美容師がおすすめのヘアケアセット

【使用量】シャンプー剤の適量についてを美容師が解説【長さ別毛量別グラフ付】

【使用量】シャンプー剤の適量についてを美容師が解説【長さ別毛量別グラフ付】

この記事の内容

シャンプー剤の使用量(適量)の解説

あなたは1度のシャンプーはどのくらいの量を使用されますか?

シャンプーなんか適当にしてればいいんじゃない?

と、あなどってはいけません。

毎日するシャンプーは1日1回であったとしても、365日で365回もシャンプーをします

そんな毎日するシャンプーもやり方が間違えば髪にも大きな負担がかかります。

シャンプーの使用量にもおなじことがいえます。

ちりも積もれば山となる」ように、適量と使いすぎは全く違います。

自分の髪の長さや量によって違うシャンプーの使用量を、まずは知って正しくシャンプーをしましょう。

当記事では、1度のシャンプーの適量についてをシャンプーを毎日する美容師が分かりやすくお話します。

 

シャンプー剤の使用量はどのくらいなのか

シャンプー剤の使用量はどのくらいなのか

 きし
シャンプーをする時に気になるのは使う量、無駄をなくすというのはとても大事なことです。

つま

シャンプーの使う量には注意して節約しながら髪をキレイにしましょう。

シャンプーの適量とは、どのくらいが適量になるのか?

それに対して大切になってくるのは…

  • 髪の長さ(ショート・ミディアム・セミロング・ロング)
  • 髪の量(毛量が多いor毛量が少ない)
  • 髪の硬さ(軟毛or硬毛)

に、よって適量は変わります。

普通の毛量と普通の硬さぐらいを、髪の長さ別にグラフ化すると…

 レングス(長さ) 毛量(普通)+髪の硬さ(普通)
ショート1.5プッシュ
ミディアム・ボブ2プッシュ〜2.5プッシュ
セミロング2.5プッシュ
ロング3プッシュ

このような数字が、シャンプーの適量になります。

髪の長さは髪の多さは、たんじゅんにシャンプーが普通よりも必要になります。

硬い髪というのは、水分をはじきやすいので、シャンプーの泡立ちがわるくなりやすいのです。

 

もちろん髪の量が多いと、シャンプー量が多くもなりますし、髪が硬いとシャンプーの泡立がわるくなったりします。

逆もあり、髪の量が少ないと普通よりも少なめが適量といったように、髪質によって適量は変わります。

 

適量のシャンプーには「お湯すすぎ」が重要

 きし
髪のすすぎはシャンプーの土台になります、しっかりとすすぐことにより泡立ちはよくなります。

シャンプーをする時のシャンプーの泡立ちの良さというのは、「シャンプーの量+ 水分の量+空気との摩擦」によって変わります。

ポイント

  • 髪はシャワーのお湯ですすぎましょう
  • 髪よりも頭皮をかくようにしましょう
  • 時間的には2〜3分程度
  • 上を向いてシャワーを上➔下に流すようにして全体によくすすぐようにしましょう。
お湯のすすぎも、丁寧にしてあげましょう。

その他にも、ブラッシングや予洗いによって、泡立ちは変わるので工夫をしてあげましょう。

髪をキレイにする方法6選|美容師が教える自宅で今すぐできる正しいシャンプーの方法

 

適量を長さ・毛量別にそれぞれグラフ化

 レングス(長さ)毛量(少)+軟毛毛量(少)+硬毛毛量(普)+軟毛毛量(普)+硬毛毛量(多)+軟毛毛量(多)+硬毛
ショート1P1.5P1.5P2P2P2P
ミディアム・ボブ1.5P2P2P2.5P2.5P2.5P
セミロング2P2P2P2.5P2.5P2.5P
ロング2P2P2.5P3P3P3P

長さ別、毛量別、硬さ別にグラフ化をしてみました。

いかがですか?自分の当てはまるポジションはどこに当てはまりますか?

もしこれで、シャンプーが泡立ちにくい場合は、やり方に問題があるケースがあります。

シャンプーの量を調節するだけでなく、シャンプーのやり方にも見直しをかけるのもひとつです。

基本的な適量としては、ロングヘアーでもシャンプー剤は、3プッシュもあれば事足ります。使用量の使いすぎはコスパが悪くなるので、注意しましょう。

しかし、どうしても泡立ちが足りない場合は、1プッシュだけ追加しましょう。

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

 きし
シャンプーの適量についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

つま

適量を知ることで、正しいシャンプーをする目安にもなりますよ。

シャンプーの適量を知ることで、髪をキレイに扱いながらも節約することができます。

無駄を省いて、適切なほうほうでシャンプーをするのも大事になります。

適量を理解したら、シャンプー自体を変えてあげることで、髪や地肌への負担もへります。さらに、上記のグラフは市販シャンプー剤を目安にしています。サロンシャンプーの場合は泡立も良いのでもう少し適量は少なくすみます。

【サロンシャンプー30選】美容院専売・美容師のおすすめランキング【サロンシャンプー30選】美容院専売・美容師のおすすめランキング

シャンプーを変えてあげるだけではダメですが、合わせて参考にしてもらうと、髪がどんどんキレイになっていきますよ。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。