本気でオススメ!シャンプー20選!

「CLAYGE(クレージュ) シャンプー【S】温冷ヘッドスパ さらさらなめらか」を美容師が実際に使ったレビュー記事

6 min
CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】
おすすめシャンプー(市販品
  1. どれを選べばいいか分からない
  2. 髪質と合うものを使いたい
  3. キレイな髪をつくりたい
一緒に相性の良いシャンプーを探そう!

「CLAYGE(クレージュ)」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

CLAYGE(クレージュ)のシャンプー&トリートメントのレビュー

今回紹介する「CLAYGE(クレージュ) シャンプー【S】温冷ヘッドスパ さらさらなめらか」は、自宅でサロン品質のヘッドスパができるヘアケアブランドです。

きし

きし

シャンプーの泡で地肌をじんわりほぐしスッキリと洗い上がる温冷ヘッドスパがポイントでもあり、使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

今回の記事では、美容師の経験を活かしてCLAYGE(クレージュ)のシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。
この記事でわかること

スポンサーリンク
この記事の著者

美容師ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

美容室を経営&現役美容師プレイヤーをしながら、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤のレビューもしています。

実際に「CLAYGE(クレージュ) シャンプー」を使ってみた

クレージュ Sセット

CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

 シリコン オーガニック ボタニカル 炭酸

きし

きし

実際にクレージュのSシリーズを使っていきます。メントールとエキスによって温冷を可能にするというシャンプーです。

実際にクレージュのSシリーズを使っていきます。メントールとエキスによって温冷を可能にするというシャンプーです。

つま

つま

地肌マッサージ&流さず泡パックで温冷ヘッドスパ

しばらく地肌を泡パックすることで、植物由来の温冷成分がハリを与えてやわらげ健やかに

引用元:CLAYGE(クレージュ)公式サイト|クレイと癒しの実感型ヘアエステ
きし

きし

まずは、クレージュについてお話していきます。

クレージュのシャンプーは髪と地肌の両方を癒やしてくれます。

つま

つま

シャンプーの泡が髪と地肌をパックすることで、植物由来の”温冷成分”が地肌をじんわり柔らげ、洗い流す時にスッキリと引き締めます。

クレージュの4つのポイント

  1. ナチュラルクレイ配合
  2. 地肌柔らげ引き締める”温冷成分”配合
  3. アミノ酸系成分✕保湿エキス配合
  4. フレグランス

ナチュラルクレイ配合のシャンプーの泡は、汚れを吸着して髪と地肌にうるおいを保ちながらキレイに洗います。

地肌にやさしいクレイ配合は、地肌汚れを吸着除去してくれてしっかりと洗い上げてくれます。さらに、シャンプーした後すぐに流さずしばらく地肌を“泡パック”してから流すと、より実感できます。

シャンプーの後は、こだわりの補修・保湿成分配合で毛先まで集中補修します。髪にツヤとまとまりを再現してくれます。

関連記事クレージュ クレイディープスパマスクを実際につかったレビュー 記事

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

シンプルが特徴的なシャンプー

CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

まずは、デザインからですが、かなりシンプルで”特徴がないこと”がポイントのようなデザインになっています。

CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

サイズ感は片手でつかめる感じで、フィット感が良い感じ。

CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

素材はプラスチック製になっていて、軽くて持ちやすいですが、すこし安っぽさを感じます。

CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

トリートメントとのボトルの違いが文字とノズルの色が違うくらいなので、見分けが付きづらく使いにくそうな印象。

CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

安っぽさは気になるけど、しっかりと安定はしている感じ。

成分構成について

シャンプー成分

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、BG、ベントナイト、ポリクオタニウム-51、バオバブ種子油、グリチルリチン酸2K、ユビキノン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ケラチン(羊毛)、ブドウ種子エキス、ザクロ果実エキス、ポリクオタニウム-10、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、ショウガ根エキス、シャクヤク根エキス、セージ葉エキス、カンフル、メントール、ティーツリー葉油、ラベンダー油、グレープフルーツ果実エキス、レモングラス葉/茎エキス、ココイルリンゴアミノ酸Na、セラミドNG、エチルへキシルグリセリン、エチドロン酸4Na、リンゴ酸、ラウレス-4、PPG-4セテス-20、DPG、カラメル、グリセリン、エタノール、水添レシチン、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、デキストリン、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

トリートメント成分

水、グリセリン、ステアリルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、ジメチコン、香料、イソプロパノール、加水分解ケラチン(羊毛)、ベントナイト、バオバブ種子油、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ダイズタンパク、加水分解トウモロコシタンパク、ポリクオタニウム-51、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、セラミドNG、ティーツリー葉油、ラベンダー油、ローズヒップ油、ザクロ果実エキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、ショウガ根エキス、シャクヤク根エキス、セージ葉エキス、グレープフルーツ果実エキス、レモングラス葉/茎エキス、ブドウ種子エキス、メントール、ヒドロキシエチルセルロース、グリチルリチン酸2K、ユビキノン、PPG-4セテス-20、DPG、ジココジモニウムクロリド、シクロペンタシロキサン、アモジメチコン、アミノプロピルジメチコン、ステアリン酸PEG-55、ステアルトリモニウムクロリド、カラメル、水添レシチン、ベタイン、PCA-Na、BG、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、カンフル、デキストリン、ナットウガム、トレオニン、プロリン、メチルパラベン、エタノール、フェノキシエタノール

成分も見ていくと、脱脂力の強いオレフィン、弱酸性のコカミドプロピルベタインをベースの洗浄成分で危険性は少し高め

さっぱりした(ひんやりした)使用感とゲル形成力を有しており、多量の水分を吸収して容積を増大する能力があるベントナイト、頭皮の保湿効果のあるグリチルリチン酸、ヒアルロン酸、ケラチン、エキスなど洗浄成分以外は中々優秀で、頭皮ケアに特化しているに内容に。

とはいえ、良い美容成分を台無しする脱脂力の強い洗浄成分だからもったいないの一言

トリートメントに至っては、成分バランスが悪すぎて問題外。

シャンプー同様に、ベントナイトやケラチンの構成、グリチルリチン酸こそないが、さまざまなケラチンなどもあるので優秀なのですが、6つめに香料が構成されていることからこれらの良い成分の量が微量だということが予測することができます

実は、トリートメントの構成順というのは量に比例しています。つまり構成料が多いものほど上にあり少ないものほど下にあります。

さらに、トリートメントでは水(精製水)が80〜90%の割合で残りが界面活性剤、エモリエント剤、エキス、パラベン、香料といった割合で構成されています。その中にある「香料」は普通のシャンプーではかなり下の方に配置されていることがほとんどです。

これは、どのアイテムでも、ある程度共通になっています。

きし

きし

何が言いたいかというと、このトリートメントでは香料がかなり上の方に配置されているということは、香料より下にあるエモリエント剤や油分など量がかなり微量なので、とても良い構成になっているのが台無しの微妙なアイテムだということになります。

と、実際に使ってみたいと分からないので、本題でもある使用感を見ていきます。

香りが強めで中々の使用感

  1. STEP

    香りや印象など

    CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

    シャンプーを出すと、濃厚なシャンプー液で柑橘系の香りがして好印象。

  2. STEP

    シャンプーの泡立ち

    CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

    良い泡立ち加減で、濃厚な泡。

    CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

    フワフワで品質が良い感じ。

  3. STEP

    シャンプーの使用感

    CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

    洗い心地は中々ですが、少し脱脂力が強くて頭皮が突っ張る感じがします。

    洗ってみて感じることは、「香りがしつこい」ということ。最初は良い感じかとも思いましたが、シャンプーしていく内に少しきつくなってきます。

  4. STEP

    トリートメントの使用感

    CLAYGE(クレージュ)のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

    トリートメントも同じく柑橘系の香りで好印象。

    余計なベタつきがなく、使いやすいですが、やはり成分通りに使用感はかなり微妙な感じ。

  5. STEP

    総合まとめ

    全体的にまとめると…

    良かった
    • シンプルで高級感のあるデザイン
    • 男女ともに使える
    • 普通に使える
    残念
    • 成分バランスが悪い
    • 香りは強めで賛否両論
    • 価格が高い

    個人的にはこんな感じに。

結論的には「水準よりも下」のアイテム

POINT

見た目のデザインよりもスペックは少し低い印象のシャンプー。個人的には少し残念。

正直なところ、あまり良いところが見当たらないシャンプー&トリートメント

上のほうでも話したように、脱脂力の強いシャンプーで長期の使用は危険性が高いだけでなく、成分バランスは非常に悪いトリートメント、に加えて成分通りの使用感の微妙さ。

良い成分も含まれていますが、それらを台無しにするバランスの悪さ

一度目の使用ではそれほど悪く感じなくても、何回か使っていくと髪も頭皮もボロボロになっていきそうな感じ。

さらに、柑橘系で良い感じの香りも、しつこさを感じるぐらいに強くて、香りが苦手な人には使いにくさがあるシャンプーです。

きし

きし

個人的には市販シャンプーの中でも高めな価格設定なので、コスパは良いとは言えない内容になっている、と高めの市販シャンプーの中では間違いなくおすすめできないアイテムというのが結論となります。

この価格ならもっとよいシャンプーはたくさんありますので、市販シャンプーをまとめた記事を参考にしてください。

関連記事美容師がおすすめする「市販シャンプー」ランキング【コスパ最強 ドラッグストアのみ】

スポンサーリンク

終わりに…

この記事では、「クレージュ S 温冷ヘッドスパ さらさらなめらか」について書きました。

きし

きし

実際に、クレージュのシャンプー&トリートメントを使ってみましたが、高めの市販シャンプーのわりには、残念な結果となりました。

とくに、ロングヘアやくせ毛には全くおすすめできないので注意が必要になります。

つま

つま

ちょっと期待していただけに残念な結果となりました。

シャンプー&トリートメントを揃えると、二千円代後半となる高めな市販シャンプーになるので、内容を考えるとコスパも悪いですね。

もっと良いシャンプーは他にも、たくさんあるため、わざわざこのシャンプーを選ぶ理由はないかなと。

クレージュを使う前の参考にどうぞ。

最後に100個以上のシャンプーを使用してきたぼく達が、本当に役立つ市販シャンプーをランキングにまとめてみました。

基本的には女性におすすめする(もちろん男性にも使えます)ということで、

  • 実際の使用感(ロングヘアにも可)
  • 保湿力&補修力重視
  • コストパフォーマンス

などのトータルバランスで使いやすいアイテムばかりをご紹介しています、かなり自信のある記事になっているのでシャンプーを探す時の参考にしてください。

こんな感じで以上です。

Amazonでお得に買う方法

もしアマゾン(Amazo)でちょっとでもお得に買い物するなら、アマゾン内で使えるAmazonギフト券のチャージ(購入)をおすすめしています。

現金でチャージするたび、チャージ額に対して最大2.5%分のポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額通常会員Prime会員
5,000〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
90,000円〜2.0%2.5%

Prime会員なら絶対に使うべきです、むしろ使わなきゃ損です。加えて、今なら初回チャージだと1000円分のポイントがもらえるキャンペーンあり!!

きし

きし

Amazonで買い物するなら、このチャージが便利でお得です!

\ 最大21%!驚異の還元率! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

岸 和希

岸 和希

美容師ブロガー

美容師をしながらブログを書いています。美髪に役立つコンテンツを日々更新しています。

FOLLOW

カテゴリー:
スポンサーリンク
関連記事
関連記事