おすすすめのシャンプーランキング

頭皮ニキビには薬用シャンプーがいいのか?ニキビの原因と改善のまとめ

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

頭の中によくニキビのような「デキモノ」ができるのですが、ケアするためには、やはりシャンプーを変えるべきですか? やはり薬用シャンプーが良いのてすか?

こういった悩みについてお答えしていきます。

この記事の内容

頭皮にできるニキビのお悩み改善記事

誰もが一度は経験したことはあるのは、頭皮にできる「ニキビ」。

ふいに頭皮がかゆくて、カリカリっとかいていると、何か違和感を感じて、そろ〜っと触ってみると、いつもと違う”腫れ”を発見。

これっと、実は大半の方が経験する”頭皮ニキビ”というやつなのです。

そんな誰もが経験したことのある”頭皮ニキビ”をケアするための情報を盛りだくさんにまとめてみました。

当記事では、教える頭皮にできるニキビの原因改善策についてを分かりやすくお話していきます。

視点からのアドバイスと考え方を分かりやすくお伝えしていくコンテンツです。

おすすめシャンプ

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次

運営者

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

「頭皮ニキビ」ができる原因

きし

まずは”頭皮ニキビ”のできる原因についてを分かりやすくお話していきます。

ひろせ

”頭皮ニキビ”ができる原因は誰もが持っている”常在菌”が原因となります。

頭皮ニキビだけに関わらずに、ニキビの原因となるのが「アクネ菌」と「皮脂量の増加」が原因となります。

アクネ菌とは

プロピオニバクテリウム アクネス(アクネ菌)は、幅0.4~0.7マイクロメートル、長さ1~5マイクロメートルの無芽胞性のグラム陽性桿菌で、空気の存在下で成育できるものの基本的に酸素のないところを好む通性嫌気性菌です。

関連記事▶菌の図鑑

アクネ菌は、ほとんど全ての人の皮膚や毛穴に存在しており、表皮ブドウ球菌・マラセチア菌などといった皮膚常在菌の代表といえます。

脂質を好むため皮脂の分泌量が多い顔や背中に多く、そこからは1平方センチメートルあたり10万~100万個の菌が検出されると言われています。

(頭皮の図解)

人の頭皮にある”皮下組織”からは、皮脂が常に分泌される仕組みになっていますが、過剰に皮脂が分泌されていることで、アクネ菌が増加するというのがニキビの原因となります。

皮脂の大量分泌によって「アクネ菌」が増加することが原因

きし

つまり、皮脂が大量に分泌されることによって、アクネ菌が増加してしまうことが”頭皮ニキビ”の原因となります。

実は、皮脂というのは汗と一緒になって膜を作り、頭部を保護するという働きをしています。

しかし、過剰に分泌されることによって…

  1. 毛穴を防いでしまう
  2. 毛穴を詰まらせる
  3. 頭皮の代謝が悪くなる
  4. 毛根の働きが弱まる

という現象が起きてしまい、アクネ菌が増加するキッカケを作ります。

整理すると、

  • 皮脂の大量分泌 >> アクネ菌増加
  • アクネ菌増加 >> 頭皮ニキビが増える

ということになります。

そのため、皮脂の分泌が過剰に増えてしまう思春期の時期はニキビが増えやすいとされています。

つまり、皮脂の分泌が大量に増加することがそもそものニキビの原因と言っても過言ではありません。

そして、皮脂を大量に分泌させてしまう原因は、

”頭皮の乾燥”

が大きなポイントとなります。

頭皮は通常では適量の”皮脂”を分泌する仕組みになっています。

しかし、頭皮の乾燥によって頭皮は地肌を守るために、”過剰に皮脂を分泌”してしまいます、

さらに、増加した”皮脂”が頭皮にある毛穴やアクネ菌付近にて固まってしまうことで、アクネ菌にとって酸素が少なく栄養の多い好都合な環境になります。

結果として、菌が過剰に増殖し、菌が産生するリパーゼによって皮脂からつくられた脂肪酸や菌体の成分が炎症を引き起こして赤みや膿(うみ)を持つニキビになるのです

目次に戻る

ニキビをケアする方法

きし

原因の次は、ケアするための手段についてお話していきます。

ひろせ

頭皮トラブルは誰にでもあることです。まずは落ち着いて何をすべきか明確にしていきましょう。

上記でお伝えしたように、”頭皮ニキビ”の原因はアクネ菌の増加、つまり、頭皮の乾燥を防ぐというのが、今回の悩みをケアするキーポイントになります。

頭皮にニキビができる原因は”乾燥”となるので、ケアするために大事になるのは頭皮を保湿するということになります。

ここでは、美容師的に合理的な改善策をまとめてみました、ある程度の症状ならば効果的なはずです。

しかし、”頭皮ニキビ”が少ないうちは自宅療養や美容室でもある程度の改善は見込めますが、ニキビの量が異常に多くなってくると内服薬などで栄養を補給しないとより悪化する可能性もあるので、注意が必要です。

  1. シャンプーのやり方を変える
  2. シャンプー剤を優しいものに
  3. 炭酸シャンプーを保湿する
  4. 頭皮エッセンスで保湿する
  5. シャンプー後は乾かす
  6. 髪に栄養の高い食事も変える
  7. 病院に診察にいく

この7つが一番有力となります。順番に見ていきましょう。

頭皮ニキビ対策① | シャンプー法を見直す

きし

シャンプーを見直す上では、シャンプーの乾燥を緩和することに繋がります。方法と一緒に見直しましょう。

できれば、夜にシャンプーしてあげるのがベストです。

髪が成長するための時間帯は、夜の22時〜深夜2時が一番活発です。その間はできるだけ、就寝する・清潔にしておく、ということがおすすめとなります。

おすすめのシャンプーポイント

  • 基本は1日1回を守る
  • 優しいシャンプーを心がける
  • 頭皮地肌の保湿を忘れない
  • ヘアサロンでの「ヘッドスパ」はおすすめ

こちらも一緒にチェックしていきましょう。

また、個人的に使ってはいけないシャンプーをランキングに、使ってはいけないシャンプーと安全なシャンプーを選ぶ時のポイントもあわせてまとめているので下記事もチェック。

頭皮トラブルを抑えるという問題をケアする上で、とくに重要となることがあります。

それは、「頭皮を優しく扱うということ」です。

それを意識していけば必ず髪や頭皮地肌の負担は減り、結果として頭皮環境はキレイになっていきますので、チャレンジしていきましょう。

注意すべきポイント
  • お風呂前のブラッシング
  • シャンプー前のお湯すすぎ
  • 泡立て
  • 予洗い
  • 洗い方
  • トリートメント

こちらも記事にしているので、さらに詳しく知りたい人はこちらもどうぞ。

頭皮ニキビ対策② | シャンプーが合っていない

きし

「シャンプーってどれも同じじゃないのか」という質問もありそうですが、実はそうではありません。

市販シャンプーやメンズ用のシャンプーは洗浄力の強いシャンプーが大半です。

特にラウリル硫酸系のシャンプーが多く、洗浄力が強く必要な皮脂までをも取り過ぎてしまう傾向にあります

刺激の強い”高級アルコール系”のような石油系シャンプーの場合は、価格も安く使いやすいシャンプーなのですが、大きなデメリットに刺激が強いということがあります。

簡単に説明すると、頭皮の汚れをしっかりとってくれるのですが、頭皮地肌に必要なものまで洗浄してしまうということになります。

できれば、市販品よりもサロン専売品の方が比較的優しいものが多いのでおすすめ

石油系シャンプーや石鹸系シャンプーといった種類は刺激も洗浄力も強く、頭皮地肌を乾燥させやすい傾向にあります。

アミノ酸シャンプーやボタニカルシャンプーなどは、洗浄力は強くはないですが刺激も少なく優しいシャンプーになるのでおすすめです。

頭皮ニキビ対策③ | 頭皮ケアもする

きし

頭皮ケアをしてあげることが、頭皮の保湿に繋がります。頭皮ケアではとくに「炭酸シャンプー」がおすすめです。

そもそも髪を作っている身体の部位は”頭皮”です。その頭皮のケアをしていないと、乾燥のしやすい弱い髪になることもあります。

さらに、ボリュームが出しづらくなる髪の要因を詳しくお話します。

乾燥にも負けない髪をつくるために頭皮ケアが必要になる

髪のボリュームには、頭皮の状態が大きく影響を受けています。

要因① 年齢に伴うヒアルロン酸の減少

地肌のうるおい、やわらかさと厚みに大きく関係するヒアルロン酸の量は、年齢とともに減少し始めます。

加齢やストレスによる前頭筋、側頭筋、後頭筋の萎縮。 頭の前頭筋、側頭筋、後頭筋は加齢やストレスによって収縮します。これらの筋肉の収縮により帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)が引き伸ばされ、薄くなり、固く動きにくくなります。

要因② 女性ホルモン量の低下に伴う「VEGF-A」の減少

(イメージ図)

年齢と共にエストロゲンが減少します。すると毛包周囲に毛細血管を太く張り巡らせる働きのある遺伝子「VEGF-A」の量が減少します。

頭皮ケアをしてあげることが、頭皮の保湿に繋がります。頭皮ケアではとくに「炭酸シャンプー」がおすすめです。

これらが原因となり、細毛や猫毛になり、髪が弱く乾燥のしやすい髪にもなります。

予防ケアするためには”頭皮ケア”が必要となります。

頭皮ニキビ対策④ | 頭皮地肌の「保湿」を忘れない

きし

髪を保湿するのは、一般常識になってきていますが、実は頭皮地肌への”保湿”も大事になります。

スカルプケアと言えば、どんなことを思いつきますか?

頭皮のケアって何をするか知らない方は結構多いです。

例えば、「顔」の場合では、洗顔をした後には、保湿をするために「化粧水」をつけるのがいわいる定番というやつです。それは頭皮でも同じです。

頭皮にも「頭皮用化粧水」というものがあります。

そのため、清潔にした後に”保湿”してあげるのが、抜毛を抑えるためのかなり重要なポイントになります。

毎日のスカルプケアによって抜毛は抑えられます。頭皮をケアする頭皮用化粧水をけましょう。

頭皮ニキビ対策⑤ | 髪を乾かす

きし

髪を乾かす=乾燥になるから、乾かさない方がいいという人もいますが、乾かすことによって頭皮の温度は正常に保たれます。

頭皮が自然乾燥だと、頭皮の温度が通常に比べて低くなりやすく、とくに冬の時期は乾燥しやすくなります。

できるだけ早いタイミングで乾かすことで、頭皮の保湿に繋がります。ちなみにドライヤーの温風によって頭皮が温めららえるので保湿効果にも貢献してくれます。

加えて、髪のまとまりは、髪を乾かすことでつくれます。逆を言えば”乾かさない”といくらキレイな髪でもキレイに見えなかったりもします。

できるだけ乾かす習慣をつけましょう。

頭皮ニキビ対策⑥ | 髪に良い栄養を摂取する

きし

健康な髪をつくるためには、髪の成長にとって必要な”栄養素”を直接摂取する必要があります。

髪にとって良い栄養素というのは具体的には、ビタミンやミネラルそして髪の構成成分であるたんぱく質です。

逆には過剰な糖分や脂肪分は、頭皮の血行を悪化させ皮脂の過剰分泌を引き起こすこともあります

野菜や果物が少なくカロリーの高い偏った食事を続けていると不健康になり、抜け毛の原因になることもあるので注意が必要となります。

  1. 海藻類
  2. 亜鉛
  3. ビタミンA
  4. ビタミンB
  5. カルシウム
  6. たんぱく質
  7. フルーツ

栄養は食物からカラダを通り、髪に行き渡ります。できるだけ髪に良い物を摂取する工夫をしましょう。

頭皮ニキビ対策⑦ | 病院に診察にいく

きし

先程もお話しましたが、まずは”病院に診察”に行くというのを最優先すべきです。病院に行くほどじゃ…なんて悠長なことを言っていてはいけません。

頭皮地肌の内的問題に関しては、は一切関与することができなくて、こういうアドバイスしかできません。

頭皮トラブルをケアするのは、内服薬で栄養を補給することでケアすることがほとんどだからです。

そのため、できるだけトラブルが発生しない(予防)ようにアドバイスしするのがの役目となります。

正直なところ、トラブルが発生したらまずは病院に行く、もしくは病院に行けないのなら、信頼できるさんに相談しにいくとういうのが”ベスト”です。

目次に戻る

あとがき

きし

頭皮トラブルの一つで、”頭皮ニキビ”についてをまとめてみました。

まとめ
  • 頭皮ニキビの原因は「アクネ菌」の増加
  • アクネ菌増加の原因は「皮脂」の大量分泌
  • 皮脂の大量分泌の原因は「頭皮の乾燥」
  • 改善は「保湿」が大事

ここまで見てもらえれば分かりますが、日々のルーティン(習慣)によって、髪のキレイや頭皮の乾燥が成り立ちます。

逆に言えば、日々のケアを怠ることによって、髪や頭皮トラブルに繋がると考えているので、お肌と同じようにしてコツコツとケアを積立ていくようにしていきましょう。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

coconeココネ

クレイ(泥)」と「活性炭」で頭皮の汚れを落とすクリームシャンプー!

髪に負担となるものがない特殊なクリームシャンプー。髪と頭皮のことだけ考えているので、サラツヤになるオールインワンシャンプー。

この記事を書いた人

きしろぐ運営者。美容業界にて15年以上従事、累計500件以上の美容アイテムを使用。髪に関することが得意。、シャンプーや、トリートメントワックスなどのレビューもしています。

この記事の目次