美容師がおすすめのヘアケアセット

美容師が教える「オーガニック・ボタニカル・ノンシリコン」それぞれのシャンプーの違い

  • ノンシリコンとシリコンの違いは?
  • ノンシリコンとボタニカルって違うの?
  • シリコンはダメ?
当記事は、ノンシリコンシャンプーとその他のシャンプーとの違いについて分かりやすくお話していきます。

 

今、使っているシャンプーは、ノンシリコンシャンプーですか?それともシリコンシャンプーですか?

シャンプーはノンシリコンシャンプーが良いんでしょ?

と簡単に決めてはいけません。

シリコンシャンプーもノンシリコンシャンプーも、ちゃんと髪や頭皮に良い成分のあるシャンプー達なのです。これからはあなたの髪に合ったシャンプーを選ぶ必要があります。

 

当記事では、美容師がシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの特徴と、それぞれシャンプーとの違いについてを分かりやすくお話します。

 

「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」の特徴

 きし
まずは、シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーについてお話します。

つま

女性の人なら「ノンシリコンシャンプーが良い」というのは聞かれたことはあるかもしれませんが、実は簡単に決めれるものではありません。

シリコン成分が多く配合されているシャンプーを「シリコンシャンプー」と言います。

一般的なシャンプーに配合されているシリコンは、ジメチコンシクロメチコンシロキという成分があり、髪のキューティクルを保護し、指通りをなめらかにする役割があります。

人体に対して刺激が少なく、安全性も高いため、化粧品などにも使われています。髪をキレイにするためのシャンプーということです。

逆に、シリコン成分が少なく配合されている量が少ないシャンプーを「ノンシリコンシャンプー」と言います。

シリコンは人工的な成分ですが、ノンシリコンの場合、自然由来・天然由来の成分が中心に配合されており、地肌の保護や頭皮への負担を最小限にする役割があります。

シリコンが地肌に合わないという人のための、天然由来・植物由来の地肌や頭皮にとても優しいシャンプーです。

 

「シリコンシャンプー」のシリコンは悪いもの?

正式にはシリコーンといい、シリコン(元素の1つであるケイ素)を化学的に合成処理したものです。

シャンプーに使用されるのは指通りをなめらかにして髪の摩擦やダメージを軽減させるためで、 シリコンは洗い流さないトリートメントやヘアワックスなどのヘアケア製品のほか、日焼け止めやファンデーションなどの化粧品にも配合されています。

 

シリコンには2種類のシリコンがある

シリコンには2種類あり、同じシリコンでも全く違います。

  1. 水溶性シリコン
  2. 油溶性シリコン

に、分かれます。

水や髪になじみやすいシリコンが「水溶性シリコン」といい、水や髪になじみにくいのが「油溶性シリコン」といいます。

油溶性シリコンの水や髪となじみにくく、一般的に悪いものと呼ばれるシリコンの種類で、水になじみにくいために髪にもなじみにくく、市販シャンプーによく配合されています。

市販シャンプーが悪いとされる原因の1つなのです。

美容師おすすめ「市販シャンプー」ランキング【コスパ最強のドラッグストアのみ】美容師がおすすめする「市販シャンプー」ランキング【コスパ最強 ドラッグストアのみ】

このシリコンは、頭皮や地肌に皮脂とともに残りやすいタイプになっているので、毛穴につまったり、ストレートアイロンをしたときに髪が焼けやすくなると言われる有害なシリコンです。

水溶性シリコンは、髪にも水にもなじみが良くて、髪をキレイにしてくれます。サロンシャンプーによく配合されています。

サロンシャンプーが良いとされるのはこのシリコンが良いのも1つの要因です。

【サロンシャンプー30選】美容院専売・美容師のおすすめランキング【サロンシャンプー30選】美容院専売・美容師のおすすめランキング

このシリコンは、頭皮や地肌に残りにくく髪にもなじんでくれるために、無害なシリコンです。この成分は高価なものが多くてシャンプー自体の価格も高くなりやすくなります。

つまり、シリコンにも良いものと悪いものがあるということです。

 

それぞれのシャンプーの特徴を比較

 きし
シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの特徴について比較していきます。

つま

どちらにも良い特徴があるので、あなたに合ったものを選ぶことが大切になります。

実は、それぞれのメリットは明確にあって、どちらの方が優れいているということはありません。

シリコンシャンプーの特徴

  • 髪がキレイになる
  • 幅広いシャンプーの種類
  • 髪を守る
  • 軽め〜重めの幅広い保湿効果
  • 価格が安いものがあるが、油溶性シリコンもあるので注意が必要

シリコンシャンプーの特徴の大きなポイントは、髪がキレイになるということです。

シリコンは人工的に「髪をキレイにする」成分が入れられているので、そのコンセプトに沿って忠実にキレイにしてくれます。

しかし、油溶性シリコンは、主に市販で販売されているシャンプーに多く配合されているため、市販シャンプーは良くないとされることが多いです。

ノンシリコンシャンプーの特徴

  • 頭皮や地肌、髪に優しい
  • 地肌から塗布できるので保湿効果がある
  • 軽めの保湿
  • 髪はきしみやすい

ノンシリコンシャンプーの特徴の大きなポイントは、頭皮や地肌、髪に優しいということです。

ノンシリコンのほとんどが、自然由来のオーガニックやボタニカルシャンプーになっているので、できるだけカラダに良いものを使いたいという人に、おすすめのシャンプーです。

しかし、自然由来のものは髪をキレイにする成分が、シリコンシャンプーに比べて少ないので、髪のきしみなどは気になる傾向にあります。

オーガニックシャンプーの特徴

  • 有機栽培成分中心の構成
  • 種類はまだ少ない
  • 人体に安心・安全
  • 地肌トラブルが軽減する
  • アレルギーにも効果的
  • 髪はきしみやすい

有機栽培の有効成分を使用しているため、オーガニックシャンプーは無添加の物が多くて、髪、頭皮や地肌に優しいシャンプーが特徴です。

ラウロイルメチルアラニンナトリウム」や「ココイルグルタミン酸ナトリウム」といったアミノ酸系の洗浄成分は、低刺激でかつ洗浄力もあるためオーガニックシャンプーに使用されることが多いのです。

ボタニカルシャンプーの特徴

  • 植物由来成分中心の構成
  • 種類はまだ少ない
  • 人体に安心・安全
  • 地肌トラブルが軽減する
  • アレルギーにも効果的
  • 髪はオーガニックよりはきしみにくい
  • 価格が高価

ボタニカルシャンプーは、軽やか質感とサラッとした洗い上がりが特徴になっています。

オーガニックシャンプーでは地肌頭皮には良い反面、髪がきしんでしまったり、指通りが悪くなりがちですが、ボタニカルシャンプーではしっとりさせる成分も含んでいるのが特徴の1つでもあります。

ただし、このようなお肌への刺激が少ない成分は通常のシャンプーの成分に比べてコストが高いため、その分シャンプーが高価になりがちです。

スカルプシャンプーの特徴

  • 地肌に髪に優しい
  • 地肌から塗布できるので保湿効果がある
  • 軽めの保湿
  • 髪はきしみやすい

スカルプシャンプーは、軽やか質感とサラッとした洗い上がりが特徴になっています。

しかしその反面、髪がきしんでしまったり、指通りが悪くなりがちですが、地肌をケアしながらスッキリと爽やかに洗い上げるのが、大きな効果です。

とくに地肌の保湿に特化している構成なので地肌トラブルを改善しやすい。

 

「ノンシリコンシャンプー」のノンシリコンって?

ノンシリコンシャンプーとは、上記にある人工的なシリコンが使われていないシャンプーのことをいいます。

シリコンが使われていないシャンプーのカテゴリとしては…

この3種類です。

 

オーガニック・ボタニカル・スカルプも『ノンシリコンシャンプー』であることが多い

オーガニックシャンプー・ボタニカルシャンプーのほとんどがノンシリコンシャンプーとなっています。

【保存版】オーガニックシャンプー8選|美容師がおすすめの頭皮にいいランキング【保存版】オーガニックシャンプー4選|美容師がおすすめの頭皮にいいランキング 【ボタニカルシャンプー10選】美容師が本当におすすめするランキング【ボタニカルシャンプー10選】美容師が本当におすすめするランキング スカルプシャンプーランキング4選|美容師が選ぶ頭皮をキレイにするおすすめスカルプケアスカルプシャンプーランキング4選|美容師が選ぶ頭皮をキレイにするおすすめスカルプケア

ヘアケア用品におけるボタニカルとオーガニックの違いは、両方とも安全性は同じですが、「植物由来」と「有機栽培」との違いがあります。

頭皮や髪に優しいということをコンセプトとしてつくられているために、これらのノンシリコンシャンプーは髪や頭皮に良いのです。

シャンプーの違いを図解にしてみるとこんな感じになります。

まずシャンプーという大きなカテゴリーから派生するのが、

①「サロンシャンプー」と「市販シャンプー」です。

そこから派生するのが

②「シリコンシャンプー」か「ノンシリコンシャンプー」

シリコンシャンプーには「アミノ酸シャンプー」

ノンシリコンシャンプーの中に「オーガニックシャンプー」、「ボタニカルシャンプー」、「スカルプシャンプー」があるのです。

「ノンシリコンとボタニカルの違いって何?」

という質問をよく受けますが実は違わないのです。ノンシリコンシャンプーというカテゴリーの中にボタニカルシャンプーやオーガニックシャンプーなどがあるのです。

 

「シリコンシャンプー」と「ノンシリコンシャンプー」はどちらが良いのか?

良いシャンプーかどうかというのは、「シリコンシャンプー」か「ノンシリコンシャンプー」かでは決めれません。

それよりも、自分にあったシャンプーを探すことが大切になります。

 

というのも、「シリコンシャンプーは有効成分を使っていないのか?」というとそういうわけではなく、シャンプーによって成分は違います。

逆に、自然由来成分を配合しているオーガニックシャンプーも、完全に安心かといえばそうでもなく、どのくらいの自然由来成分を配合しているかによって、変わります。

シリコンシャンプーのシリコンは、

  • 「毛穴にシリコンがつまり薄毛になる原因になる」
  • シリコンがあると髪を乾かすと焼けてしまう」

など、シリコンのデメリットばかりが先行してネット上であげられています。これはとても悪い例です。

シリコンには髪をキレイにする有効成分が多く含まれているのです。

シリコンシャンプーもノンシリコンシャンプーもどちらも良いものなのです。

どのくらいの割合でどれだけ配合しているかというのは、じつのところ使ってみないとわからないので、シリコンだからノンシリコンだからと言って決まるわけではありません。

つまり、シリコンとノンシリコンとは、あなたに合ったシャンプーを探す目安なのです。

良いシャンプーというは、シリコンシャンプーであろうとノンシリコンシャンプーであろうと、髪にも頭皮にも良いということです。

 

記事の途中ですがCMです
『プレミオールシャンプー』を使ってみた あなたは「プレミオール」というシャンプーを知っていますか? もし、今のシャンプーやトリートメントに不満を抱いているという方には要チェックの内容のヘアケアセット! アイテムの特徴
  1. 高品質のヘアケア
  2. 頭皮にも優しい
  3. くせ毛や猫毛の方でも使える
  4. 21日間のお試しセットがキャンペーン中
今ならシャンプーだけでなく、トリートメント+アウトバスのヘアケアセットで「1,980円」と破格すぎる内容になっています! 正直言って、試すだけでも価値アリ!!!
シャンプーの特徴 「プレミオール」は、多くの女性が悩むくせ毛やダメージ毛を改善するための商品です。 くせ毛やダメージ毛による悩みは、髪の水分不足が原因となって起こります。これらの髪の水分不足は、主に髪に欠かせないケラチン・コラーゲン・たんぱく質の不足が元になっています。 髪の水分不足を改善するためには、高濃度の有効成分が必要です。
このプレミオールは水を一切加えずに美髪成分のみで構成しているシャンプー&トリートメントです、 髪の水分不足を改善しくせ毛・ダメージ毛を軽減する事が出来ます。

これが正直、破格すぎます。

このサイズをたった2000円で、しかもシャンプー+トリートメント+洗い流さないトリートメントの21日間分が試せるので、まだプレミオールをまだ使ったことのない人はこれだけでも使う価値あります!

ポイント

  • 水分保持力が高い
  • シャンプーの使用感も良い
  • ヘアケアセットで使いやすい

まとめ


 きし
シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いについてまとめてみました。

つま

よく聞くのは、シリコンシャンプーはダメっていう話ですが、ダメってわけじゃないですからね。

シリコンというのは、ほとんどのシャンプーには入っていて、シリコンがあることにより髪はキレイになります。けっしてシリコンが悪いわけでもありません。

ノンシリコンでは、オーガニックやボタニカルというシャンプーがどんどん増えてきていますが、ノンシリコンが確実に良いというわけもないのです。

自分に合うシャンプーを見つけることが、これからは大切になってくるのです。

シャンプー剤はとても重要なポジションで、シャンプー自体を変えてあげることで髪や地肌への負担もへります。

シャンプーを変えてあげるだけではダメですが、合わせて参考にしてもらうと、髪がどんどんキレイになっていきますよ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください