さらグロッシー」を使ってみると、洗い上がりが非常に軽く、ふんわりとしたボリューム感が出ることが分かります。

そのため、細くて柔らかい髪質の人でもベース作りがしやすくなるのです。

剛毛におすすめなら「by TREES(バイツリーズ) うるモイスト」

うるモイストさらグロッシー

剛毛の方にも「うるモイスト」は幅広く支持されています。

しっかりと髪の毛のクセを抑えてまとまりを出すため、トリートメントなしでも手ざわりが良い状態を保つことができます。

おさまりがめちゃくちゃいい

特に厚みのある髪質の方が使うと、髪がしなやかになることにより、スタイリングが楽になりますし、全体的な見た目もスッキリとした印象になります。

エイジングケアなら「by TREES(バイツリーズ) うるモイスト」

うるモイストさらグロッシー

年齢と共に髪と頭皮の悩みが増えてくる方には、保湿力に優れた「うるモイスト」がおすすめです。

髪の毛を保護しながら、頭皮の健康も考えた成分配合が魅力となっています。

香りで選ぶ

シャンプーを選ぶときには、その香りもとても大切です。香りによって、ヘアケアの時間が楽しくなったり、リラックスした気分になったりしますよ。

うるモイストさらグロッシー
グリーンフローラルノートの香りスウィートピンクベリーの香り

個人的には、グリーンフローラルノートの香りが好きでした。

目次に戻る

個人的なおすすめは「by TREES(バイツリーズ) うるモイストシャンプー」

皆さんがシャンプー選びに迷われているなら、私のおすすめする「by TREES(バイツリーズ) うるモイストシャンプー」に注目していただければと思います。このシャンプーは髪に潤いを与える成分がたっぷり含まれており、特にドライヘアやダメージを受けた髪の方には効果を実感しやすいでしょう。

持続する保湿力で、美しい髪へと導いてくれます。

保湿力が高くて効果性が高い

「byTREES うるモイストシャンプー」は、保湿成分が豊富に配合されているため、髪にしっとりとした潤いを与えてくれるのが大きな特徴です。

私自身も使用したところ、一度の洗髪で髪がふんわりと柔らかくなり、乾燥した髪にもしっかり潤いを感じることができました。

口コミでは、「使い続けることで、髪質が改善した」との声も多くみられます。

さらにamazonやマツキヨなど、多くの販売店で手に入れることができる利便性も魅力の一つです。

購入後の詰め替え用も販売されており、環境にも配慮されています。

重さは使う量で調節できる

多くのユーザーが気になるのが、髪への重さですが、「by TREES(バイツリーズ) うるモイストシャンプー」は使う量を調節することで、お好みの仕上がりを選ぶことが可能です。

勿論、くせ毛やボリュームを抑えたい場合は多めに、軽やかな髪を保ちたい時は少なめにと、自分の髪質やスタイルに合わせた使用ができます。

さらグロッシーシャンプーと比較しても、べたつきにくいテクスチャーで使いやすく、どちらか選ぶ際にはお試しになってみてください。

ベタッとした印象はないので使いやすい

バイツリーズシャンプーは、保湿成分が豊富であるにもかかわらず、ベタつきにくいという特徴があります。

私も実際に使ってみたところ、しっとりとした仕上がりながらも、清涼感を保ち、心地良い使い心地を体験しました。

また、byTREESシャンプーは匂いも好評で、リラックスナイトやカームナイトのような香りで癒されるという口コミも多数あります。

新発売シャンプー2023年版として、これからの季節にもぴったりのアイテムです。

香りもめちゃくちゃいい

このシャンプーの魅力はなんといってもその香りです。

使い心地の良さはもちろん、香りの持続性にも優れており、バイツリーズとピンクのコラボレーションが生み出す甘くて爽やかな香りは、ジョーマローンを彷彿させるようなラグジュアリー感を演出してくれます。

実際に使用後には、周囲から「いい匂いがする」との声も多く、バイツリーズシャンプー 匂いに関するポジティブな評価が寄せられています。

シャンプーを通じて、日常に上品な香りをプラスしたい方には特にお勧めします。

目次に戻る

by TREES(バイツリーズ) シャンプーシリーズの効果的な使い方

ここでのシャンプーのやり方は、キレイに洗髪してかつ髪への負担を減らすということに着眼しています。その上で、とくに重要となることがあります。

それは、「髪を優しく扱うということ」です。

もし、頭皮をスッキリさせるためや、よりキレイにするために、”ゴシゴシと洗ってる”という人がいたら、少し待ってください。

実は、シャンプーをゴシゴシしなくても汚れは簡単に落ちるものなのです。

むしろ、圧をかけた力強いシャンプーは頭皮を傷つけ、さらに髪への負担になったりもしてしまうことになるのです。

「髪を優しく、丁寧に扱う」ことを意識していけば、必ず髪の負担は減り、結果として髪はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

POINT

ブラッシング

ブラッシングで髪の汚れ・絡まりをとる

シャンプー前に汚れを落として絡まりを防ぐ効果もあります。少し粗い大きめのブラシもしくは、クシでとかしてあげましょう。

POINT

流し(すすぎ)

ぬるま湯でしっかりと洗い流す
  • 髪はシャワーのお湯ですすぎましょう
  • 髪よりも頭皮をかくようにしましょう
  • 時間的には2〜3分程度
  • トリートメントのすすぎ残しも、頭皮トラブルや髪の毛のダメージにつながるのでしっかりとすすぎ流しましょう。ここまでがしっかりとできるようになれば自宅でのヘアケアのレベルが一段階アップします。
  • 最後に軽くブラッシングしてあげることで、水分もとれるだけでなく、お風呂上がりのタオルドライも楽になるのでおすすめ。
  • 上を向いてシャワーを上➔下に流すようにして全体によくすすぐようにしましょう。

すすぎは約2〜3分前後を目安に指の腹でやさしくやってあげましょう。

よく汗をかいた後や、スタイリング剤がついてるなどの場合は、皮脂などの油分が邪魔してシャンプーがなかなか泡立ちません。ですが、髪の汚れの大半はこの流しだけでとれるといわれています。ほとんどの汚れはお湯のみで落ちるのです。

流しでは、しっかりと8割の汚れを落とし、残り2割をシャンプーで落としてあげるようなイメージが大切です。

POINT

シャンプーはしっかりと泡立てる

  • シャンプー剤は手のひらで泡だててから髪につける
  • 一気に出しすぎない

泡立てがしっかりしていれば、シャンプー中の髪の指通りがよくなり、髪への負担が軽減されます。

多くの人は、シャンプーをするときには、何も考えずに洗髪をしてしまいますが、髪というのはとても繊細でデリケートです。たとえば、髪に直接シャンプーをつけてしまうことによって、泡立てをする摩擦によって髪には負担になってしまいます。

シャンプーの泡立てをするときには、手の上にシャンプーが溢れない程度(100円玉量程度)を、手の上で円を描くようにして優しく、しっかりと泡立をしてから髪につけるようにしましょう。

泡立てる時の手の動き

定期的に空気をいれながら、円を描くようにしてあげると、泡が立ちやすくなるので実践してみてください。うまくいかない場合は洗顔用の泡立てネットを使って泡立てるのも効果的です。とても大きく優しくなります。

いい泡でシャンプーができるようになると、髪の毛や頭皮を綺麗な状態をキープしやすくなるだけでなく、ダメージ予防、トラブル予防になります。

POINT

シャンプーをする時は頭皮をメインに洗いましょう

実は、髪についている汚れなどは、あまりシャンプーは必要なくて、シャワーだけでとれてしまうのです。

シャンプーがもっとも必要になるのが、頭皮の汚れなのです。

頭皮をメインにシャンプーで洗って、髪は手ぐしを通す程度でも十分にキレイに洗えているのです。

  • 髪は指を通す程度
  • 頭皮はもみ洗い、こすり洗い
  • 耳周りや首周りをよく洗いましょう

しかし、頭皮の皮脂がきちんと洗えていないことにより皮脂は酸化し過酸化脂質となります。これが頭皮の臭いの原因や、症状を放置していると、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

髪が長い人ほど、洗い残しがあるので耳周りや顔まわりといった、洗いにくい部分もしっかりと洗ってあげましょう。

洗う時は指の腹の部分で洗う

頭皮を爪などで、傷つけてしまうと傷がついてしまって、さらに炎症をおこす恐れもあるので、指のはらの部分で洗うように心がけましょう。

頭皮も髪と同じく、とても繊細でデリケートになっていますので、優しく丁寧なシャンプーを心がけましょう。

POINT

トリートメントもやさしく丁寧に

水分により髪のキューティクルは開き、髪のすべりが悪くなるために摩擦がおきやすいので、トリートメントでキレイにしていきましょう。トリートメントをする時は、頭皮の根本付近の髪から毛先にかけて、手ぐしを通すようにしてトリートメントをつけましょう。ブラッシング用のクシもあれば完璧です。

さらに、両手のひらで優しく間に挟み、すべらすようにして整えてあげるのも効果的です。

POINT

最後のすすぎ

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

トリートメントのすすぎ残しも、頭皮トラブルや髪の毛のダメージにつながるのでしっかりとすすぎ流しましょう。ここまでがしっかりとできるようになれば自宅でのヘアケアのレベルが一段階アップします。

最後に軽くブラッシングしてあげることで、水分もとれるだけでなく、お風呂上がりのタオルドライも楽になるのでおすすめ。

これらのことを工夫していきましょう。

目次に戻る

by TREES(バイツリーズ) シャンプーシリーズのよくある質問集(Q&A)

byTREESシャンプーのピンクはどんな香りですか?

byTREESシャンプーのピンクは、甘くフルーティーな香りが特徴で、リラックスタイムに適しています。

バイツリーズシャンプーはどこで購入できますか?

バイツリーズシャンプーは、Amazonや一部の薬局で購入可能です。

店舗によって取り扱いが異なるため、事前の確認がおすすめです。

バイツリーズシャンプーにはどのような種類がありますか?

バイツリーズシャンプーには、「さらグロッシーシャンプー」「うるモイストシャンプー」など、髪質や好みに合わせた種類があります。

バイツリーズシャンプーとヘアオイルの口コミはどうですか?

バイツリーズシャンプーとヘアオイルは、使用者から艶やかな髪になったとの高評価の口コミを多数受けていますが、個人差があるため自分に合うかは試してみるのが良いでしょう。

シャンプーの効果はいつから実感できますか?

ぷシャンプーの効果は、使用後数日〜数週間で個人差がありますが、定期的な使用により徐々に実感できるとされています。

目次に戻る

あとがき

きし

プロアクティブに植物由来の力を活かしたケアを行いたい人、天然成分にこだわりたい人、そして毎日のシャンプーを快適な時間として楽しみたい人には特におすすめです。

バイツリーズシャンプー どっちを選ぶか迷われている方は、香りやテクスチャー、髪への効果を重視しながらセレクトしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

当サイトでレビューした関連製品

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の目次