品質の高いサロンシャンプーランキング

「サロン専売品シャンプー」と「市販品シャンプー」の違いを美容師が分かりやすく解説!

5 min
おすすめシャンプー(市販品
  1. 市販の中でどれを選べばいいか分からない
  2. 髪質と合うものを使いたい
  3. きれいな髪をつくりたい
一緒に相性の良いシャンプーを探そう!
  • サロンシャンプーと市販シャンプーの違いって何?
  • やっぱり市販シャンプーはダメなの?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事のポイント

シャンプーの「専売品」と「市販品」の違いを解説

あなたは髪によいシャンプーを使えていますか?

シャンプーなんか適当なものでしてればいいんじゃないの?

と、あなどってはいけません。

毎日するシャンプーは1日1回であったとしても、365日で365回もシャンプーをします。そんな毎日するシャンプーも髪に合っていないと、髪に大きな負担となります

そんなシャンプーには、サロン専売シャンプーと市販シャンプーがあります。

髪を良くするために、この2種類のシャンプーを知りましょう。

当記事では、毎日シャンプーを使う美容師がサロン専売シャンプーと市販シャンプーの違いについて分かりやすくお話します。

スポンサーリンク
この記事の著者

美容師ブロガー

きし かずき

Kazuki Kishi

美容室を経営&現役美容師プレイヤーをしながら、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤のレビューもしています。プロフィール詳細

「サロン専売品」と「市販品」

きし

きし

まずはなぜサロン専売のシャンプーと市販シャンプーの違いについてお話します。

サロン専売品は、何となく良いものだということは知っているけど…っていう人が多い印象です。

つま

つま

サロンシャンプー

サロン専売シャンプーとは、美容室といったヘアサロンで取り扱い・販売しているシャンプーのことです。

さまざまな髪質やダメージの状態、悩みやなりたい仕上がりに応じて細分化し、求める質感が得られるような設計になっています。

市販シャンプー

市販シャンプーとは、美容室以外での一般での市場のドラッグストアなどで取り扱い・販売しているシャンプーのことです。 髪のダメーの状態に左右されず、より多くの消費者が平均的な仕上がりを得られるような設計になっています。

あなたは、なぜサロンシャンプーが良いとされているかご存知でしょうか。

多くの方は、「なぜかはわからないけど、とにかく良いものでしょう」くらいの認識がほとんどであると思います。

実は、それぞれのときちんとした特徴やメリットがあります。

まずは、サロンシャンプーがなぜ良いのか、それぞれの違いについて、分かりやすくお話します。

それぞれの具体的な「違い」について

きし

きし

サロン専売シャンプーと市販シャンプーの1番の違いは「髪に良い成分と成分量に合わせた価格」です。

サロン専売シャンプーは、高価なものが多くその理由に、髪に良い高価な成分が多く配合されています。

頭皮や地肌を清潔にするだけでなく、髪へのコンディション効果も高いのです。

逆に、市販シャンプーの成分のほとんどが精製水という「お水」で出来ているために低価格でも取り扱うことができます。

そのために洗浄効果はあるものの、コンディション効果はサロンシャンプーに比べて薄くなっていて、頭皮や髪に対しての負担が大きくなるのです。

サロン専売シャンプーは、コストが高い分、成分比率が市販のものに比べ大きく違うので、髪をキレイにしてくれます。

アミノ酸や保湿成分によって髪のコンディション効果が高いだけでなく、頭皮への負担をも大きく軽減することができるのです。

負担の大きさも違う

  1. 水分量の調節ができ髪のまとまりが良くなる
  2.  頭皮への負担がなくなり抜け毛が少なくなる
  3.  洗い心地や香りなど洗い手にも優しい。

髪とは無限に生え続けるわけでなく、いつかは無くなってしまうものです。人によって価値観は違うので違いますがシャンプーも未来への投資です。

あまりにも洗髪にのみ特化したものを使いすぎると、頭皮に負担となり薄毛や抜け毛になる事もあります。

今は結果に出にくいのでわかりませんが、だからこそのサロン専売シャンプーは未来への投資なのです。

髪は、市販シャンプーやカラー・パーマなど、髪に負担の強いものを使っていることで、キューティクルが損傷し、髪が傷んでしまいます。

それによって、パサつきや髪の絡まりにも起因します。

さらに、頭皮の乾燥によって頭皮へも負担も使えば使うほどに負担となります。できるだけ髪と頭皮を大切に扱うことも重要になるのです。

つまり、サロン専売シャンプーと市販シャンプーの大きな違いとしては、髪をキレイにするシャンプーの成分が違うのです。

そのほかの違いとしては…
  1. 種類のレパートリー
  2. 購入場所

これが市販シャンプーとサロンシャンプーの違いとなります。

種類のレパートリーは市販シャンプーが多く、宣伝CMなどはほとんどが市販シャンプーなので、一般の人が知っている種類のほとんどは市販シャンプーですが、サロンシャンプーも多くの種類があるのです。

美容室・ヘアサロンでしか購入できないサロン専売シャンプーは、購入できる場所が限られるのです。ネットやドラッグストアで購入できる市販シャンプーは利便性が高いです。

このように成分や性能以外でも、市販シャンプーにもメリットがたくさんあるのです。

サロンシャンプーは「素材の美しさ」と「ヘアデザインの美しさ」を重視

髪や、地肌に負担をかけないようにヘアカラーやパーマ、カットで、つくり出したヘアスタイルを楽しんでもらえるように、設計されているのが、サロンシャンプーです。

  • 「市販のものと比べて泡立ちが弱い」
  • 「髪のツルツル感が少ない」
  • 「値段がちょっと高い」

というようなデメリットがあるものの、使い続けるうちに髪の状態が確実に良くなると実感できるものです。

「サロン専売シャンプー」と「市販シャンプー」のメリット

きし

きし

次に、サロン専売シャンプーと市販シャンプーのそれぞれのメリットについてもお話します。

サロン専売シャンプーのメリットには…

  • 髪や頭皮に優しい
  • ヘアスタイルをキレイにする
  • ダメージから髪を守る
  • 香りなど髪だけでなく全体に良い効果がある

何よりも、「髪をキレイにできる」のが重要になるポイントです。

価格が高い上に、購入場所が限定されるものの、格段に髪がキレイになり、継続して使うことで、外的ダメージから髪を守ってくれる効果もあるのです。

市販シャンプーのメリットには…

  • 簡単に泡がたつ
  • 香りがよい
  • ボトルやパッケージが良い
  • 価格が安い
  • 宣伝で目立つ

やはり「平均でたくさんの人が使いやすい」というところが、市販シャンプーの一番のポイントになります。

髪や頭皮への負担から、髪が傷むだけでなく、長期間使用すると髪や頭皮に負担を与えたりデザイン崩れカラーやパーマが落ちやすい、かかりにくいなどの弊害を起こす場合があります。

そのため市販シャンプーの使わない方がいいという美容師が多いのです。

サロン専売シャンプーを使うべき!だけど…

きし

きし

最近ではサロン専売のものがドラッグストアに流出されていて、市販品としても普通に販売されています。

そのため「美容室で販売していたらサロン専売品」と簡単に決めれるようなものでは、なくなってきています。

個人的な見極めるポイントになるのは、価格によってサロン専売品か市販品かではないかと思います。

サロン専売品と市販品の違いを図解すると…

僕の考える「サロン専売品」と「市販品」違いは、

サロンシャンプー=髪にいいけど価格が高い

市販シャンプー=価格は安いけど髪には良くない つまり、価格が高いシャンプーには髪や頭皮に良い成分が構成されており、どちらを求めるかによってお客様は選択することができます。

美容室で購入したシャンプーでも、安くて髪が少しきしむようになればそれはもはや市販シャンプーだし、

ドラッグストアやネットで高価なシャンプーを購入して、髪をキレイになればそれはサロンシャンプーだと考えています。

毎日のキレイを保つために「シャンプー」は必需アイテム

毎日するシャンプーも負担の大きいものになれば、それだけスタイルのまとまりの悪さに直結するのです。

プロとしては美容室のサロンシャンプー一択になります。

しかし、ぼくは自分の優先度によって選ぶべきだと思います。

例えば、「価格>ケア」なのか「ケア>価格」なのか、自分が優先すべきことによって変わると思います。

価格を優先させたいのなら、市販シャンプーを使うべきだし、髪をキレイにしたいのならば、サロンシャンプーを使うべきだし。

人によっては、市販シャンプーとサロンシャンプーを各日ずつに併用して使用するというのも良いと思います。

価格を優先させたいのに、高コストであるサロンシャンプーを使うのは少し違いますし、必ずしもサロンのシャンプーを使わなければいけないと思っています。

自分に合ったシャンプー選びが大切なのです。

スポンサーリンク

終わりに

きし

きし

サロン専売品と市販シャンプーと比較すると、それぞれに違いがあります。

私はロングヘアーなのでサロン専売品シャンプーで、ヘアケアを意識しています。

つま

つま

まとめ
  • 価格が違う
  • 成分が違う
  • 種類の多さが違う
  • 購入場所が違う

やはり美容師としてはできればサロンシャンプーを使っていただきたいです。

「断固として市販シャンプーはダメ!」ということは言いませんが、髪のキレイのためにはサロンシャンプーを使ってあげましょう

市販シャンプーもサロン専売品シャンプーも、どんどん増えてきていますが、自分に合うシャンプーを見つけることが、これからは大切になってくるのです。

次の記事では、「高級な市販シャンプーとサロンシャンプーはどちらがいいのか」というテーマで記事をまとめているので、一緒に参考にしてください。

シャンプー剤はとても重要なポジションで、シャンプー自体を変えてあげることで髪や地肌への負担もへります。

シャンプーを変えてあげるだけではダメですが、合わせて参考にしてもらうと、髪がどんどんキレイになっていきますよ。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

Amazonでお得に買う方法

もしアマゾン(Amazo)でちょっとでもお得に買い物するなら、アマゾン内で使えるAmazonギフト券のチャージ(購入)をおすすめしています。

現金でチャージするたび、チャージ額に対して最大2.5%分のポイントがもらえるんです。

1回のチャージ金額通常会員Prime会員
5,000〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
90,000円〜2.0%2.5%

Prime会員なら絶対に使うべきです、むしろ使わなきゃ損です。加えて、今なら初回チャージだと1000円分のポイントがもらえるキャンペーンあり!!

きし

きし

Amazonで買い物するなら、このチャージが便利でお得です!

\ 最大21%!驚異の還元率! /

コンビニ・ATM・ネットバンクが対象

岸 和希

岸 和希

美容師ブロガー

美容師をしながらブログを書いています。美髪に役立つコンテンツを日々更新しています。

FOLLOW

スポンサーリンク
関連記事
関連記事