【シュワルツコフ】美容師おすすめの本当に役立つシャンプーと種類別比較

美容室専売のシャンプーには、さまざまなブランドがあります。やはりブランド別に特徴やこだわりがあり、使う方の目的や好みによって使い分ける必要があります。

とはいえ、「美容師さんに教えてもらった」や「なんとなく良いが良いと思って…」なんて理由で選んでしまうと、髪や頭皮への使用感が悪かったりすることもあります。

  • シュワルツコフのシャンプーの中でどれがいいの?おすすめは?
  • シャンプーってどのくらい種類がある?

こういった疑問にお答えしていきます。サロン専売でもあるメーカー「シュワルツコフ

美容室専売の中でも、シュワルツコフはとくに魅力的な商品がたくさんあります。

その中でもシャンプーは、豊富な種類とクオリティの高いものばかりです。

そこで、当記事では美容師がシュワルツコフのシャンプーをポイント付きでわかりやすくお話します。

「シュワルツコフ」ブランドについて

 きし
まずは、シュワルツコフのシャンプーのラインナップをご紹介していきます。
 つま
シュワルツコフはとくに多い種類を誇っていて、どのシャンプーの種類も品質の高シャンプーばかりです。

シュワルツコフ プロフェッショナルは最も信頼されるパートナーとして、サロンの成功をサポートします。

私たちは夢とビジョンを持ち、それをカタチにしたいと強く願う情熱をもって行動します。

プロフェッショナル パートナーは私たちの企業理念であり、存在の証です。それは、パートナーである美容師と私たちが、ともに成長することを目指す関係であり、美容師と私たちをつなぐ絆です。

その中でも、とくにシャンプーは幅広い種類があって、さまざまな悩みを解決することができるおすすめのサロン専売メーカーの1つです。

本当に役立つ「シュワルツコフ」シャンプーと種類別比較

見て分かるように、9種類のカテゴリーでさまざまな髪の悩みを解決することができるシャンプーです。実際に取扱のしている美容室も多いのがこのシュワルツコフブランドです。

これらの豊富な種類のシュワルツコフシャンプーの中から、おすすめのシャンプーを厳選してご紹介します。

  1. 個人的な主観と判断
  2. 人によって順位は違う
  3. 価格 < 内容

この記事の商材は、ぼくたちが個人的な偏見と独断で選んでいるものとなっています。

シュワルツコフにはたくさんのシャンプーがありますが、単に価格や成分だけで選んでしまうと、あなたの髪に合う成分が配合されていない可能性があり、むしろ逆効果です。

そこで失敗しないシャンプーを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。

基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。とくに上位3つはおすすめのシャンプーです。

この記事では五つ星採点をしております。

こんな感じレビューします
洗浄力
(1.0)
保水力
(2.0)
香り
(3.0)
頭皮改善
(4.0)
使用感
(5.0)
保水力
(1.5)
育毛力
(2.5)
コスパ
(3.5)
おすすめ度
(4.5)

 つま
ロングのくせ毛の私がモデルとなって採点しています。ご参考になればと思います。

1位:カラーセーブ

BCクア カラーセーブ

Schwarzkopf(シュワルツコフ)

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

カラーセーブのレビュー
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.5)
香り
(4.0)
頭皮改善
(1.0)
使用感
(3.5)
保水力
(3.5)
育毛力
(1.0)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

シャンプーの特徴

ヘアカラーの色やツヤが続くというよりも、単純にバランスのとれたアイテムでダメージを補修しするといったアイテム。

乳酸・水酸化Caによる「pHバランサー」と、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・加水分解ケラチン(羊毛)によって「キューティクルを補修する」という2つの効果でヘアカラーを良くするというものですが、実際に使ってみた感じではスペシフィークよりも使ってみた感じでは良い印象があります。

さらに、トリートメントにはエモリエント剤やケラチンなどモリモリ構成されているので、こちらはシャンプーよりもさらに優秀です。

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事シュワルツコフ「BCクア カラーセーブ」を美容師が実際に使ったレビュー記事

2位:カラースペシフィーク

BCクア カラースペシフィーク

Schwarzkopf(シュワルツコフ)

【カラー毛に最適なのか!?】「BCクア カラースペシフィーク」を美容師が実際に使ってみたレビュー記事

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

カラースペシフィークのレビュー
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.0)
香り
(3.5)
頭皮改善
(1.0)
使用感
(3.5)
保水力
(3.5)
育毛力
(1.0)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

シャンプーの特徴

実際のところ、ヘアカラーの色やツヤが続くというのがとても曖昧で選ぶ理由ほどに特化した内容にはなっていないというのが結論。

乳酸・水酸化Caによる「pHバランサー」と、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・加水分解ケラチン(羊毛)によって「キューティクルを補修する」という2つの効果でヘアカラーを良くするというものですが、実際に使ってみた感じでは…何というか…普通。

個人的には、BCクアはヘアカラーの色持ち・ツヤを長続きさせたいと思って使用すると残念な感じになります。

あくまでも「少しでもヘアカラーの色持ちやツヤをよくできたらいい」ぐらいの感じで使用するのなら良いと思います。

成分的には良いものが構成されているものの、実際に長持ちするのかどうかというのは根拠がないで。

【カラー毛に最適なのか!?】「BCクア カラースペシフィーク」を美容師が実際に使ってみたレビュー記事シュワルツコフ「BCクア カラースペシフィーク」を美容師が実際に使ったレビュー記事

3位:フォルムコントロール

BCクア フォルムコントロール

Schwarzkopf(シュワルツコフ)

シュワルツコフの「BCクア フォルムコントロール」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

フォルムコントロールのレビュー
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.5)
香り
(4.0)
頭皮改善
(1.0)
使用感
(3.5)
保質力
(3.5)
育毛力
(1.0)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

シャンプーの特徴

ヘアカラーの色やツヤが続くというよりも、単純にバランスのとれたアイテムでダメージを補修しするといったアイテム。

シャンプーもアミノ酸洗浄成分で、優しめの洗い心地はシリーズ共通。

長期的な使用も、安心できる内容になっています。そういう意味ではカラーをする人にはおすすめできるアイテムになっています。

加えて、くせ毛にも相性が良いということで、まぁまぁわりとしっとりとしてくれるアイテムなので、万能的に使えるアイテム。

とはいえ、それほどくせ毛がまとまるわけでも、カラーの退色を防ぐほどでもない(実際に効果を実感できるほどではない)、おすすめされるポイントを期待していると少し残念に感じるアイテムです。

のわりに、それなりの価格もするので、よくよく考えるべきアイテム。

ヘアカラー用に、3つのラインナップが紹介されているBCクアシリーズですが、どのシリーズにするかというよりも、色々と組み合わせて使うことがおすすめとなります。

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事シュワルツコフ「BCクア カラーセーブ」を美容師が実際に使ったレビュー記事

4位:BCオイルバーバリーフィグ

BCオイル バーバリーフィグ

Schwarzkopf(シュワルツコフ)

「BCオイル バーバリーフィグ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

BCオイル バーバリーフィグのレビュー
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.0)
香り
(1.0)
頭皮改善
(3.0)
使用感
(3.0)
保水力
(3.0)
育毛力
(1.0)
コスパ
(4.0)
おすすめ度
(2.5)

バーバリーフィグも基本ベースはイノセンスとほぼ同じです。

大きな違いとなるのは、「オプンチアフィクスインジカ種子油」で珍しい成分。

オブンチアフィクスインジカ種子油とは?

ゴマ粒ほどの小さな種からコールドプレスで抽出したオイル。角層への浸透が高く、水分保持力に優れているうえ、ビタミンEを含んでいます。

乾燥の激しい肌の保水力を高め、ハリを与え、乾燥サインをやわらげます。

一方でトリートメントは至って普通のトリートメント構成ですが、ケラチンやパンテノールこの価格帯では良さげな印象。

とはいえ、オイルシリーズでは、エイジングケアになるバーバリーフィグですが、他の2アイテムよりもケラチン系が増えたわけでもないし、それほど大きな違いがあるわけでもない。わざわざバーバリーフィグを選ぶ理由はないんじゃないかなと思う内容

「BCオイル バーバリーフィグ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事シュワルツコフ「BCオイル バーバリーフィグ オイルシャンプー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

5位:BCオイルイノセンス

BCオイル イノセンスオイルシャンプー

Schwarzkopf(シュワルツコフ)

「BCオイル イノセンスオイルシャンプー」は市販並のコスパで使いやすい万能品|美容師が使ってみたレビュー

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

BCオイル イノセンスオイルシャンプーのレビュー
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.0)
香り
(2.0)
頭皮改善
(2.0)
使用感
(4.0)
保水力
(3.0)
育毛力
(2.0)
コスパ
(5.0)
おすすめ度
(3.5)

シャンプーの特徴

シャンプーでは、ラウレス硫酸Naで強めの洗浄成分になっていますが、次点にはココアンホジ酢酸2Naが構成されています。ココアンホジ酢酸2Naはベビーシャンプーなどにも構成される成分でかなり低刺激の洗浄成分です。

コカミドプロピルベタインは、ヤシ油脂肪酸とベタインを結合させてつくられる両性界面活性剤です。低刺激で柔軟性があり、洗浄効果とリンス効果を併せ持っているので、リンスインシャンプーに代表されるようなトリートメント効果の高い洗浄製品に配合されます。

「BCオイル イノセンスオイルシャンプー」は市販並のコスパで使いやすい万能品|美容師が使ってみたレビューシュワルツコフ「BCオイルイノセンス 」オイルシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事
 きし
この他のシュワルツコフブランドのシャンプーをレビューしているので見ていってくださいね。