おすすすめのシャンプーランキング 詳しくはこちら

スタイリング剤を簡単に落としやすくなる4つのシャンプー方法

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

この記事のポイント

スタイリング剤をつけた髪の汚れを簡単に落とすことができるシャンプー法の解説

スタイリング剤をつけることで、もっとも大変なことって何だとおもいますか?

少しまえに、アンケートをしたのですが、「スタイリング剤をつけたあとのシャンプーが大変」というのが一番多かったです。

それぐらいに大変な、スタイリング剤をつけたあとのシャンプー。

メモ

ちゃんと洗えていないと、シャンプーをした後でも残ってしまったり、スタイリング剤で固まっている髪を力任せにシャンプーをしてしまい、髪や地肌に負担をかけてしまうことにもなります

そこで当記事では、スタイリング剤をつけたあとの簡単に落とせるシャンプーの方法について分かりやすくお話します。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

この記事の目次
スクロールできます

運営者 / 美容師

きし かずき

Kazuki Kishi

美容業界15年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細レビューガイドライン・理念

美容師

廣瀬 幸奈

Yukina Hirose

hair make lonlo代表。奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

hair Designer

谷本 昌浩

Masahiro Tanimoto

美容室Re:berta チーフディレクター。和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら。主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

スタイリング剤を簡単に落とす「4つのシャンプー法」

きし

スタイリング剤をつけている髪には、ある方法をすることで簡単に落とせるようになります。

きし

とくに、ロングヘアーは泡立ちが悪いのでスタイリング剤をつけている時は試してみてくださいね。

ワックスやスプレーを使っている人ならば経験があると思いますが、スタイリング剤をつけると、シャンプーがとてもしにくなり、シャンプーをする時にさまざまな悩みになります。

悩みの例え

  • 泡立ちが悪くなる
  • 髪に負担がかかる
  • 洗いづらくなる
  • 数回のシャンプーが必要になる
  • 汚れが落ちにくい

この悩みを、いくつかの方法によって簡単に落としやすくすることができるのです。

この原因となるものがスタイリング剤のメカニズムにあります。

スタイルをキープさせるためや、スタイルを可愛くするたためのスタイリング剤ですが、キープさせるために配合されているポリマーが、水やシャンプーを弾くために泡立ちが悪くてシャンプーがしづらいです。

スタイリング剤メカニズムでは、ポリマーによってヘアスタイルをキープさせる

このポリマーによるキープさせるが、シャンプーをするときには、邪魔なものになります。つまり、このポリマーをいかに簡単に除去するかがキモになるのです。

正しいシャンプー法とは、それほど難しいことはありません。すぐに実践できることばかりを、あつめてみましたので参考にしてくださいね。

正しいシャンプー法
  1. ブラッシング
  2. お湯でていねいにしっかりと流す
  3. リンス(トリートメント)で予洗い
  4. 頭皮を傷つけないようにシャンプー

すぐに実践できることばかりなので、チャレンジしてみてくださいね。

それぞれを話します。

「ブラッシング」でポリマーを除去

きし

お風呂に入る前に髪(できれば頭皮も一緒に)をブラッシングしましょう。

ブラシをとおすことで、髪についている汚れがとれてくれるだけでなく、指通りもよくなるのでシャンプーのしやすさが格段にあがります。

「ブラッシングなんて必要ないでしょう」

と思う人も多いかと思いますが、実はとても重要になるのが、このブラッシングです。

ブラッシングをしてあげることで、シャンプー前の汚れをとってくれ、摩擦を減らしてくれる効果があります。

なので、お風呂前には髪をキレイにブラッシングしてあげましょう。

MEMO

正しいブラッシングとは? 髪を、根元から毛先にかけて優しく、ブラシを通してまっすぐに髪をといてあげましょう。ブラシは粗いもの髪に負担のないものを使いましょう。

  • 頭皮から毛先にかけてしっかりとブラッシング
  • ポリマーで固まっている箇所は優しく
  • ブラシ部分はすこしお湯で濡らすととかしやすい

お風呂前には必ずブラッシングを優しくしてあげましょう。

ブラッシングをすることにより、髪についている汚れがとれるだけでなく、髪の絡まりなども一緒にとることにより髪のすすぎやすさも、変わります。

「お湯すすぎ」でポリマーを除去

きし

ブラッシングで髪をキレイにした後は、髪のすすぎを丁寧にしてあげましょう。

ぬるま湯だけでも、髪の汚れとポリマーを除去することは可能です。

髪のすすぎはシャンプーの土台になり、しっかりとすすぐことにより泡立ちはよくなります。

シャンプーをする時のシャンプーの泡立ちの良さというのは、「シャンプーの量+ 水分の量+空気との摩擦」によって変わります。

すすぎの手順

  1. 髪はシャワーのお湯ですすぎましょう
  2. 髪よりも頭皮をかくようにしましょう
  3. 時間的には3分以上
  4. 上を向いてシャワーを上➔下に流すようにして全体によくすすぐようにしましょう。

お湯のすすぎも、丁寧にしてあげましょう。

スタイリング剤は、基本的に油分なのでお湯を弾きます、そのために3分以上はしっかりとすすぎ、ある程度すすげてきたら、手ぐしを通して、髪の状態を整えながら一緒に汚れを落としましょう。

これだけでも、だいぶスタイリング剤を落とすことができるので、できるだけ長めに、ていねいにしてあげましょう。

リンス(トリートメント)で予洗いする

きし

リンスのシリコンによって髪の手触りを良くしてくれるので、洗いやすさが格段に上がります。

髪に付着しているポリマーを剥がしてくれる効果もあります。

かなり効果的!!
  • 適量よりも少なめの量
  • 全体にまんべんなく付ける
  • 指のはらでもみ洗い

リンスを適量である程度、全体をもみ洗えたら同じくぬるま湯でしっかりと流していきましょう。

ここまで、きたら髪全体のスタイリング剤のポリマーはとれているはずなので、シャンプーしやすくなっているはずです。

「シャンプー」でポリマーを除去

きし

最後に、シャンプーで頭皮のポリマーを除去する必要があります。

ここまでで、除去できているのは髪のポリマーになので、シャンプーでは地肌のポリマーを除去する必要があります。^

ここまでの流れであれば、髪のポリマー・汚れは8割ほどとれているはずです。 残りの2割と地肌のポリマーを、優しく頭洗ってあげましょう。

シャンプーの手順
  • シャンプー剤は手のひらで泡だててから髪につける
  • 頭皮をかくようにして洗う
  • 髪は指を通すようにする
  • 指のはらの部分で頭皮をかく

あとはリンス(トリートメント)を普通にしてあげましょう。

目次に戻る

あとがき

きし

スタイリング剤を簡単の落とす方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

きし

ショートからロングにかけて使える応報なので、ぜひ試してみてくださいね。

これらをしてみると、スタイリング剤の汚れをおどろくほど簡単に落とすことができます。

まとめ
  • ブラッシングでポリマーを除去
  • お湯すすぎでポリマーを除去
  • リンスorトリートメントで予洗い
  • シャンプー地肌をキレイに

スタイリングにはスタイリング剤は必須です。

しかし、きちんとシャンプーができてないと、汚れをたまり、嫌なニオイの原因になったりもします。負担なく清潔に保つために、シャンプーの仕方を意識していきましょう。 

方法だけでなくて、シャンプー自体を変えてあげることで、髪や地肌への負担もへります。

シャンプーを変えてあげるだけではダメですが、合わせて参考にしてもらうと、髪がどんどんキレイになっていきますよ。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次