美容師がおすすめのヘアケアセット

「Saborino(サボリーノ)」トリートメントシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

「Saborino(サボリーノ)」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

Saborino(サボリーノ)のシャンプー&トリートメントのレビュー

シャンプーを始め、コスメやスキンケア用品にも力を入れているBLC。

忙しい現代女性にも、”サボっても綺麗でいられる”をコンセプトにしたコスメブランド「Saborino(サボリーノ)」シリーズ。

市販品でもあるSaborino(サボリーノ)のトリートメント・イン・シャンプーを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてSaborino(サボリーノ)のシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話ししていきます。

この記事で分かること

  • サボリーノを選ぶポイント
  • サボリーノのおすすめポイント
  • 実際に「サボリーノ」を使ってみたレビュー

 

実際に「Saborino(サボリーノ)」のシャンプー&トリートメントを使ってみた

Saborino(サボリーノ)

BLC

 

アミノ酸系 ノンシリコン アミノ酸系 ボタニカル 

ラウレス硫酸NAフリー スカルプ

 きし
トリートメントシャンプーの「サボリーノ」を実際に使ってレビューを書いていきます。

つま

トリートメントもオイルもいらず、髪や地肌も速乾とのことです。これで髪もサラサラなら時短も含めてかなり魅了的。

サボリーノは髪と地肌を「手早くクレンズ」がテーマのトリートメントシャンプーです。つまりコンディショナーやトリートメントが要らないオールインワンシャンプーということです。

そしてスキンケアにも力を入れているメーカーだけあって、保湿成分も多く配合されています。

サボリーノシャンプーの美容成分

  • オレンジ油
  • チャ葉エキス
  • ローズマリー種子油
  • ローズヒップ油
  • オリーブ果実油
  • ホホバ種子油
  • シア脂
  • アンズ核油
  • ユーカリ葉油

市販の中では安くない料金だけあって、オーガニックな美容成分がズラリと揃っているだけでなく、スキンケア成分とクレンジング成分を合わさったノンシリコンシャンプーが大きな特徴となります。

実際に購入してみました

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

フルーティーバカンスの香りということだけあって、フルーツ系で可愛いパッケージ。

ボトルは高さが低いわりに容量は450mlと、かなりの大容量で安定感があります。

しかし、デザインはビニールのパッケージに書いてあるだけなので、無地のボトル自体の安物感は否定できません。

詰替もありますのでリピートするなら同ボトルを使用することになると思いますが、しばらくすると剥げてくると残念な感じになりそう。

ボトルデザインをトータルすると、少し安物感があるため、少し高めの価格設定のわりには少し微妙な印象となります。

シャンプー成分

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、グリセリン、ココイルメチルタウリンNa、アーモンド油、アンズ核油、オリーブ果実油、オレンジ油、カニナバラ果実油、シア脂、ダイズイソフラボン、チャ葉エキス、プロパンジオール、ホホバ種子油、ポリクオタニウム-10、マカデミア種子油、ユーカリ葉油、ルイボスエキス、ローズマリー葉油、BG、PPG-3カプリリルエーテル、PPG-7、エタノール、カオリン、クエン酸、クエン酸Na、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルグルタミン酸Na、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ポリソルベート80、ミリスチルベタイン、メドウフォーム油、メントール、レシチン、塩化Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

次に成分を見ていきます。

洗浄成分には、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、グリセリン、ココイルメチルタウリンNa、とそれなりにマイルドな洗浄力で使用感を良くするためにグリセリンやコカミドが構成されているのでシャンプーだけでも良い手触りにもしてくれそう。

加えて、アーモンド油、アンズ核油、オリーブ果実油、オレンジ油、カニナバラ果実油、シア脂、ダイズイソフラボン、チャ葉エキス、プロパンジオール、ホホバ種子油、マカデミア種子油、ユーカリ葉油、ルイボスエキス、ローズマリー葉油、など美容成分も良い感じに構成されています。

とはいえ、ダメージ補修するための成分はほとんどなく、オールインワンシャンプーとしての成分としては少し役不足感は否めません。

 きし
個人的には、成分の構成ではかなり良さげな印象です。洗浄成分も強すぎず、美容成分もしっかり入っています。

ということで、実際に使って使用感を見ていきます。

STEP.1
シャンプー

シャンプーを出してみると強すぎないシトラス系のいい香り。

サボリーノは「フルーティーバカンス」の香りとなっています。

STEP.2
シャンプーの泡立ち加減

シャンプーを手のひらで伸ばしていくと、感じますが粘度は高めになっています。

が、泡立ちはいいのですが、泡は少し水っぽく濃厚とは言えない感じは少し残念。

STEP.3
シャンプーの洗い心地

 

洗い心地は期待は超えてこないのが正直なところ。

シャンプー中も洗い上がりも髪のきしみがあり、頭皮のつっぱり感もありました。やはりオールインワンシャンプーとしては少し無理があるかなぁという印象です。

男性のようなショートヘアには使えますが、女性には使えないかなというような結論に。

STEP.5
まとめ
サボリーノのレビュー
洗浄力
(4.5)
保水力
(2.0)
香り
(4.0)
頭皮改善
(2.5)
使用感
(2.5)
補修力
(2.0)
育毛力
(3.0)
コスパ
(2.5)
おすすめ度
(3.0)

こういう感じになります。

全体的にまとめると…

サボリーノの良いところ

  • 香りが爽やかでメントールも少量入っており、洗っていて爽快感がある。
  • 軽めの仕上がりなので、ベタつきが気になる人にむいている。

サボリーノの悪いところ

  • 1番の特徴であるトリートメントが不必要は言い過ぎ。
  • 髪のダメージや質感を気にしている人には不向きなので、使う人を選ぶ印象。

こんな感じでしょうか。

  • 実際に使ってみた印象としては、速乾も売りで確かに乾くのは早く感じましたが、必要であるはずの保湿が軽すぎるため、やはりおすすめはあまりできないシャンプーでした。

実際に使ってみた感じでは、同じトリートメントいらずのハグムに比べてしまうと、評価は辛口になってしまいます。

個人的には、ダメージヘアだけでなく、ロングヘアの女性にはおすすめはできないシャンプーということです。

成分的にも悪いシャンプーではないので、きっちりトリートメントやアウトバスのアイテムと併用すれば、それなりのパフォーマンスは発揮してくれると思います。

しかし、それだとそもそものコンセプトから外れる上に、ダメージが気になる人にはシャンプー1本ですまないのであれば、わざわざサボリーノを選ぶ必要性は感じないかなと思います。

サボリーノのコンセプトとして、時短だけを重要視すれば悪いシャンプーではないのですが、それにクオリティがついてきてるかは微妙なところ。

トリートメントいらずや速乾の代わりに、保湿力が犠牲になっている感じは否めず、地肌ケア・保湿・速乾・シリコンフリーと欲張りすぎて、どれもが中途半端な仕上がりです。

オススメするとしたら、黒髪でパーマなどはしていないノーダメージの人で、少しいいシャンプーが使いたい人と、かなり幅は狭めですね。

ダメージが気になるならやはり、時間や手間はある程度かかってしまうと再認識しました。

つま

総合すると、女性にはおすすめできないシャンプーというのが個人的な結論になります。やはりキレイな髪には手間はかけるようにしましょう。

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

この記事では、「Saborino(サボリーノ)」のトリートメントシャンプーについて書きました。

 きし
実際に使ってみましたが、シャンプーのコンセプトは面白いし、好きな人は好きな印象です。

つま

しかし、サボリーノ1本でダメージヘアの女性を満足させるクオリティはないため、おすすめしづらいシャンプーでした。

あくまでも個人的な見解になっているので参考程度にしてくださいね。

わりと高めな値段設定になっているため、そう考えると微妙でした。

サボリーノのトリートメントシャンプーを使う前の参考にどうぞ。

 

最後に3つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてあるシャンプー、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてあるシャンプーを紹介しています。さらにその中で今一番おすすめしているシャンプーを3つ目の記事にピックアップしています。

シャンプーを探す時の参考にしていください。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください