おすすすめのシャンプーランキング 詳しくはこちら

フローディア ダメージケアシリーズのシャンプーはどれがいい?全4種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

ダメージヘアを効果的にケアするための美容技術は、常に進化を遂げている領域の一つです。FLOWDIA(フローディア)のシャンプーが注目されるのかと言えば、それはダメージを受けた髪の内部構造に介入し、修復を促す高度なテクノロジーに秘密があります。

FLOWDIA(フローディア)はメラニンラックと呼ばれる毛髪内部の微細な空洞に着目し、これを埋め尽くす補修成分を豊富に含んでいます。補修成分が毛髪の内側に深く浸透することで、髪を根本から強化し、健やかな状態へと導くのです。

シャンプーのバリエーションには、「ディープモイスト」や「グランメロウ」、「スリークモイスト」といった異なる特性を備えた製品があります。

FLOWDIA(フローディア)はこの点においても独自のアプローチを提供し、頭皮に優しい成分を用いて洗浄します。発見されたダメージに対してだけでなく、頭皮の健康を保つことで、トラブルを未然に防ぐことが出来るのです。

今回の記事では、 FLOWDIA(フローディア)ダメージケアシリーズのシャンプーのどれを選ぶべきか良い・悪い口コミや評判を検証しつつ、全シリーズの特徴や比較をまとめました。

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

FLOWDIA(フローディア)ダメージケアシリーズのシャンプー全種類の特徴

独自の補修成分や保湿成分を配合しており、様々な髪の悩みやタイプに合わせて複数の種類がラインナップされています。

ダメージケアシリーズのシャンプーは、毛髪のダメージを補修しながら豊かなうるおいを提供します。

FLOWDIA(フローディア) シャンプー 種類には「ディープモイスト」や「スリークモイスト」、「グランメロウ」などがあり、それぞれに特徴があります。

さらに、FLOWDIA(フローディア)のシャンプーを一層効果的に機能させるためには、トリートメントの役割が非常に重要です。

シャンプーで補給された栄養成分を髪の外に逃がさず、長時間保持するのがトリートメントの使命です。"4step"や"髪質改善トリートメント"などの製品を通じて、多角的に髪の健康を追求することが可能です。

メラニンラックを毛髪補修成分で満たす

メラニンラックとは、毛髪内部の構造上の空洞を指し、これが多いほど髪はダメージを受けています。

FLOWDIA(フローディア)のシャンプーは、補修成分を毛髪内部に浸透させ、メラニンラックを効果的に補填することで、ダメージを受けた髪を内部から回復させます。FLOWDIA(フローディア)トリートメントの効果もこのメカニズムを利用し、髪質改善に貢献します。

髪が痛むという悩みに対しても、FLOWDIA(フローディア)トリートメントと美容院での施術との併用により、さらなる修復効果が期待できます。

こだわりの頭皮保護成分

頭皮環境の改善は、美しい髪への第一歩。FLOWDIA(フローディア)のシャンプーでは、こだわりの保護成分を配合し、頭皮を穏やかに洗い上げます。

「ディープモイスト」や「スリークライト」などでは、頭皮への刺激を抑えつつ、必要な皮脂は残し保護しながら洗い上げる配慮がされています。

シャンプーで補給した毛髪補修成分を閉じ込める

FLOWDIA(フローディア)のシャンプーで補給された毛髪補修成分を髪に留めるためには、その後のケアが重要です。

FLOWDIA(フローディア)トリートメントを使用することで、シャンプー時に補給された成分を髪に閉じ込め、効果の維持を図ることができます。

トリートメントは4stepや髪質改善 トリートメントといった、さまざまな仕様があり、効果の持続期間も違ってきます。

FLOWDIA(フローディア)ダメージケアシャンプーシリーズ
  • FLOWDIA(フローディア)ダメージケアディープモイスト
  • FLOWDIA(フローディア)ダメージケアスリークモイスト
  • FLOWDIA(フローディア)ダメージケアスリークライト
  • FLOWDIA(フローディア)ダメージケアスプリングリフト

FLOWDIA(フローディア)ダメージケアディープモイストの特徴

全成分を見る

シャンプー

  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルサルコシンNa
  • ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • 加水分解ケラチン(カシミヤヤギ)
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • タマリンドガム
  • 加水分解卵殻膜
  • 加水分解コラーゲン
  • ハチミツ
  • クララ根エキス
  • チャ葉エキス
  • グルコシルヘスペリジン
  • リンゴ酸
  • グリセリン
  • DPG
  • BG
  • ポリクオタニウム-10
  • ポリクオタニウム-65
  • レシチン
  • コカミドMEA
  • ジステアリン酸PEG-150
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • キサンタンガム
  • エタノール
  • 塩化Na
  • ピロクトンオラミン
  • EDTA-2Na
  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン
  • 香料

トリートメント

  • ジメチコン
  • セテアリルアルコール
  • グリセリン
  • ベヘントリモニウムクロリド
  • セタノール
  • アボカド油
  • パルミチン酸イソプロピル
  • アモジメチコン
  • カルボキシメチルシステインリシン
  • リシンHCl
  • アルギン酸Na
  • ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)
  • セラミドNG
  • アルガニアスピノサ核油
  • ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
  • セリン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • アラニン
  • リシン
  • アルギニン
  • トレオニン
  • プロリン
  • ソルビトール
  • ベタイン
  • PCA-Na
  • シア脂
  • 乳酸
  • ワセリン
  • DPG
  • BG
  • ポリクオタニウム-64
  • PPG-4セテス-20
  • イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート
  • クオタニウム-33
  • ベヘントリモニウムメトサルフェート
  • イソプロパノール
  • アミノプロピルジメチコン
  • EDTA-2Na
  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン
  • 香料

ダメージによる乾燥、太髪、硬毛の髪に

ディープモイストは特に乾燥によるダメージを受けやすい太髪や硬毛の髪質に適しています。

深い保湿効果により、髪に柔軟性とツヤを与え、扱いやすい状態へと導きます。

しっとりとうるおいのある艶髪へ

このシャンプーは、高濃度の保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンを配合し、しっとりと豊かなうるおいを髪に提供します。

使用感に満足するはずです。

華やかな3種のローズ、可憐なスズラン、魅惑的なマグノリアの香りを調和させたフローラルブーケの香り

ディープモイストは、その香りにもこだわりが感じられます。

3種類のローズを中心にスズランやマグノリアといった花々の香りがブレンドされ、フローラルブーケのような上品で華やかな香りを楽しめます。

FLOWDIA(フローディア)ダメージケアスリークモイストの特徴

全成分を見る

シャンプー

  • ココイルメチルタウリンNa
  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
  • ラウレス-4カルボン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • 加水分解ケラチン(羊毛)
  • ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)
  • ヒアルロン酸Na
  • 加水分解ケラチン(カシミヤヤギ)
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • タマリンドガム
  • 加水分解卵殻膜
  • 加水分解コラーゲン
  • ハチミツ
  • クララ根エキス
  • チャ葉エキス
  • グルコシルヘスペリジン
  • リンゴ酸
  • グリセリン
  • DPG
  • BG
  • ポリクオタニウム-10
  • レシチン
  • アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl
  • コカミドMEA
  • ジステアリン酸PEG-150
  • セテアレス-60ミリスチルグリコール
  • デシルグルコシド
  • キサンタンガム
  • エタノール
  • 塩化Na
  • ピロクトンオラミン
  • EDTA-2Na
  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン
  • 香料

トリートメント

  • グリセリン
  • ジメチコン
  • セテアリルアルコール
  • ベヘントリモニウムクロリド
  • アボカド油
  • パルミチン酸イソプロピル
  • カルボキシメチルシステインリシン
  • リシンHCl
  • アルギン酸Na
  • ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)
  • セラミドNG
  • アルガニアスピノサ核油
  • ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
  • セリン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • アラニン
  • リシン
  • アルギニン
  • トレオニン
  • プロリン
  • ヒアルロン酸Na
  • ソルビトール
  • ベタイン
  • PCA-Na
  • 乳酸
  • ジリノール酸ジイソプロピル
  • コハク酸ジエチルヘキシル
  • DPG
  • アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl
  • PPG-4セテス-20
  • ステアリルアルコール
  • セタノール
  • ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド
  • ジアルキル(C12-18)ジモニウムクロリド
  • イソプロパノール
  • エタノール
  • アモジメチコン
  • EDTA-2Na
  • メチルパラベン
  • 香料

硬毛、ダメージでかたくなった髪に

スリークモイストは特に硬毛やダメージによって硬くなった髪質をターゲットとしています。

髪をやわらかくして手触りを良くし、スムーズな指通りを可能にします。

やわらかくなめらかな髪へ

このシャンプーは、柔軟性を高める成分としてシルクプロテインやアミノ酸を配合しており、硬毛をやわらかくし、髪の表面をなめらかに整えます。

効果に満足する声が多く聞かれます。

華やかな3種のローズ、可憐なスズラン、魅惑的なマグノリアの香りを調和させたフローラルブーケの香り

スリークモイストにもFLOWDIA(フローディア)のシャンプー共通の香りのコンセプトが用いられています。

心地よい香りはシャンプーのリラックスタイムを彩り、上質なバスタイムを演出します。

FLOWDIA(フローディア)ダメージケアスリークライトの特徴

全成分を見る

シャンプー

  • ココイルメチルタウリンNa
  • ラウロイルサルコシンNa
  • コカミドプロピルベタイン
  • ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
  • ラウリルベタイン
  • 加水分解ケラチン(羊毛)
  • ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)
  • 加水分解シルク
  • 加水分解ケラチン(カシミヤヤギ)
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • タマリンドガム
  • 加水分解卵殻膜
  • 加水分解コラーゲン
  • ハチミツ
  • クララ根エキス
  • チャ葉エキス
  • グルコシルヘスペリジン
  • リンゴ酸
  • クエン酸、
  • グリセリン
  • DPG
  • BG
  • ポリクオタニウム-10
  • レシチン
  • コカミドMEA
  • ジステアリン酸PEG-150
  • ラウラミノプロピオン酸Na
  • キサンタンガム
  • エタノール
  • 塩化Na
  • EDTA-2Na
  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン
  • 香料

トリートメント

  • セタノール
  • ステアルトリモニウムクロリド
  • ジメチコン
  • イソプロパノール
  • トリイソステアリン
  • カルボキシメチルシステインリシン
  • リシンHCl
  • アルギン酸Na
  • ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)
  • セラミドNG
  • アルガニアスピノサ核油
  • ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
  • セリン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • アラニン
  • アルギニン
  • リシン
  • トレオニン
  • プロリン
  • ソルビトール
  • ベタイン
  • PCA-Na
  • リンゴ酸
  • アーモンド油
  • DPG
  • PPG-4セテス-20
  • イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート
  • ベヘントリモニウムメトサルフェート
  • アモジメチコン
  • EDTA-2Na
  • 香料

細毛、軟毛、絡まる髪に

スリークライトは、特に細い髪や柔らかくてコシのない髪、容易に絡んでしまう髪質の悩みを解決するために開発された製品です。

独自の技術により、髪の一本一本に栄養を行き渡らせ、毛先まで均一な質感に整えます。

絡まりにくく、まとまりのある髪へと導きます。

サラサラでなめらかな艶髪へ

スリークライトを使用することで、髪の表面のキューティクルを整え、さらさらとした指通りになります。また、髪に深みのある艶を与えることで、健康的でなめらかな美髪へと導きます。

これにより、日常のスタイリングがより楽になり、髪型を美しく保つことができます。

華やかな3種のローズ、可憐なスズラン、魅惑的なマグノリアの香りを調和させたフローラルブーケの香り

スリークライトシリーズは、フローラルブーケの香りを基調にしています。

三種類のローズエッセンスとスズラン、マグノリアを調和させた豊かな香りは、使用する度に心地よいバスタイムを演出します。香りにもこだわりを感じさせる製品です。

FLOWDIA(フローディア)ダメージケアスプリングリフトの特徴

全成分を見る

シャンプー

  • ラウロイルサルコシンNa
  • デシルグルコシド
  • ココアンホ酢酸Na
  • ラウリルベタイン
  • ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
  • 加水分解ケラチン(羊毛)
  • キトサンサクシナミド
  • 加水分解ケラチン(カシミヤヤギ)
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • タマリンドガム
  • 加水分解卵殻膜
  • 加水分解コラーゲン
  • ハチミツ
  • クララ根エキス
  • チャ葉エキス
  • グルコシルヘスペリジン
  • リンゴ酸
  • グリセリン
  • DPG
  • BG
  • ポリクオタニウム-10
  • ポリクオタニウム-7
  • レシチン
  • セテアレス-60ミリスチルグリコール
  • ステアリン酸ポリグリセリル-10
  • キサンタンガム
  • エタノール
  • 塩化Na
  • EDTA-2Na
  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン
  • 香料

トリートメント

  • セタノール
  • グリセリン
  • ステアラミドプロピルジメチルアミン
  • BG
  • ハチミツ
  • ヒマワリ種子油
  • グリコシルトレハロース
  • PPG-3カプリリルエーテル
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
  • カルボキシメチルシステインリシン
  • リシンHCl
  • アルギン酸Na
  • ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)
  • セラミドNG
  • アルガニアスピノサ核油
  • ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
  • ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)
  • セリン
  • グリシン
  • グルタミン酸
  • アラニン
  • リシン
  • アルギニン
  • トレオニン
  • プロリン
  • ヒアルロン酸Na
  • ソルビトール
  • ベタイン
  • PCA-Na
  • 加水分解水添デンプン
  • コハク酸
  • シア脂
  • マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
  • ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2
  • DPG
  • ステアリン酸グリセリル(SE)
  • PPG-4セテス-20
  • ベヘニルアルコール
  • EDTA-2Na
  • メチルパラベン
  • 香料

細毛、軟毛、ボリュームが出にくい髪に

スプリングリフトは、細い毛髪や柔らかい髪質でボリュームを出すことが困難な方におすすめのシリーズです。

髪の根元を持ち上げる成分が髪に弾力を与え、ふんわりとしたボリューム感を生み出します。

スタイリングがしやすくなり、ヘアスタイルが一日中持続するようサポートします。

ふんわりと弾力のある艶髪へ

髪にハリとコシを与えながら、ケア成分が毛髪を内部から補修し、サラリとした手触りに。艶やかで健康的な髪へと導きます。

スプリングリフトシリーズを使えば、触れたくなるような柔らかさと、見た目にも美しいボリューム感ある髪を実感できます。

華やかな3種のローズ、可憐なスズラン、魅惑的なマグノリアの香りを調和させたフローラルブーケの香り

スプリングリフトでも、スリークライトと同様の香りを採用しています。

髪のケアをしながら心を癒すフローラルブーケの香りは、ヘアケアの時間を一層特別なものに変えてくれます。

やわらかな香りがするので多くの方に人気です。

目次に戻る

FLOWDIA(フローディア)ダメージケア シリーズのシャンプーの口コミ・評判まとめ

良い口コミ・評判まとめ
  • 髪のパサつきが減り指通りが滑らかに
  • 髪に潤いを与えてくれる
  • 毎日のスタイリングが楽になる
悪い口コミ・評判まとめ
  • 価格が少し高い
  • 髪には合わなかった
  • 続けるには手間がかかる

ダメージヘアの悩みを抱える消費者から注目されているダメージケアシリーズのシャンプーです。

様々なブランドから発売されており、その使用感や効果について多くの声が寄せられています。

今回は特に話題のFLOWDIA(フローディア) シリーズのシャンプーを中心に、良い口コミと悪い口コミの両方を集め、実際の評判を探っていきます。

FLOWDIA(フローディア)ダメージケア シリーズのシャンプーの良い口コミ・評判まとめ

  1. 「フローディア シャンプーを使い始めてから、髪のパサつきが減り、指通りが滑らかになります。特にディープモイストがお気に入りです。」
  2. 「友人に勧められてフローディアのスリークモイストを購入します。乾燥しがちな私の髪に潤いを与えてくれて、つややかさが戻ってきます。」
  3. 「美容院で使われていたフローディアトリートメントを自宅でも継続しているのですごく助かっています。髪質が改善され、毎日のスタイリングが楽になります。」

FLOWDIA(フローディア)ダメージケア シリーズのシャンプーの悪い口コミ・評判まとめ

  1. 「フローディア シャンプーは香りは良いのですが、価格が少し高い気がします。効果は人によるので、合わない場合はコストパフォーマンスが悪いかもです。」
  2. 「デミ フローディアを使いましたが、私の髪には合わなかったようです。期待していたようなサラサラ感は得られます。」
  3. 「フローディアトリートメントの美容院での効果は素晴らしいのですが、自分で同じことを再現するのは難しいです。続けるにはちょっと手間がかかります。」
目次に戻る

美容師が教える! FLOWDIA(フローディア)ダメージケア シリーズのシャンプーの失敗しない選び方

FLOWDIA(フローディア)のシャンプーは、様々なヘアトラブルにマッチする種類がラインナップされています。

髪質やダメージレベル、さらには使用感を重視することで、理想のアイテムを選定することが可能になります。

こちらのコンテンツでは、髪質別、成分別、そして香りでの選び方をご紹介します。

まずは髪の状態を知る

シャンプーを選ぶ前に、まずは自分の髪の状態を知ることが大切です。

髪が乾燥しているのか、脂性なのか、またはダメージがあるのかなど、自分の髪の状態を把握することで、自分に合ったシャンプーを選ぶことができます。

例えば、乾燥してパサついている髪には、潤いを与える成分が豊富なシャンプーがおすすめです。

軟毛・ボリュームアップなら「スリークライト、スプリングリフト」

軟毛やペタンコヘアで悩む方には、「スリークライト」や「スプリングリフト」がおすすめです。これらは軽やかなテクスチャーで、髪を根元から持ち上げボリュームアップを図る効果が期待できます。

ボリュームが欲しい人にぴったりです。

公式サイトや通販で手に入れやすく、選び方を覚えることで、自分にピッタリのアイテムを見つけることが可能です。

しっとり・ボリュームダウンなら「ディープモイスト」

乾燥が気になる髪や、扱いにくいフリッジには「ディープモイスト」が適しています。

こちらのシャンプーは髪に潤いを与え、つややかな仕上がりを実現します。

FLOWDIA(フローディア)トリートメント 種類の中でも「ディープモイスト」は、特に乾燥しやすい髪質に対応するために設計されています。

バランス型・迷ったら「スリークモイスト」

髪の状態に特に悩みがない方や、まんべんなくケアを行いたい方には「スリークモイスト」が適しています。

保湿とボリュームコントロールをバランス良く行い、日常使いに適していることが多いのです。

FLOWDIA(フローディア)トリートメントの美容院での効果を自宅でも得たいならば、日々のケアに欠かせないこのシャンプーを選んでみることをおすすめします。

シャンプーの成分の内容について

次に、シャンプーの成分をチェックします。

これにより、髪に優しく、効果的に働きかけることができます。

特に、髪が乾燥してパサついてしまったり、髪がダメージを受けてしまったりした人にはおすすめです。

このように、シャンプーの成分を理解することで、自分の髪に必要なケアを提供できるシャンプーを選ぶことができます。

パーマなら「スプリングリフト」

パーマをかけた髪は、適切なケアを行うことでその美しいカールを保ちます。

FLOWDIA(フローディア)の「スプリングリフト」はパーマヘアに適した成分が配合されており、弾力あるウェーブを長く楽しむことができます。

向いてる人として、パーマヘアを活かしたい方が該当しますので、この点を意識して選ぶと良いです。

ヘアカラーなら「スリークモイスト」

ヘアカラー後の髪は、色持ちを良くし、さらに質感を守るためのケアが求められます。

「スリークモイスト」では、色褪せを防ぎつつ、柔らかな手触りを維持する効果が期待できるのです。

持続期間を最大限に活かすためにも、このシャンプーで丁寧に洗うことをおすすめします。

縮毛矯正・ストレートヘアなら「ディープモイスト」

縮毛矯正やナチュラルストレートな髪には、髪へのダメージを抑え、さらさら感を長持ちさせる「ディープモイスト」が良いです。

髪を労わる成分に加え、しっとりとした質感が特徴です。

FLOWDIA(フローディア)のトリートメントとあわせて使用することで、より効果的なケアが可能です。

シャンプーの香りも大事

最後に、シャンプーの香りも大切です。

シャンプーを使うとき、その香りに癒されることで、洗髪時間がリラックスタイムに変わります。

今回のシリーズのシャンプーは、自然由来の成分から作られた優しい香りが特徴です。自分が好きな香りのシャンプーを選ぶことで、毎日の洗髪が楽しみになりますよ。

香りは共通の「フローラルブーケ」なので、どれを選んでも良い

製品を選ぶ際、香りは人を惹きつける重要な要素です。フローディアは心地良い香りが特徴のひとつです。

「フローラルブーケ」は品のあるまとまりを持ち、どのシリーズを選ぶかにかかわらず、同じフレグランスを楽しむことができます。

髪質改善や特定のヘアケア効果を求めつつも、柔らかな香りを髪に添えたい方には、フローディアのラインナップが最適な選択肢となります。

目次に戻る

実際に使ってみたレビュー検証と FLOWDIA(フローディア)ダメージケアシャンプーシリーズのおすすめの髪質や香りについて

数え切れないほどの商品が存在しますが、特に注目を集めているのがFLOWDIA(フローディア)シリーズです。

ダメージケアに特化したこのシリーズは、使用者の口コミによってその効果が証明されており、適切な選び方を認識することで、個々の髪質に合ったケアが可能です。

公式サイト情報と合わせ、各種類の選定方法とおすすめポイントを紹介します。

FLOWDIA(フローディア)ダメージケアシリーズのシャンプーは多種多様で、それぞれの髪質や頭皮の状態、そしてヘアケアの目的に合わせて選ぶことができます。

ここでは、それぞれの目的別に試してみたレビューとおすすめのシャンプーを紹介します。

ヘアケア・髪質・バランスの良いおすすめなら「スリークモイスト」

ディープモイストスリークモイストスリークライトスプリングリフト

「スリークモイスト」シャンプーはヘアケアと髪質のバランスに優れた製品です。

潤いのある洗い上がりが好評です。FLOWDI(フローディア)トリートメントとの併用により、より補修効果を感じたとの声もあります。

特定の髪質に囚われず、幅広い方におすすめできるのが特徴です。

通販や取扱店で購入可能なので、アクセスも容易です。

非常に使いやすくて効果性も高い

「スリークモイスト」は、使いやすさと効果の高さを兼ね備えていると評価されています。

FLOWDIA(フローディア) トリートメント スリークモイストbとのセット使用がおすすめで、痛んだ髪もしっかりとケアします。適度な洗浄力と、髪をいたわる成分がその秘密です。

毎日のバスタイムが、心地よいリラックスタイムへと変わります。

くせ毛におすすめなら「ディープモイスト」

ディープモイストスリークモイストスリークライトスプリングリフト

くせ毛には特に注意が必要ですが、「ディープモイスト」はしっかりと潤うので、くせの元となる乾燥を防ぎます。

くせ毛用も同様に開発されており、一緒に使うことで相乗効果を得られます。

デミFLOWDIA(フローディア)とは違った特性を持ち、日本人の髪質に合わせたケアが可能です。

まとまりやおさまりがいい

ディープモイスト製品を使用することで、くせ毛が持つ広がりやすさを抑制し、まとまりやすい髪へと導きます。

髪質改善を目的としたトリートメント効果も高く、日々のスタイリングに手間がかかりにくくなります。

くせ毛の方でも、手軽に毛先まで均一な美しさを実現します。

猫っ毛におすすめなら「スリークライト、スプリングリフト」

ディープモイストスリークモイストスリークライトスプリングリフト

猫っ毛の人には、「スリークライト」と「スプリングリフト」がおすすめです。

これらFLOWDIA(フローディア)シリーズは、重たくなりがちな猫っ毛の軽やかさを保ちつつ、適度な保湿を行います。

ベタつかない使用感で、スタイリングも簡単になります。

べたつかない仕上がりに

「スリークライト」と「スプリングリフト」の使用は軽い仕上がりが魅力です。

猫っ毛の方が経験する、重たくなることなく、自然なボリューム感を出すことができます。

ベタつきを抑え、さらさらな髪をキープしやすいため、快適なヘアスタイルを保ちたい方に最適です。

剛毛におすすめなら「ディープモイスト」

ディープモイストスリークモイストスリークライトスプリングリフト

剛毛の方は、しっかりとした保湿が求められます。「ディープモイスト」シリーズはその強い味方となります。

保湿成分にこだわって開発されたこのラインナップは、髪に必要なうるおいを供給し、使うほどに柔らかく扱いやすい髪へと導きます。

保湿力も高くてしっとりする

厚みのある髪には「ディープモイスト」が積極的に推奨されます。高い保湿力により、髪はしっとりとし、幅広い髪型に対応しやすくなります。また、髪の表面が滑らかになり、指通りも良くなるため、日常のケアが快適になります。

美容院でのケアにも使えるプロ品質で、満足度は非常に高いです。

エイジングケアなら「スリークモイスト」

ディープモイストスリークモイストスリークライトスプリングリフト

年齢を重ねると共に、髪のダメージも気になるところです。

エイジングケアに適した「スリークモイスト」は、年齢による髪の変化に対応し、健やかな美髪へと導きます。

FLOWDIA(フローディア)トリートメントと相まって、高い効果を発揮します。

年齢による髪のダメージも補修

「スリークモイスト」には、老化に伴う髪のダメージに対応する成分が含まれており、若い頃の柔軟性と艶を取り戻すお手伝いをします。また、持続期間を意識した製品設計により、日々のケアが手間なく、効果的に行えるよう配慮されています。

FLOWDIA(フローディア)のシリーズ中でも、トリートメントの効果には定評があり、多くの年代から支持を集めています。

香りで選ぶ

ディープモイストスリークモイストスリークライトスプリングリフト
ブーケの香りブーケの香りブーケの香りブーケの香り

シャンプーを選ぶときには、その香りもとても大切です。

香りによって、ヘアケアの時間が楽しくなったり、リラックスした気分になったりしますよ。

それでは、 FLOWDIA(フローディア)ダメージケアシャンプーシリーズの全種類の香りをご紹介しますね。

個人的には、の香りが好きでした。

目次に戻る

個人的なおすすめは「 FLOWDIA(フローディア) スリークモイスト シャンプー」

絶え間なく新しいヘアケア商品が市場に登場する中で、特に印象に残っているのがFLOWDIA(フローディア)の「スリークモイスト」です。

その効果性には定評があります。私の体験も踏まえ、なぜこれをおすすめするのかをご紹介します。

保湿力が高くて効果性が高い

FLOWDIA(フローディア)の「スリークモイスト」は、保湿を重視したい方に最適なトリートメントです。

特徴的なのは、その高い保湿力です。使用するとすぐに髪が潤いを取り戻したかのように感じられ、乾燥が原因で発生する髪のダメージやパサつきに対する効果は抜群です。

髪がしっとりと落ち着いたり、手触りが改善されます。公式サイトにも詳しい商品情報が掲載されており、その成分や効果が科学的にもサポートされている点を理解できます。

トリートメントを選ぶ際は髪質や目指す仕上がりを考慮する必要がありますが、スリークモイストは幅広い髪質の方に向けた保湿ケアが可能です。特に髪の痛みが気になる方や、日頃のスタイリングで髪に負担がかかっている方にとって、このトリートメントの持つ効果性は魅力的です。

髪の仕上がりもよくて、まとまりもいい

FLOWDIA(フローディア)のスリークモイストを使えば、普段のヘアスタイルがより格上げされます。

トリートメント後の髪は、さらさらでなめらかな仕上がりを実感できるはずです。効果としてよく挙げられるのは、うねりやくせ毛のコントロールにも優れている点です。

仕上がりのまとまりが好評で、特に湿気が多い日でも髪の広がりを抑えてくれるので、朝のスタイリングが楽になります。

このような特性は、日本特有の湿気の多い環境においても重宝されます。また、FLOWDIA(フローディア)のトリートメントは、くせ毛の方にも適しています。

くせ毛による扱いにくさを軽減し、ナチュラルなストレート感をキープすることにより、日常生活における髪の悩みが少なくなります。

重さは使う量で調節できる

FLOWDIA(フローディア)のスリークモイストトリートメントは、使う量によって髪に与える重さを調節できる点も魅力です。

少量を使うことで軽い仕上がりを得たい方や、しっかりと髪に栄養を与えたい方にも適量を調節しやすく、多様なヘアスタイルや髪質に対応します。

FLOWDIA(フローディア)の種類にはディープモイストやグランメロウといった他のラインナップもありますが、スリークモイストは特にバランスの良い使用感をもたらします。使い方はとても簡単で、シャンプー後のタオルドライした髪に適量を塗布し、髪になじませた後に洗い流すだけです。

FLOWDIA(フローディア)トリートメントの持続期間も長く、長くサロン帰りのような髪質を保てるのが嬉しいポイントです。

ベタッとした印象はないので使いやすい

スリークモイストは髪にベタつきを与えることなく、軽やかな使用感が得られます。トリートメントにありがちな重たい感じや、べたつきが苦手な方にも安心して使えるテクスチャーが好評です。

さらにスリークモイストは、FLOWDIA(フローディア)トリートメント4stepの過程で重要な位置づけを担い、その使用感が他とは一線を画します。

美容院での施術後のような上質な仕上がりを家庭で再現することができます。髪質改善や日々のケアに敏感な方々にトリートメント選びにおいて信頼の置ける選択肢となっています。

FLOWDIA(フローディア)の取扱店や通販を利用することで容易に手に入れることが可能です。

目次に戻る

FLOWDIA(フローディア)ダメージケア シリーズのシャンプーの効果的な使い方

ここでのシャンプーのやり方は、キレイに洗髪してかつ髪への負担を減らすということに着眼しています。その上で、とくに重要となることがあります。

それは、「髪を優しく扱うということ」です。

もし、頭皮をスッキリさせるためや、よりキレイにするために、”ゴシゴシと洗ってる”という人がいたら、少し待ってください。

実は、シャンプーをゴシゴシしなくても汚れは簡単に落ちるものなのです。

むしろ、圧をかけた力強いシャンプーは頭皮を傷つけ、さらに髪への負担になったりもしてしまうことになるのです。

「髪を優しく、丁寧に扱う」ことを意識していけば、必ず髪の負担は減り、結果として髪はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

POINT

ブラッシング

ブラッシングで髪の汚れ・絡まりをとる

シャンプー前に汚れを落として絡まりを防ぐ効果もあります。少し粗い大きめのブラシもしくは、クシでとかしてあげましょう。

POINT

流し(すすぎ)

ぬるま湯でしっかりと洗い流す
  • 髪はシャワーのお湯ですすぎましょう
  • 髪よりも頭皮をかくようにしましょう
  • 時間的には2〜3分程度
  • トリートメントのすすぎ残しも、頭皮トラブルや髪の毛のダメージにつながるのでしっかりとすすぎ流しましょう。ここまでがしっかりとできるようになれば自宅でのヘアケアのレベルが一段階アップします。
  • 最後に軽くブラッシングしてあげることで、水分もとれるだけでなく、お風呂上がりのタオルドライも楽になるのでおすすめ。
  • 上を向いてシャワーを上➔下に流すようにして全体によくすすぐようにしましょう。

すすぎは約2〜3分前後を目安に指の腹でやさしくやってあげましょう。

よく汗をかいた後や、スタイリング剤がついてるなどの場合は、皮脂などの油分が邪魔してシャンプーがなかなか泡立ちません。ですが、髪の汚れの大半はこの流しだけでとれるといわれています。ほとんどの汚れはお湯のみで落ちるのです。

流しでは、しっかりと8割の汚れを落とし、残り2割をシャンプーで落としてあげるようなイメージが大切です。

POINT

シャンプーはしっかりと泡立てる

  • シャンプー剤は手のひらで泡だててから髪につける
  • 一気に出しすぎない

泡立てがしっかりしていれば、シャンプー中の髪の指通りがよくなり、髪への負担が軽減されます。

多くの人は、シャンプーをするときには、何も考えずに洗髪をしてしまいますが、髪というのはとても繊細でデリケートです。たとえば、髪に直接シャンプーをつけてしまうことによって、泡立てをする摩擦によって髪には負担になってしまいます。

シャンプーの泡立てをするときには、手の上にシャンプーが溢れない程度(100円玉量程度)を、手の上で円を描くようにして優しく、しっかりと泡立をしてから髪につけるようにしましょう。

泡立てる時の手の動き

定期的に空気をいれながら、円を描くようにしてあげると、泡が立ちやすくなるので実践してみてください。うまくいかない場合は洗顔用の泡立てネットを使って泡立てるのも効果的です。とても大きく優しくなります。

いい泡でシャンプーができるようになると、髪の毛や頭皮を綺麗な状態をキープしやすくなるだけでなく、ダメージ予防、トラブル予防になります。

POINT

シャンプーをする時は頭皮をメインに洗いましょう

実は、髪についている汚れなどは、あまりシャンプーは必要なくて、シャワーだけでとれてしまうのです。

シャンプーがもっとも必要になるのが、頭皮の汚れなのです。

頭皮をメインにシャンプーで洗って、髪は手ぐしを通す程度でも十分にキレイに洗えているのです。

  • 髪は指を通す程度
  • 頭皮はもみ洗い、こすり洗い
  • 耳周りや首周りをよく洗いましょう

しかし、頭皮の皮脂がきちんと洗えていないことにより皮脂は酸化し過酸化脂質となります。これが頭皮の臭いの原因や、症状を放置していると、薄毛や抜け毛の原因にもなります。

髪が長い人ほど、洗い残しがあるので耳周りや顔まわりといった、洗いにくい部分もしっかりと洗ってあげましょう。

洗う時は指の腹の部分で洗う

頭皮を爪などで、傷つけてしまうと傷がついてしまって、さらに炎症をおこす恐れもあるので、指のはらの部分で洗うように心がけましょう。

頭皮も髪と同じく、とても繊細でデリケートになっていますので、優しく丁寧なシャンプーを心がけましょう。

POINT

トリートメントもやさしく丁寧に

水分により髪のキューティクルは開き、髪のすべりが悪くなるために摩擦がおきやすいので、トリートメントでキレイにしていきましょう。トリートメントをする時は、頭皮の根本付近の髪から毛先にかけて、手ぐしを通すようにしてトリートメントをつけましょう。ブラッシング用のクシもあれば完璧です。

さらに、両手のひらで優しく間に挟み、すべらすようにして整えてあげるのも効果的です。

POINT

最後のすすぎ

ぬるま湯でしっかりと洗い流す

トリートメントのすすぎ残しも、頭皮トラブルや髪の毛のダメージにつながるのでしっかりとすすぎ流しましょう。ここまでがしっかりとできるようになれば自宅でのヘアケアのレベルが一段階アップします。

最後に軽くブラッシングしてあげることで、水分もとれるだけでなく、お風呂上がりのタオルドライも楽になるのでおすすめ。

これらのことを工夫していきましょう。

目次に戻る

FLOWDIA(フローディア)ダメージケアシャンプーシリーズのよくある質問集(Q&A)

FLOWDIA(フローディア)シャンプーにはどのような種類がありますか?

FLOWDIA(フローディア)シリーズには、グランメロウ、ディープモイスト、スリークモイストなどの種類があります。

FLOWDIA(フローディア)トリートメントで髪質が改善されるのはなぜですか?

FLOWDIA(フローディア)トリートメントには、ダメージを修復し、髪を内側から潤す成分が含まれており、定期的な使用で髪質の改善が期待できます。

FLOWDIA(フローディア)トリートメントはくせ毛にも効果がありますか?

はい。FLOWDIA(フローディア)トリートメントにはくせ毛を柔らかくし、扱いやすい髪質へと導く成分が含まれています。

美容院で使用されるFLOWDIA(フローディア)トリートメントの効果はどのようなものですか?

美容院で使用されるFLOWDIA(フローディア)トリートメントは、プロフェッショナル用に作られており、髪に深い潤いと栄養を与え、ダメージを修復することで美しい髪へと導きます。

FLOWDIA(フローディア)トリートメントの持続期間はどれくらいですか?

個人差がありますが、FLOWDIA(フローディア)トリートメントは一般的に1回の使用で約1週間程度の効果が持続することが多いです。

目次に戻る

あとがき

きし

髪のダメージは外見上の問題だけにとどまらず、しばしば髪の内部構造破壊に関連しています。こうした状況に対処するために、FLOWDIA(フローディア)はメラニンラック、この毛髪内部の微細な空洞に注目します。

豊富な補修成分がこのラックを満たし、栄養を髪の最深部まで届けることで、根本から髪を健康に導くのです。製品ラインナップとして、「ディープモイスト」、「グランメロウ」、「スリークモイスト」といったバリエーションを揃えており、ドライヘア、くせ毛、細い髪など、個々の髪質やダメージレベルにあわせたケアが選択できます。

独自の保湿成分や補修成分の配合によって、幅広い方のニーズに応え、手応えのある結果をもたらしています。

このシャンプーが真価を発揮するためには、トリートメントが欠かせないです。髪に吸収した栄養成分をしっかり閉じ込めるために、"4step"や"髪質改善トリートメント"など、効果的な製品が用意されています。

こうして髪は持続的なケアを受け、日々の小さなダメージからもしっかり守られるのです。また、美髪を維持する上では、髪だけでなく頭皮の健康も大切です。

FLOWDIA(フローディア)は頭皮に優しい成分を用いた洗浄により、頭皮環境を整えることにも力を入れています。

これにより、潜在的なトラブルを事前に防ぎ、髪の美しさを長く維持できるのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

当サイトでレビューした関連製品

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の目次