美容師がおすすめのヘアケアセット

【サロンシャンプー30選】美容院専売・美容師のおすすめランキング

【サロンシャンプー30選】美容院専売・美容師のおすすめランキング

髪に良いという”サロン専売シャンプー”ってたくさんあるけど、どれを使えばいいの?今使っているシャンプーが合っているのか分からないから、良いものを使いたい…。

こういった疑問にお答えします。

この記事のポイント

厳選したサロンシャンプーランキング

あなたは髪にいいシャンプーを使えていますか? 「シャンプーなんか適当なものでしてればいいんじゃないの?」と、あなどってはいけません。

毎日するシャンプーが髪に合っていないと、髪に大きな負担となります

サロンシャンプーという美容室で使われるような髪や頭皮のことを考えられた高純度のシャンプー(サロン専売品)がおすすめです。

当記事では、美容師がおすすめするさまざまな種類の髪にいいサロンシャンプーをランキング形式でまとめました。できるだけ丁寧に分かりやすくお話します。

この記事で分かること

  • サロン専売シャンプーについてのこと
  • さまざまなサロンシャンプーのランキング
  • それぞれおすすめポイントを付けて紹介

 

サロンシャンプーランキング【美容師が作る30選】

サロンシャンプー

 きし
美容師であるぼくらが厳選して、本当に髪にいいシャンプーのみを選んでいます。

髪にとっては良いものばかりなので自分の悩みに合わせたものを選ぶようにしましょう。

この記事の商材は、ぼくたちが個人的な偏見と独断で選んでいるものとなっています。 最近ではサロン専売のものがドラッグストアに流出されていて、市販品としても普通に販売されています。

そのため「美容室で販売していたらサロン専売品」と簡単に決めれなくなっています

サロン専売品と市販品の違いを図解すると…

サロンシャンプー

僕の考える「サロン専売品」と「市販品」違いは…

サロンシャンプー=髪にいいけど価格が高い

 

市販シャンプー=価格は安いけど髪には良くない

 

つまり、価格が高いシャンプーには髪や頭皮に良い成分が構成されており、どちらを求めるかによってお客様は選択することができます。

 

MEMO

価格が高いシャンプーには髪や頭皮に良い成分が構成されており、どちらを求めるかによって、お客様は選択することができます。

美容室で購入したシャンプーでも、安くて髪が少しきしむようになればそれはもはや市販シャンプーだし、 ドラッグストアやネットで高価なシャンプーを購入して、髪をキレイになればそれはサロンシャンプーだと考えています。

毎日するシャンプーも負担の大きいものになれば、それだけスタイルのまとまりの悪さに直結する

サロンシャンプー

そして、世の中にはたくさんのシャンプーがありますが、単に価格や成分だけで選んでしまうと、あなたの髪に合う成分が配合されていない可能性があり、むしろ逆効果です。
そこで失敗しないシャンプーを選ぶために、ポイントを解説しながら紹介していきます。 基準としては、使用感などの使いやすさ髪への仕上がりや扱いやすさなどがメインとなっています。とくに上位3つはおすすめのシャンプーです。

 

つま

ロングヘアでくせ毛の私がモデルとなって採点しています、ご参考になればと思います!

五つ星採点をしております。

こんな感じで評価します
髪への使用感
(5.0)
頭皮の使用感
(4.5)
デザイン性
(4.0)
値段
(3.5)
コレクション性
(3.0)
総合評価
(2.5)

タイトルには、シャンプーのキーワードタグを付けました。

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

流し読みして、気になったシャンプーの紹介文を読んでくださいね。

※シャンプー画像はクリックできます。

 

サロンシャンプー1位 「BELTE(ベルタ)」

ボタニカルシャンプー

BELTA(ベルタ)

 

『BELTA(ベルタ)』のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事【クチコミ有】

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

 スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(3.5)
頭皮の使用感
(4.0)
デザイン性
(3.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(1.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

「ベルタシャンプー」は、人気女性誌でも話題沸騰している大注目のシャンプーです!ベルタは、多くの女性が悩む頭皮や髪のさまざまなトラブルを改善するための商品です。

頭皮と髪のことをこれほど考えているシャンプーはありません!それほど優秀なシャンプー&トリートメントなのです! 美容師としては、このシャンプーはたくさんの人に使ってほしいと考えています!

実際に使用してみると分かるのですが、驚くほど使用感がよいシャンプーです。

オーガニック成分やボタニカル成分が多く構成されているのにもかかわらず、この使用感の良さは貴重すぎます。

安全性の高い無添加、大量のエキスや保湿成分が構成されているのは、使用できるのはかなり嬉しいところでもあります。

とはいえ、使用感でもお話したように髪への保湿力は少し弱くて、髪の”きしみ”を感じることがあります。これはロングヘアの場合はとくにだと思います。

つまり、髪への保湿させるための代用アイテムが必要になるというデメリットはあるものの、良いポイントもあるというのが結論になります。

さらに、定期便パック(3回)というお得な購入セットがあり、初回のみですが56%OFF通常6780円のシャンプー&トリートメントセットが2980円で使用することができるのです!(計12,940円、220ml×3)さらにベルタシャンプーは、必ずのキレイを保証するということで30日間の全額返金保証もあります。

おすすめのボタニカルシャンプー

 

サロンシャンプー2位 「プレミオール」

プレミオール

LaSana(ラサーナ)

 

ラサーナ プレミオール

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(5.0)
頭皮の使用感
(5.0)
デザイン性
(4.0)
値段
(4.0)
コレクション性
(2.5)
総合評価
(5.0)

シャンプーの特徴

「プレミオール」は、多くの女性が悩むくせ毛やダメージ毛を改善するための商品です。   くせ毛やダメージ毛による悩みは、髪の水分不足が原因となって起こります。   これらの髪の水分不足は、主に髪に欠かせないケラチン・コラーゲン・たんぱく質の不足が元になっています。

髪の水分不足を改善するためには、高濃度の有効成分が必要です。  

このプレミオールは水を一切加えずに美髪成分のみで構成しているシャンプー&トリートメントです、 髪の水分不足を改善しくせ毛・ダメージ毛を軽減する事が出来ます。
 きし
プレミオールのシャンプーは高濃度なのでダメージのある髪におすすめのシャンプーです!

つま

私の髪はとにかくまとまりにくいのが悩みですが、プレミオールは使い心地から仕上がりまでとても良いシャンプーなんです!

 

このサイズをたった2000円で、しかもシャンプー+トリートメント+洗い流さないトリートメントの21日間分が試せるので、まだプレミオールをまだ使ったことのない人はこれだけでも使う価値あります!

これが正直、破格すぎます。

  • 水分保持力が高い
  • シャンプーの使用感も良い
  • ヘアケアセットで使いやすい

当ブログで人気No.1

プレミオールを詳しく見る

 

サロンシャンプー3位 「ZACC(ザック)

パールリッチ

ZACC(ザック)

「ZACC(ザック)」のボタニカルスカルプシリーズ シャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(5.0)
頭皮の使用感
(5.0)
デザイン性
(4.0)
値段
(4.0)
コレクション性
(2.5)
総合評価
(5.0)

シャンプーの特徴

美容成分で髪や頭皮を洗うという贅沢なアミノ酸シャンプーで、地肌環境を整えて、ボタニカルの力でダメージを受けた髪をキレイにケアをします。

ポイント
  • 石油洗浄成分
  • シリコンフリーのノンシリコンシャンプー
  • 植物由来の洗浄成分
  • 20種類以上の天然由来成分構成

実は日本人の約7割の女性がダメージヘアに悩んでいると言われています。

その原因は毎日使うシャンプーにもあります。

上記のようなポイントが悩める女性のケアをしてくれるアイテムになっています。

全体的には、かなり好印象なシャンプー&コンディショナーであります。

成分バランスも良く、構成も中々、使用感も悪くなく女性だけでなく男性でも使えるバランスの良い印象。

シャンプーでは香料よりも下の成分配合料が微妙なのが気になるところでもありますが、それでも髪や頭皮へは十分すぎる内容。

コンディショナーもシャンプー同様に高いスペックがあるので、短期はもちろん長期的な使用ではかなりおすすめできる内容のシャンプーになっています。

美容液レベルの成分ということで、アミリスパルサミフェラ樹皮油、コリアンダー果実油、ゼラニウム油、チョウジ花油、チョウジ葉油、パルマローザ油、マンダリンオレンジ果皮油、ローマカミツレエキス花油、ダマスクバラ花油、ホホバ種子油、マカデミア種子油、パパイン、加水分解コラーゲン、ココイル加水分解コラーゲンK、ウメ果実エキス、センブリエキス、ポタンエキス、加水分解シロガラシ種子エキス、アシタバ葉/茎エキス、カンゾウ葉エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、フユポダイジュ花エキス、などモリモリと美容成分が構成されているのはかなり期待できる内容になっています。

さらに、ラウリルヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)でダメージ補修するだけでなく、加水分解コンキオリン炭の配合によって「黒いシャンプー」となっていますが、髪のダメージケアだけでなくイヤなにおいを防ぐことができる特殊な成分まであります。

シャンプー&コンディショナー合わせると、6000円というのは中々手が出しづらいところでもありますが、それでも十分な価値があるアイテムです。

よく考えてみると、これだけモリモリに美容成分を詰め込んでこの価格だと、美容師的には安いとまで思っちゃいます。

つま

一般の方には「6000円はちょっと…」と思う方もいてます。しかし、品質が高いのも確かです。

本当は毎日使うべきですが、コスパを考えた時には頭皮や髪が敏感になった時に使ったりする、というような使い方もありです。

こういう品質の高いシャンプーは常備しておくことをおすすめします。

美容室ZACC監修の高クオリティ

ZACCを公式で見る

 

サロンシャンプー4位 「グローバルミルボン」

ミルボン リプレニッシング

MILBON(ミルボン)

 

『グローバルミルボン』のシャンプーを実際に美容師が使ったレビュー記事【全種類解説】

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

このシリーズの評価
洗浄力
(3.5)
保水力
(4.0)
まとまり
(4.5)
コスパ
(2.0)
総合評価
(4.0)

シャンプーの特徴

毛髪内密度を高める、「SSVRシルク」を配合したシャンプーで、毛髪内部がスカスカになることによって、ツヤやハリが失われてしまいますが、それを止めるのが、毛髪補修成分のうち、毛髪内密度を高める「SSVRシルク」のあるグローバルミルボンです。

ラウレス硫酸Naと勘違いされやすいですがマイルドな洗浄成分でもあるラウレス−11酢酸Naをベースに、脱脂力の強い洗浄成分でもあるラウレス硫酸Naに、揮発剤・起泡剤となるコカミドメチルMEA、ココアンホ酢酸Naというような洗浄成分構成。

やはり、ラウレス硫酸Naが含まれ少し強めの洗浄成分となっています。といはいえ強めの洗浄成分だが少なめの洗浄成分でバランスをとっているミルボンらしい構成で、これは合う人と合わない人に分かれる内容という感じ。

さらに、ソステアロイル加水分解シルク、スクワラン、PEG-30ダイズステロール、カンゾウ根エキス、イソステアリン酸、(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー、ホホバワックスPEG-40水添ヒマシ油などの髪の美容成分を入れつつ使用感を良くしています。

加えて、グリチルリチン酸2K・サクシニルグリチルレチン酸2Na、で頭皮の保湿まだできるので、なかなか品質は高めです。

 

サロンシャンプー5位 「oggiotto(オッジィオット)

oggiotto(オッジィオット)

テクノエイト

 

テクノエイト「オッジィオット」の”魔法のシャンプー”を美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(2.5)
デザイン性
(5.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(3.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

オッジィオットの魔法のシャンプーは髪質に合わせて、3種類からセレクトするシャンプーで、最新毛髪理論と最先端ケアテクノロジーと植物がもつ生命力を組み合わせ、一人一人に合わせたトリートメントが髪の最深部から修復し本来の輝きを蘇らせます。

とにかく、かなりレベルの高くて、バランスの良いシャンプー&トリートメントです。

凄まじい成分量の多さに加えて、それぞれの良い素材が含まれています。

成分量が多いからといって、レベルが高いのかと言われるとそうでもないですが、この成分量に加えて使用感の良さは、まさに”魔法のシャンプー”となっています。

ただし、100%オーガニック(自然由来)というわけではなく、無添加というわけでもない(パラベンやアルコールなどが含まれているため)です。

そのため、頭皮が敏感な方やアレルギーのある方で「オーガニックだからオッジィオットを使ってみよう」といっても合わない可能性は多いにあります。

さらに、個人的にはやはりコストが高いというのが気になる。

内容的には良いものですが、ボトル的には微妙、むしろ使いにくさまで感じます。

そういった意味でも、まだまだ改善の余地はあるかな、とも思える内容のシャンプーでした。

つま

とはいえ、使用感や仕上がりの加減などは明らかに他のシャンプーとも違うのでデメリットを気にしない方にならおすすめできるシャンプーということになります。

インプレッシブPPTセラム SS

インプレッシブPPTセラムマスク SM

インプレッシブPPTセラム MS

インプレッシブPPTセラムマスク MM

インプレッシブPPTセラム VS

オッジィオットの詳細記事

オッジィオットを見る

 

サロンシャンプー6位 「スプリナージュ」

スプリナージュ

ARIMINO

 

ARIMINOの「SPRINAGE(スプリナージュ)」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

シャンプーの特徴

スプリナージュの美容成分を留める独自の処方となるのが「モイストリンク処方」です。

アスタキサンチンをはじめとするする共通成分とオイルの成分を、コアセルベートと呼ばれる複合体に取り込むことで、髪に吸着させやすくしています。

つま

つまり、汚れはしっかり落としつつ、保湿成分は地肌や髪にしっかり留まり、自然なツヤ感を保つアイテムということになります。

成分から見ても、かなり品質が高いことが分かる通りの抜群の使用感。

泡立ちの良さや、洗い心地、かと言って泡切れも悪くなく、感動レベルの使いやすさ。一回の使用で髪の調子が良くなるのが実感できるレベルです。

加えて、頭皮や髪への安全性も高いため長期の使用でも安心して使うことができます。

内容を見てみると、女性だけでなく男性でも使える内容になっているので、まさに万人に受けるアイテムとなっています。

 きし
スプリナージュでは、「パフスムース」と「ジェントルモイスト」の二種類のシャンプータイプに加えて、スパスージングオイルの3種類から選びます。

サロンケアとして大きめのサイズはありますが、基本的なホームケアとしてはワンサイズのみになるようです。

アウトバスもシャンプー同様にレベルの高い内容になっています。

パフスムース(軽め)

ジェントルモイスト(しっとり)

スパスージングオイル(アウトバスオイル)

 

サロンシャンプー7位 「BULKHOMME(バルクオム)

ヘアケアシャンプー

BULKHOME(バルクオム)

 

【窪塚洋介CMの話題のシャンプー】美容師が「BULKHOMME(バルクオム)」を実際に使ってみた記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(5.0)
デザイン性
(2.0)
値段
(2.5)
コレクション性
(1.0)
総合評価
(4.5)

シャンプーの特徴

スキンケアブランドから考えられたヘアケアブランド

それは、頭皮と言う名の子肌ケア。クレンジング成分配合の泡が毛穴に詰まった頑固な油汚れを洗浄しつつ、3種類の保湿成分が洗い流れにくい保湿膜を形成。指通りなめらかに髪も頭皮も洗い上げる弱酸性のアミノ酸系シャンプーです。

このアイテムの特殊なところは、フィルムや容器などには一切お金をかけている様子はなく、シャンプーもパウチ状になっています。つまり、純粋にシャンプーにのみ費用を使っているのです。 パーマヘアにも使いやすい軽くて、ツルッと仕上がるシャンプーです。

 きし
バルクオムのシャンプー&トリートメントはとても軽くて使いやすいヘアケアアイテムです。。

つま

男性用のヘアケアと言われていますが、私も使ってみましたが女性でも使えるぐらい優秀です。

【窪塚洋介CMの話題のシャンプー】美容師が「BULKHOMME(バルクオム)」を実際に使ってみた記事

分かりにくいかもしれませんが、シャンプーは液ではなくジェル状になっていて、手に出してもこぼれることはありません。

  • 泡立ちが良すぎる
  • ひっかかりが一切ない
  • 女性でも男性でも使えう万能なシャンプー

 

サロンシャンプー8位 「リシオ ヒートケア」

リシオ アテンジェ ヒートケア

MILBONミルボン

 

【頭1つ飛び抜けている!?】ミルボン「リシオ アテンジェ ヒートケアシャンプー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(5.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

リシオヒートケアのシャンプーは髪のダメージをケアするためのシャンプーシリーズです。

リシオというブランドで縮毛矯正の薬剤もあるぐらいで、縮毛矯正と矯正のヘアケアに特化しているシャンプーです。縮毛矯正とありますが「くせ毛」の方にも十分におすすめできるアイテムです。

個人的には、かなり好印象だったミルボンシャンプー。

オージュア」やプラーミアの「エナジメント」「エンリッチド」ほどのエモリエント剤やケラチンやエキスなどが構成されているわけではないですが、その分洗浄成分が弱め(少なめ)になっているので、矯正やダメージヘアのように弱った髪には相性が良いのではないかと感じます。

使用感も良く、仕上がり的にも問題はなし、とくにブローがしやすくなっている感じで、ボリュームがほしいという人にも合わせやすいシャンプー&トリートメントだという結論です。

 

サロンシャンプー9位 「オージュア・イミュライズ」

オージュア シャンプー

MILBON(ミルボン)

 

ミルボン「オージュア イミュライズ」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー【写真アリ】

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(5.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

オージュアはとてもヘアケアとしても優秀ですが、髪質に合わせたケアをするとより効果を実感することができます

「ダメージを補修。そして、未来の髪を守る。」というコンセプトで、2つのサポートで「今と未来の美しい髪」をつくるためのシャンプーです。毛髪・地肌の特性、美容習慣、気候という観点を大切にしつつ、毛髪のタンパク質に関する基礎研究を深め続け、更に毛髪の状態変化をミクロレベルで測定して作られたアイテムです。

全部で12種類以上という豊富なラインナップで髪や頭皮に合わせたケアをすることができます。

シャンプーもトリートメントも使用感高いし、仕上がりも問題ない内容になっています。

カルボキシメチルアラニンジスルフィドケラチン、ロイシン、イソステアリンなどが良い働きをしてくれるのか、髪がふっくらする感じになります。

とはいえ、洗浄成分がラウレスやオレフィンといった安価な成分が使われている分どうしてもネックな部分がありますが、メリットとしては皮脂の多い男性にも使えるのでそういった意味では問題ないのではないかと。

ただし、頭皮が敏感、アレルギーのある方はこの2つの成分が合わないこともあるので注意が必要です。

人気ブランド”オージュア”

オージュアの詳細を見る

 

サロンシャンプー10位 「プレミアムブラックシャンプー」

プレミアムブラックシャンプー

&GINO

 

シャンプーを使ってみて感じること

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(3.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(3.0)
値段
(2.5)
コレクション性
(1.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

何よりもこのシャンプーがスペックが高いところは、コンディショナー(リンス・トリートメント)のいらない「オールインワンシャンプー」ということです。 それでいて、髪への補給や頭皮の保湿などもしてくれるので、忙しい大人の男性にも気軽に使うことができます。

 きし
プレミアムブラックシャンプーというメンズシャンプーブラシもおすすめです。

つま

とにかく男性のために考えられていますが、内容的に見ると女性でも使えるスペックの優しいシャンプーです。

シャンプーを使ってみて感じる率直な感想としては、とにかく”品質”が高いということです。 最初はシャンプーのあまりの黒さにびっくりしますが、使ってみると、そのギャップにも、また驚きます。

シャンプーを使ってみて感じること

こんなに黒いと、髪のことが心配になりますが、使ってみたら、

”全く髪がひっかからない”

その上に、なんと言っても優しい使用感。 しかも、ほんとリンス(コンディショナーorトリートメント)要らずで、ショートヘアのぼくはここ一週間ほんとにこのシャンプーしか使っていません。まじですごい。。

ポイント

  • 水分保持力が高い
  • シャンプーの使用感も良い
  • 男性はもちろん女性にも使いやすい

メンズにもおすすめシャンプー

プレミアムブラックシャンプーを見る

サロンシャンプー11位 「オージュア・クエンチ」

オージュア シャンプー

MILBON(ミルボン)

 

オージュア,バージョンアップ

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ 女性におすすめ 男性におすすめ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(5.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

オージュアはとてもヘアケアとしても優秀ですが、髪質に合わせたケアをするとより効果を実感することができます

「ダメージを補修。そして、未来の髪を守る。」というコンセプトで、2つのサポートで「今と未来の美しい髪」をつくるためのシャンプーです。毛髪・地肌の特性、美容習慣、気候という観点を大切にしつつ、毛髪のタンパク質に関する基礎研究を深め続け、更に毛髪の状態変化をミクロレベルで測定して作られたアイテムです。

全部で12種類以上という豊富なラインナップで髪や頭皮に合わせたケアをすることができます。

シャンプーもトリートメントも使用感高いし、仕上がりも問題ない内容になっています。

とくに水分を補給してくれるスクワラン、イソステアリルが良い働きをしてくれるのか、手触りが超良くなります。

とはいえ、洗浄成分がラウレスやオレフィンといった安価な成分が使われている分どうしてもネックな部分がありますが、そのあたりのメリットとしては皮脂の多い男性にも使えるのでそういった意味では問題ないのではないかと。

人気ブランド”オージュア”

オージュアの詳細を見る

 

サロンシャンプー11位 「THROW ヘアケア」

THROWヘアケア

ビューティーエクスペリエンス

 

【THROW(スロウ)ヘアケアライン】実際に美容師がシャンプーを使ったレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(5.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

「スロウカラーの表現力を高める。」というコンセプトで開発されたのが、スロウのヘアケアシャンプー。

スロウカラーでつくる、「色相」「透明感」「抜け感」を最大限に引き立てるヘアケアシリーズ。色だけでなく質感までもコントロールすることができます。

実際に使ってみると、思ったよりも使いやすくバランスの良い好印象なシャンプー&トリートメントでした。

ヘアカラー中心だったTHROWカラーでしたが、髪などに良い保湿成分など本格的なヘアケアとなっています。

脱脂力が強い成分構成になっていましたが、使用感的には全く問題なく使うことができました。さらにヘアカラーとの相性の良いといポイントでもありますが、下手なサロンシャンプーよりも品質は高めです。

リペアモイスチャー成分がキューティクルの隙間を埋めることで毛髪成分の流出を抑え、カラーの定着とうるおいのあるやわらかな手触り・ツヤをもたらします

 

サロンシャンプー12位 「F・PROTECT」

F.PROTECT(エフ.プロテクト)

フィヨーレ

 

フィヨーレの「F.PROTECT(エフ.プロテクト)」のシャンプーを実際に使ったレビュー記事

 

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(5.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

シャンプー・ヘアマスクの組み合わせで髪のニュアンス思いのままにすることができます。髪質タイプで選べる4つの組み合わせで、理想のテクスチャーを実現。ダメージケア効果でカラー・パーマのフォルムを美しく長時間キープします。

全体的に使用感も良く、成分のバランスも非常に良いのですが、反対に「物足りなさ」も感じてしまうシャンプー&マスクです。

やはり、価格を考えると当然ですが、成分構成は非常に良いですが、一つ一つは微量のため、使用感は悪くはないですが、構成通りの良さを実感できるほどではありません。実際に使ってみると「期待はずれ」を感じてしまうかもしれません。

格段悪くはなく、良い部類に入るのですが、「サロン専売」というのが、頭によぎるので役不足感が否めません。

とはいえ、驚くほどのコスパは素晴らしすぎます。

市販シャンプー並のコスパに加えて、サロン専売並のクオリティを持つシャンプーは、このFプロテクトぐらいではないでしょうか。

 

サロンシャンプー13位 「SHERPA(シェルパ)」

SHEPA(シェルパ)  D-2

ARIMINO

ARIMINOの「SHEPA(シェルパ)」シャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(5.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

優れたヘアデザインを可能にするデザインサプリ「シェルパ」は、次のスタイルに備えるためのヘアケアをするシャンプーです。生活ダメージから髪を守り、ヘアスタイルを一日中持続させるケアアイテムです。

全体的には少し微妙な感じのシャンプーでした。

成分通りの結論で、脱脂力の強いシャンプーは一度の使用でつっぱり感が残り、数回使うと乾燥してしまいそうな印象を受けます。

 きし
香りやデザインが良かっただけに、とても残念です。

逆に、トリートメントは印象は良くて、使用感だけでなく、仕上がりや手触りなども良くなるので、シャンプーはおすすめはできませんが、トリートメントなら使う価値のあるアイテムだなという結論です。

このコスパなら納得のいくクオリティです。

シェルパデザイン サプリ D-1

シェルパデザイン サプリ D-2

シェルパデザイン サプリ D-3

 

サロンシャンプー14位 「ルミノフォース」

LUMINOFORCE(ルミノフォース)

SHISEIDO

 

SHISEIDO「ルミノフォース」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(5.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

カラーリングよって失われがちな毛髪内成分を補い、毛先まで指通りのよい、なめらかな髪に整えるシャンプーとトリートメントです。シャンプーは褪色予防のテクノロジーも搭載し、カラー染料の流出を予防。クリーミーな泡でカラーリング後の髪をいたわりながら洗い上げます。

全体的には好印象なシャンプー&トリートメントです。

使用感のバランスも良い上に、何よりも香りが素晴らしいです。

使い心地も洗い心地も良いので、何度でも使いたくなるシャンプーとも言えます。

とはいえ、やはり気になるのは洗浄成分の多さ。

頭皮が敏感な方やアレルギーのある方には不向きだろうとも感じるし、保水性や補修性の弱さも気になるところでもあります。このあたりは成分通りなのかな〜というような印象。

やはり、もう少し保湿成分などが欲しかったところでもあります。

ルミノフォースシャンプー

ルミノフォーストリートメント

ルミノフォースマスク

ルミノフォースグロススプレー

 

サロンシャンプー15位 「カラークア」

BCクア カラーセーブ

Schwarzkopf(シュワルツコフ)

 

「BCクア カラーセーブ」のシャンプーを美容師が実際に使ってみたレビュー記事

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

このアイテムの評価
髪への使用感
(4.0)
頭皮の使用感
(3.0)
デザイン性
(5.0)
値段
(2.0)
コレクション性
(5.0)
総合評価
(3.5)

シャンプーの特徴

BCクアシリーズは色持ち効果というのは共通ですが、カラーセーブは「色持ちの悪いとされる軟毛」のケアに特化しています。

従来のカラーヘアケアのアプローチ、「内部タンパクの補充」「キューティクルの剥離防止」に加え、カラーセーブは新たに「マトリックスを引きしめる」アプローチを追加。ダメージケアをしっかりしつつ、カラー後の色・ツヤが続く髪に導きます。



実際のところ、ヘアカラーの色やツヤが続くというよりも、単純にバランスのとれたアイテムでダメージを補修しするといったアイテム。

乳酸・水酸化Caによる「pHバランサー」と、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・加水分解ケラチン(羊毛)によって「キューティクルを補修する」という2つの効果でヘアカラーを良くするというものですが、実際に使ってみた感じではスペシフィークよりも使ってみた感じでは良い印象があります。

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

 きし
かなりのボリュームになりましたが、かなり奥の深いものとなっています。少しでもご参考になると幸いです。

つま

最後まで読んでくれてありがとうございました。

最後にランキングと一緒にシャンプーの教科書を用意しました。

教科書の内容
  • サロン専売と市販の違い
  • 正しいシャンプーのやり方
  • シャンプーの使用量
  • シャンプーの使用頻度
  • スタイリング剤を簡単に落とすシャンプー
  • 朝シャン
  • 湯シャン
  • シャンプーの価格
  • 種類と構成
  • カラーシャンプー

かなりのボリュームになっているので、お楽しみください。

 

1章:専売品と市販品の違い

 きし
まずはなぜサロン専売のシャンプーと市販シャンプーの違いについてお話します。
 

つま

サロン専売品は、何となく良いものだということは知っているけど…っていう人が多い印象です。

サロン専売シャンプーとは、美容室といったヘアサロンで取り扱い・販売しているシャンプーのことです。

さまざまな髪質やダメージの状態、悩みやなりたい仕上がりに応じて細分化し、求める質感が得られるような設計になっています。

 

市販シャンプーとは、美容室以外での一般での市場のドラッグストアなどで取り扱い・販売しているシャンプーのことです。

髪のダメーの状態に左右されず、より多くの消費者が平均的な仕上がりを得られるような設計になっています。

 

あなたは、なぜサロンシャンプーが良いとされているかご存知でしょうか。

多くの方は、「なぜかはわからないけど、とにかく良いものでしょう」くらいの認識がほとんどであると思います。

実は、それぞれのときちんとした特徴やメリットがあります。

 

サロン専売シャンプーは、コストが高い分、成分比率が市販のものに比べ大きく違うので、髪をキレイにしてくれます。

アミノ酸や保湿成分によって髪のコンディション効果が高いだけでなく、頭皮への負担をも大きく軽減することができるのです。

  1. 水分量の調節ができ髪のまとまりが良くなる
  2.  頭皮への負担がなくなり抜け毛が少なくなる
  3.  洗い心地や香りなど洗い手にも優しい。

髪とは無限に生え続けるわけでなく、いつかは無くなってしまうものです。

人によって価値観は違うので違いますがシャンプーも未来への投資です。

 

あまりにも洗髪にのみ特化したものを使いすぎると、頭皮に負担となり薄毛や抜け毛になる事もあります。

今は結果に出にくいのでわかりませんが、だからこそのサロン専売シャンプーは未来への投資なのです。

 

髪は、市販シャンプーやカラー・パーマなど、髪に負担の強いものを使っていることで、キューティクルが損傷し、髪が傷んでしまいます。

それによって、パサつきや髪の絡まりにも起因します。

さらに、頭皮の乾燥によって頭皮へも負担も使えば使うほどに負担となります。できるだけ髪と頭皮を大切に扱うことも重要になるのです。

つまり、サロン専売シャンプーと市販シャンプーの大きな違いとしては、髪をキレイにするシャンプーの成分が違うのです。

そのほかの違いとしては…

  1. 種類のレパートリー
  2. 購入場所

これが市販シャンプーとサロンシャンプーの違いとなります。

このように成分や性能以外でも、市販シャンプーにもメリットがたくさんあるのです。

>>シャンプーの違い

 

2章:正しいシャンプーのやり方

 きし
良いシャンプーを使うだけでなく、シャンプーのやり方も重要になります。
 

つま

ちょっとでも工夫してキレイな髪つくりをしましょう。

あなたは、シャンプーの目的にどのような認識をお持ちでしょうか?

  • 「汚れをおとす」
  • 「キレイにする」
  • 「スッキリする」
  • 「リラックスする」

さまざまな目的があると思います。

ここでのシャンプーのやり方は、キレイに洗髪してかつ髪への負担を減らすということに着眼しています。

その上で、とくに重要となることがあります。

それは、「髪を優しく扱うということ」です。

 

それを意識していけば必ず髪の負担は減り、結果として髪はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

それに加えて、6つの工夫を話します。

  1. お風呂前のブラッシング
  2. シャンプー前のお湯すすぎ
  3. 泡立て
  4. 予洗い
  5. 洗い方
  6. トリートメント
これらのことを工夫していきましょう。

>>シャンプーの方法

 

3章:シャンプー剤の使用量

 きし
シャンプーをする時に気になるのは使う量、無駄をなくすというのはとても大事なことです。
 

つま

シャンプーの使う量には注意して節約しながら髪をキレイにしましょう。

シャンプーの適量とは、どのくらいが適量になるのか?

それに対して大切になってくるのは…

  • 髪の長さ(ショート・ミディアム・セミロング・ロング)
  • 髪の量(毛量が多いor毛量が少ない)
  • 髪の硬さ(軟毛or硬毛)

に、よって適量は変わります。

たとえば、普通の毛量と普通の硬さぐらいの人を、髪の長さ別にグラフにあらわしていくと…

 レングス(長さ) 毛量(普通)+髪の硬さ(普通)
ショート1.5プッシュ
ミディアム・ボブ2プッシュ〜2.5プッシュ
セミロング2.5プッシュ
ロング3プッシュ

このような数字が、シャンプーの適量になります。

髪の長さは髪の多さは、たんじゅんにシャンプーが普通よりも必要になります。

硬い髪というのは、水分をはじきやすいので、シャンプーの泡立ちがわるくなりやすいのです。

 

もちろん髪の量が多いと、シャンプー量が多くもなりますし、髪が硬いとシャンプーの泡立がわるくなったりします。

逆もあり、髪の量が少ないと普通よりも少なめが適量といったように、髪質によって適量は変わります。

>>適量について

 

4章:シャンプーは毎日するべきか?

 きし
シャンプーを毎日するべきかどうかについてお話します。
 

つま

結論からになってしまいますが「毎日シャンプーをすべき」です。

冒頭から結論になってしまいますが、毎日シャンプーはすべきだと考えています。

これは、人によって異なる答えになると思いますが、少なからずぼくは、毎日シャンプーをすべきだと考えています。

 

日本人の風習でもある「毎日のシャンプー」ですが、毎日する方が良いのか?それとも毎日しないほうがよいのか?

これは、毎日シャンプーするメリット・デメリット(シャンプーしないメリットデメリットは逆)によって、異なるのです。

まずは、毎日シャンプーをすることのメリットとデメリットについて分かりやすくご紹介します。

あなたは、シャンプーの目的にどのような認識をお持ちでしょうか?

  1. 「汚れをおとす」
  2. 「髪をキレイにする」
  3. 「スッキリする」
  4. 「リラックスする」
さまざまな目的があると思います。

多くの人は、①は必ず当てはまります。

しかし、その他はいかがでしょうか?

①〜④まである中で、1つ、もしくは1つも当てはまらないのであれば、毎日シャンプーする必要はありません。しかし2つ以上あてはまるのであれば、毎日シャンプーする意味はあるんじゃないでしょうか。

ぼくは、自分も含めたすべてのお客さまには(例外は除く)毎日シャンプーをするべきだと伝えています。

それは、シャンプーをした方がキレイだからです。

 

髪だけでなく、地肌もキレイに清潔に保つためにはシャンプーは、毎日したほうが良いと思っています。

>>メリット・デメリット

 

5章:スタイリング剤を落とす方法

 きし
スタイリング剤をつけている髪には、ある方法をすることで簡単に落とせるようになります。
 

つま

とくに、ロングヘアーは泡立ちが悪いのでスタイリング剤をつけている時は試してみてくださいね。

ワックスやスプレーを使っている人ならば経験があると思いますが、スタイリング剤をつけると、シャンプーがとてもしにくなり、シャンプーをする時にさまざまな悩みになります。

  • 泡立ちが悪くなる
  • 髪に負担がかかる
  • 洗いづらくなる
  • 数回のシャンプーが必要になる
  • 汚れが落ちにくい
この悩みを、いくつかの方法によって簡単に落としやすくすることができるのです。

この原因となるものがスタイリング剤のメカニズムにあります。

スタイルをキープさせるためや、スタイルを可愛くするたためのスタイリング剤ですが、キープさせるために配合されているポリマーが、水やシャンプーを弾くために泡立ちが悪くてシャンプーがしづらいです。

 

スタイリング剤メカニズムでは、ポリマーによってヘアスタイルをキープさせることにあります。

このポリマーによるキープさせるが、シャンプーをするときには、邪魔なものになります。つまり、このポリマーをいかに簡単に除去するかがキモになるのです。

 

正しいシャンプー法とは、それほど難しいことはありません。すぐに実践できることばかりを、あつめてみましたので参考にしてくださいね。

すぐに実践できることばかりなので、チャレンジしてみてくださいね。

>>ワックスを簡単に落とす

 

6章:朝シャンについて

 きし
朝シャンと夜シャンのメリットについてお話します。
 

つま

朝シャンにも、夜シャンにもメリットがあるので、自分に合った方を選ぶとよいですね。

ぼくは朝シャンはこの記事を書くまでしたことはありませんでした。なので、実際に朝シャンを10日ほど体験してみました。

朝シャンの場合は、夜にシャワーだけのお湯シャンのみで、朝にシャンプーをします。

朝シャンを10日ほどしてみて、個人的に感じたメリットは…

MEMO
  • 寝汗・寝ぐせが簡単に解決できる
  • カラダの血行が良くなる
  • カラダのコリがなくなる
  • 朝から気分がスッキリする
  • 朝にシャンプーをすることによって髪がまとまる
朝シャンの注目すべきは、寝汗や寝ぐせが簡単に解決できる「効率化」だと思います。

ショートやミディアムスタイルなど、寝ぐせがつきやすい長さでは、一度ついてしまうと直すのに一手間かかります。それを簡単に解決できるとなったら、魅力を感じてしまいますよね。

さらに、朝からシャンプーをすることによって爽快感もあり、仕事などの効率化に繋がりました。

 

しかし逆に、朝シャンをすることによって、必要な皮脂まで洗い流してしまい、地肌の乾燥やダメージにもなるというデメリットもあります。そして夜にシャンプーができないことから、清潔面は悪くなります。

夜シャンのメリットについてもまとめてみました。

MEMO
  • 1日の汚れをスッキリとることができる
  • 清潔な状態で就寝できる
  • 時間にゆとりがもてる
  • 夜にリラックスする
  • 熟睡できる
  • 地肌にとって良い
夜シャンでは、やはり地肌が清潔になるというのが、一番のメリットではないでしょうか。

汚れが残っている状態では、熟睡の邪魔になる上に、地肌環境にも悪いのです。そのため朝シャンの習慣がある人には、つらいだろうけど夜シャンの方が、健康的ではあります。

>>朝シャンのメリット・デメリット

 

7章:湯シャンについて

 きし
湯シャンについてもお話します。
 

つま

湯シャンはきちんとすれば、シャンプー剤を使わなくてもキレイになるんですよ〜。

お湯シャンとは、シャンプーを使わずに、お湯で洗髪することを「お湯シャン」と言います。

抜毛や薄毛というのは、アラサーやアラフォーだけの悩みではなく、今や若い人達の頭を悩ませる問題のひとつとなっています。

その原因の1つに毎日使っているシャンプーにあるため、若い人達のシャンプー離れが起こっているのです。

「シャンプーやトリートメントを使わずにちゃんと汚れがとれるのか?」

と不安になりますよね。

シャンプーを使わないと、地肌に汚れが残っていそうで、不潔なイメージです。しかし、お湯シャンに切り替えた人の話によると、皮脂でベタついたり、ギラギラすることもないようです。

しかし、これはキチンと「お湯シャン」ができていればの話です。

 

やり方を間違えれば、汚れも残りますし、それによってニオイになり、悪化すると、抜毛や薄毛の原因にもなるので、注意が必要になります。

本来では、地肌も髪も傷みやすいといわれている日本人はシャンプーが必要となります。

 

正しくシャンプーできないことで…

MEMO
  • 皮脂がが過酸化脂質に変化する
  • 毛穴に汚れがつまる
  • 頭皮トラブルが発生してヘアサイクルが乱れる

頭皮はこのように何層にもなっているものです。

この表皮という部分に汚れがたまり、毛穴をつまらせてしまうことで、地肌トラブルの起因になります。

なのでシャンプー剤を使用することをおすすめしています。

>>湯シャンのやり方

 

8章:シャンプーの価格について

 きし
シャンプーの価格ってどんなもので決まるのかを話します。
 

つま

いろいろなシャンプーを見てきましたが、シャンプーの価格もさまざまです。

シャンプーの価格とは何で決まるのか?

そして、高いシャンプーはいいのか、安いシャンプーは悪いのかを見ていきましょう。

シャンプーの価格は、主に成分で決まります。

まず、シャンプーのラベルを見ていただくとわかることなのですが、全てのシャンプーの主成分に「水」が入っております。その下にさらにたくさんの成分が入っています。

価格というのは、その「成分」と「成分の量」によっても違います。

例えば、同じ成分を使われた1,000円のシャンプーと3,000円のシャンプーがあったとしても、この値段は水の量成分の量で違います。

もちろん、低価のシャンプーは水の量が多く、高価なシャンプーは成分の量が多くなっています。

人工的に量産できる成分を使用しているシャンプーの価格は安くなり、自然由来の成分を使用しているシャンプーの価格は高くなります。

自然由来や有機栽培などの成分を使用しているオーガニックシャンプーや、ボタニカルシャンプーなどの希少な成分を使ってるシャンプーの価格は高めの設定が多いです。

つまり、頭皮の地肌や、髪に良いシャンプーはどうしても価格が高くなってしまうということです。

MEMO

そのほかに、シャンプーの価格とは…

  • 成分
  • 広告費
  • デザインやパッケージ
  • ブランド

などもあります。

>>価格について

 

9章:シャンプー剤の構成

 きし
さまざまなシャンプーの種類について知りましょう。
 

つま

シャンプーにはさまざまな種類があり、それによって原材料が違うんですよ。

シャンプー剤には、さまざまな種類があってそれによって原材料や成分が違います。

髪をキレイにするものから、地肌に優しいもの、さまざまな目的によって使うシャンプーが違います。

まずは、シャンプーの種類を知りましょう。

  1. 高級アルコール系シャンプー
  2. 石けん系シャンプー
  3. アミノ酸系シャンプー
  4. オーガニックシャンプー(ボタニカル)
この4種類のシャンプーになります。
それぞれの種類にメリットやデメリットがあるために、どのシャンプー剤を使うかというのは人によって変わります。

分かりやすくグラフにしてみました。

 種類高級アルコール系石けん系アミノ酸系オーガニック(ボタニカル)
洗浄力高い高い弱い弱い
刺激強い普通低刺激低刺激
メリット低コストに抑えれる低コスト、自然志向髪や頭皮に優しい髪や頭皮に優しい
 きし
次に、シャンプー剤の成分構成についてもお話します。
 

つま

こんな感じでシャンプーができているんだってことを知っていきましょう。

シャンプー剤には、いい成分が入っていれば髪に良いとされていますが、シャンプーには構成ということも重要になっています。

シャンプー剤は主に次のもので構成されています。

  • 水(精製水)
  • 界面活性剤
  • 頭皮に良い成分
  • 髪に良い成分
  • 香料
  • 着色料
  • 防腐剤
この7つからの成分構成となります。

>>原材料・成分

 

10章:カラーシャンプーについて

 きし
カラーシャンプー(ムラシャン・アッシュシャンプー)について知りましょう。
 

つま

普通のシャンプーとの違いもたくさんありますよ。

ムラシャンとは、HC染料の含まれた紫色のシャンプーのことです。

当然ですが、シャンプーなので界面活性剤も入っているので汚れも取れるし、その上で染料も入っているのでカラーサポートもできるとなれば一石二鳥となるシャンプーです。

MEMO

HC染料とは、HC染料は2001年4月の化粧品規制緩和により、新たに使用可能となったヘアカラー用の原料で、ヘアマニキュアやカラートリートメントだけでなく、化粧品で利用されている染料です。

>>HC染料について

ジアミンフリーなので、頭皮にアレルギーがある方も染みることがなく、安心して使うことができます。

ムラシャンがおすすめの人

どんな人にムラシャンをおすすめするかというと、髪色をキレイにキープさせたい人です。

「色持ちが悪い」「すぐ色がなくなる気がする」「色を簡単に長持ちさせたい」という人にはうってつけのシャンプーです。

  • ブリーチ毛全般
  • ブリーチカラーしてる人
  • アッシュ系カラーを長持ちさせたい人
  • 髪の黄色っぽさが気になる人

つまり、ざっくりムラシャンを紹介すると、ヘアカラーのサポートができるシャンプーということになります。

キレイな髪色というのは、退色するのも早いです。

例えば、ブリーチカラーの退色目安として…

“ポイントは…”
  • 1週間〜 色が薄くなってくる
  • 2週間〜 色が抜けてくる
  • 3週間〜 黄色みがでてくる
  • 4週間〜 染め頃。カラーがおすすめです

最長でも4週間、つまり1ヶ月ほどで退色する目安になります。

え〜早すぎるよ〜…

と思うけど、キレイなブリーチカラーもしたい!

そんな人にはムラシャンがおすすめ。

紫シャンプーの染料で簡単に色のサポートをしてくれるということです。

ムラシャンアッシュシャンプー

 

この他にも、まだまだたくさんのシャンプーはありますので、実際にあなたに合うものを見つけるのはとても難しいことなのです。

シャンプーのさまざまな違いを理解した上で髪にアプローチするように心がけてください。そしてあなたに合うシャンプー探しのヒントになればと思います。

そんな感じで以上です。

最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください