美容師が本気でおすすめするシャンプー

ミルボン「プラーミア エナジメントシャンプー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

「プラーミア エナジメントシャンプー」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

プラーミア エナジメントシャンプー&トリートメントのレビュー

有名なサロン専売ブランドでもある「MILBON(ミルボン)」。ヘアケアなどのシャンプーだけでも幅広いラインナップが特徴の一つです、とくに人気のあるサロン専売ブランドです。

その中の「プラーミア」シリーズ。

今回紹介する「プラーミア エナジメントシャンプー&トリートメント」は、年齢により乾燥した毛髪内部の水分バランスを整えるシャンプーになっています。

https://shampoo.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2919.jpgきし

軟毛用と硬毛用の2種類があり、自分の髪質に合わせて選ぶことができるエイジングケア用アイテムになっています。

そんなサロン専売品アイテムでもある「プラーミア エナジメント」シリーズについてを今回はレビューしていきます。

そこで今回の記事では、プラーミア エナジメントシャンプーの特徴や実際に使ったレビューを分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

 

実際に「プラーミア エナジメント シャンプー」を使ってみた

プラーミア・エナジメント

MILBON(ミルボン)

 

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

 

 

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

 スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

 きし
実際にプラーミアエナジメントシリーズを使っていきます。

プラーミアはとてもデザインが良くて、それだけでなくシャンプーも使いやすいものになっています。毛先までしなやかに、まとまりのある髪にしてくれるシャンプー&トリートメントです。

https://shampoo.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2034-2-1.jpg
つま

プラーミアエナジメントシャンプーは、髪や頭皮がエイジング現象で変化した髪を集中ケアしてくれます。

シャンプーに含まれるオウゴンエキスが水分をたんぱく質の変化やバランスを整えて髪をまとまりのある状態にします。

実際に購入してみました

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

プラーミア エナジメントのレビュー①:手に馴染むフォルム

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

まずはデザインですが、とてもシンプルの中にも個性があるボトル。

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

ザラっとした質感があるので、滑り止め効果もあるので滑って落としやすいところでも安定して使うことができます。

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

200mlサイズではポンプ式ではない直接出すタイプになっています。ストレスがないように開けやすい仕様になっているのがポイントです。

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

トリートメントもシャンプーと同じようなデザインになっていてシンプルです。

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

シャンプーと並べておいても違和感がないです。

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

トリートメントはキレイなクリアな色で、香りもフルーティな漂いフタを空けるだけでリラクゼーション効果があります。

「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

プラーミア エナジメントの成分構成

エナジメントシャンプー成分

水・ラウレス硫酸Na・DPG・イソステアラミドプロピルベタイン・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・ラウレス-6酢酸Na・コカミドプロピルベタイン・コカミドメチルMEA・加水分解ダイズエキス・オウゴンエキス・ユキノシタエキス・チューべロース多糖体・ココイルアルギニンエチルPCA・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-52・PCAイソステアリン酸PEG−40水添ヒマシ油・ラウロイルアスパラギン酸Na・ラウレス-16・塩化Na・クエン酸・BG・グリセリン・エタノール・水酸化Na・1.2-ヘキサンジオール・カプリリルグリコール・香料

エナジメントトリートメント成分

水・ステアリルアルコール・セタノール・ジメチコン・エタノール・ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド・ジアルキルジモニウムクロリド・加水分解ダイズエキス・セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク・セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド・チューべロース多糖体・アルギニン・イソノナン酸エチルヘキシル・ヒドロキシエチルセルロース・ジココジモニウムクロリド・ジステアリルジモニウムクロリド・ステアルトリモニウムクロリド・ラウレス-5・アモジメチコン・ジメチコノール・ポリシリコーン-9・クエン酸・グリセリン・イソプロパノール・フェノキシエタノール・香料

成分だけ見ると中々ひどいですね。ラウレス硫酸Naに加えて、オレフィン、スルホン酸Naが入っているため洗浄成分がもりもり構成されているので見る人が見れば「これはヤバイな」というイメージを持つのは仕方ありません。

とは言え、エキス系、ベタインなども構成されているので、悪い成分だけではありません。

実際に使ってみないと分からないので使用感を見ていきたいと思います。

プラーミア エナジメントのレビュー②:高い保水力とバランスの良い使用感

STEP.1
シャンプー

 

まずはシャンプーです。

直接出すタイプなのですがとにかく香りが良いです。

ミルボンは香料がちょうどよいというか、センスが抜群なのが特徴です。

 

STEP.2
シャンプーの泡の質

 

泡立ててみましたが、ラウレスやオレフィンが構成されているので泡立ちが良いですが、シャンプーの泡の質は良いとは言えない感じです。

 

泡の質はいたって普通の感じですね。

 

STEP.3
シャンプーの洗い心地

 

シャンプーをしてみましたが、泡立ちも良くて頭皮もつっぱりもせずに髪にひっかかりもしませんでした。

成分のわりに品質が高いです。

 

STEP.4
トリートメントを使ってみた

 

エキス系、クロリド系の成分が髪をキレイにしてくれます。

シャンプーを使用した後でも髪は結構キレイになるんだけど、さらにトリートメントでキレイにもなりますよ。ツルツルになってくれます。

 

STEP.5
仕上がり

ミルボンブランド「プラーミア エナジメントシャンプー」の美容師レビュー記事

 

ブローなしで乾かしただけの仕上がりでこんな感じに。

くせ毛も中々まとまりも良くなってくれてブローなしのわりに中々まとまりのある髪になってくれます。

髪が少しふわふわしてしまうところは気になるところですが、使用感から踏まえてもかなり良い感じです。

 

STEP.6
まとめ
プラーミアエナジメントシリーズのレビュー
洗浄力
(4.5)
保水力
(3.0)
香り
(4.5)
使いやすさ
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

こういう感じになります。

全体的な感想としては…

【プラーミアの良いところ】

  • 洗浄力がある
  • 使用感も中々高い
  • 香りがちょうど良い
  • トリートメントもツルツルになる

【プラーミアの悪いところ】

  • 成分が気になるので長期的使用すると微妙か
  • 今のところそれほど大きなポイントはない

こんな感じでしょうか。

プラーミア エナジメントのレビュー③:くせ毛などにも相性が良いアイテム

実際に使ってみた印象的にはかなり品質の高いシャンプーだと感じます。

 

シャンプーの泡立ちも良くて使用した後も髪へも優しい洗い心地に、加えて香りも丁度よいのでストレスが全くなシャンプーです。トリートメントも品質が高くてキレイにしてくれてツルツルに、さらにまとまり良くしてくれます。

成分だけ見ると、批判する気持ちも分かりますが、成分を気にしなくても良いぐらい使用感が良いシャンプー&トリートメントでした。

使ってみるとビビりますが、かなりツルツルでキレイにしてくれます。

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

この記事では、「プラーミア エナジメント」シリーズのシャンプー&トリートメントについて書きました。

 きし
プラーミアエナジメントシャンプーとトリートメントを使ってみましたが、かなり品質も高く使いやすいシャンプーです。
この記事のまとめ
  1. シャンプーもトリートメントも使いやすくてとくに香りが良い
  2. 成分が気になる方使わない方がいい
  3. コストは高いのですが見合った内容でおすすめ

実際に使ってみて記事にしてみましたが、かなり品質は高いですがシャンプーとトリートメントを合わせると4500円を超えるので慎重に考えて選んでみてください。

 つま
それなりにコストもかかりますが、内容がいいのでおすすめ。

それでも使ってみた感じでは高くはないと考える内容です。とはいえ、成分だけ見たミルボンアンチもいるように成分内容が気になるところでもあります。

つまり、成分が気になる方は使わない方がいいし、成分なんか気にしないっていう人なら全力でおすすめする内容になっています。

「ミルボン」ブランドの関連記事

 

たくさんあるミルボンブランドのシャンプーをまとめている記事です、サクッと読みたい人向け。

 

まとめ記事ミルボンシャンプーランキング

まとめ記事オージュアの教科書

 

その他のシャンプーもそれぞれの特徴を分かりやすくお伝えしています。

 

関連記事グローバルミルボンの記事

関連記事リシオの記事

関連記事ジェミールフランの記事

関連記事プラーミア エナジメントの記事

関連記事プラーミアエンリッチドの記事

関連記事プラーミア クリアスパフォームの記事

関連記事インフェノムの記事

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください