美容師がおすすめのヘアケアセット

『ミルボンシャンプー』美容師がおすすめする「30種類以上」の厳選ランキング【2019年最新版】

『ミルボンシャンプー』美容師がおすすめする「30種類以上」の厳選ランキング【2019年最新版】

ミルボン シャンプー6位「クロナ」

クロナ フォーカラードヘア

ミルボン

 

ミルボン「CRONNA(クロナ)」シャンプー フォーカラードヘアを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

このシリーズの評価
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.0)
まとまり
(3.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(3.0)

シャンプーの特徴

クロナのフォーカラードヘアの特徴は、褪色抑制効果やツヤやまとまりをつくるヘアカラーした髪と相性の良いアイテムです。

  • 「カラー毛の褪色」と「ツヤ・まとまり」の同時ケア
  • アロマスクワランローズ配合
  • 華やかなローズにミックスフルーツをブレンドしたフェミニンな香り

アロマスクワランローズを両アイテムに配合、ローズ由来のエキスが保湿作用を向上させるデイリーシャンプー&トリートメントです。

実際に使ってみましたが、使用感も良くバランスも非常に高いアイテムです。

シャンプーとしてもマイルドな洗浄感に加えて、使用感の良い泡質のアイテムでした。

さらにトリートメントの方もサラッとした軽めな質感になっていてベタつきも少なく使いやすいものでした。

https://shampoo.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2-1.jpg
つま

ヘアカラーの中でも白髪染めとの相性が良いため”エイジングケア”にも適しているため、幅広くおすすめできるアイテムでした。

とはいえ価格が高めでコスパが悪いような印象。

 きし
クロナはシンプルなヘアケアということで選びやすいラインナップになっています。

クレンジングスパシャンプー

モイスチュアライジングスパシャンプー ハニー

シャンプー フォー カラードヘア

トリートメント フォー カラードヘア

デイアンドナイトオイル

ミルボン シャンプー7位「ジェミールフラン」

ジェミールフラン

MILBON(ミルボン)

 

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

このシリーズの評価
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.0)
まとまり
(3.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(3.0)
 きし
ジェミールフランはバランスの良いヘアケアアイテムです。

つま

ジェミールフランは、デザインも可愛く香りも良いので女子が思わず使いたくなるシャンプーです。

シャンプーの特徴

使用感としては全く問題なく使うことができますし、気になる点は見つかりませんでした。

香りもよく仕上がりの後の気になるところもなく、気持ちよく使えたので成分さえ気にならないのであれば間違いなく品質の高いシャンプーと言えます。

とはいえ、成分を見ると確かに洗浄成分が多い気もしなくもないので、使い続けると髪や頭皮に影響がでるのかもしれません。

しかし、これはあくまでも使用感だけのレビューになるから実際のところでは、シャンプーの構成的には良いバランスを保っている商品であるかもしれません。

「ジェミールフラン シャンプー」は猫っ毛に適切かもしれない|美容師のレビュー記事

シャンプーには、ラウレス硫酸Na・DPG・イソステアラミドプロピルベタイン・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na-ラウレス-6酢酸Naが並び、やはりかなり洗浄力が強いシャンプーであることが分かる内容になっています。

とくにラウレス硫酸Naとオレフィンは洗浄力が強く頭皮や髪には刺激が強いのが気になるところでもあります。

まぁでもその後には中々良い成分が集中してまとまっているので、上手く構成しているのでしょう。

CMADKのカルボシキシメチルアラニンジスルフィドケラチンや加水分解ヒアルロン酸は特徴の1つでもあるシャンプーすればするほど、キレイにするというポイントのある成分ですがもう少し上に配合してくれると安心できたんだけどなぁと個人的には。

「ジェミールフラン ハート」

「ジェミールフラン ダイヤ」

ミルボン シャンプー8位「プラーミアシャンプー」

プラーミア・エナジメント

MILBON(ミルボン)

 

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

 スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このシリーズの評価
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.0)
まとまり
(3.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(3.0)

シャンプーの特徴

くせ毛も中々まとまりも良くなってくれてブローなしのわりに中々まとまりのある髪になってくれます。

シャンプーの泡立ちも良くて使用した後も髪へも優しい洗い心地に、加えて香りも丁度よいのでストレスが全くなシャンプーです。トリートメントも品質が高くてキレイにしてくれてツルツルに、さらにまとまり良くしてくれます。

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事ミルボンブランド「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

ミルボン シャンプー9位「インフェノム」

インフェノム

MILBONミルボン

 

ミルボン「インフェノム」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

このシリーズの評価
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.0)
まとまり
(3.0)
コスパ
(3.5)
総合評価
(3.0)

シャンプーの特徴

実際に使ってみた印象では、品質は悪くないシャンプー&トリートメントですが、インフェノムはCMCを修復・補修するということが目的のシャンプーですが、それほどの成分もなく使用感は悪くはないがそれは言い過ぎな感じが否めない内容となっています。

ミルボン「インフェノム」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事ミルボン「インフェノム」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

【外伝】炭酸シャンプー(ウィークリーケア)

『ミルボンシャンプー』美容師がおすすめする「30種類以上」の厳選ランキング【2019年最新版】
 きし
ランキング外伝として炭酸シャンプーも一緒にお話していきます。一緒に参考にしてくださいね。

つま

上記のシャンプーと組合せることで髪も頭皮にも良いのでおすすめですよ。

「プラーミア・クリアフォーム」

プラーミア・クリアスパフォーム

MILBON(ミルボン)

 

ミルボンの炭酸シャンプー「プラーミア クリアスパフォーム」女性にも男性にも使える万能ケアアイテム

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

 スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このシリーズの評価
洗浄力
(4.0)
保水力
(4.0)
まとまり
(4.0)
コスパ
(2.0)
総合評価
(4.0)

シャンプーの特徴

このプラーミア・クリアフォームの炭酸泡がすごくて、かなりの高濃度です。泡が固くてフワッフワのシャンプーです。泡を潰しても、形が崩れないぐらい細かい高濃度泡の炭酸シャンプーです。普通のシャンプーでとれない皮脂の汚れもとれるので、洗浄力にも期待できます。

「エイジングスパ・クリアフォーム

オージュア・エイジングスパクリオフォーム

MILBON(ミルボン)

 

オージュアの炭酸シャンプー「エイジングスパ クリアフォーム」はシャンプーとしてもスカルプケアとしても有能すぎ

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

 スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このシリーズの評価
洗浄力
(4.0)
保水力
(4.5)
まとまり
(4.0)
コスパ
(2.0)
総合評価
(4.5)

シャンプーの特徴

ヒアルロン酸の構成主成分である保湿成分グルコサミンが、うるおいのある健やかな頭皮にしていくれます。保湿成分でもあるグルコサミンが地肌の奥まで浸透し、頭皮マッサージによっって血行促進しながら、やわらかくうるおいのある健やかな地肌にしれくれます。

さらに「CMADK」によって、髪にもうるおいとまとまりをつくることができます。

「オーセナム フォーミングマスク」

オーセナム フォーミングマスク

ミルボン オージュア

 

ミルボン「オージュア オーセナムフォーミングマスク」の頭皮用トリートメントを実際に使ったレビュー

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

このシリーズの評価
洗浄力
(4.0)
保水力
(4.0)
まとまり
(4.0)
コスパ
(2.0)
総合評価
(4.0)
 きし
オーセナムのフォーミングマスクは、めずらしい特殊な炭酸トリートメントです。

つま

炭酸効果もありつつ、頭皮と髪をキレイにすることができる万能なトリートメントになります。

シャンプーの特徴

ラウロイルグルタイミン酸ジヘキシルデシルによる頭皮のダメージ予防、レスベラトロールによってターンオーバーの正常化、糖化予防のデカルボキシカルノシンHCI、などといって注目すべき成分があるので、コスパは悪いものの使う価値はあるトリートメントでもあります

さらに、ケラチンは含まれていないので髪のエイジング効果はないものの、頭皮のケアができるトリートメントとしては貴重なアイテムとなっています。

終わりに

シャンプーコンテンツのまとめ
 きし
ミルボンシャンプーについて、まとめてみましたがいかがでしたか?

つま

私はオージュアを使っています。髪がサラサラにしっとりしているのでお気に入りです。

ミルボンシャンプーばかりをまとめましたが、シャンプーはミルボンばかりではなくもっともっとあなたに合ったシャンプーがあるかもしれません。

この記事のまとめ
  • 種類が豊富
  • デザインや使い心地が良い
  • 香りが癒される
  • オージュア(ヘアケア・エイジングケア)が1番良い、迷ったらこれ
  • ウィークリーケアのクリアフォーム関連もおすすめ

とにかく、オージュアはトータルバランスが良くて、とても使い勝手が良いシャンプーです。

ミルボンシャンプーは、初心者から上級者まで使っていけるシャンプーとなっているので、もし悩んだらぜひチャレンジしてみてくださいね。

ミルボンシャンプーで調べていると、「このシャンプーはダメです」や「このシャンプーはレベルが低い」と、成分だけをみて批評する情報を見ますがあまり参考にしなくても良いです。

あれは参考程度ぐらいに考えるべきです。

 きし
ミルボン社シャンプーってだけで批評されることが多いように感じますが、それだけ人気があるということですね。

実際にキレイになっているから、人気があるということです。

本当におすすめできる厳選したミルボンシャンプーでした。

さらに内容に合わせた3つの記事を紹介します。

  1. 【サロンシャンプー30選】美容院専売・美容師のおすすめランキング
  2. 【ミルボン】美容師がおすすめする「洗い流さないトリートメント」厳選ランキング【最新版】
  3. 【MILBON(ミルボン)のワックス集】美容師がおすすめする全スタイリング剤(ジェリー・スプレー)

まず1つ目は、ミルボンシャンプー以外にも別にシャンプー記事を用意しています。たくさん見たい方はぜひ参考ください。

とくに厳選したものをピックアップしています。

次に2つ目は、同じくミルボンにおすすめする洗い流さないトリートメントです。こちらは絶対に毎日しなければいけないものではありませんが、しておくとダメージのケア&予防になるのでつけておいた方がいいアイテムです。

さらに、ミルボンのスタイリング剤を集めたワックス集を記事にしていますので参考にしてください。

と、まぁ、こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

最後にランキングと一緒にシャンプーの教科書を用意しましたので、こちらも一緒に参考にしてくださいね。

教科書の内容
  • サロン専売と市販の違い
  • 正しいシャンプーのやり方
  • シャンプーの使用量
  • シャンプーの使用頻度
  • スタイリング剤を簡単に落とすシャンプー
  • 朝シャン
  • 湯シャン
  • シャンプーの価格
  • 種類と構成
  • カラーシャンプー

かなりのボリュームになっているので、お楽しみください。

 

1章:専売品と市販品の違い

 きし
まずはなぜサロン専売のシャンプーと市販シャンプーの違いについてお話します。
 

つま

サロン専売品は、何となく良いものだということは知っているけど…っていう人が多い印象です。

サロン専売シャンプーとは、美容室といったヘアサロンで取り扱い・販売しているシャンプーのことです。

さまざまな髪質やダメージの状態、悩みやなりたい仕上がりに応じて細分化し、求める質感が得られるような設計になっています。

 

市販シャンプーとは、美容室以外での一般での市場のドラッグストアなどで取り扱い・販売しているシャンプーのことです。

髪のダメーの状態に左右されず、より多くの消費者が平均的な仕上がりを得られるような設計になっています。

 

あなたは、なぜサロンシャンプーが良いとされているかご存知でしょうか。

多くの方は、「なぜかはわからないけど、とにかく良いものでしょう」くらいの認識がほとんどであると思います。

実は、それぞれのときちんとした特徴やメリットがあります。

 

サロン専売シャンプーは、コストが高い分、成分比率が市販のものに比べ大きく違うので、髪をキレイにしてくれます。

アミノ酸や保湿成分によって髪のコンディション効果が高いだけでなく、頭皮への負担をも大きく軽減することができるのです。

  1. 水分量の調節ができ髪のまとまりが良くなる
  2.  頭皮への負担がなくなり抜け毛が少なくなる
  3.  洗い心地や香りなど洗い手にも優しい。

髪とは無限に生え続けるわけでなく、いつかは無くなってしまうものです。

人によって価値観は違うので違いますがシャンプーも未来への投資です。

 

あまりにも洗髪にのみ特化したものを使いすぎると、頭皮に負担となり薄毛や抜け毛になる事もあります。

今は結果に出にくいのでわかりませんが、だからこそのサロン専売シャンプーは未来への投資なのです。

 

髪は、市販シャンプーやカラー・パーマなど、髪に負担の強いものを使っていることで、キューティクルが損傷し、髪が傷んでしまいます。

それによって、パサつきや髪の絡まりにも起因します。

さらに、頭皮の乾燥によって頭皮へも負担も使えば使うほどに負担となります。できるだけ髪と頭皮を大切に扱うことも重要になるのです。

つまり、サロン専売シャンプーと市販シャンプーの大きな違いとしては、髪をキレイにするシャンプーの成分が違うのです。

そのほかの違いとしては…

  1. 種類のレパートリー
  2. 購入場所

これが市販シャンプーとサロンシャンプーの違いとなります。

このように成分や性能以外でも、市販シャンプーにもメリットがたくさんあるのです。

>>シャンプーの違い

 

2章:正しいシャンプーのやり方

 きし
良いシャンプーを使うだけでなく、シャンプーのやり方も重要になります。
 

つま

ちょっとでも工夫してキレイな髪つくりをしましょう。

あなたは、シャンプーの目的にどのような認識をお持ちでしょうか?

  • 「汚れをおとす」
  • 「キレイにする」
  • 「スッキリする」
  • 「リラックスする」

さまざまな目的があると思います。

ここでのシャンプーのやり方は、キレイに洗髪してかつ髪への負担を減らすということに着眼しています。

その上で、とくに重要となることがあります。

それは、「髪を優しく扱うということ」です。

 

それを意識していけば必ず髪の負担は減り、結果として髪はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

それに加えて、6つの工夫を話します。

  1. お風呂前のブラッシング
  2. シャンプー前のお湯すすぎ
  3. 泡立て
  4. 予洗い
  5. 洗い方
  6. トリートメント
これらのことを工夫していきましょう。

>>シャンプーの方法

 

3章:シャンプー剤の使用量

 きし
シャンプーをする時に気になるのは使う量、無駄をなくすというのはとても大事なことです。
 

つま

シャンプーの使う量には注意して節約しながら髪をキレイにしましょう。

シャンプーの適量とは、どのくらいが適量になるのか?

それに対して大切になってくるのは…

  • 髪の長さ(ショート・ミディアム・セミロング・ロング)
  • 髪の量(毛量が多いor毛量が少ない)
  • 髪の硬さ(軟毛or硬毛)

に、よって適量は変わります。

たとえば、普通の毛量と普通の硬さぐらいの人を、髪の長さ別にグラフにあらわしていくと…

 レングス(長さ) 毛量(普通)+髪の硬さ(普通)
ショート1.5プッシュ
ミディアム・ボブ2プッシュ〜2.5プッシュ
セミロング2.5プッシュ
ロング3プッシュ

このような数字が、シャンプーの適量になります。

髪の長さは髪の多さは、たんじゅんにシャンプーが普通よりも必要になります。

硬い髪というのは、水分をはじきやすいので、シャンプーの泡立ちがわるくなりやすいのです。

 

もちろん髪の量が多いと、シャンプー量が多くもなりますし、髪が硬いとシャンプーの泡立がわるくなったりします。

逆もあり、髪の量が少ないと普通よりも少なめが適量といったように、髪質によって適量は変わります。

>>適量について

 

4章:シャンプーは毎日するべきか?

 きし
シャンプーを毎日するべきかどうかについてお話します。
 

つま

結論からになってしまいますが「毎日シャンプーをすべき」です。

冒頭から結論になってしまいますが、毎日シャンプーはすべきだと考えています。

これは、人によって異なる答えになると思いますが、少なからずぼくは、毎日シャンプーをすべきだと考えています。

 

日本人の風習でもある「毎日のシャンプー」ですが、毎日する方が良いのか?それとも毎日しないほうがよいのか?

これは、毎日シャンプーするメリット・デメリット(シャンプーしないメリットデメリットは逆)によって、異なるのです。

まずは、毎日シャンプーをすることのメリットとデメリットについて分かりやすくご紹介します。

あなたは、シャンプーの目的にどのような認識をお持ちでしょうか?

  1. 「汚れをおとす」
  2. 「髪をキレイにする」
  3. 「スッキリする」
  4. 「リラックスする」
さまざまな目的があると思います。

多くの人は、①は必ず当てはまります。

しかし、その他はいかがでしょうか?

①〜④まである中で、1つ、もしくは1つも当てはまらないのであれば、毎日シャンプーする必要はありません。しかし2つ以上あてはまるのであれば、毎日シャンプーする意味はあるんじゃないでしょうか。

ぼくは、自分も含めたすべてのお客さまには(例外は除く)毎日シャンプーをするべきだと伝えています。

それは、シャンプーをした方がキレイだからです。

 

髪だけでなく、地肌もキレイに清潔に保つためにはシャンプーは、毎日したほうが良いと思っています。

>>メリット・デメリット

 

5章:スタイリング剤を落とす方法

 きし
スタイリング剤をつけている髪には、ある方法をすることで簡単に落とせるようになります。
 

つま

とくに、ロングヘアーは泡立ちが悪いのでスタイリング剤をつけている時は試してみてくださいね。

ワックスやスプレーを使っている人ならば経験があると思いますが、スタイリング剤をつけると、シャンプーがとてもしにくなり、シャンプーをする時にさまざまな悩みになります。

  • 泡立ちが悪くなる
  • 髪に負担がかかる
  • 洗いづらくなる
  • 数回のシャンプーが必要になる
  • 汚れが落ちにくい
この悩みを、いくつかの方法によって簡単に落としやすくすることができるのです。

この原因となるものがスタイリング剤のメカニズムにあります。

スタイルをキープさせるためや、スタイルを可愛くするたためのスタイリング剤ですが、キープさせるために配合されているポリマーが、水やシャンプーを弾くために泡立ちが悪くてシャンプーがしづらいです。

 

スタイリング剤メカニズムでは、ポリマーによってヘアスタイルをキープさせることにあります。

このポリマーによるキープさせるが、シャンプーをするときには、邪魔なものになります。つまり、このポリマーをいかに簡単に除去するかがキモになるのです。

 

正しいシャンプー法とは、それほど難しいことはありません。すぐに実践できることばかりを、あつめてみましたので参考にしてくださいね。

すぐに実践できることばかりなので、チャレンジしてみてくださいね。

>>ワックスを簡単に落とす

 

6章:朝シャンについて

 きし
朝シャンと夜シャンのメリットについてお話します。
 

つま

朝シャンにも、夜シャンにもメリットがあるので、自分に合った方を選ぶとよいですね。

ぼくは朝シャンはこの記事を書くまでしたことはありませんでした。なので、実際に朝シャンを10日ほど体験してみました。

朝シャンの場合は、夜にシャワーだけのお湯シャンのみで、朝にシャンプーをします。

朝シャンを10日ほどしてみて、個人的に感じたメリットは…

MEMO
  • 寝汗・寝ぐせが簡単に解決できる
  • カラダの血行が良くなる
  • カラダのコリがなくなる
  • 朝から気分がスッキリする
  • 朝にシャンプーをすることによって髪がまとまる
朝シャンの注目すべきは、寝汗や寝ぐせが簡単に解決できる「効率化」だと思います。

ショートやミディアムスタイルなど、寝ぐせがつきやすい長さでは、一度ついてしまうと直すのに一手間かかります。それを簡単に解決できるとなったら、魅力を感じてしまいますよね。

さらに、朝からシャンプーをすることによって爽快感もあり、仕事などの効率化に繋がりました。

 

しかし逆に、朝シャンをすることによって、必要な皮脂まで洗い流してしまい、地肌の乾燥やダメージにもなるというデメリットもあります。そして夜にシャンプーができないことから、清潔面は悪くなります。

夜シャンのメリットについてもまとめてみました。

MEMO
  • 1日の汚れをスッキリとることができる
  • 清潔な状態で就寝できる
  • 時間にゆとりがもてる
  • 夜にリラックスする
  • 熟睡できる
  • 地肌にとって良い
夜シャンでは、やはり地肌が清潔になるというのが、一番のメリットではないでしょうか。

汚れが残っている状態では、熟睡の邪魔になる上に、地肌環境にも悪いのです。そのため朝シャンの習慣がある人には、つらいだろうけど夜シャンの方が、健康的ではあります。

>>朝シャンのメリット・デメリット

 

7章:湯シャンについて

 きし
湯シャンについてもお話します。
 

つま

湯シャンはきちんとすれば、シャンプー剤を使わなくてもキレイになるんですよ〜。

お湯シャンとは、シャンプーを使わずに、お湯で洗髪することを「お湯シャン」と言います。

抜毛や薄毛というのは、アラサーやアラフォーだけの悩みではなく、今や若い人達の頭を悩ませる問題のひとつとなっています。

その原因の1つに毎日使っているシャンプーにあるため、若い人達のシャンプー離れが起こっているのです。

「シャンプーやトリートメントを使わずにちゃんと汚れがとれるのか?」

と不安になりますよね。

シャンプーを使わないと、地肌に汚れが残っていそうで、不潔なイメージです。しかし、お湯シャンに切り替えた人の話によると、皮脂でベタついたり、ギラギラすることもないようです。

しかし、これはキチンと「お湯シャン」ができていればの話です。

 

やり方を間違えれば、汚れも残りますし、それによってニオイになり、悪化すると、抜毛や薄毛の原因にもなるので、注意が必要になります。

本来では、地肌も髪も傷みやすいといわれている日本人はシャンプーが必要となります。

 

正しくシャンプーできないことで…

MEMO
  • 皮脂がが過酸化脂質に変化する
  • 毛穴に汚れがつまる
  • 頭皮トラブルが発生してヘアサイクルが乱れる

頭皮はこのように何層にもなっているものです。

この表皮という部分に汚れがたまり、毛穴をつまらせてしまうことで、地肌トラブルの起因になります。

なのでシャンプー剤を使用することをおすすめしています。

>>湯シャンのやり方

 

8章:シャンプーの価格について

 きし
シャンプーの価格ってどんなもので決まるのかを話します。
 

つま

いろいろなシャンプーを見てきましたが、シャンプーの価格もさまざまです。

シャンプーの価格とは何で決まるのか?

そして、高いシャンプーはいいのか、安いシャンプーは悪いのかを見ていきましょう。

シャンプーの価格は、主に成分で決まります。

まず、シャンプーのラベルを見ていただくとわかることなのですが、全てのシャンプーの主成分に「水」が入っております。その下にさらにたくさんの成分が入っています。

価格というのは、その「成分」と「成分の量」によっても違います。

例えば、同じ成分を使われた1,000円のシャンプーと3,000円のシャンプーがあったとしても、この値段は水の量成分の量で違います。

もちろん、低価のシャンプーは水の量が多く、高価なシャンプーは成分の量が多くなっています。

人工的に量産できる成分を使用しているシャンプーの価格は安くなり、自然由来の成分を使用しているシャンプーの価格は高くなります。

自然由来や有機栽培などの成分を使用しているオーガニックシャンプーや、ボタニカルシャンプーなどの希少な成分を使ってるシャンプーの価格は高めの設定が多いです。

つまり、頭皮の地肌や、髪に良いシャンプーはどうしても価格が高くなってしまうということです。

MEMO

そのほかに、シャンプーの価格とは…

  • 成分
  • 広告費
  • デザインやパッケージ
  • ブランド

などもあります。

>>価格について

 

9章:シャンプー剤の構成

 きし
さまざまなシャンプーの種類について知りましょう。
 

つま

シャンプーにはさまざまな種類があり、それによって原材料が違うんですよ。

シャンプー剤には、さまざまな種類があってそれによって原材料や成分が違います。

髪をキレイにするものから、地肌に優しいもの、さまざまな目的によって使うシャンプーが違います。

まずは、シャンプーの種類を知りましょう。

  1. 高級アルコール系シャンプー
  2. 石けん系シャンプー
  3. アミノ酸系シャンプー
  4. オーガニックシャンプー(ボタニカル)
この4種類のシャンプーになります。
それぞれの種類にメリットやデメリットがあるために、どのシャンプー剤を使うかというのは人によって変わります。

分かりやすくグラフにしてみました。

 種類高級アルコール系石けん系アミノ酸系オーガニック(ボタニカル)
洗浄力高い高い弱い弱い
刺激強い普通低刺激低刺激
メリット低コストに抑えれる低コスト、自然志向髪や頭皮に優しい髪や頭皮に優しい
 きし
次に、シャンプー剤の成分構成についてもお話します。
 

つま

こんな感じでシャンプーができているんだってことを知っていきましょう。

シャンプー剤には、いい成分が入っていれば髪に良いとされていますが、シャンプーには構成ということも重要になっています。

シャンプー剤は主に次のもので構成されています。

  • 水(精製水)
  • 界面活性剤
  • 頭皮に良い成分
  • 髪に良い成分
  • 香料
  • 着色料
  • 防腐剤
この7つからの成分構成となります。

>>原材料・成分

 

10章:カラーシャンプーについて

 きし
カラーシャンプー(ムラシャン・アッシュシャンプー)について知りましょう。
 

つま

普通のシャンプーとの違いもたくさんありますよ。

ムラシャンとは、HC染料の含まれた紫色のシャンプーのことです。

当然ですが、シャンプーなので界面活性剤も入っているので汚れも取れるし、その上で染料も入っているのでカラーサポートもできるとなれば一石二鳥となるシャンプーです。

MEMO

HC染料とは、HC染料は2001年4月の化粧品規制緩和により、新たに使用可能となったヘアカラー用の原料で、ヘアマニキュアやカラートリートメントだけでなく、化粧品で利用されている染料です。

>>HC染料について

ジアミンフリーなので、頭皮にアレルギーがある方も染みることがなく、安心して使うことができます。

ムラシャンがおすすめの人

どんな人にムラシャンをおすすめするかというと、髪色をキレイにキープさせたい人です。

「色持ちが悪い」「すぐ色がなくなる気がする」「色を簡単に長持ちさせたい」という人にはうってつけのシャンプーです。

  • ブリーチ毛全般
  • ブリーチカラーしてる人
  • アッシュ系カラーを長持ちさせたい人
  • 髪の黄色っぽさが気になる人

つまり、ざっくりムラシャンを紹介すると、ヘアカラーのサポートができるシャンプーということになります。

キレイな髪色というのは、退色するのも早いです。

例えば、ブリーチカラーの退色目安として…

“ポイントは…”
  • 1週間〜 色が薄くなってくる
  • 2週間〜 色が抜けてくる
  • 3週間〜 黄色みがでてくる
  • 4週間〜 染め頃。カラーがおすすめです

最長でも4週間、つまり1ヶ月ほどで退色する目安になります。

え〜早すぎるよ〜…

と思うけど、キレイなブリーチカラーもしたい!

そんな人にはムラシャンがおすすめ。

紫シャンプーの染料で簡単に色のサポートをしてくれるということです。

ムラシャンアッシュシャンプー