【おすすめ】美容師が実際に効果のある「ボタニカルシャンプー」と種類別比較

ボタニカルとは、「植物」を指す言葉です。

日本でのボタニカルは、自然の恵みや健康や生活、ライフスタイルそのものに積極的に取り入れようという動きの中でのワードとなります。

自然活力を活かすというのは、今や美容、ファッション、食品などさまざまな分野で使われています。つまり、ボタニカルシャンプーは植物由来の成分を中心の低刺激で髪や頭皮に、優しいシャンプーなのです。さまざまな頭皮トラブルにも対応できるのがこの「ボタニカル」なのです。

 きし
ボタニカルカテゴリーでは、サボタニカルシャンプーをメインテーマにしています。
  • ボタニカルシャンプーってBOTANISTだけじゃないの?
  • どれが自分に合うか分からない
こういった疑問にお答えしていきます。

ボタニカルシャンプーって、BOTANIST(ボタニスト)でしょ?

なんて思っている方は案外少なくありません。最近では、BOTANIST(ボタニスト)というボタニカルシャンプーが流行していますが、実はこのシャンプーだけではありません。

多くの人は「BOTANIST=ボタニカルシャンプー」と思われていますが、その他にもたくさんのシャンプーがあるのです。

そこで、当カテゴリはシャンプーについての必要な知識と、美容師がおすすめするボタニカルシャンプーランキング紹介するので、自分に合ったものを探しやすいようにしています。

美容師がおすすめするボタニカルシャンプー

ボタニカルシャンプーランキング【10選】

毎日するシャンプーも負担の大きいものになれば、それだけスタイルのまとまりの悪さに直結するのです。

そして、世の中にはたくさんのシャンプーがありますが、単に価格や成分だけで選んでしまうと、あなたの髪に合う成分が配合されていない可能性があり、むしろ逆効果です。

そこで失敗しないシャンプーを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。とくに上位3つはおすすめのシャンプーです。

ここでは、美容師のぼくがおすすめするボタニカルシャンプーについて具体的にお話します。

五つ星採点をしております。

こんな感じで評価します
髪への使用感
(5.0)
頭皮の使用感
(4.5)
デザイン性
(4.0)
値段
(3.5)
コレクション性
(3.0)
総合評価
(2.5)

タイトルには、シャンプーのキーワードタグを付けました。

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

流し読みして、気になったシャンプーの紹介文を読んでくださいね。

※シャンプー画像はクリックできます。

1位「スプリナージュ」

スプリナージュ

ARIMINO(アリミノ)

ARIMINOの「SPRINAGE(スプリナージュ)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

シャンプーの特徴

スプリナージュの美容成分を留める独自の処方となるのが「モイストリンク処方」です。

アスタキサンチンをはじめとするする共通成分とオイルの成分を、コアセルベートと呼ばれる複合体に取り込むことで、髪に吸着させやすくしています。

ARIMINOの「SPRINAGE(スプリナージュ)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事アリミノ「SPRINAGE(スプリナージュ)ジェントルモイスト シャンプー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

2位「BULKHOMME(バルクオム)」

ヘアケアシャンプー

BULKHOME(バルクオム)

【窪塚洋介CMの話題のシャンプー】美容師が「BULKHOMME(バルクオム)」を実際に使ってみた記事

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(5.0)
デザイン性
(2.0)
値段
(2.5)
コレクション性
(1.0)
総合評価
(4.5)

シャンプーの特徴

このアイテムの特殊なところは、フィルムや容器などには一切お金をかけている様子はなく、シャンプーもパウチ状になっています。つまり、純粋にシャンプーにのみ費用を使っているのです。 パーマヘアにも使いやすい軽くて、ツルッと仕上がるシャンプーです。

【窪塚洋介CMの話題のシャンプー】美容師が「BULKHOMME(バルクオム)」を実際に使ってみた記事【窪塚洋介CMの話題のシャンプー】美容師が「BULKHOMME(バルクオム)」を実際に使ってみた記事

3位「haru 黒髪スカルプ プロ」

kurokamiスカルプ シャンプー

haru(ハル)

haruシャンプーの魅力

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック

ボタニカルスパークリングスカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(4.0)
デザイン性
(4.0)
値段
(3.0)
コレクション性
(2.0)
総合評価
(5.0)

シャンプーの特徴

「ノンシリコンシャンプーが良い…」でも、リンス・コンディショナー・トリートメントにはシリコンが入っています。

さらにオーガニック・ボタニカルの植物由来は80〜90%、でも残りは…?

100%天然由来である「黒髪スカルププロ」は、頭皮に100%安心安全に使用することができる超優秀なシャンプーです!つまりリンスやトリートメントが不要な「オールインワンシャンプー」なのです。

haruシャンプーの魅力美容師が「haru 黒髪スカルプ プロ」のオールインワンシャンプーは”きしむのか”実際に使ってみた【口コミ有】

4位「エイト ザ タラソ」

エイトザタラソ クレンジングリペア&モイスト

ステラシード

ステラシード「エイトザタラソ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(4.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(5.0)
コレクション性
(2.0)
総合評価
(4.5)

シャンプーの特徴

エイトザタラソは、幹細胞や海洋成分をブレンドした「タラソ幹細胞成分」を配合した美容液シャンプーというのが特徴になります。

  • 最先端のスキンケア技術をかけ合わせたヘアケア
  • 髪の内外をトータルケア
  • 5つのフリー処方

さらにヘアケアだけでなく、エイジングケアまでできてる万能的なヘアケアアイテムです。

ステラシード「エイトザタラソ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事ステラシード「エイトザタラソ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

5位「&herb(アンドハーブ)

&herb(アンドハーブ)

有機ハーブ美容

「&herb(アンドハーブ)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(4.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(5.0)
コレクション性
(2.0)
総合評価
(4.5)

シャンプーの特徴

主な特徴としては、90%以上の有機成分で保湿&保護します、市販シャンプーの中ではトップクラスのオーガニックシャンプーということです。

90%以上の有機成分を使ったオーガニックシャンプーですが、それ以上に髪への使用感も良いというのがポイントになります。

アンドハーブのシャンプー&トリートメントを使うことで、髪の表面にあるうるおい成分を保つため、うるおいのある髪に導いてくれます。さらに6つのフリー処方(サルフェート・パラベン・着色料・鉱物油・合成酸化防止剤・動物実験)とオーガニック成分を使用しているため、髪だけでなく頭皮にも優しいシャンプーとなります。

「&herb(アンドハーブ)」のシャンプー&トリートメントを美容師が実際に使ったレビュー記事「&herb(アンドハーブ)モイストエアリー シャンプー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

ボタニカルシャンプーの特徴

ボタニカルシャンプーの特徴について

ボタニカルとは、「植物」を指す言葉です。

日本でのボタニカルは、自然の恵みや健康や生活、ライフスタイルそのものに積極的に取り入れようという動きの中でのワードとなります。

自然活力を活かすというのは、今や美容、ファッション、食品などさまざまな分野で使われています。

つまり、ボタニカルシャンプーは植物由来の成分を中心の低刺激で髪や頭皮に、優しいシャンプーなのです。さまざまな頭皮トラブルにも対応できるのがこの「ボタニカルシャンプー」なのです。

美容師が教える「オーガニックシャンプーの特長」

ボタニカルシャンプーの「メリット」

ボタニカルシャンプーの「メリット」

ボタニカルシャンプーは、軽やか質感とサラッとした洗い上がりが特徴になっています。

しかしその反面、髪がきしんでしまったり、指通りが悪くなりがちですが、ボタニカルシャンプーではしっとりさせる成分も含んでいるのが特徴の1つでもあります。

ボタニカルシャンプーのメリットとしては、頭皮トラブルを抱えていたり、シャンプーに不安を感じている人にとくにおすすめすることができ、それでいて髪自体もキレイにしていきたいそんな人にも使えます。

 きし
ボタニカルシャンプーは頭皮トラブルのある人におすすめするシャンプーです。
 つま
たくさんのシャンプーがありますが、使うシャンプーによっては頭皮トラブルを誘発してしまうこともあるので、ボタニカルシャンプーを使うことをおすすめします。

こういったトラブルを解消することができるのが、ボタニカルシャンプーのメリットです。頭皮トラブルを起きる地肌を保護してくれるので、キレイな髪を生やす土台作りにもなります。

ボタニカルシャンプーはどんな人に「オススメする」のか美容師が解説ボタニカルシャンプーはどんな人に「オススメする」のか美容師が解説

ボタニカルとオーガニックの違い

「オーガニックシャンプー」と「ボタニカルシャンプー」の違い

頭皮に安全、植物由来と聞くと、「オーガニックシャンプー」を連想してしまいす。しかし、シャンプーに代表されるヘアケア用品において、「ボタニカル」と「オーガニック」には、きちんと違いがあります。

オーガニックは「有機」という意味です。有機とは有機栽培のことで、化学肥料や農薬を全く使用しない農作物を育てる農法のことです。

人体に対する安全性が高く、無添加よりも基準が厳しいオーガニック製品が、人体に安心、安全であるということが一番の魅力になります。

つまりオーガニックシャンプーとは、化学合成農法や化学肥料は使わず有機肥料などによって栽培された植物を使用したシャンプーのことで、オーガニック認定を受けた植物成分が入っているものです。

【保存版】オーガニックシャンプー8選|美容師がおすすめの頭皮にいいランキング【保存版】オーガニックシャンプー4選|美容師がおすすめの頭皮にいいランキング

そのため、ヘアケア用品におけるボタニカルとオーガニックの違いは、両方とも安全性は同じですが、「植物由来」と「有機栽培」との違いがあるのです。

個人的にはオーガニックシャンプーに比べて、ボタニカルシャンプーの方が髪に対してはしっとりする印象を持っているので女性にはボタニカルシャンプーをおすすめしています。

ボタニカルは「ノンシリコンシャンプー」

ボタニカルは「ノンシリコンシャンプー」

 きし
ボタニカルシャンプーはノンシリコンシャンプーです。
 つま
しかし、ノンシリコンで完全に100%構成されているわけではなく、80%がノンシリコンで20%がシリコンというように構成されているのがボタニカルシャンプーです。

シリコンが配合されているシャンプーを「シリコンシャンプー」と言います。

一般的なシャンプーに配合されているシリコンは、ジメチコンシクロメチコンシロキという成分があり、髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにする役割があります。

人体に対して刺激が少なく、安全性も高いため、化粧品などにも使われています。髪をキレイにするための成分がシリコンです

逆に、シリコンの成分が配合されていないシャンプーを「ノンシリコンシャンプー」と言います。

シリコンは人工的な成分ですが、ノンシリコンの場合、自然由来・天然由来の成分が中心に配合されており、地肌の保護や頭皮への負担を最小限にする役割があります。

シリコンにはデメリットがあり、地肌からかゆみやフケが発症するというデメリットがあり、合わないという人のための、天然由来・植物由来の地肌や頭皮にとても優しいシャンプーです。

オーガニックシャンプーについて美容師が教える「オーガニック・ボタニカル・ノンシリコン」それぞれのシャンプーの違い

 

ボタニカルシャンプーの正しい使い方集

ボタニカルシャンプーの正しい使い方集

ボタニカルシャンプーは、軽やか質感とサラッとした洗い上がりが特徴になっています、しかしその反面、髪がきしんでしまったり、指通りが悪くなりがちです。

ボタニカルシャンプーのデメリットを見てみましょう。

ボタニカルシャンプーのデメリット
  1. 泡立ちが悪い
  2. 匂いが残る
  3. 髪がきしむ
ボタニカルシャンプーを使うことでこのようなデメリットが上がってきます。これらは正しいシャンプー法によって解決することができます。

それぞれのデメリットを解決する方法についてお話していきます。

  • 泡立ちを良くする使い方
  • 髪が絡まりにくくする使い方
  • 髪をきしまないようにする使い方
「いち髪」は甘い香りのあるシャンプー|美容師が実際に使ってみてレビューノンシリコン系シャンプーの使い方|頭皮トラブルを抱えている人に美容師が教えるやり方
 きし
その他にもボタニカルシャンプーのレビュー記事や、お役立ち(豆知識)記事もあるので見ていってくださいね。