品質の高いサロンシャンプーランキング

【髪の乾燥対策】美容師が教えるヘアケア対策まとめ『8選』【自宅でもできるテクニック】

7 min
おすすめシャンプー(サロン専売
  1. 実際に効果のあるシャンプーを知りたい
  2. とにかくキレイな髪をつくりたい
  3. 美髪つくりを始めたい
一緒に相性の良いシャンプーを探そう!

髪の乾燥が気になっています。 乾燥して髪がパサツイてしまったり、まとまりが悪くて、いつも結んでいて、髪を下ろすことが出来ません…。どうにか乾燥を防ぐ方法はないでしょうか?

こういった悩みにお答えしていきます。

この記事の内容

美容師が教える髪の”乾燥対策”

トリートメントなどもちゃんとしているのに、ドライヤーの後にアホ毛がたくさんでてくる…」や、「昔はもっとキレイだったのに最近髪が乾燥するようになった…」という悩みを抱えている方は少なくありません。

髪が乾燥してパサつきがでてくると、髪のキレイな印象が弱くなり”見た目年齢がグッと上がる”デメリットがあります。

キレイなツヤ髪に憧れる女性は多いですが、なかなか手に入れるのは難しいもの。

そこで今回の記事では、美容師が実際にお客様に教えたり、自分で実践している髪の乾燥対策の極意をお話していきます。

この記事で分かること
  • 乾燥する原因
  • 今日からすぐにできる乾燥対策
  • 髪の保湿に役立つアイテム

髪が乾燥してしまう原因とは?

きし

きし

まずは、”乾燥”してしまう原因について見ていきましょう。

なぜ髪が乾燥してしまうのかを理解することが、対策をする「一番の近道」になります。

つま

つま

まずは、なぜ乾燥してしまうのか?というと、髪の”水分不足”と”ヘアダメージ”が大きな原因となります。

髪のほとんどは”たんぱく質”で構成されており、

  • メデュラ(髪の芯)
  • コルテックス(髪の水分保持能力)
  • キューティクル(髪を覆う皮)

の3つの構成で成り立っています。

分かりやすくお話すると、メデュラの周りに、コルテックスが覆っていて水分をこぼれないようにしていて、その上からキューティクルが張り付いている、というような考えた方になります

一部図解にしています。
コルテックスが中心の周りにあり、水分をこぼさないようにしていますが、ヘアダメージによって機能が低下すると、水分不足になります。 結果として、髪の周りにあるキューティクルという皮のようなものが、吸着してくれずに、”アホ毛”のようなパサツキになってしまいます。

つまり、髪のダメージによって、水分が髪に吸着しににくなり水分不足が生じることによって、”髪全体の乾燥”しやすくなります。

日本人の髪はダメージを受けやすく乾燥しやすい

洗い流さないトリートメント
きし

きし

これは欧米人との比較しているグラフです。

日本人は欧米人に比べ、コレステロール値が半分以下にまでなっています。この”コレステロール”というのは、「髪を守ってくれる数値」と言ってもよいものです。

このコレステロールが低いために、日本人の髪はダメージを受けやすくて、乾燥しやすいと言えるのです

さらに具体的なヘアダメージの原因をまとめると…

ヘアダメージの8つの原因

  • シャンプーのしすぎ
  • ドライヤーのしすぎ
  • ヘアカラー・パーマ・ストレートのしすぎ
  • 摩擦ダメージ
  • 紫外線ダメージ
  • 暖房・冷房などの空調による乾燥
  • 偏った栄養の摂取・栄養不足
  • 女性ホルモンの低下

こういう感じになります。これらがダメージ、「乾燥の原因」といっても良いでしょう。

これに加えて、冬の気候の変化・湿度の低下によって、水分不足になり、広がりやパサツキ・アホ毛に繋がってしまうのです。

自宅でもすぐにできる髪の「乾燥対策」

きし

きし

乾燥をなくす対策方法はいくつかあります、すぐできることもあるのでできることから実践していきましょう。

美容師としては以下の4つのカテゴリーの対策をご紹介していきます。

つま

つま

乾燥から防ぐためには、今乾燥している髪のる”ヘアケア”と、体内からケアしてキレイな髪をつくる”フィジカルケア”の2種類が効果的だと考えています。

美容健康を気にしている方なら、この2つの重要さが理解できると思います。

それぞれに効果的となる乾燥対策をまとめてみました。

乾燥対策八ヶ条

  • シャンプーを見直す
  • 頭皮ケアもする
  • ヘアマスク・パックでスペシャルケア
  • ヘアオイル・ミルクで保湿する
  • タオルドライをしっかりする
  • 髪を乾かす
  • ヘアワックス・スプレーでスタイリングする
  • 髪に良い栄養を摂取する

順番に見ていきましょう。

髪の乾燥対策①:シャンプーを見直す

きし

きし

毎日するシャンプーを見直すことから始めましょう。実は洗浄力が強いものになると、刺激が強くなり乾燥の原因にもなります。

シャンプーなんか適当なものでしてればいいんじゃないの?

と、あなどってはいけません。毎日するシャンプーは1日1回であったとしても、365日で365回もシャンプーをします。

そんな毎日するシャンプーが髪に合っていないと、髪に大きな負担となります

  • アミノ酸シャンプー
  • ボタニカルシャンプー
  • サロン専売品

などを選ぶようにするのがおすすめです。

おすすめヘアケアシャンプー

ラサーナ プレミオール

【ラサーナ プレミオール】美容師がおすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

シリコンシャンプー

使いやすさ: ★★★★★

使用感  : ★★★★☆

コスパ  : ★★★★★

一言でいうと

まずオススメするならこの一品!

このプレミオールは水を一切加えずに美髪成分のみで構成しているシャンプー&トリートメントです、 髪の水分不足を改善しくせ毛・ダメージ毛を軽減する事が出来ます。

「髪や地肌をいつまでも美しくしていたい」そういう人におすすめのシャンプーです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: images_prouduct_1782-2.jpg

このサイズをたった2000円で、しかもシャンプー+トリートメント+洗い流さないトリートメントの21日間分が試せるので、まだプレミオールをまだ使ったことのない人はこれだけでも使う価値あります!

これが正直、破格すぎます。

つま

つま

私の髪はとにかくまとまりにくいのが悩みですが、プレミオールは使い心地から仕上がりまでとても良いシャンプーなんです!

目次に戻る

髪の乾燥対策②:頭皮ケアもする

きし

きし

頭皮ケアをしてあげることが、乾燥にも負けない髪をつくることにも繋がります。頭皮ケアでは炭酸シャンプーがおすすめです。

そもそも髪を作っている身体の部位は”頭皮”です。その頭皮のケアをしていないと、乾燥のしやすい弱い髪になることもあります。

さらに、ボリュームが出しづらくなる髪の要因を詳しくお話します。

乾燥にも負けない髪をつくるために頭皮ケアが必要になる

髪のボリュームには、頭皮の状態が大きく影響を受けています。

要因① 年齢に伴うヒアルロン酸の減少

地肌のうるおい、やわらかさと厚みに大きく関係するヒアルロン酸の量は、年齢とともに減少し始めます。

加齢やストレスによる前頭筋、側頭筋、後頭筋の萎縮。 頭の前頭筋、側頭筋、後頭筋は加齢やストレスによって収縮します。これらの筋肉の収縮により帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)が引き伸ばされ、薄くなり、固く動きにくくなります。

MEMO

地肌の厚み低下による毛細血管の萎縮。 年齢とともに地肌の厚みが低下し、毛細血管が萎縮。その結果、血流がわるくなり、髪の栄養不足になります。

要因② 女性ホルモン量の低下に伴う血管細胞増殖遺伝子「VEGF-A」の減少

(イメージ図)

年齢と共にエストロゲンが減少します。すると毛包周囲に毛細血管を太く張り巡らせる働きのある遺伝子「VEGF-A」の量が減少します。

MEMO

「VEGF-A」の量が減少すると、毛包周囲の毛細血管が萎縮し、髪の成長に必要な栄養の不足に繋がります。

これらが原因となり、細毛や猫毛になり、髪が弱く乾燥のしやすい髪にもなります。

予防改善するためには”頭皮ケア”が必要となります。

おすすめの頭皮ケア用炭酸シャンプー

AXI スパークリングスパシャンプー

【炭酸シャンプー】クオレの「AXI スパークリングスパシャンプー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

AXIスパークリングスパシャンプーの特徴は、頭皮の汚れや髪に付着した汚れをきれいに取り除くシャンプーです。

さらに、高濃度炭酸で頭皮や髪に付着した汚れを取り除いてくれるだけでなく指通りの良い状態になります。

シリコン オーガニック ボタニカル 炭酸

関連記事【炭酸シャンプー】クオレの「AXI スパークリングスパシャンプー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使ってみると、非常に優秀な炭酸シャンプーだったことに驚きます。

マイルドな洗浄成分ですが「程よい洗浄感」はあるため女性だけでなく男性にも使用できます。

さらに、頭皮トラブル(保湿・防臭効果)を解消・ヘアケア(髪を保湿・補修)する効果など万能過ぎます。

とはいえ、これだけ揃うと価格も高めを予想しそうですが、良い意味で裏切ってくれる価格帯。まさに非の打ち所のない炭酸シャンプーでした。

私も使ってみましたが、ロングヘアでくせ毛のまとまりにくい髪もキレイにしてくれるため毎日でも使いたくなる内容でした。

つま

つま

個人的には、サロン専売の中でもトップクラスの品質の炭酸シャンプーでした。しかもこの価格帯ならば普通に毎日でも使うこともできるため、アシスト系アイテムじゃなく毎日でも使いたいものでした。

目次に戻る

髪の乾燥対策③:ヘアマスク・パックでスペシャルケア

きし

きし

スペシャルケアで髪を保湿してあげることも忘れずにしておくことで、乾燥から髪を守ってくれます。

ヘアマスク・ヘアパック・ヘアトリートメントについては、それほど大きな違いはなく、目的が同じアイテムです。

  1. ヘアパックは補修効果・栄養補給がある
  2. ヘアマスクは補修効果・潤い効果がある
  3. ヘアトリートメントは補修効果・栄養効果・潤い効果・栄養補給がある

つまり、3つとも名称こそ違いますが、ダメージ補修・栄養補給・保護などを目的にしたスペシャルケア用のアイテムのことです。

シャンプーなどのように、ノンシリコンやオーガニック・ボタニカルなどはなくて、基本的にはシリコンのしっとりタイプのみです。

髪の乾燥対策④:ヘアオイル・ミルクをつける

きし

きし

髪に直接栄養を入れてあげるのが、ヘアトリートメントです。洗い流さないトリートメントはシンプルに効果が高いです。

乾燥を減らすために髪の耐性を上げたり、すでに乾燥している部分に多めにつけたりすることができます。

さらに、髪には色々な外的要因から守る必要性というものがあります。

ダメージの種類
  • 紫外線のダメージ
  • 熱のダメージ
  • 摩擦のダメージ
  • カラーのダメージ
  • パーマのダメージ

これらのダメージから直接守ることができるのも洗い流さないトリートメントの役割となります。

おすすめの洗い流さないトリートメント

スプリナージュ スパスージングオイル

【洗い流さないトリートメント】アリミノ「スプリナージュ」のスパスージングオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

「スプリナージュ」は、肌にも使えるスキンケア発想が原点になるヘアオイル(スキン)です。

フェイスケアにしか使いたくないような贅沢な美容成分を組み合わせ、香りや心地よさ、仕上がりの満足感を追求しています。

  • ”肌髪成分”をたっぷり配合
  • 潤いをキープする”モイストシュリンク処方”
  • 心地よさが続くクリアなエッセンシャルオイルの香り

オイル ミスト ミルク 

関連記事アリミノ「スプリナージュ」のスパスージングオイルを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に使用してみた感じでは、かなり好印象のヘアオイルです、トリートメントとしても品質が高く、水分量が多すぎないためベタベタすることもないため、細毛や猫っ毛などの方でも安心して使うことができます

ヘアオイルとしても、トリートメントとしても、使用感が非常に高いため、女性だけでなく男性でも問題なく使用することができます。

肝心のスポイト型の特殊なボトルは、とっつきにくいものがあるものの案外使いやすかったので、慣れの問題かと。

さらに、肌にも使ってみたところ、スキンケアとして効果も非常に高く、保湿力も高いです。

価格帯が3000円代と高めに感じますが、スキンケアもできると考えるとコスパ性は良いかなというのが個人的な感想です。

個人的には、かなり品質の高いヘアオイル(スキンオイル)なので、女性だけでなく男性でも使えることができる万能アイテムです。サロン専売のトリートメントの中でもトップクラスの品質なので、ぜひ一度は試してみてほしいトリートメントです。

つま

つま

とはいえバランス重視なのか、くせ毛や、まとまりづらい髪質の方には物足りないかなというのは仕方ないのかもしれません。

気になるポイントこそあるものの、それでも万能性のあるヘアオイルなのでかなりおすすめできます。

きし

きし

スプリナージュでは、「パフスムース」と「ジェントルモイスト」の二種類のシャンプータイプに加えて、スパスージングオイルの3種類から選びます。

サロンケアとして大きめのサイズはありますが、基本的なホームケアとしてはワンサイズのみになるようです。

髪の乾燥対策⑤:タオルドライをしっかりする

きし

きし

シャンプーを終わり、お風呂から出たら、優しく、しっかりと髪の水分をタオルで吸収してあげましょう。

できるだけドライヤーを髪にする時間を減らすためにも、タオルドライ(タオルで乾かす)を入念にしていあげるのもポイントになります。

タオルドライでは、頭皮や髪をこすらないように注意をしましょう。

MEMO
  1. 頭皮→髪の順番に下に下ろすようにしてふくと効率が良い
  2. こするよりも握るような感じで水分をタオルに含ませる

髪の乾燥対策⑥:髪を乾かす

きし

きし

髪を乾かす=乾燥になるから、乾かさない方がいいという人もいますが、乾かさないとキレイな髪はつくれません。

髪のまとまりは、髪を乾かすことでつくれます。逆を言えば”乾かさない”といくらキレイな髪でもキレイに見えなかったりもします。

できるだけ乾かす習慣をつけましょう。

髪の乾燥対策⑦:ヘアワックス・スプレーでスタイリングする

きし

きし

ワックスやスプレーをすることで乾燥から髪を守る+キレイに見せるに繋がります。

ヘアワックスやスプレーで抑えるという手段もあります。

表面にでてくるアホ毛を、ソフトワックスで抑えることでツヤもでるのでおすすめです。

髪の乾燥対策⑧:髪に良い栄養を摂取する

きし

きし

健康な髪をつくるためには、髪の成長にとって必要な”栄養素”を直接摂取する必要があります

髪にとって良い栄養素というのは具体的には、ビタミンやミネラルそして髪の構成成分であるたんぱく質です。

逆には過剰な糖分や脂肪分は、頭皮の血行を悪化させ皮脂の過剰分泌を引き起こすこともあります

野菜や果物が少なくカロリーの高い偏った食事を続けていると不健康になり、抜け毛の原因になることもあるので注意が必要となります。

MEMO
  1. 海藻類
  2. 亜鉛
  3. ビタミンA
  4. ビタミンB
  5. カルシウム
  6. たんぱく質
  7. フルーツ

栄養は食物からカラダを通り、髪に行き渡ります。できるだけ髪に良い物を摂取する工夫をしましょう。

終わりに

きし

きし

ここにあることを全て実践できなくても、できることから始めると効果があるので実践してみてくださいね。

髪の乾燥は、冬だけでなく実は1年に渡ってあるものです。

その中でもとくに冬の湿度が下がる気候に合わせて増えてきます。その時にキレイでまとまりのある髪を保つことができると、あなたの印象はグッと変わることでしょう。

とくに年齢を重ねれば重ねるほどに、髪の耐久度も下がっていくので、早めの習慣化によって大きな影響があるので、ぜひ試してみてくださいね。

こんな感じで以上です。

ご参考になれば幸いです。

岸 和希

岸 和希

美容師ブロガー

美容師をしています。得意なのはカット、カラー、パーマヘアケアです。髪に役立つコンテンツを日々更新しています。

FOLLOW

カテゴリー:
良い「シャンプー」を探しているなら…
関連記事