おすすめシャンプーランキング30選

オーガニックシャンプーの特徴と他のシャンプーとの違い

3 min

きしです。

前回の記事では、ノンシリコンシャンプーでもある3種類を分かり易くお伝えしました。

今回の記事からはオーガニックシャンプーについてお話します。

オーガニックシャンプーってどういうもの?普通のシャンプーとどう違う?

こういった疑問にお答えします。

この記事のポイント

オーガニックシャンプーの特徴と他のシャンプーとの違い

数年前から流行している自然由来の素材で構成されているオーガニックアイテム、飲食物はもちろん服などにも応用されていることから認知度も高く、根強い人気のあるワードになります。

もちろんシャンプーにもオーガニック素材のアイテムがあり、昔は種類が少なかったことがデメリットではありましたが、少しずつ増えてきていて、使いやすいアイテムが非常に多くなっています。

そんなオーガニックシャンプーですが、頭皮や髪にいいってことは分かるものの、実際のところでは内容自体よく分からないというのが大半です。

そこで当記事では、「オーガニックシャンプーの特徴」について、これからオーガニックシャンプーを使おうって人のために分かりやすくお話します。

この記事の著者

美容ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

PROFILE
プロフィール


運営者は、美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

【PR】

オーガニックシャンプーについて

きし

きし

オーガニックシャンプーについてお話します。

オーガニックシャンプーは、頭皮だけでなく髪にも安全性の高いシャンプーです。

つま

ゆきな

オーガニックは「有機」という意味です。

有機とは有機栽培のことで、化学肥料や農薬を全く使用しない農作物を育てる農法のことです。

自然由来の成分を使用しているため、オーガニックシャンプーは無添加の物が多く毛髪・頭皮に優しいシャンプーです。

オーガニックシャンプーの特徴

きし

きし

人体に対する安全性が高く、無添加よりも基準が厳しいオーガニック製品が、人体に安心、安全であるということが一番の魅力です。

  • 有機栽培成分中心の構成
  • 種類はまだ少ない
  • 人体に安心・安全
  • 地肌トラブルが軽減する
  • アレルギーにも効果的
  • 髪はきしみやすく、使用感がやや微妙

オーガニックシャンプーとは、化学合成農法や化学肥料は使わず有機肥料などによって栽培された素材を使用したシャンプーのことで、オーガニック認定を受けた成分が入っているシャンプーのことです。

MEMO
  • ラウロイルメチルアラニンナトリウム
  • ココイルグルタミン酸ナトリウム

と、いったアミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でかつ洗浄力もあるためオーガニックシャンプーに使用されることが多いです。

ただし、このようなお肌への刺激が少ない成分は通常のシャンプーの成分に比べてコストが高く、その分シャンプーが高価になりがちです。

オーガニック植物を使っていたとしても、成分を抽出するために溶剤が使われている製品や、洗浄力が強い成分を含んでいる製品もあるため、やはり購入の際は「オーガニック」という言葉だけで判断せずに、きちんと内容を確認することが大事であるといえます。

注意

オーガニックシャンプーというだけで選ばないようにすることが重要になります。 オーガニック成分が配合しているではなく、どのくらいの割合で配合されているかを確認しましょう。

オーガニックシャンプーは『ノンシリコンシャンプー』

きし

きし

オーガニックシャンプーのほとんどがノンシリコンシャンプーとなっています。しかし、中にはノンシリコンでないシャンプーもあります。

頭皮や髪に優しいということをコンセプトとしてつくられているために、これらのノンシリコンシャンプーは髪や頭皮に良いのです。

ですが、ノンシリコンではないオーガニックシャンプーも存在します。

ノンシリコンは髪や頭皮に優しいという利点があるように、シリコンには髪の手触りや見た目をキレイにするという利点があるのです。これは同じようで全く別のポイントになります。

まずシャンプーという大きなカテゴリーから派生するのが、

①「サロンシャンプー」と「市販シャンプー」です。

そこから派生するのが

②「シリコンシャンプー」か「ノンシリコンシャンプー

シリコンシャンプーには「アミノ酸シャンプー」

ノンシリコンシャンプーの中に「オーガニックシャンプー」、「ボタニカルシャンプー」、「スカルプシャンプー」があるのです。

ノンシリコンシャンプーとオーガニックシャンプーの違いって何?

という質問もよく受けますが、ノンシリコンとオーガニック自体は実は同じで、ノンシリコンシャンプーというカテゴリーの中にボタニカルシャンプーやオーガニックシャンプーなどがあるということです。

また同じようにシリコンタイプのオーガニックシャンプーもあるため、はじめの内はややこしく聞こえてきますが、柔軟に理解する必要があります。

関連記事オーガニックシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

まとめ

きし

きし

オーガニックシャンプーとは「有機栽培」で、頭皮地肌への負担を軽くしているのでアレルギーがある・頭皮が敏感(びんかん)な人におすすめです。

しかし、使用感が微妙なものが多いため、ダメージ毛の人や髪を傷ませたくない人には不向きになるかもしれません。

つま

ゆきな

オーガニックシャンプーはほとんどが、ノンシリコンシャンプーになっているのでアレルギーのある人や、フケのでやすい乾燥肌の人には効果的なシャンプーの一つです。

自分のあったシャンプー探しのヒントになれば幸いです。

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

岸 和希

岸 和希

運営者

きしろぐ運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスなどのレビューもしています。

カテゴリー:
【PR】
関連記事