『サイトマップ』へ

サロン専売品?市販品?それぞれの違いと正しい選び方

10 min
おすすめシャンプー(市販品
  1. どれを選べばいいか分からない
  2. 髪質と合うものを使いたい
  3. キレイな髪をつくりたい
一緒に相性の良いシャンプーを探そう!

きしです。

「1から学ぶ美髪つくりの方法(シャンプー編)」の14回目の記事になります。

本格的にシャンプーを選ぶ専門的な部分にアプローチします。

やはり一番重要になるのは、「価格は高いけど品質が高いサロン専売品か、価格は安くて品質はやや劣るものの使いやすい市販品か」ということについてお伝えします。

本質的にはどちらが良いという話ではなく、どちらが自分に相性が良いか(優先させるのか)について考える必要があります。

この記事で分かること
  • サロン専売品と市販品の違いについて
  • それぞれの特徴
  • メリット&デメリット

もし「自分の髪や頭皮に、相性の良いシャンプーを使えていますか?」と質問されると、ちゃんと答えることができますか。

シャンプーなんか適当なものでしてればいいんじゃないの?

と、あなどってはいけません。毎日するシャンプーは1日1回であったとしても、365日で365回もシャンプーをします。そんな毎日するシャンプーも髪に合っていないと、髪だけでなく頭皮にも大きな負担となります。

そんなシャンプーには、サロン専売品と市販品があります。

自分の相性の良いシャンプーを見つけるために、まずこの2つの要素を知る必要があります。

当記事では、毎日シャンプーを使う美容師がサロン専売シャンプーと市販シャンプーの違いについて分かりやすくお話します。

スポンサーリンク
この記事の著者

美容師ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

美容室を経営&現役美容師プレイヤーをしながら、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤のレビューもしています。

「サロン専売品」と「市販品」について

きし

きし

まずはなぜサロン専売のシャンプーと市販シャンプーの違いについてお話します。

サロン専売品は、何となく良いものだということは知っているけど…っていう人が多い印象です。

つま

つま

サロンシャンプーとは?

【人生激変】美容師おすすめ「サロンシャンプー」20選!

サロンシャンプー(サロン専売品)は、シャンプーやトリートメントなどの化粧品を取り扱うメーカーが、美容師やメイクアップアーティスト美容のプロフェッショナルが使用するためにつくられた化粧品のことです

多くは美容室(美容院)やエステティックサロン、クリニックといった美容に関する専門性の高い店舗で販売しています。

主なメリットには、品質の高さ・安全性(市販品と比較すると)や、種類の豊富さからの、プロフェッショナルへの相談アドバイスなどによって、自身に的確なアイテムが使用することができるところにあります。

とはいえ市販品と対をなすようにメリットもあれば逆を言えばデメリットもあるため、髪の悩みや状態を見極める必要があります。

メリット&デメリット

メリット
  • 品質と使用感の良さ
  • アドバイスを受けられる
  • 専門性が強い
残念
  • 取り扱い店舗がない場合もある
  • プロフェッショナルとのコミュニケーションが必要
  • 価格が高いものが多い
きし

きし

これらを総して「サロンシャンプー」や「サロン専売品」と呼びます。最近では種類も多く、迷いやすいので、次は良い市販シャンプーの選び方を分かりやすくお話します。

サロンシャンプーの魅力

【人生激変】美容師おすすめ「サロンシャンプー」20選!

サロンシャンプーには魅力がたくさんありますが、なんといっても髪や頭皮をキレイにすることで「未来のキレイな髪をつくる」ということに魅力があります。

ヘアケアに取って大切な ことは,まず頭髪が生えてくる皮膚のケアを忘れないことです. 皮膚から生えた頭髪はすでに死んだ組織であって,皮膚のように生きた組織とちがって,不 適切な取扱いにより損傷を受ければ,その傷を自分の力で補うことはできません.従って頭皮を大切にして,丈 夫なヘアを育成させることが肝要です.

参照:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

【人生激変】美容師おすすめ「サロンシャンプー」20選!

すこやかな頭皮は、これからの髪をつくるための土台となるので、できるだけ早いうちからの美容意識が必要となると考えています。

頭皮を含め皮膚は,身体を覆い全身を保護し,呼吸,
分泌,体温の調節,知覚などを行う人体最大の器管であ
り,頭髪の生育に重要な役割を果 して います

参照:ヘアケアの科学❘ライオ ン家庭 科学研究所

サロンシャンプーの良い成分まとめ

【人生激変】美容師おすすめ「サロンシャンプー」20選!
  • ココイル系(洗浄成分)
  • ペタイン系(洗浄成分)
  • ヘマチン(補修成分)
  • ケラチン(補修成分)
  • ◯◯オイル(保湿成分)
  • ◯◯コラーゲン(保湿成分)
  • グリチルリチン(保湿成分)
  • ヒアルロン酸(保湿成分)
  • ◯◯エキス(保湿成分)
  • ◯◯オイル(保湿成分)
  • ◯◯油(保湿成分)
  • 加水分解◯◯(保湿成分)

一例ではありますが、よく見かける成分になります。髪の水分保有率を高めてくれるのが上記のような成分です。

このような成分が配合されているものはおすすめです。

逆に、「ラウリル◯◯」や「ラウレス◯◯」といった成分は硫酸系成分なので、頭皮や髪への刺激が強いので注意が必要(すべてがダメというわけではない)です。

必ずシャンプーのラベルには成分は明記されているので、不安な場合は確認してから購入することを考えるのも良いでしょう。

サロンシャンプーはシリコンがいい?ノンシリコンがいい?

【人生激変】美容師おすすめ「サロンシャンプー」20選!
きし

きし

よくあるシリコンかノンシリコンの2極論争ですが、これはどちらの方が良いというわけではなく、髪質と悩みや目的によって使い分ける必要があります。

  • シリコンシャンプー=髪をキレイにする
  • ノンシリコンシャンプー=頭皮をキレイにする

簡単に訳するとこんなイメージです。ほんとはもっと細かく解説したいのですが、これまた長くなりそうなので割合させていただきます。

シリコンシャンプーがおすすめの人

  1. 髪が太い・硬い人
  2. 髪を補修したい人
  3. ダメージ毛
  4. エイジング毛

 ノンシリコンがおすすめの人

  1. 髪が細い・ハリがあまりない人
  2. 頭皮トラブルが起きやすい人
  3. ボリューム・ハリ・コシをだしたい人

大体こういう認識でOKです。

きし

きし

つまり、ノンシリコンが良いものでシリコンは悪いものという認識は間違いなので、髪に合ったものを選ぶようにしましょう!

市販シャンプーとは?

【コスパ最強】美容師おすすめ「市販シャンプー」20選

市販シャンプーは、スーパーやドラッグストアなど一般的な商店や店舗などで購入できる商品のことになります。

主なメリットには、価格の安さ(サロン専売品と比較すると)や購入のしやすさ、種類の豊富さなどがあります。

とはいえサロン専売品と対をなすようにメリットもあれば逆を言えばデメリットもあるため、髪の悩みや状態を見極める必要があります。

メリット&デメリット

メリット
  • 価格が安いものが多い
  • 購入しやすい
  • 気軽に見ることができる
残念
  • ピンキリが大きい
  • 相談できない
  • 自分の髪質に合うものが分かりづらい
きし

きし

これらを総して「市販シャンプー」と呼びます。最近では種類も多く、迷いやすいので、次は良い市販シャンプーの選び方を分かりやすくお話します。

市販シャンプーは「成分構成」が重要

【コスパ最強】美容師おすすめ「市販シャンプー」20選

ランキング前に、市販シャンプーについて知っておくべき知識についてお話していきます。

「市販シャンプーはダメなのか?」この質問はよく聞くことです。

美容師などは安易に「市販シャンプーはダメ!サロンシャンプーでなければいけません!」という否定をしてしまいがちです。しかし、市販であろうとシャンプーはシャンプーです。

少し極端(きょくたん)ではありますが、石けんでシャンプーをすることを考えれば市販シャンプーの方がダントツでおすすめです。

順列をつけるとこんな感じ

>サロンシャンプー > 市販シャンプー > ボディソープ > 石けん

もちろん良いとされるシャンプーには、髪に良い有効成分が構成されていますし、そうでないものはただ洗浄・洗髪するだけだったりもします。

そして、市販シャンプーも髪に良い有効成分の大小の違いがあるので、髪がキレイになる市販シャンプースッキリ洗浄させることができる市販シャンプーに分かれます。

そのためある程度は良い成分を理解しておくと選ぶときの指針になってくれます

市販シャンプーの良い成分まとめ

  1. アラニン系(洗浄成分)
  2. ペタイン系(洗浄成分)
  3. オイル系(保湿成分)
  4. コラーゲン系(保湿成分)
  5. ヒアルロン酸(保湿成分)
  6. エキス系(保湿成分)
  7. 油系(保湿成分)
  8. ケラチン系(補修成分)

一例ではありますが、良い成分になります。髪の水分保有率を高めてくれるのが上記のような成分です。

このような成分が配合されているものはおすすめです。

逆に、「ラウリル◯◯」や「ラウレス◯◯」といった成分は硫酸系成分なので、頭皮や髪への刺激が強いので注意が必要(すべてがダメというわけではない)です。

必ず市販シャンプーのラベルには成分は明記されているので、不安な場合は確認してから購入することを考えるのも良いでしょう。

市販シャンプーは安全なのか?

【コスパ最強】美容師おすすめ「市販シャンプー」20選

市販シャンプーとはいえ、大半の人は安全に使えると言えるでしょう。

しかし、髪に良い有効成分はコストがかかるために、価格の安い市販シャンプーでは「頭髪を洗う」ことをメインに考えられているため、コストのかからない洗浄成分が多く入っています。

つまり、単純に価格の安いもの=髪に刺激が強い(すべてがそうというわけではない)と考えたほうがいいです。

そのため、頭皮にトラブルを起こしやすい人には市販シャンプーはあまりおすすめできません、市販シャンプーを使用してトラブルになるようなら「サロンシャンプー」を使用する方がいいでしょう。

市販シャンプーのおすすめ

この記事では、市販シャンプーの中でも2タイプの種類をおすすめしています。

  1. アミノ酸シャンプー
  2. ノンシリコンシャンプー

おすすめ① アミノ酸シャンプー

アミノ酸系シャンプーに使われている界面活性剤には、「〜グルタミン酸」がよく使われている髪をキレイにするシャンプー剤です。

  • 〜グルタミン酸
  • 脂肪酸
  • ヤシ油
  • アラニン
  • タウリン
  • グリシン

脂肪酸には、ヤシ油の中のヤシ油脂肪酸が多く使われています。

MEMO

ヤシ油とはココナッツの種から採れた油のことです。原材料はヤシ油が使われることが多いように、自然界にも存在するものを原材料に使っています。

そのため、価格は若干高くなりますが、頭皮に対してとても優しいシャンプーになっているんです。

おすすめ② ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプーの特徴の大きなポイントは、頭皮や地肌、髪に優しいということです。

  • 頭皮や地肌、髪に優しい
  • 種類が少ない
  • 髪はきしみやすい
MEMO

ノンシリコンのほとんどが、自然由来のオーガニックやボタニカルシャンプーになっているので、できるだけカラダに良いものを使いたいという人に、おすすめのシャンプーです。

しかし、自然由来のものは髪をキレイにする成分が、シリコンシャンプーに比べて少ないので、髪のきしみなどは気になる傾向にあります。

とこのように、ある程度の自分の目的と髪の状態(髪質やダメージなど)を照らし合わせることで選びやすさが変わってきます。探す時の参考にしてくださいね。

まとめに、この記事のアイテムは、ぼくたちが個人的な偏見と独断で選んでいるものとなっています。 というのも最近ではサロン専売のものがドラッグストアに流出されていて、市販品としても普通に販売されています。

そのため「美容室で販売していたらサロン専売品」と簡単に決めれなくなっています

サロン専売品と市販品の違いは…

サロンシャンプー=髪にいいけど価格が高い

市販シャンプー=価格は安いけど髪には良くない

つまり、価格が高いシャンプーには髪や頭皮に良い成分が構成されており、どちらを求めるかによってお客様は選択することができます。

MEMO

価格が高いシャンプーには髪や頭皮に良い成分が構成されており、どちらを求めるかによって、お客様は選択することができます。

毎日するシャンプーも負担の大きいものになれば、それだけスタイルのまとまりの悪さに直結します。

【人生激変】美容師おすすめ「サロンシャンプー」20選!

美容室で購入したシャンプーでも、安くて髪が少しきしむようになればそれはもはや市販シャンプーだし、 ドラッグストアやネットで高価なシャンプーを購入して、髪をキレイになればそれはサロンシャンプーだと考えています。

市販シャンプー

市販シャンプーとは、美容室以外での一般での市場のドラッグストアなどで取り扱い・販売しているシャンプーのことです。 髪のダメーの状態に左右されず、より多くの消費者が平均的な仕上がりを得られるような設計になっています。

あなたは、なぜサロンシャンプーが良いとされているかご存知でしょうか。

多くの方は、「なぜかはわからないけど、とにかく良いものでしょう」くらいの認識がほとんどであると思います。

実は、それぞれのときちんとした特徴やメリットがあります。

まずは、サロンシャンプーがなぜ良いのか、それぞれの違いについて、分かりやすくお話します。

スポンサーリンク

それぞれの「違い」と「選び方」

きし

きし

サロン専売シャンプーと市販シャンプーの1番の違いは「髪に良い成分と成分量に合わせた価格」です。

サロン専売シャンプーは、高価なものが多くその理由に、髪に良い高価な成分が多く配合されています。

頭皮や地肌を清潔にするだけでなく、髪へのコンディション効果も高いのです。

逆に、市販シャンプーの成分のほとんどが精製水という「お水」で出来ているために低価格でも取り扱うことができます。

そのために洗浄効果はあるものの、コンディション効果はサロンシャンプーに比べて薄くなっていて、頭皮や髪に対しての負担が大きくなるのです。

サロン専売シャンプーは、コストが高い分、成分比率が市販のものに比べ大きく違うので、髪をキレイにしてくれます。

アミノ酸や保湿成分によって髪のコンディション効果が高いだけでなく、頭皮への負担をも大きく軽減することができるのです。

負担の大きさも違う

  1. 水分量の調節ができ髪のまとまりが良くなる
  2.  頭皮への負担がなくなり抜け毛が少なくなる
  3.  洗い心地や香りなど洗い手にも優しい。

髪とは無限に生え続けるわけでなく、いつかは無くなってしまうものです。人によって価値観は違うので違いますがシャンプーも未来への投資です。

あまりにも洗髪にのみ特化したものを使いすぎると、頭皮に負担となり薄毛や抜け毛になる事もあります。

今は結果に出にくいのでわかりませんが、だからこそのサロン専売シャンプーは未来への投資なのです。

髪は、市販シャンプーやカラー・パーマなど、髪に負担の強いものを使っていることで、キューティクルが損傷し、髪が傷んでしまいます。それによって、パサつきや髪の絡まりにも起因します。

さらに、頭皮の乾燥によって頭皮へも負担も使えば使うほどに負担となります。できるだけ髪と頭皮を大切に扱うことも重要になるのです。

つまり、サロン専売シャンプーと市販シャンプーの大きな違いとしては、髪をキレイにするシャンプーの成分が違うのです。

そのほかの違いとしては…
  1. 種類のレパートリー
  2. 購入場所

これが市販シャンプーとサロンシャンプーの違いとなります。

種類のレパートリーは市販シャンプーが多く、宣伝CMなどはほとんどが市販シャンプーなので、一般の人が知っている種類のほとんどは市販シャンプーですが、サロンシャンプーも多くの種類があるのです。

美容室・ヘアサロンでしか購入できないサロン専売シャンプーは、購入できる場所が限られるのです。ネットやドラッグストアで購入できる市販シャンプーは利便性が高いです。

このように成分や性能以外でも、市販シャンプーにもメリットがたくさんあるのです。

サロンシャンプーは「素材の美しさ」と「ヘアデザインの美しさ」を重視

髪や、地肌に負担をかけないようにヘアカラーやパーマ、カットで、つくり出したヘアスタイルを楽しんでもらえるように、設計されているのが、サロンシャンプーです。

  • 「市販のものと比べて泡立ちが弱い」
  • 「髪のツルツル感が少ない」
  • 「値段がちょっと高い」

というようなデメリットがあるものの、使い続けるうちに髪の状態が確実に良くなると実感できるものです。

「サロン専売品」と「市販品」のメリット

きし

きし

次に、サロン専売シャンプーと市販シャンプーのそれぞれのメリットについてもお話します。

サロン専売シャンプーのメリットには…

  • 髪や頭皮に優しい
  • ヘアスタイルをキレイにする
  • ダメージから髪を守る
  • 香りなど髪だけでなく全体に良い効果がある

何よりも、「髪をキレイにできる」のが重要になるポイントです。

価格が高い上に、購入場所が限定されるものの、格段に髪がキレイになり、継続して使うことで、外的ダメージから髪を守ってくれる効果もあるのです。

市販シャンプーのメリットには…

  • 簡単に泡がたつ
  • 香りがよい
  • ボトルやパッケージが良い
  • 価格が安い
  • 使いやすい

やはり「平均でたくさんの人が使いやすい」というところが、市販シャンプーの一番のポイントになります。

髪や頭皮への負担から、髪が傷むだけでなく、長期間使用すると髪や頭皮に負担を与えたりデザイン崩れカラーやパーマが落ちやすい、かかりにくいなどの弊害を起こす場合があります。

そのため市販シャンプーの使わない方がいいという美容師が多いのです。

サロン専売シャンプーを使うべき!だけど…

きし

きし

最近ではサロン専売のものがドラッグストアに流出されていて、市販品としても普通に販売されています。

そのため「美容室で販売していたらサロン専売品」と簡単に決めれるようなものでは、なくなってきています。

個人的な見極めるポイントになるのは、価格によってサロン専売品か市販品かではないかと思います。

サロン専売品と市販品の違いを図解すると…

僕の考える「サロン専売品」と「市販品」違いは、

サロンシャンプー=髪にいいけど価格が高い

市販シャンプー=価格は安いけど髪には良くない つまり、価格が高いシャンプーには髪や頭皮に良い成分が構成されており、どちらを求めるかによってお客様は選択することができます。

美容室で購入したシャンプーでも、安くて髪が少しきしむようになればそれはもはや市販シャンプーだし、

ドラッグストアやネットで高価なシャンプーを購入して、髪をキレイになればそれはサロンシャンプーだと考えています。

毎日のキレイを保つために「シャンプー」は必需アイテム

毎日するシャンプーも負担の大きいものになれば、それだけスタイルのまとまりの悪さに直結するのです。

プロとしては美容室のサロンシャンプー一択になります。

しかし、ぼくは自分の優先度によって選ぶべきだと思います。

例えば、「価格>ケア」なのか「ケア>価格」なのか、自分が優先すべきことによって変わると思います。

価格を優先させたいのなら、市販シャンプーを使うべきだし、髪をキレイにしたいのならば、サロンシャンプーを使うべきだし。

人によっては、市販シャンプーとサロンシャンプーを各日ずつに併用して使用するというのも良いと思います。

価格を優先させたいのに、高コストであるサロンシャンプーを使うのは少し違いますし、必ずしもサロンのシャンプーを使わなければいけないと思っています。

自分に合ったシャンプー選びが大切なのです。

スポンサーリンク

終わりに

きし

きし

サロン専売品と市販シャンプーと比較すると、それぞれに違いがあります。

私はロングヘアーなのでサロン専売品シャンプーで、ヘアケアを意識しています。

つま

つま

まとめ
  • 価格が違う
  • 成分が違う
  • 種類の多さが違う
  • 購入場所が違う

やはり美容師としてはできればサロンシャンプーを使っていただきたいです。

「断固として市販シャンプーはダメ!」ということは言いませんが、髪のキレイのためにはサロンシャンプーを使ってあげましょう

市販シャンプーもサロン専売品シャンプーも、どんどん増えてきていますが、自分に合うシャンプーを見つけることが、これからは大切になってくるのです。

最後に100個以上のシャンプーを使用してきたぼく達が、本当に役立つサロン専売シャンプーと市販品シャンプーをそれぞれランキングにまとめてみました。

それぞれ共通しているのは、記事のテーマとしては基本的には女性におすすめする(もちろん男性にも使えます)ということで、

  • 実際の使用感(ロングヘアにも可)
  • 保湿力&補修力重視
  • ダメージヘアなどさまざまなトラブルを改善できる

などのトータルバランスで使いやすいアイテムばかりをご紹介しています、かなり自信のある記事になっているのでシャンプーを探す時の参考にしてください。

Amazonでお得に買う方法

もしアマゾン(Amazo)でちょっとでもお得に買い物するなら、アマゾン内で使えるAmazonギフト券のチャージ(購入)をおすすめしています。

現金でチャージするたび、チャージ額に対して最大2.5%分のポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額通常会員Prime会員
5,000〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
90,000円〜2.0%2.5%

Prime会員なら絶対に使うべきです、むしろ使わなきゃ損です。加えて、今なら初回チャージだと1000円分のポイントがもらえるキャンペーンあり!!

きし

きし

Amazonで買い物するなら、このチャージが便利でお得です!

\ 最大21%!驚異の還元率! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

きし かずき

きし かずき

美容師ブロガー

美容師をしながらブログを書いています。美髪に役立つコンテンツを日々更新しています。

FOLLOW

スポンサーリンク
関連記事
関連記事