美容師がおすすめのヘアケアセット

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

「color story(カラー ストーリー)」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

color story(カラー ストーリー)のシャンプー&トリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもあるARIMINO。

その中のケアシリーズにある「color story(カラー ストーリー)」というラインナップ。

サロン専売シャンプーでもあるARIMINOのカラーストーリーシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

今回の記事では、美容師の経験を活かしてcolor story(カラー ストーリー)のシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

 

実際に「color story(カラー ストーリー)」のシャンプーを使ってみた

カラーストーリー モイスト

ARIMINO

 

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

 きし
今回の記事では、実際に「カラーストレート モイストシャンプートリートメント」を使用していきます。
 つま
このアイテムはノーマルタイプと、ライトタイプの2種類から選びます。今回は”しっとり”するノーマルタイプをチョイスしました。

カラーストーリーは、アシッドカラー(酸性カラー)の退色を防ぐためのシャンプー&トリートメントとなっているとされています。

酸性カラーとは、「マニキュア」のことです。

関連記事:【ヘアマニキュア】美容師が教える酸性カラーの特徴とメリット・デメリットまとめ

マニキュアは別記事にまとめているので、省きますが酸性カラーは酸性染料を吸着させているだけで、シャンプーやトリートメントのもつコンディショニング成分によって、染料が引き剥がされてしまうことが退色の原因になっていました。

そんな退色を少しでも防ぐために、酸性染料がはがれにくい髪の性質にしてくれるアイテムが「カラーストーリー」です。

絶対に退色をさせないというものではないですが、低pH設定のシャンプーで髪を酸性に保ち、酸性カラーの退色を抑えることができる貴重なアイテムとなります。

ヘアカラー版としては、カラーストーリーアドミオもレビューしているので合わせてご覧ください。

関連記事:「カラーストーリー アドミオ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に購入してみました

 

【アリミノ】姉妹ブランド記事

 

アリミノブランドは幅広いラインナップでヘアケアに特化しているのがポイントです。

 

とくにおすすめはこちらのシャンプー。

関連スプリナージュのレビュー記事

 

その他のアリミノブランドの記事はこちら。

関連ケアトリコ プリヴィのレビュー記事

関連シェルパのレビュー記事

関連カラーストーリーのレビュー記事

関連ケアトリコのレビュー記事

関連ミントのレビュー記事

関連カラーストーリー アドミオのレビュー記事

関連アリミノメンのレビュー記事

 

アリミノの炭酸シャンプーはこちら。

関連オイルクレンジングフォームのレビュー記事

関連ミント スパークリングシャンプー

 

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

カラーストーリーのレビュー①:細身の手に馴染むフォルム

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずは、シャンプーボトルを見ていくと、特徴的なフォルムで、横広で細長いデザイン。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

かと言って、不安定なものではなく、安定感と高級感もあるので好印象です。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

これぐらいのサイズ感なので、片手で持つのもストレスがないです。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

少しシャンプーを出すフタは固めですが、すぐ慣れてくるのかな、というぐらいの感じです。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

本来は、カラーストーリーのコンディショナーがありますが、今回は「iトリートメント」を採用しました。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

デザインも少し違いますが、合わせることは十分可能なチューブ式トリートメント。ライトグリーンが特徴的です。

デザイン容器をトータルすると…

細身で横広のフォルムデザインが特徴となるシャンプーで、サロン専売らしいクオリティになっています。その中でもシンプルなので女性だけでなく男性でも使いやすい。

シャンプー成分

水、ラウレス硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドメチルMEA、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、アルゲエキス、センブリエキス、テオプログランジフロルム種子脂、ポリクオタニウム-10、BG、エタノール、塩化Na、安息香酸Na、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、EDTA-2Na、メチルパラベン、香料

トリートメント成分

水、セタノール、ジメチコン、ホホバ油、セトリモニウムプロリド、コハク酸ジオクチル、テトライソステアリン酸ベンタエリスリチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、Rローズヒップ油、ハチミツ、加水分解ダイズタンパク、ユーカリエキス、アルゲエキス、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ラノリン脂肪酸オクチルドデシル、ジステアリルジモニウムクロリド、クエン酸、クエン酸Na、グリセリン、BG、アモジメチコン、アミノプロピルジメチコン、ラウレス-23、ラウレス-4、エタノール、トコフェロール、イソプロパノール、メチルパラベン、プチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

次に、成分を見ていくと、サロン専売品と思えないような脱脂力が強いだけのシャンプー。

ラウレス硫酸Naとオレフィンと、危険性のある洗浄成分2トップを構成しているため、さすがにアルゲエキスやセンブリエキス、テオプログランジフロルム種子脂などの美容成分は台無しにしているという印象を受けます。

なぜ、このシャンプーはカラー用なのか、それどころか強すぎる脱脂力で逆に退色の原因にもなりえるほどのシャンプーだと感じます。

さらに、酸性にするためにあまりコンディショナー成分を使っていないために、さらに残念な構成になっています。

トリートメントに関しては、シャンプーに比べて幾分か良いですが、それでもこのシャンプーの構成を考えると不安を感じます。

実際に内容を見てみると、安価な構成になっていますので。

と、実際に使ってみたいと分からないので、本題でもある使用感を見ていきます。

カラーストーリーのレビュー②:少し脱脂力が強め

STEP.1
シャンプー

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

シャンプーを出してみると、すこし強めの香り。

ですが、それほど悪くはない印象です。

STEP.2
シャンプーの泡立ち加減

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

シャンプーの泡立ちは悪くはないし、泡の質も普通な感じ。

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

STEP.3
シャンプーの洗い心地

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

シャンプーで実際に洗ってみると、やはり成分通りに、髪や頭皮に対しての使用感は非常に残念なものでした。

やはり、脱脂力が強すぎる。。

頭皮が乾燥しているのが、リアルに感じれるほどです。

STEP.4
トリートメントを使ってみた

ARIMINOの「カラーストーリー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

トリートメント自体は、案外悪くはないですが、シャンプー自体の使用感が悪かったのが残念なところ。

余計なベタつきなどもなかったんですけどね。

STEP.5
まとめ
カラーストーリーのレビュー
洗浄力
(5.0)
保水力
(1.0)
香り
(2.0)
頭皮改善
(1.0)
使用感
(1.0)
補修力
(1.0)
育毛力
(1.0)
コスパ
(1.0)
おすすめ度
(1.0)

こういう感じになります。

このアイテムの良いポイント

  • なし

このアイテムの悪いポイント

  • 脱脂力が強い
  • 使用感も悪い
  • コスパも微妙

カラーストーリーのレビュー③:使いづらさが目立つカラー用のシャンプー

ココがポイント!

ヘアカラー用のシャンプーではあるものの、基本的には使いづらさの方が目立つアイテムになっています。使う時には注意が必要。

なんと言っても、脱脂力が強すぎるの一言に尽きます。

上でも話ましたが、ラウレス硫酸Naとオレフィンと、危険性のある洗浄成分2トップを構成しているため、頭皮が乾燥しているのがリアルに感じれるほどの洗浄力。

さすがに美容成分を多少構成しているぐらいでは、もはや意味をなさない状態に。

これでは酸性状態にもっていくことができたとしても、強すぎる脱脂力のせいで、カラーの退色は逆に早まりそう。

 きし
非常に残念な品質で、これだとサロン専売なのに市販シャンプーにも見劣りするぐらいです。

この内容で、シャンプー&トリートメントで3000円ほどするので、もはや使う意味を探すのが大変です。

少し酷評になりましたが、貴重な「酸性カラーと合わせれるシャンプー」というアプローチができるアイテムだっただけに期待していたので、非常に残念な結果となりました。

カラーストーリーのラインナップ

 きし
カラーストーリーは全部で2タイプあり、しっとりタイプの「モイスト」と軽やかタイプの「ライト」となっています。

その2タイプにコンディショナーを加える、全3ラインナップとなっているシンプルな構成です。

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

この記事では、「カラーストレート モイストシャンプートリートメント」について書きました。

 きし
カラーストーリーを実際に使ってみた印象は、非常に残念な結果となり、個人的にもしこのシャンプーを使う人がいたら全力でストップをかけます。
 つま
あくまでも、私達が実際に使用して、美容師としての知識と経験を活かして判断した個人的主観に基づいての意見なります。

カラーストーリーのアドミオと似たようなレビューになりましたが、結論としは、絶対に使うことはやめたほうがいい脱脂力の強めなシャンプーとなります。

少し酷評にはなりましたが、実際に使用してみた上で、自分たちの知識や経験に基づいてまとめています。

使う前の参考にしてください。

【アリミノ】姉妹ブランド記事

 

アリミノブランドは幅広いラインナップでヘアケアに特化しているのがポイントです。

 

とくにおすすめはこちらのシャンプー。

関連スプリナージュのレビュー記事

 

その他のアリミノブランドの記事はこちら。

関連ケアトリコ プリヴィのレビュー記事

関連シェルパのレビュー記事

関連カラーストーリーのレビュー記事

関連ケアトリコのレビュー記事

関連ミントのレビュー記事

関連カラーストーリー アドミオのレビュー記事

関連アリミノメンのレビュー記事

 

アリミノの炭酸シャンプーはこちら。

関連オイルクレンジングフォームのレビュー記事

関連ミント スパークリングシャンプー

 

 

最後に3つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてあるシャンプー、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてあるシャンプーを紹介しています。さらにその中で今一番おすすめしているシャンプーを3つ目の記事にピックアップしています。

シャンプーを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください