美容師がおすすめのヘアケアセット

【メンズでリンスっている!?】シャンプーをする時の豆知識について【実証済】

【メンズでリンスっている!?】シャンプーをする時の豆知識について【美容師監修】

メンズなのですが、シャンプーを毎日している時にリンスをすべきかを迷っています。リンスをすると「ベタつく」という悪いイメージがあるのですが、リンスをした方がいいとも聞きます。

リンスはしなくてもいいのか、それともした方がいいのか、教えていただきたいです。

こういった疑問についてお答えしていきます。

この記事の内容

男性のシャンプーでリンスがいるのか!?というのを解説

メンズの方でリンスをつけないという方は、あなたが思っているよりも多いです。その理由はスタイリングが格段にしやすくなるからです。

しかし、その一方では「リンス(コンデショナーorトリートメント)をつけた方がいいのかも…」と、いったような不安も生まれてくるはずです。

そこで、今回の記事では、メンズの方に向けたシャンプーとリンスについての記事としてまとめていきます。

MEMO
  • リンスをしないメリット
  • 逆にリンスをしないデメリット

美容師的なアドバイスも含めてお伝えしていきます。

メンズシャンプーの際にリンスをつけないメリットとは!?

メンズシャンプーの際にリンスをつけないメリットとは!?

 きし
リンスをつけるべきか、つけない方がいいのかは、それぞれのメリットを理解することが重要となります。

つま

リンス(コンディショナー・トリートメント)をつけないのは一見すると、良くないことに思えますが、メリットみたいなものもあります。

まずは、リンスをつけないメリットですが、どうゆうものあるでしょうか。

 

一見すると、リンスをつけないと、髪がパサパサするし、絡まってひっかかるようになるし、あまり良い感じには見えないですが、逆にそれを利用する髪が短い男性ならではの利点ということです。

よくスタイリングする方の場合では、「ボリュームがつくりにくい」「スタイリングしてもすぐに崩れてしまう」と、いったような、長時間スタイリングされている方の悩みを改善するのが、”リンスをつけない”ということがあります。

髪質やヘアスタイルによって異なりますので、注意が必要になります。

つまり、リンスをつけたりすることに比べると、格段にヘアスタイルをつくりやすくなることが大きなメリットになります。

  • 髪のボリューム感がつくりやすい
  • シャンプーの時短になる
  • ベタつきが少ない

メリット①:髪のボリューム感がつくりやすい

 きし
まずは、大きなメリットになるのが、パサツキや絡まりを利用してボリュームが格段につくりやすくなります。

髪質にもよりますが、”猫毛”や”細毛”のような方の場合は、スタイリングをした時にヘアワックスをつけても、すぐにペタッとしてしまうなんて悩みの方も少くありません。

そこでリンスをつけないと生まれる、髪の絡まり、つまり”ヘアダメージ”を利用して、スタイリングをしやすくするといった考えになります。

直毛の方などの場合は、パーマをかけないと動きがでづらいという方も、ダメージによって動きをつくるというようなスタイリングすることも可能になります。

MEMO
  • 剛毛
  • くせ毛
  • 多毛・硬毛

このような髪質の場合は、リンスをつけた方がまとまりが良くなることもあります。

メリット②:シャンプーの時短になる

つま

さらに、リンスをつけないということは、つけることに比べて時間を短縮することもできます。

つけるとなると、トリートメント剤を手にとりだし、髪に直接つけて、その後でお湯で流しま、時間にすると5分もかからないでしょう。

しかし、それでも毎日となると、相当な時間になります。

そんなリンスの時間を、マルっと削ることができるので、毎日のお風呂の時間効率を上げてくれます。

 

メリット③:ベタつきが少ない

 きし
さらに、全体的なベタつきが少ないので、梅雨時期や、湿気が多い時なんかには、あえてリンスをしないなんてことも有りです。

髪のベタつきや、頭皮のベタつき、というようなデメリットがありません。髪や頭皮に対してのリンスのつけすぎなどの失敗も少ないです。

MEMO
リンスをつけるメリット

トータルすると、スタイリングがしやすくなったり、髪の絡まりやパサツキを活かしてセットの持続力をアップすることができます。クシャクシャっとしたようなくせ毛風のスタイリングをつくりやすくなるのが大きなメリットとなります。

記事の途中ですがCMです
『プレミオールシャンプー』を使ってみた あなたは「プレミオール」というシャンプーを知っていますか? もし、今のシャンプーやトリートメントに不満を抱いているという方には要チェックの内容のヘアケアセット! アイテムの特徴
  1. 高品質のヘアケア
  2. 頭皮にも優しい
  3. くせ毛や猫毛の方でも使える
  4. 21日間のお試しセットがキャンペーン中
今ならシャンプーだけでなく、トリートメント+アウトバスのヘアケアセットで「1,980円」と破格すぎる内容になっています! 正直言って、試すだけでも価値アリ!!!
シャンプーの特徴 「プレミオール」は、多くの女性が悩むくせ毛やダメージ毛を改善するための商品です。 くせ毛やダメージ毛による悩みは、髪の水分不足が原因となって起こります。これらの髪の水分不足は、主に髪に欠かせないケラチン・コラーゲン・たんぱく質の不足が元になっています。 髪の水分不足を改善するためには、高濃度の有効成分が必要です。
このプレミオールは水を一切加えずに美髪成分のみで構成しているシャンプー&トリートメントです、 髪の水分不足を改善しくせ毛・ダメージ毛を軽減する事が出来ます。

これが正直、破格すぎます。

このサイズをたった2000円で、しかもシャンプー+トリートメント+洗い流さないトリートメントの21日間分が試せるので、まだプレミオールをまだ使ったことのない人はこれだけでも使う価値あります!

ポイント

  • 水分保持力が高い
  • シャンプーの使用感も良い
  • ヘアケアセットで使いやすい

逆にリンスをつけないデメリットとは

逆にリンスをつけないデメリットとは

 きし
次にリンスをつけないデメリットについてお伝えしていきます。

つま

これは、大体の方が分かることだと思います。一般的に思いつくことばかりです。

リンス・コンディショナー・トリートメントをつける目的は、

”髪を保護する”

ということにあります。

絡まる・パサツキ・ひっかかりなどを解消することもできる上に、さまざまな外的要因からのダメージをも守ってくれる役割があるので、迷った時にはリンスはつけるべきです。

リンスをつけないデメリットを具体的にするとこんな感じです。

  • 髪が絡まる・切れる・傷む
  • 髪を保護することができない
  • 頭皮を保護することができない

デメリット①:髪が絡まる・切れる・傷む

つま

やはり、つけないと徐々に髪が傷んでくるのが何よりのデメリットです。ある程度の長さのあるヘアスタイルではシャンプーの使用感は悪いなぁというような感じになります。

やはり、1回2回程度なら、それほど影響はなくとも、長期間になってしまうと、さらにデメリットを感じることになるでしょう。

これによって、頭皮への負担も大きくなるので注意は必要です。

デメリット②:髪を保護することができない

 きし
デメリット①との重複にもなりますが、髪を保護、つまり髪を守ることができなくなるということです。

使用感も悪いというのもありますが、仕上がりとしても、ヘアワックスなどを使わないと、パサツキが目立つだけでなく、髪を守ることができないので、髪が傷みやすくなるということになります。

結果として、パサツキやまとまりの悪さが悪化することもあります。

デメリット③:頭皮を保護することができない

 きし
頭皮の保護としても役割としてあるけども、それすらもなくなるのは大きなデメリットとなるでしょう。

実は、このデメリットがとくに注意で、頭皮とは”髪をつくるための土台”となります。

その頭皮にも大きな負担となり、頭皮や毛穴へのダメージになるために、細毛になったり、抜毛に繋がることもあります。

注意
リンスをつけないデメリット

逆につけないと、髪が傷む・保護できない、というような、それなりにリスクの高いデメリットがあります。メンズといえどもキレイを求められる時代なので、できるだけつけることをおすすめします。

【まとめ】自分の用途に合わせて使い分ける

シャンプーコンテンツのまとめ

 きし
それではリンスがをつけるべきか、つけないべきかを、まとめていきます。

つま

まぁ、髪質やヘアスタイルもよることなので、一度は試してみるのも良いですが、あまりこだわり過ぎずない方が良いです。
まとめ
  • メリットはスタイリングがしやすい
  • デメリットは髪が傷む・髪の保護ができない
  • ベストなのは「使い分け」るのが一番

男性といえども、「キレイな髪」であるべきです。

スタイリングのしやすさとキレイを髪とを天秤にかけて、バランスよく使い分けるのが良いです。

どちらがいいのとか、悪いとかっていうのは、それぞれ髪質やヘアスタイルによって異なるため、決定的にこれだからダメというわけではありません。

自分の髪質と、したいヘアスタイルを照らし合わせてみて、選ぶようにすると良いと考えています。

あと、個人的におすすめなのは、その時の髪の状態に合わせて、使い分けたりしています。

例えば、長時間スタイリングする前の日はリンスをつけないですが、休日で何もセットしない日にはリンスをつけて髪をいたわってあげる日をつくったり、使い分けてあげるべきです。

こんな感じに、それぞれのメリットを見比べてみてください。

そんな感じで以上です。

一つでも参考になれば幸いです。