美容師がおすすめのヘアケアセット

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

「SLEEKLINER(スリークライナー)」を使ってみたいんだけど、シャンプーとしてはどうですか?おすすめポイントとかある?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

SLEEKLINER(スリークライナー)のシャンプー&トリートメントのレビュー

有名なヘアケアブランドでもある資生堂。

その中の「SLEEKLINER(スリークライナー)」。髪のフォルムを内側から整え「くせ毛」を抑えて、まとまりのよいなめらかなな髪にケアしてくれるラインナップです。

そんなサロン専売品でもあるシャンプーシリーズを使おうか悩んでいる方のために使用感などをまとめてみました。

そこで今回の記事では、美容師の経験を活かしてSLEEKLINER(スリークライナー)のシャンプー&トリートメントを実際に使ってレビューしつつ、特徴なども分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

 

実際に「SLEEKLINER(スリークライナー)」のシャンプー&トリートメントを使ってみた

スリークライナー

SHISEIDO

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

 

 

アミノ酸系 ノンシリコン オーガニック ボタニカル 

スパークリング スカルプ

 きし
この記事では「スリークライナー シャンプー&トリートメント」を実際に見て、使っていきます。
 つま
このラインナップは湿気や汗でまとまりにくくなったくせ毛をケアをするアイテムです。

毛髪の内と外からくせようねりの原因にアプローチ。資生堂独自の「スムースキーテクノロジー」でくせを抑え、なめらかでまとめのある髪へ導きます。

インナーサポート成分毛髪内部の湿気に弱い部分をサポートして、内側からせせを抑えて、サーモコート成分毛髪表面を薄いベルで包み込み、毛髪を保護することでなめらかさを守ります。

実際に購入してみました

 

【資生堂】姉妹ブランド記事

 

資生堂ブランドは、サロン専売品と市販製品と豊富なラインナップが魅力的なポイントになっています。

 

美容室用のサロン専売品はこちら

 

関連記事アデノバイタルのレビュー記事

関連記事ルミノフォースのレビュー記事

関連記事ルミノジェニックのレビュー記事

関連記事アクアインテンシブのレビュー記事

関連記事スリークライナーのレビュー記事

関連記事フェンテフォルテのレビュー記事

 

一般向けの市販製品はこちら。

 

関連記事TSUBAKI(しっとりまとまる)のレビュー記事

関連記事TSUBAKI(さらさらストレート)のレビュー記事

関連記事エイチアンドエスのレビュー記事

関連記事マシェリのレビュー記事

 

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。

ということで、実際にアイテムを見ていきます。

スリークライナーのレビュー①:ブランド共通の「手に馴染みやすい」フォルムデザイン

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

まずは、シャンプーボトルからです。

こちらは、「アデノバイタル」や「ルミノフォース」、「アクアインテンシブ」など、他のラインナップと同じフォルムで手にフィットするためのようなデザインです。

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

手にフィットするあたりは、さすがSHISEIDOといったところ。フォルムにまでこだわりを感じます。

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

細かいところまで安定感があり、例えばフタを開けるときの固さ一つとっても「ちょうどよい」ため、ストレスが全くない使用感。

加えて、高級感のあるクリアな質感。

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

クリアな質感を活かしたスカイブルーっぽいキレイな色合い。

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

一方、トリートメントも同じく絶妙なサイズ感のあるチューブタイプ。

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

シャンプーとの見分けが付きやすく、使い分けがしやすい。

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

出す時には、トリートメントが濃厚だからか少し固めな感じはしますが、これは仕方ないのかなとも。

やはり、SHISEIDOのシャンプーは基本的にフォルムデザインが素晴らしいです。使いやすさに特化しているため、細かいところにまで配慮が行き届いています。

シャンプー成分

水、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ラウリン酸PG、塩化Na、ポリクオタニウム-10、アルギニン、リシンHCI、ポリクオタニウム-11、グリチルリチン酸2K、ポリ-γ-グルタミン酸Na、チオタウリン、オノニスエキス、シソエキス、クエン酸、EDTA-2Na、ポリクオタニウム-47、BG、フェノキシエタノール、安息香酸Na、メチルパラベン、香料

トリートメント成分

水、イソペンチルジオール、ソルビトール、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ジメチコン、ステアルトリモニウムクロリド、パルミチン酸エチルヘキシル、ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、アミノプロピルジメチコン、リシンHCI、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、アスコルビルグルコシド、PEG-90M、グルタミン酸、レシチン、アルギニン、ポリーγ-グルタミン酸Na、チオタウリン、オノニスエキス、ポリクオタニウム-11、シソエキス、加水分解コンキオリン、イソプロパノール、PG、クエン酸Na、クエン酸、BG、シリカ、トコフェロール、BHT、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

次に成分構成を見ていきます。

洗浄成分は、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、などかなりマイルドで優しい洗浄力。

アミノ酸主体の洗浄成分は好印象です。

ポリクオタニウム-10、11、ポリ-γ-グルタミン酸Na、チオタウリン、オノニスエキス、シソエキス、の髪や頭皮をケアする保湿成分に加えて、頭皮の保湿をする定番の成分でもあるグリチルリチン酸2Kと、かなり品質の高い素材が多いシャンプーです。

優しい洗浄力と保湿成分は非常にバランスのとれたサロン専売シャンプーと言えます。

https://shampoo.kazukikishi.com/wp-content/uploads/2019/05/IMG_2919.jpgきし

とはいえ、くせ毛をまとめたり、湿気対策に使えるかと言うと、もう少しエモリエント効果のある成分が欲しかったところです。

それはトリートメントにも同じことが言えるので、バランスこそ良いものの、もう少し「くせ毛」に向けたものが欲しかったという印象です。

と、実際に使ってみたいと分からないので、本題でもある使用感を見ていきます。

スリークライナーのレビュー②:髪や頭皮への使用感も良い感じ

STEP.1
シャンプー

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

シャンプーを出してみると、フローラルな香りがします。

スリークライナーは「ブルースプリング」ですが、中々良い印象がする香りです、強すぎず心地よいです。

STEP.2
シャンプーの泡立ち加減

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

泡立ちは良好で、泡も大きく質も良好。

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

優しい手触りも良い感じです。

STEP.3
シャンプーの洗い心地

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

実際に洗ってみると、髪や頭皮へも優しく、泡同様に優しい印象です。

髪への使用感も良いので、ロングヘアでも安心して使えそうです。洗い終わりにはツルッとしていて、余計な水分などもないためまとまりは良さそうですが絡まりは少し気になるところです。

STEP.4
トリートメントを使ってみた

SHISEIDO「スリークライナー」のシャンプーを美容師が実際に使ったレビュー記事

一方で、トリートメントは、しっかりとした質感で髪にうるおいを作ってくれます。

シャンプーでつるっとしたあとの髪に水分が入っていくのが実感することができ、保水力の高さを実感できます。

STEP.5
まとめ
スリークライナーのレビュー
洗浄力
(3.0)
保水力
(3.5)
香り
(4.0)
頭皮改善
(3.0)
使用感
(4.0)
補修力
(3.5)
育毛力
(3.0)
コスパ
(3.0)
おすすめ度
(4.0)

こういう感じになります。

このアイテムの良いポイント

  • バランスも良く使いやすい
  • 使用感がいい
  • とても使いやすいヘアケア

このアイテムの悪いポイント

  • 保湿力は物足りない
  • 頭皮へも微妙

スリークライナーのレビュー③:くせ毛の髪質にも使える需要の高いシャンプー

ココがポイント!

くせ毛に特化した貴重なシャンプーということで、使いやすくて使い勝手の良いバランスのとれたアイテム。

実際に使ってみると分かりますが、バランスが良いだけでなくそれぞれのパラメーターも高いシャンプー&トリートメントです。

マイルドな洗浄力に加えて、素材一つ一つが優秀な保湿剤、バツグンの使いやすさのボトルデザインなど、どれをとっても一級品であることは間違いありません。

その上で、この価格帯ならば使いやすいと言っても良いかと思います。

高めの市販シャンプーよりも少し高めですが、サロン専売の中ではコスパに優れていて、中身もかなり良いものになっています。

 きし
個人的には、かなりおすすめできるシャンプー&トリートメントです。とくに女性やロングヘアでも安心して使うことができる高品質なアイテムなのです。

とはいえ、くせ毛をまとめるものの、髪質によってはエモリエント効果が物足りなく感じてしまいます。

まぁ、これは仕方ないのかもしれません。

 きし
スリークライナーは、他のラインナップと同じようにして様々なアイテムがあります。髪だけでなく頭皮のケアができるラインナップとなります。

スリークライナーシャンプー

スリークライナートリートメント

スリークライナーマスク

スリークライナーキャビアエッセンス

スリークライナースムーサー

 

終わりに…

シャンプーコンテンツのまとめ

この記事では、「スリークライナー シャンプー&トリートメント」について書いています。

 きし
実際に使ってみた印象としては、かなり使いやすく幅広い方におすすめできる内容という感じでした〜。
 つま
色合い的には、男性のものかと思いますが、女性が使っても全く問題のないシャンプーです。

シャンプー的には平均値以上のバランスの良いシャンプーとトリートメント、使いやすさも申し分ない上に、コスパもそれなり。

これは幅広くおすすめできるアイテムというのが個人的な結論になります。

スリークライナーを使う前の参考にどうぞ。

【資生堂】姉妹ブランド記事

 

資生堂ブランドは、サロン専売品と市販製品と豊富なラインナップが魅力的なポイントになっています。

 

美容室用のサロン専売品はこちら

 

関連記事アデノバイタルのレビュー記事

関連記事ルミノフォースのレビュー記事

関連記事ルミノジェニックのレビュー記事

関連記事アクアインテンシブのレビュー記事

関連記事スリークライナーのレビュー記事

関連記事フェンテフォルテのレビュー記事

 

一般向けの市販製品はこちら。

 

関連記事TSUBAKI(しっとりまとまる)のレビュー記事

関連記事TSUBAKI(さらさらストレート)のレビュー記事

関連記事エイチアンドエスのレビュー記事

関連記事マシェリのレビュー記事

 

 

最後に3つのおすすめ記事を紹介します。

1つ目の記事は品質の高いサロン専売つまり美容室に置いてあるシャンプー、2つ目の記事はコスパの良いドラッグストアに置いてあるシャンプーを紹介しています。さらにその中で今一番おすすめしているシャンプーを3つ目の記事にピックアップしています。

シャンプーを探す時の参考にしてみてくださいね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください