美容師がおすすめのヘアケアセット

「頭皮ニキビ」には薬用シャンプーがいい!?頭皮のニキビの原因と改善策

「頭皮ニキビ」には薬用シャンプーがいい!?頭皮のニキビの原因と改善策

頭の中によくニキビのような「デキモノ」ができるのですが、改善するためには、やはりシャンプーを変えるべきですか?

やはり薬用シャンプーが良いのてすか?

こういった悩みについてお答えしていきます。

この記事の内容

頭皮にできるニキビのお悩み改善記事

誰もが一度は経験したことはあるのは、頭皮にできる「ニキビ」。

ふいに頭皮がかゆくて、カリカリっとかいていると、何か違和感を感じて、そろ〜っと触ってみると、いつもと違う”腫れ”を発見。。

これっと、実は大半の方が経験する”頭皮ニキビ”というやつなのです。

そんな誰もが経験したことのある”頭皮ニキビ”を改善するための情報を盛りだくさんにまとめてみました。

当記事では、美容師が教える頭皮にできるニキビの原因改善策についてを分かりやすくお話していきます。

MEMO

美容師視点からのアドバイスと考え方を分かりやすくお伝えしていくコンテンツです。

「頭皮ニキビ」ができる原因

「頭皮ニキビ」ができる原因

 きし
まずは”頭皮ニキビ”のできる原因についてを分かりやすくお話していきます。

つま

”頭皮ニキビ”ができる原因は誰もが持っている”常在菌”が原因となります。

頭皮ニキビだけに関わらずに、ニキビの原因となるのが「アクネ菌」と「皮脂量の増加」が原因となります。

“参考”
アクネ菌とは

プロピオニバクテリウム アクネス(アクネ菌)は、幅0.4~0.7マイクロメートル、長さ1~5マイクロメートルの無芽胞性のグラム陽性桿菌で、空気の存在下で成育できるものの基本的に酸素のないところを好む通性嫌気性菌です。

参照

アクネ菌は、ほとんど全ての人の皮膚や毛穴に存在しており、表皮ブドウ球菌・マラセチア菌などといった皮膚常在菌の代表といえます。

脂質を好むため皮脂の分泌量が多い顔や背中に多く、そこからは1平方センチメートルあたり10万~100万個の菌が検出されると言われています。

(頭皮の図解)

人の頭皮にある”皮下組織”からは、皮脂が常に分泌される仕組みになっていますが、過剰に皮脂が分泌されていることで、アクネ菌が増加するというのがニキビの原因となります。

 

皮脂の大量分泌によって「アクネ菌」が増加することが原因

 きし
つまり、皮脂が大量に分泌されることによって、アクネ菌が増加してしまうことが”頭皮ニキビ”の原因となります。

実は、皮脂というのは汗と一緒になって膜を作り、頭部を保護するという働きをしています。

しかし、過剰に分泌されることによって…

  1. 毛穴を防いでしまう
  2. 毛穴を詰まらせる
  3. 頭皮の代謝が悪くなる
  4. 毛根の働きが弱まる
という現象が起きてしまい、アクネ菌が増加するキッカケを作ります。

整理すると、

  • 皮脂の大量分泌 >> アクネ菌増加
  • アクネ菌増加 >> 頭皮ニキビが増える

ということになります。

MEMO

そのため、皮脂の分泌が過剰に増えてしまう思春期の時期はニキビが増えやすいとされています。

つまり、皮脂の分泌が大量に増加することがそもそものニキビの原因と言っても過言ではありません。

 

そして、皮脂を大量に分泌させてしまう原因は、

”頭皮の乾燥”

が大きなポイントとなります。

頭皮は通常では適量の”皮脂”を分泌する仕組みになっています。

しかし、頭皮の乾燥によって頭皮は地肌を守るために、”過剰に皮脂を分泌”してしまいます、

さらに、増加した”皮脂”が頭皮にある毛穴やアクネ菌付近にて固まってしまうことで、アクネ菌にとって酸素が少なく栄養の多い好都合な環境になります。

結果として、菌が過剰に増殖し、菌が産生するリパーゼによって皮脂からつくられた脂肪酸や菌体の成分が炎症を引き起こして赤みや膿(うみ)を持つニキビになるのです

 

記事の途中ですがCMです
『プレミオールシャンプー』を使ってみた あなたは「プレミオール」というシャンプーを知っていますか? もし、今のシャンプーやトリートメントに不満を抱いているという方には要チェックの内容のヘアケアセット! アイテムの特徴
  1. 高品質のヘアケア
  2. 頭皮にも優しい
  3. くせ毛や猫毛の方でも使える
  4. 21日間のお試しセットがキャンペーン中
今ならシャンプーだけでなく、トリートメント+アウトバスのヘアケアセットで「1,980円」と破格すぎる内容になっています! 正直言って、試すだけでも価値アリ!!!
シャンプーの特徴 「プレミオール」は、多くの女性が悩むくせ毛やダメージ毛を改善するための商品です。 くせ毛やダメージ毛による悩みは、髪の水分不足が原因となって起こります。これらの髪の水分不足は、主に髪に欠かせないケラチン・コラーゲン・たんぱく質の不足が元になっています。 髪の水分不足を改善するためには、高濃度の有効成分が必要です。
このプレミオールは水を一切加えずに美髪成分のみで構成しているシャンプー&トリートメントです、 髪の水分不足を改善しくせ毛・ダメージ毛を軽減する事が出来ます。

これが正直、破格すぎます。

このサイズをたった2000円で、しかもシャンプー+トリートメント+洗い流さないトリートメントの21日間分が試せるので、まだプレミオールをまだ使ったことのない人はこれだけでも使う価値あります!

ポイント

  • 水分保持力が高い
  • シャンプーの使用感も良い
  • ヘアケアセットで使いやすい

ニキビを改善する方法

ニキビを改善する方法

 きし
原因の次は、改善するための手段についてお話していきます。

つま

頭皮トラブルは誰にでもあることです。まずは落ち着いて何をすべきか明確にしていきましょう。

上記でお伝えしたように、”頭皮ニキビ”の原因はアクネ菌の増加、つまり、頭皮の乾燥を防ぐというのが、今回の悩みを改善するキーポイントになります。

 

頭皮にニキビができる原因は”乾燥”となるので、改善するために大事になるのは頭皮を保湿するということになります。

ここでは、美容師的に合理的な改善策をまとめてみました、ある程度の症状ならば効果的なはずです。

しかし、”頭皮ニキビ”が少ないうちは自宅療養や美容室でもある程度の改善は見込めますが、ニキビの量が異常に多くなってくると内服薬などで栄養を補給しないとより悪化する可能性もあるので、注意が必要です。

  1. シャンプーのやり方を変える
  2. シャンプー剤を優しいものに
  3. 炭酸シャンプーを保湿する
  4. 頭皮エッセンスで保湿する
  5. シャンプー後は乾かす
  6. 髪に栄養の高い食事も変える
  7. 病院に診察にいく

この7つが一番有力となります。順番に見ていきましょう。

 

頭皮ニキビ対策①:シャンプー法を見直す

 きし
シャンプーを見直す上では、シャンプーの乾燥を緩和することに繋がります。方法と一緒に見直しましょう。

できれば、夜にシャンプーしてあげるのがベストです。

髪が成長するための時間帯は、夜の22時〜深夜2時が一番活発です。その間はできるだけ、就寝する・清潔にしておく、ということがおすすめとなります。

おすすめのシャンプーポイント

  • 基本は1日1回を守る
  • 優しいシャンプーを心がける
  • 頭皮地肌の保湿を忘れない
  • ヘアサロンでの「ヘッドスパ」はおすすめ

こちらも一緒にチェックしていきましょう。

頭皮トラブルを抑えるという問題を改善する上で、とくに重要となることがあります。
それは、「頭皮を優しく扱うということ」です。

それを意識していけば必ず髪や頭皮地肌の負担は減り、結果として頭皮環境はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

注意すべきポイント
  1. お風呂前のブラッシング
  2. シャンプー前のお湯すすぎ
  3. 泡立て
  4. 予洗い
  5. 洗い方
  6. トリートメント

こちらも記事にしているので、さらに詳しく知りたい人はこちらもどうぞ。

頭皮ニキビ対策②:シャンプーが合っていない

 きし
「シャンプーってどれも同じじゃないのか」という質問もありそうですが、実はそうではありません。

市販シャンプーやメンズ用のシャンプーは洗浄力の強いシャンプーが大半です。

特にラウリル硫酸系のシャンプーが多く、洗浄力が強く必要な皮脂までをも取り過ぎてしまう傾向にあります

刺激の強い”高級アルコール系”のような石油系シャンプーの場合は、価格も安く使いやすいシャンプーなのですが、大きなデメリットに刺激が強いということがあります。

簡単に説明すると、頭皮の汚れをしっかりとってくれるのですが、頭皮地肌に必要なものまで洗浄してしまうということになります。

できれば、市販品よりもサロン専売品の方が比較的優しいものが多いのでおすすめです。

石油系シャンプーや石鹸系シャンプーといった種類は刺激も洗浄力も強く、頭皮地肌を乾燥させやすい傾向にあります。

アミノ酸シャンプーやボタニカルシャンプーなどは、洗浄力は強くはないですが刺激も少なく優しいシャンプーになるのでおすすめです。

頭皮ニキビ対策③:頭皮ケアもする

 きし
頭皮ケアをしてあげることが、頭皮の保湿に繋がります。頭皮ケアではとくに「炭酸シャンプー」がおすすめです。

そもそも髪を作っている身体の部位は”頭皮”です。その頭皮のケアをしていないと、乾燥のしやすい弱い髪になることもあります。

さらに、ボリュームが出しづらくなる髪の要因を詳しくお話します。

乾燥にも負けない髪をつくるために頭皮ケアが必要になる

髪のボリュームには、頭皮の状態が大きく影響を受けています。

(頭皮の図)

要因① 年齢に伴うヒアルロン酸の減少

地肌のうるおい、やわらかさと厚みに大きく関係するヒアルロン酸の量は、年齢とともに減少し始めます。

(イメージ図)

加齢やストレスによる前頭筋、側頭筋、後頭筋の萎縮。 頭の前頭筋、側頭筋、後頭筋は加齢やストレスによって収縮します。これらの筋肉の収縮により帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)が引き伸ばされ、薄くなり、固く動きにくくなります。

MEMO

地肌の厚み低下による毛細血管の萎縮。 年齢とともに地肌の厚みが低下し、毛細血管が萎縮。その結果、血流がわるくなり、髪の栄養不足になります。

要因② 女性ホルモン量の低下に伴う「VEGF-A」の減少

(イメージ図)

年齢と共にエストロゲンが減少します。すると毛包周囲に毛細血管を太く張り巡らせる働きのある遺伝子「VEGF-A」の量が減少します。

MEMO

「VEGF-A」の量が減少すると、毛包周囲の毛細血管が萎縮し、髪の成長に必要な栄養の不足に繋がります。

これらが原因となり、細毛や猫毛になり、髪が弱く乾燥のしやすい髪にもなります。

予防改善するためには”頭皮ケア”が必要となります。

おすすめ頭皮ケア

グレース シード ステラのシャンプー”グレース シード ステラ”の特徴は、高濃度の炭酸シャンプーに加えて、ボタニカルシャンプーでもある贅沢なシャンプーでおすすめです。

  • 週に2〜3回のスペシャルケア
  • 濃度の高い炭酸シャンプー
  • レディースだけでなくメンズにも使える

一度見てみる

頭皮ニキビ対策④:頭皮地肌の「保湿」を忘れない

 きし
髪を保湿するのは、一般常識になってきていますが、実は頭皮地肌への”保湿”も大事になります。

スカルプケアと言えば、どんなことを思いつきますか?

頭皮のケアって何をするか知らない方は結構多いです。

例えば、「顔」の場合では、洗顔をした後には、保湿をするために「化粧水」をつけるのがいわいる定番というやつです。それは頭皮でも同じです。

頭皮にも「頭皮用化粧水」というものがあります。

頭皮地肌はシャンプーの界面活性剤によって、皮脂をとり清潔な状態にはなりますが、逆に言うと「乾燥」しやすい状態でもあります

そのため、清潔にした後に”保湿”してあげるのが、抜毛を抑えるためのかなり重要なポイントになります。

MEMO

毎日のスカルプケアによって抜毛は抑えられます。頭皮をケアする頭皮用化粧水をけましょう。

おすすめ頭皮エッセンス

ぼくが頭皮を保湿するために使っているものは、こんなアイテムです。

香りも良くて、使いやすいアイテムです。

  • さっぱりしていて使いやすい
  • 頭皮にも爽やかな香り
  • 保湿効果も高い

頭皮ニキビ対策⑤:髪を乾かす

 きし
髪を乾かす=乾燥になるから、乾かさない方がいいという人もいますが、乾かすことによって頭皮の温度は正常に保たれます。

頭皮が自然乾燥だと、頭皮の温度が通常に比べて低くなりやすく、とくに冬の時期は乾燥しやすくなります。

できるだけ早いタイミングで乾かすことで、頭皮の保湿に繋がります。ちなみにドライヤーの温風によって頭皮が温めららえるので保湿効果にも貢献してくれます。

加えて、髪のまとまりは、髪を乾かすことでつくれます。逆を言えば”乾かさない”といくらキレイな髪でもキレイに見えなかったりもします。

できるだけ乾かす習慣をつけましょう。

おすすめドライヤー
LOUVREDO ルーブルドー 復元ドライヤー LJ-365 正規品 専用スタンド付き

復元ドライヤーは、低温の温風で髪が乾かせることが1番の特徴で、風の吹き出し口での温度が「HIGH80℃ LOW65℃」という低温なので、全く熱くないのに髪を乾かすことができます。

  • 「育成光線」で髪に良い
  • 「マイナス電子」で細胞を復元
  • 「身体」や「肌」にも良い

復元ドライヤーの詳細

頭皮ニキビ対策⑥:髪に良い栄養を摂取する

 きし
健康な髪をつくるためには、髪の成長にとって必要な”栄養素”を直接摂取する必要があります

髪にとって良い栄養素というのは具体的には、ビタミンやミネラルそして髪の構成成分であるたんぱく質です。

逆には過剰な糖分や脂肪分は、頭皮の血行を悪化させ皮脂の過剰分泌を引き起こすこともあります

野菜や果物が少なくカロリーの高い偏った食事を続けていると不健康になり、抜け毛の原因になることもあるので注意が必要となります。

MEMO
  1. 海藻類
  2. 亜鉛
  3. ビタミンA
  4. ビタミンB
  5. カルシウム
  6. たんぱく質
  7. フルーツ
栄養は食物からカラダを通り、髪に行き渡ります。できるだけ髪に良い物を摂取する工夫をしましょう。

頭皮ニキビ対策⑦:病院に診察にいく

 きし
先程もお話しましたが、まずは”病院に診察”に行くというのを最優先すべきです。病院に行くほどじゃ…なんて悠長なことを言っていてはいけません。

頭皮地肌の内的問題に関しては、美容師は一切関与することができなくて、こういうアドバイスしかできません。。

頭皮トラブルを改善するのは、内服薬で栄養を補給することで改善することがほとんどだからです。

そのため、できるだけトラブルが発生しない(予防)ようにアドバイスしするのが美容師の役目となります。

正直なところ、トラブルが発生したらまずは病院に行く、もしくは病院に行けないのなら、信頼できる美容師さんに相談しにいくとういうのが”ベスト”です。

 

終わりに…

 きし
頭皮トラブルの一つで、”頭皮ニキビ”についてをまとめてみました。

つま

こういう記事が誰かの役に立ってくれると幸いです。
まとめ
  • 頭皮ニキビの原因は「アクネ菌」の増加
  • アクネ菌増加の原因は「皮脂」の大量分泌
  • 皮脂の大量分泌の原因は「頭皮の乾燥」
  • 改善は「保湿」が大事
ここまで見てもらえれば分かりますが、日々のルーティン(習慣)によって、髪のキレイや頭皮の乾燥が成り立ちます。

逆に言えば、日々のケアを怠ることによって、髪や頭皮トラブルに繋がると考えているので、お肌と同じようにしてコツコツとケアを積立ていくようにしていきましょう。

こんな感じで以上です。

一つでも参考になれば幸いです。